2019年02月11日

下北マスジギング デビュー

私のサクラマスジギングは、今年で5シーズン目を迎えています。
これまで、ほぼ岩手県越喜来湾の遊漁船に乗り、通算で20日ほど乗船したでしょうか。
午前便と午後便ともに乗っている日もあるので、日数の割に船上にいる時間は長いはずです。

他人より数釣る人であっても、通常は一日1〜数回のアタリですから、経験を積みあげるまでに相当な時間を要するはず。
最近は、そういった点でサクラマスは海であろうと川であろうと似たようなものだなぁ、という思いを抱いていました。
(もっとも、川の場合はシーズン1本取れば御の字ですが)

ところが、明らかにサクラマスの魚影が濃い場所が本州にもあるのです。

下北半島は、当たり前の状況でありさえすれば、ショアからのキャスティングでも高確率で結果を出すことができます。

これがオフショアならばどうなのか?
そんな思いから、以前より下北半島でのサクラマスジギングに興味を抱いていましたが、色々な意味で躊躇していたというのが現実。

しかし、ついにその時がやってきました。


2月9日

午前1時にあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/(ブログは休止中)と合流し、彼の車に同乗させてもらいました。
八戸道から六ヶ所村を経由し、目指す野牛漁港到着は4時過ぎ。
計算上、私の自宅から6時間ということになります。

この日、世間では最強寒波襲来と騒いでいた通り、外気温は氷点下13〜14度と異常な寒さ。
外は凍てついています。

が、最果ての地の遊漁船は逞しい。
我々が乗る正盛丸さんhttp://ichiyamamaru.com/は、4時半前から船体の氷を解かす作業が始まり、5時半に乗船、6時前に出港しました。

で、話には聞いていましたが、ポイントまでがとにかく遠い。
現地で合流したブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/やハムさんとともにキャビンで仮眠をとります。

けっきょく、1時間半以上かけて下北半島よりも北海道は恵山の方が近くに見える場所に到着。

そして問題は気温です。
船体の全て、波しぶきが掛かったところ全てが凍り付いています。
当然、甲板は凍っているし手で掴める場所も凍っているわけですから、足の踏ん張りが効きません。
タックルも凍り付いています。
幸い、リールは回り、ラインに付着した氷も大したことなかったので、早速釣りを開始します。

No1FB_IMG_1549799386038.jpg

水深はともかく、マスのタナは凡そ60〜90mという事前情報を得ていたので、なんとなく当該の水深でワンピッチを繰り返します。

開始3分、なんと私にヒットしました!

No2_1549807998593.jpg

船中1本目は2s前後の普通サイズ。

No3DSCN0093.JPG

珍しくもブツ持ち画像アリです(笑)

その後、2回アタリがありましたが、一流し目でアタリを得た人は私以外ほとんどいません。

2流し目。

なんと立て続けに2本追加!
ここまでずうっとスパイV150gのゴールドベースが当たっています。

で、この頃から他の釣り人にもアタリが出始めたようです。

しかし私はアタリが途切れたことから、タックルをチェンジ。

すると、ナマラジグ・スローチューン150gに連続ヒット!!
正直言って、自分でも気持ち悪いくらいのハマリようでした。

ところが、ここで勢いが止まります。
マスジギングで有りがちですが、ヒットパターンがガラリと変わってしまいました。

しばし後、青物並みのハイピッチで爆釣しているとの話が伝わってきます。

それを耳にしたブンさんは、スピニングタックルでガンガンシャクっています。
半信半疑でその様子を見ていましたが、確かに良いペースでヒットし出しました。

さすがにその様子を見てしまうと、根本的に変えなければなりません。

思い切ってぺブルスティック150gで2ピッチジャークを試みます。
すると、ガツンと来ましたが、あえなくバラシ。
以降アタリナシ。

次の場所移動のタイミングで、ジグをチェンジ。
潮が相当効いていることから、思い切ってオンジジグ180gを装着。

移動後最初の投入、2ピッチジャーク開始10秒で結果が出ました。

No4DSCN0096.JPG

さらに次の投入でもヒット!!

こうして、下北サクラマスジギング初日が終了しました。

No5DSCN0101.JPG

初めての地で7本という結果は超出来すぎなわけですが、トップは9本、船全体で65本とかで、この海の豊かさを実感しました。

ちなみに、この日の最高気温は氷点下7度とかで、一日中船は凍り付いたまま。
北の地の厳しさも実感しました(汗)

そして翌日に続きます。


2月10日

むつ市内のビジネスホテルに宿泊し、4時半に野牛漁港に到着しました。

夜明け前の気温は氷点下7度。
前日が前日なだけに、けっこう余裕があります(苦笑)

動きとしては、前日と同じ。

No6DSCN0102.JPG

ポイントに到着してみると、前日ほどではないですが、船体が凍り付いているのも同じです。

さてさて、この日のヒットパターンはどうにもよく分かりません。

実はこの日も船中ファーストヒットはこの私。
ジグを入れ直そうと、回収しているときに水深40m付近でガツン!!

よく引くわ!と思いましたが、それもそのはず。

No7DSCN0105.JPG

2日間で一番の良型、2.7sの丸々肥えた個体でした。

その後、船内で忘れた頃にヒットしています。
ロッドアクションは人それぞれで決め手に欠きます。

私はアタリに乏しいことから、前日のパターンを色々と試してみます。

早めのワンピッチもスローも駄目。
チョイと考え、この地でよく耳にするP-boyジグの早いアクションを試してみます。

以前、越喜来湾でもヒットしたことがあるアクション、ロッドを下げ気味にしたリーリング主体の高速ワンピッチを試みました。

数回上げ下げし、これも駄目か?
そんな思いが生じた頃、ついにヒットしました。

アベレージサイズをゲットし、もしかすると、という思いが生じます。

続けてもう1本。
これで確信に変わりました。

もう余裕です。
これまでのジグ、P-boyジグバーチカル150gのブルーピンクから赤金にカラーチェンジします。

しばし後、ふと見るとあぶらハムさんにヒット。
ハムさんのタモ入れのため、急いでジグを回収します。

すると、残り20mでヒットしてしまいました!
いわゆる回収ヒットというヤツですが、ハムさんともどもタモ入れをどうするかで慌てます。
ここで船長がすっ飛んできて2人とも無事タモ入れに成功。
もはや笑うしかない展開です。

さらにジグをカラーチェンジ。
今度はピンクバック。

こちらも10分で結果が出ました。

さらにカラーチェンジ。
今度はイワシカラー。

が、後には続かず。

どうも、このあたりでパターンが変わったようです。

No8DSCN0103.JPG

ハムさんはその後もポツポツヒットさせ、私と同数になりました。

しかし私は手も足も出ません。
強風が吹き出すということで、けっきょくそのまま終了となりました。

No81549807904148.jpg

ということで、下北2日目は5本にて終了。

この日は船中35本。
マスボーズの方もいたようで、みなさん苦労したようです。

そんな中、一時的とはいえ、自分なりのパターンを見つけることができたのは幸いでした。

ちなみに、帰宅後に捌いたマスの胃から出てきたのは15pほどあるマイワシやら10pあるなしのカタクチイワシ、3pほどしかないキュウリエソ?と種類も大きさもあまりにもバラバラ。
パターンがコロコロ変わるのも納得です。

ということで、初めての下北マスジギングはあまりにも上出来な結果。
とはいえ、課題も見つかりました。
次回以降は色々なパターンについていけることを目標に、精進あるのみです。


(タックル1)
ロッド:HORIZON SL66B-MH
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ25lb

(タックル2)
ロッド:HORIZON Progressive HPG66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ25lb

ヒットジグ:スパイV150g(ゴールドベースオレンジ縦縞)、ナマラジグST150g(レインボー系)、オンジジグ180g(レインボー系)、P-boyジグバーチカル150g(ブルピン・赤金・customピンクバック)等
posted by KIKU at 22:03| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

タラジギング5回目

2月3日

前日の予約は強風により中止。
ということで、急遽小石浜の億万丸さんhttp://okumanmaru.web.fc2.com/に予約を入れ、
おそらくは今冬最後になるであろうマダラジギングに出撃してきました。

さすがにこの時期になると、白子や鱈子入りの確率は非常に低くなります。
逆に、荒食いが始まりつつあるということで釣り易くなってきます。

ということを踏まえ、自分なりに色々試す釣りになりました。

DSCN0077.JPG

この日1本目は、P-boyジグでゲット!

以降、ポツポツと釣果を重ねます。

今回のこの船に限っては、食いはけっこう渋く、かつ型は大小極端なカンジ。

それでも、釣果が二桁に達しようかという頃にはクーラーがいっぱいになってきます。

それまで様々なジグを試しているわけですが、最後はタコベイト無しを試します。

DSCN0079.JPG

結果、この日この状況下では、タコベイトの有無は釣果にさほど関係ないという結論が出てしまいました(苦笑)

ということで、11本の釣果をカウントし、マダラシーズンはたぶん終了。

現在、次の釣りモノに目が向いているところです。


(タックル1)
ロッド:ジグザムVersionV571B-5
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE2号
リーダー:フロロ37lb

(タックル2)
ロッド:ホライゾンSL66B-MH
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ37lb

ヒットジグ:コモジグ・ギョロメD250g、P-boyジグバーチカル250g、アーク230g等々
posted by KIKU at 22:36| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

タラジギング4回目

1月26日

年が変わって以降、週末の土曜日に限っては出船が中止になりません。
なもんで、今年4回目のタラジギングとなりました。

今回は、新年1発目で惨敗した小石浜の龍神丸さんhttps://yaplog.jp/yk-ryujin/1のお世話になりました。

ポイントに到着して間もなく、雪混じりの天候になり、どうなることかと心配しましたが、間もなく太陽が出てきて一安心。

そして、この日1本目は開始15分でゲットできて一安心。

続けざまの2本目は、ランディング時にバラしてしまいましたが、以降、ポツポツと釣果が続きます。

そして、この日5本目がヒット!
こいつの引きは一味違いました。

ラインを10m巻いたところでラインを10m引きづり出されます。

このやり取りが2回、3回繰り返されます。

明らかに良型であることから、慎重にやり取りを重ね、無事ゲット!

DSCN0069.JPG

この日最大の6sクラスでした。

と、ここまで書いてみると、爆釣ペースのように思えますが、実はけっこう食い渋い状況。
この時点で平均2本程度なものでしたから、私一人がパターンにハマったカンジ。
ゆっくり誘いあげてからのフリーフォールで食ってくるカンジですから、私としてはいつも通りの誘いでした。

とはいえ、日が高く上った頃にはアタリが止まりました。
それまでと同様のジグ、誘いではタラからの反応がありません。

私と同じジグを使っている人もいたことを考慮し、もしかしてカラーの問題?
そう推測し、ナチュラル系のカラーということで、シルバーベースのジグにチェンジ。

すると、途端にアタリが復活!

DSCN0072.JPG

しかも、4〜5sサイズが続きました。

さらにはラストの数流しでのこと。

テールに重心が寄っているジグの方が良さそうな印象があったので、後方重心のP-boyジグにチェンジ。

DSCN0075.JPG

これが功を奏し、ラストの流しでまたも良型をゲットし、納竿となりました。

この日、数釣れたことは当然嬉しかったのですが、自分なりの推測が上手く当てはまり、狙い通りにヒットに持ち込むことができたことが何よりも嬉しかった。

ということで、「釣れた」ではなく「釣った!」と言える釣りの方が面白いということを再確認できた一日でした


(タックル1)
ロッド:ジグザムVersionV571B-5
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE2号
リーダー:フロロ37lb

(タックル2)
ロッド:ホライゾンSL66B-MH
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ37lb

ヒットジグ:コモジグ・ギョロメD250g(広進丸カラー)
      撃投ジグ250g
      P-boyジグバーチカル250g
      ウイグルライダー225g(赤金)、グローヘッドはなぜかダメ
posted by KIKU at 22:59| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

案の定のタラジギング

1月19日

今冬3回目の大船渡沖マダラジギングです。

前回釣行は、けっこう良い思いができただけに、期待が高まります。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/463654334.html

今回は久しぶりにあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/と一緒に
広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗船。

風が強いことから、念のため明るくなってから出船し、早速シャクリ始めます。

が、開始30分後には旗色悪しといったカンジ。

DSCN0065.JPG

とにかくアタリに乏しく、時折掛かるのはジグと同じようなサイズ。

船中が活気づいたのは、確か9時を回る頃に行き着いたポイントでした。

どうにかこうにかアタリが出始め、時折タモが必要なサイズが上がります。

とはいえ、基本的によろしくない状況であったことには変わりなし。

DSCN0067.JPG

私はというと、まともなタラはわずかにこの1本のみでした。

あとはひたすらポンダラ、そして半端なサイズのサバばかり。

水深100m超のポイントにジグを落としている最中、70mでストップ。
何かと思えばサバのダブル。

これにて終了。

有りがちな話ではありますが、前回良かったから今回も!ということは一切ナシ。
案の定の結果に終わったシーズン3回目のマダラ狙いでありました・・・。


(タックル)
ロッド:ジグザムVersionV571B-5、ホライゾンSL66B-MH
リール:ソルティガBJ200SHL、オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5〜2号
リーダー:フロロ37lb
ヒットジグ:コモジグ・ギョロメD250g(広進丸カラー)、
      底を取れるならウイグルライダーも良さそう
posted by KIKU at 20:14| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

上り調子のタラジギング

1月12日

今期2回目の大船渡沖タラジギングに出撃してきました。

今回は広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/のお世話になり、6時に出船です。

DSCN0053.JPG

前回が前回だけに、正直言ってさほど期待していません。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/463558705.html
とはいえ、前日にもしかすると?という釣果が上がってもいましたから、現場に行ってみないと分からないといったところです。

確か、開始から30分も経った頃でしょうか?

コモジグ・ギョロメDをフリーフォールさせていたところ、糸ふけが出てフォールが止まりました。

なんと、早くも1本目をゲットです!
これで前回の釣果に並んでしまいました(汗)

しばらく経つと、船内で徐々にロッドが曲がっていきます。

日が高くなるにつれ、タラの食い気がどんどん出てきているようです。
型も前週とは大違い。
ポンダラはほとんど混じらず、時折、タモが必要なサイズも上がっています。

DSCN0058.JPG

ギョロメ広進丸カラーで数本上げたところで、気分転換も兼ねて同じギョロメの別カラーに替えてみました。

しばし後、底から2m付近でドスンという感触。
アワセる間もなく、ラインが引きづり出されます。

そして、2m巻いたかと思うと、同じだけラインが出されるというシーンの繰り返し。
久しぶりに一進一退のやり取りが始まりました。

この時期のタラは、食いが浅い傾向にあり、無理なやり取りは禁物。
そんな思いから、慎重なやり取りを続けます。

ところが、しばらくのやり取りの後にフックアウト・・・。
明らかに良型だっただけに、残念としか言いようがありません(涙)

通常であれば、大物逃して残念な一日ということになるのでしょうが、
この日の私は何か違いました。

なんとまたも良型がヒット!

2、3度のヒヤヒヤする突っ込みがありましたが、それをウマイことしのぎ、タモ入れに成功!

FB_IMG_1547277296996.jpg
(画像は船長ブログより拝借 m(__)m)

7sあるなしのGT予備軍のサイズではありますが、この日の船中最大魚をゲットすることができました!

続けざまに、今度は5〜6s級をゲット。

こうなると、気分良くてウキウキです(笑)
船長からも「キクっつぁん、今日はどうしたの?」なんて言われるくらいロッドが曲がります。

とはいえ、この時期特有のバラシが多く、外道もそれなり。
サバの4連チャンでこの日の釣りが終了しました。

さてさて、終わってみれば、前週との状況の変化に驚きです。
船長いわく、ようやくタラが来てくれた!状況が一日で一変した!とのこと。

ただし、誰でも彼でも良く釣れた、というわけではなく、人により釣果に差がついた模様。

一つには、私はさほど意識していなかったのですが、リーダーの太さ。
この時期のデリケートなタラに対し、あまりにも太いラインはよろしくないようです。

それと、やはりギョロメの広進丸オリジナルカラーでしょう。

DSCN0063.JPG

ジグの動きはもちろん、私的にはあのピンクの部分にキモがあると考えています。

いずれ、時期を考えるとこれから状況はドンドン良くなっていくはず。
釣りモノが少ない時期なだけに、今後に期待です。


(タックル)
ロッド:ジグザムVersionV571B-5、ホライゾンSL66B-MH
リール:ソルティガBJ200SHL、オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5〜2号
リーダー:フロロ37lb
ヒットジグ:コモジグ・ギョロメD250g・300g(ほぼ広進丸カラー)
posted by KIKU at 10:14| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする