2018年10月09日

思っていたより釣れた那珂川

例年のことながら、私がこの時期にアユを釣るには那珂川以外の選択肢はありません。
しかし、先日の台風24号による増水により、白川状態との話が伝わってきます。

とはいえ、もう止めようと思いながら竿を出さないと、竿納めできませんし、来年の解禁日まで悔いが残ってしまいます。

1539088332388.jpg

そんな思いを抱きながら、那珂川に向かったわけです。


10月6日

まずは川を見て歩きました。

1539088331013.jpg

かなり微妙です。

1539088326902.jpg

護岸の際以外の選択肢がありません。

1539088329582.jpg

これなら許容範囲ということで、某支流に入ってみました。

ところが、石色の割に野アユの反応が芳しくありません。

最初から歩きに歩きました。

けっきょく1時間以上かけて辿り着いた分流の分流で3ヒットの2ゲット。
別の超細分流で1匹ゲット。

午前中はわずか3匹にて終了です。

先に結論を言ってしまうと、午後の部も3匹。

DSCN1066.JPG

丸一日がかりで6匹の結果は、水況・石色の割に納得いきません。

余りにも大勢の釣り人がアユを抜いている。
もしくは夜網が入っている等、なんらかの悪要因が重なっていないと、ここまでの貧果にはならないと思います。

その後、夜は中流部の河原にて鮎中毒の仲間との納会という名の酒飲み。
例年、この時期の夜は寒くて仕方ないという印象があるのですが、今回は台風25号の影響からか、ほとんど寒さを感じない宴会となりました。


10月7日

朝目覚めた後も、しばらくは宴会の延長です。
酒は飲まないものの、朝食を食べながらまったりとした時間を過ごします。

けっきょく、昼食を食べずに済ませるため、満腹になるまで食事を摂って釣り装備にチェンジ。

釣り開始は10時になろうかという頃合いでした。

2日目にしてようやく本流で竿を出したわけですが、私が入った辺りは十分アカが残っています。
といいますか、ヘチ寄りはほとんどアカが飛んでいません。

もっとも、沖の方は明らかに石が白いですから、前に出過ぎないよう意識しながらオトリを泳がせます。

予想に反し、開始10秒でヒットしました。
が、空中分解。

2回目のアタリも間髪入れずというカンジでしたが、底バレ。

これはハリが合っていないと判断し、ハリをスピード7号4本イカリにチェンジ。
これですぐに結果が出てくれたのには助かりました。
ただし、掛かってくるのは15pもないおチビちゃん。
どうやら残りアカに集まっているチビアユがオトリにじゃれついてくるようです。

それでも、小一時間で5匹ゲットは、周囲と比べてもなかなかのペース。

と、気分良くなってきたところで強風が吹いてきました。
これにて撤収、午前の部は終了です。

午後の部は、前日とは別の支流に向かってみました。

ある程度ウロチョロした末、辿り着いたは某橋下。
淵尻の岩盤で無数の良型アユがヒラを打っている姿が丸見えです。

試しにオトリを送り出したところ、秒殺!

1539088420491.jpg

見える魚はそうそう釣れないはずなのですが、この日この場所に限っては例外でした。

ただし30分で打ち止め。

しばしの間放浪し、シモの分流チャラに辿り着きました。

こちらは場所の見た目通りに小型主体ですが、天然と思しきアユが小気味よいアタリを出してくれます。
入れ掛かりとはいきませんが、時速4〜5匹ペースを維持。

そして突然、入れ掛かりに突入!
オトリを送り出した瞬間に目印が吹っ飛ぶシーンが数度続いた時の事でした。

気がつくと曳舟がありません。

途方に暮れながらシモに向かいます。
すると、はるかシモの淵対岸に曳舟が浮いていることをシモの釣り人が教えてくれました。

対岸に渡ることは可能ですが、そこから曳舟のそばに行くには、崖状の斜面をヤブ漕ぎしなければなりません。
必死になって背丈ほどのガサヤブをかき分け、なんとか曳舟の前に辿り着きました。
目の前は全く底が見えない淵ですが、胸まで浸かって手が届く位置に舟が浮いていたのが幸いでした。

こうして入れ掛かりなりかけポイントに戻ったわけですが、不思議なものでアユの気配が消えています。

以降、前アタリすらないまま夕暮れ終了。

DSCN1078.JPG

結句のところ、午後の部は15匹の合計20匹。
疲労困憊でこの日の釣りが終わりました。


10月8日

午前9時、前日と同じ支流に入ります。

が、1ヶ所目は完全に外しました。
アタリは皆無。
網が入った場所なのかもしれません。

10時より2ヶ所目開始。

DSCN1080.JPG

ここで幸先よく目印を吹っ飛ばしたのはオスのオイカワ。
なんで急瀬の芯にこの魚が入っているのやら・・・。

それでも、ザラ瀬の瀬肩で放流モノと思しき良型アユを6匹ゲット。
これでオトリが繋がりました。

午後の部は、素直に前日午前中の本流残りアカポイントに入りました。

14時を回る頃にはオトリの循環が始まります。

最初こそ残りアカを意識し、遠慮がちに立ち込んでいましたが、流心に近い流れから好反応を得られることに気づきました。

こうなれば自分のペース。
増水直後だけあって、大石の波立ち付近はゴミによる根掛かりが酷いのですが、これを意識した釣りを展開。

DSCN1083.JPG

小型主体とはいえ、場所によっては20p以上ある個体が竿を絞り込みます。

もっとも、この日は曇天。
釣りは16時半前に終了せざるを得ませんでした。

DSCN1086.JPG

それでも午後の部は3時間弱で13匹。
一日合計19匹は、ある意味納得の釣果。

翌週末に向け、気力が湧いてくる結果。
この3日間、なんとか満足できる時間を過ごすことができました。


竿:銀影競技SL80・J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
    Mステージ0.1号+付糸0.4号
    Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:50| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

神通川、終わり良ければ全て良し!

DSCN1041.JPG

週末が近づくたびにことごとく雨。
それでも、この連休にようやく神通川で釣りをすることができました。

1537875427097.jpg

磐越自動車道は、西会津ICから安田ICまでの50q近い区間が夜間通行止めになっており、正直、運転はウンザリするほどでしたが、一ヶ月ぶりの富山行きでしたから、期待に胸が高まります。
しかし、やはり雨が心配。
天気予報は雨マークが並んでいましたから、半分ダメ元。

終わってみれば、3日間とも竿を出すことができましたので、結果オーライということになりました。


9月22日

川に着いてみれば、想像通りの高水。
平水比+1mということで、合流した3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraとはポイント選択が不一致(笑)
もともと選択の余地が少なく、大人数で楽しめるポイントは限られていることもあって、初日は分かれての釣りとなります。

私が入ったのは、分流の分流といった流れ。

開始5秒で根掛かり。
これを外しに入っていき、根掛かり外したその場所でオトリを送り出した途端に1匹目がヒット(笑)
2匹目もすぐにゲットし、展開は一気に楽な方向に。

その後も順調に続きます。

とはいえ、場所を外すとアタリが皆無。
石アカが飛び気味の中での釣りということを実感。

けっきょく、コンディションはさほど良くない中で、一日中一定ペースでアユを掛けるという展開。


午前17匹、午後26匹の計43匹。
ある意味予想の範囲内という釣果でした。


9月23日

DSCN1035.JPG

二日目、駐車場からポイントまでをひた歩きます。

とはいえ、前日の上流部における雨の影響で川が白濁。

朝イチは笹濁り以上の濁りと、水の透明感に乏しい中での釣りを強いられました。
野アユがオトリを見つけてくれれば追いがあるといったカンジ。

本当に、ポッツリ、ポッツリとアユをゲットします。

13時半過ぎの遅い昼食休憩の時点でわずか11匹。

あえてきちんと休憩し、精神的に落ち着かないとツライところでした。

午後は、14時半過ぎに釣りを再開。

チャラ瀬から右岸ヘチを徹底して狙い、ラスト1時間半は狙い通りにヒットさせる展開。

何とか釣りが形になり、15匹追加の一日合計26匹。
とある事情で、この日の目標を25匹に設定していましたのでホっとした次第です。


9月24日

とうとうやって来てしまった最終日。
昼過ぎに納竿しなければなりませんから、時間がありません。

ポイント選択に迷う時間もありませんから、ダメならそのまま終了の予定。
最初から決め打ちで入川します。

ところが、これまでの2日間と大きく異なり、順調に釣果が伸びていきます。

そりゃそうです。
水位は平水+30p、水色はエメと今釣行中で最高の状態。

最初はザラ瀬で数を稼ぎます。
10時半過ぎからは水深1mほどの瀬をオモリ泳がせで狙い、ついに入れ掛かりに遭遇!

次々にまっ黄色の良型が目印を吹っ飛ばす、あるいは目印を水中に引きづり込んでくれるのです。
私の遠征ではよくあることなのですが、最後の最後は帰りたくない!という心境でした。

納竿予定を若干過ぎた13時4分、最後の1匹をゲット。
その直後、良型をバラシ、根掛かりと続いて諦めモード。
竿を畳みます。

DSCN1038.JPG

9時からの4時間で37匹と、ようやく神通川らしい釣りを堪能することができました。

DSCN1045_Moment.jpg

3チラさんもかなり本気モードで神通川を堪能した様子。

DSCN1040.JPG

今回、大増水後なだけに、アユが痩せ気味だったのが残念ですが、それでも期待通りの釣果を得ることができてまずは満足。

ただし、その気になればもう一度だけチャンスがあります。
人間の欲望は果てしないということで、次回への布石にしておくとします(笑)


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号、たまにMステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:スピード7号4本イカリ、たまにD-MAXチラシ8号2本ヤナギ
posted by KIKU at 21:48| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

大アユ、そして那珂川の流れと

北日本は不調年と断言できるほどの今シーズン。
そんな中、幸いにも自分の釣りは毎回形になってはいますが、特別に大釣りしたわけではなく、まして大アユと言えるようなサイズを釣っているわけでもありません。
このままでは、悪かったという記憶しか残らないシーズンになってしまいます。

なんとか記憶に残る釣りをしたい。

そんな思いから、人伝に聞いた小河川に向かったのです。


9月15日

オトリ屋の場所と釣り場の情報を事前に得ていたことから、ほとんど迷うことなく釣りを開始することができました。

ところが、アユの気配に乏しいことから迷いに迷い、放浪の旅が始まります。

30分後、何やら野アユの気配。
対岸瀬脇を丁寧に攻めたところ、待望の1匹目。
しかし、噂には程遠い22p。

1時間後、一瀬を釣り下り切り瀬尻の開き。
ここで2回目の感触が伝わってきましたが、顔掛かりで抜く直前にハリ外れ・・・。
このアユも大した大きさではありません。

10時半、失意の中で入川点に戻りました。

今度はカミに目を向けます。

車の目の前、瀬肩のヘチでようやく2匹目。
23p程のアユをゲットし、オトリが繋がりホっとします。

そのすぐカミでも目印がフっ飛びましたが、ハリ掛かりに至らずケラレのみ。

目ぼしいポイントは、かなりカミに見えるのですが、川の中を相当な距離を遡らなければなりません。
このままではジリ貧で終わるのが確実ですから、意を決して流れに逆らうこと15分。

周囲で一番であろう瀬の波立ちにオトリを突っ込みます。

DSCN1010.JPG

オトリが白泡の中に入った瞬間、いきなりガゴーンと竿を持つ手に衝撃が伝わりました!!
竿を立てたところ、オトリが水面に出てきたことから、このまま抜こうと力を込めます。

が、なんと掛かりアユが対岸に走るではありませんか。
尋常ではない力強さに、噂がついに現実のものになったことを実感。

この1本は確実に取りたい。
その思いで竿2本ほど下りました。

とはいえ、場所が狭すぎるために寄せて取る場所がありません。
しばしのやり取りの後、掛かりアユが大人しくなったことから、思い切って抜きました。

DSCN1011.JPG
(この画像は、当然釣り終了後の撮影です)

既に黒くなっている雄アユではありますが、パっと見27〜28pあるのが確実であることから、オトリに使わず曳舟にしまいます。

その後、ほぼ同じ流れの筋で2本目、3本目と続きました。

一般的には明らかに強烈な引きと力強さのアユばかり掛かりますが、最初の大アユほどではなく、
また、これまでの経験が功を奏し、ほとんど返し抜きでの取り込み。
バラシもほとんどなく、ノリにのっている心境です(笑)

何気なしにオトリをシモに送りました。

すると、オトリがまだ沈むか否かというところで、一気にシモに持っていかれます!

えっ?とも、あっ!とも思う間もなく、竿が伸されかかりました。
当然、竿を持つカミの手に力を込めて体制を整えようとしたのです。

が、0.2号のメタルラインが真ん中から切れてしまいました。
おそらくは根擦れ。
引きの強さは、最初の大アユよりも遥かに上。
正直言って、何もできずに切られてしまいました。

その後、仕掛けをさらに太くし、周囲一帯をくまなく探りましたが異常ナシ。

釣り開始直後は早上がりのつもりでしたが、アユに一方的にしてやられた事実が気持ちを震え立たせます。
雨の中、遅い昼食の後、さらに釣りを続行。

しかし、以降、アタリはなし。

DSCN1015.JPG

舟残り9匹で久しぶりの大アユ狙いが終了。

DSCN1017.JPG

やはり、これだけの型のアユになると、数は関係ありません。
久しぶりに1本の価値、そしてバラシの悔しさを存分に味わった一日となりました。


竿:硬派荒瀬抜90
水中糸:Mステージ0.2号+付糸1.5号
ハリ:無双10号3本チラシ(ハリス2.5号)


9月16日

大アユチャレンジは一日で終了。
前夜のうちに那珂川に移動してきました。

今度は太い流れへのチャレンジです。

DSCN1021.JPG

もっとも、前週より水位は5pほど低いですから、ある程度流れを攻略することも可能と予想できます。

釣りそのものは前週と基本的に変わりません。

しかし、おそらくは水温やアカの付き具合が異なるのでしょう。
キツイ流れの中で、野アユがオトリを激しく追ってきます。

とはいえ、そこは那珂川。
オトリを沈めれば、というわけにはいかず、流れに抗しながら丁寧にオトリを引かなければ野アユが反応してくれません。

太い流れの中を縦横無尽に行ったり来たりしているのは、私を含めわずか3人。
そんな中でテクニックを駆使してアユを掛け、流れに抗して掛かりアユを抜くわけですから、気分爽快。

アユの型は最大22pほどと、前日とは雲泥の差ですが、そんなもんと割り切ります。

けっきょく、8時半から17時過ぎまで、股上から胸まで川に浸かったまま過ごしていました。

DSCN1023.JPG

釣果は25匹と、特別大釣りしたわけではありませんが、晴れやかな気持ちで日没終了を迎えたのです。


竿:メガトルク急瀬抜95V
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:無双9号2本ヤナギ


9月17日

さすがに3日目にもなると、疲労困憊。
合流した3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chira
に呆れられながらも、9時過ぎになって釣りを開始します。

DSCN1032.JPG

正直言って、午前中はオトリ繋ぎがやっと。
今思うと、二桁取ったか怪しいカンジ。

さらに合流したドン玉親分と3人で「神通行きたい!」と言いながら長い昼食(笑)

14時半を回りました。

重い腰を上げ、どうせなら入ったことのないカミの瀬に行ってみよう。
そんな思いで川の中を遡ります。

いざ着いてみると、高水ゆえ素晴らしい流れになっています。

流れに抗してド真ん中に立ち込み、オトリを出したところ、ものの10秒で午後の部1匹目!
2匹目、3匹目と良型が続きました。

こりゃこのままじゃアブナイ!
そう判断し、付糸を0.6号から0.8号に変更します。

以降、入れ掛かりとはいかないものの、平らで押しの強い如何にも那珂川らしい流れの中で野アユの引きを堪能。

瀬の一番強い流れを一通り釣り切り、そのままシモに下ります。
瀬の開きの深みに差しかかりました。

すると、そこは完全な竿抜け!

腰以上まで浸かったまま、竿を立て気味にしたオモリ泳がせを試みると、穂先が一気にひったくられます。
返し抜きの後、オトリを目いっぱいシモに送り出したところ、間髪入れずに竿が満月!

そんな至福の時が30分ほど続きました。

あっという間に17時を回り、この日の釣りが終了。

DSCN1030.JPG

終わってみれば、前日と同数の25匹。
しかし、満足感は前日よりも遥かに上。
午前中のことはすっかり忘れ、気分上々で家路についたのでした(笑)


竿:メガトルク急瀬抜95V
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.8号
ハリ:D-MAXチラシ8.5号3本チラシ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ただ立ち込んだだけ・・・

9月8日

どうしても那珂川に浸かりたかったのです。
太い流れに抗いたかったのです。

ということで、高水にも関わらず、濡れ専してみました。

DSCN1002.JPG

那珂川のド真ん中まで立ち込めば、ほぼ竿抜け。
入れ掛かりを期待しましたが、期待に反してアユからの反応はポツポツ。

しかも、ヤナギバリや大き目のイカリバリを使っても、半分ケラレてしまいます。

ふと思ってハリをスピード7.5号4本イカリに替えたところ、上手いことマッチし、ケラレはほぼ皆無。

実は、この日の成果はこの程度。

午前中に13匹ゲット。
場所移動後の午後は1アンダー。

計12匹の貧果に、なんだかなぁということで、日没終了。

1536576163518.jpg

温泉に入った後、一人反省会となったのでした。


竿:メガトルク急瀬95(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:D-MAXチラシ8.5号2本ヤナギ(×)・キープ7.5号3本イカリ(×)・スピード7.5号4本イカリ(◎)


9月9日

車中泊の夜は、雨の中でした。
当然、那珂川は雑炊。
前日の貧果も相まって、奔流という選択肢はありません。

ああだこうだとウロチョロした末、それなりに上流部に入ります。

とはいえ、雨がシトシト降っているために踏ん切りがつかず、
3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraともども竿を出したは10時半(汗)

で、いつも通りに竿はSLを使ったわけですが、当然ながら竿が軽くて感度は最高。
微妙なオトリ操作は思いのまま。
浅場狙いでストレスを感じない。

そんなことで、徹底的にヘチや浅場を狙います。
しかも、意識して分流等の細い流ればかり。

DSCN1004.JPG

釣れるアユは小振りですが、結構良いペースでアユが掛かり、気がつくと13時半。

ここでいったん休憩し、15時近くより釣りを再開。

17時まで竿を出したところでネタ切れ状態となり、竿を畳みました。

DSCN1008.JPG

私も3チラさんも全く同数の25匹。
前半は私が好調でしたが、後半一気に追い付かれた展開。
型は明らかに3チラさんの方が良かったかな(汗)

けっきょくのところは終わりよければ、という2日間。

とはいえ、そろそろ全力で川とアユと対峙したい。
そんな思いが募る今日この頃です。


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

ペアバトル、そして黒磯、箒川

9月1日

ダイワの鮎の王国杯ペアバトルへの参加でした。

3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraとペアを組み、
当日になって競技委員長を任命されたF顧問のやる気があるのかないのかよく分からない説明に爆笑?失笑?の後、
7時半から競技開始です。

オトリ配布は那珂橋カミ。
ここからテクテク歩き、高岩大橋シモまで来ました。
途中、高岩シモの左岸がポッカリ空いていたのが気になります。

ならば、と川を切り、高岩カミの瀬左岸で釣り開始。

開始直後、対面の選手がアユを抜いたので期待しましたが、以降、誰の竿も曲がりません。
私がいる側は誰もいないので、カミからシモまで50mほどの範囲をオトリを引いて探りますが、野アユの反応が一切ありません。

首を捻りながら、第2プランに移行です。

河原をシモに向かい、高岩シモのトロ場の吐き出し、テトラ付近の流れのヨレを狙ってみました。
すると、2流し目で目印が吹っ飛びます。

以降、オトリから野アユの反応が伝わってきましたが、ハリ掛かりしません。

チョイと考え、ヤナギバリに替えてみました。
途端に2匹目がヒット!

以降、ポツポツながらも良いペースでアユが掛かります。

周囲には対面とシモに選手がズラリと並んでいますが、時折竿が曲がるのは私がいる付近のみ。
その中で、連続ヒットは私だけですから、気持ち良いひと時でした。

とはいえ、そこは那珂川。
10時を回る頃にはアタリが無くなりました。
オトリを引いてもノー感度。

我慢できなくなった私は、欲を出して再度高岩カミの瀬に向かいました。

今度の狙いは急瀬のド真ん中。
追い気のあるアユが居さえすれば、入れ掛かり間違いなしの川相です。

が、期待に反してノーヒット。

仕方なしに高岩シモに戻り、人混みの中でオトリを泳がせましたが異常ナシ。

このままタイムアップとなりました。

結果、8匹ゲットのオトリ込み10匹ジャスト。
3チラさんと合わせた釣果は、ダイワHPによると15位とのこと。

やはり今の町裏で安定してツ抜けするのは非常に難しいことを再確認した次第。
とはいえ、ほどほどに真剣に、そして楽しくやれた大会でしたので、これはこれでアリ!

それと予想よりもアオノロが遥かに少ないことにビックリしたペアバトルでした。

そうそう、午後の部?夕方の部?の黒磯は、開始直後のバラシ以降、完全に異常ナシ。
2時間半でボですた。
ボ。
まいりました ( ゚Д゚)


竿:銀影競技SL80・J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:D-MAXチラシ8.0号2本ヤナギ


9月2日

前夜、祝勝会あらため反省会を佐久山で敢行し、夜の車中泊は涼しい気温に爆睡!
気持ちよく朝を迎えました。

が、雨なので釣りする気が起きません。

このまま温泉入って帰ろうかな?
などと言っていたところ、どうやら雨は止む予報。

ならばこのまま、ということで、移動なしで釣りすることになりました。

DSCN0990.JPG

結果、4時間で11匹。

カミの瀬まで歩いて行っても異常ナシ。

ヤナの建屋の前だけで連続ヒットも、場所が狭すぎてすぐに打ち止め。
そんなカンジ。

ただし、野アユの反応の割にハリ掛かりしないことから、ヤナギバリに変えた途端に調子よく掛かり出すというのは、やはり何かがあるのでしょう。

DSCN0989.JPG

そういった意味では、引き出しがチョッピリ増えた一日でした。


竿:銀影競技SL80・J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:D-MAXチラシ8.0号2本ヤナギ
posted by KIKU at 20:46| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする