2018年07月30日

1年振りの金鮎

台風12号は全く意味不明の動きとなっていますが、雨雲は南東北まで確実に影響する天気予報。
こんな時は頑張って足を延ばすことになります。

ということで、ちょうど1年ぶりに青森県は赤石川に向かいました。


7月28日

1532953037634.jpg

前夜のうちにひた走り、釣り開始は7時半。
事前情報を聞く限り、トップ70匹オーバーということで期待していました。

が、最初は超イマイチ。

最初のポイントはウンともスンとも言わず、結果的に超ドチャラで小型を拾いオトリを繋ぐ展開。

1ヶ所目は2時間7匹でギブアップ。

車移動し、2ヶ所目は激戦区。

人だらけの中、強い流れのみを狙います。
ポイントがかぶり気味の人がいましたが、オモリのあるなしでオトリの入る筋が違いますから、それを考慮し攻めていきます。

3年前からこの川に入っていますが、毎回、釣れるオトリ操作に慣れるまで時間がかかることを感じます。
石が大きく、オトリをカミに引きづらいカンジなのですが、理由は石の大きさだけなのか?
自分のいつもの引き加減では、石が小さい場所でもオトリが付いてきません。
なんとなくですが、この川のアユの特性のような気がしてなりません。

とはいえ、さすがに数時間も経過し、お昼前には違和感が無くなりました。

2ヶ所目の午前の部は、2時間で17匹追加。

もうちょっとやってみようと思い、昼食後もこのポイントで釣り続行。

しかし、思うようにはいかず、2時間7匹で車移動を決意。

3ヶ所目の場所選択はかなり迷いました。

結果的に、見栄えの良い瀬のシモの河原が重機で均してあり、車を置くのが楽ということで場所決定。

時間的なものもあったのでしょう。

2つの瀬を各1時間ずつ攻めて、この日一番の好ペース。
28匹追加することができました。

1532953035699.jpg

けっきょく、車を止めたすぐ前の瀬が、超竿抜けで型も良いというオチがつき、一日合計59匹にて初日が終了。

その車の前の瀬は、まだ3分の1ほどしか釣っていないということで、翌日もこの場所を釣ることに決定です。

1532953068423.jpg


7月29日

2日目は、やはり1年振りのタカギー氏と合流します。

前日夕方も釣ったこの場所は、岸から川の中まで重機が入っており、かなり見た目はよろしくない。
これが逆に幸いし、竿抜けになっていたと思われました。

なもんで、「超穴場!」とタカギー氏に伝えたのですが、こんな時に限って案の定の展開です。

最初はピリッともしません。
私は開始20分、オトリが替わりませんでした。

こんな時は自然と放浪の旅となります。

遥か遠くに見える2つシモの瀬まで下り、ようやくまともな展開となりました。

とまあ、苦労を重ね、午前の部は22匹。
タカギー氏は26匹と、お互いに車移動するかしないかギリギリのペースでした。

昼食後、車移動となります。

とりあえず、カミへ向かいました。
すると、ポッカリと1ヶ所空いています。

周囲の釣り人の雰囲気を見る限り、釣れているとは言い難い。
しかし、時間的余裕もないことから、その場所に決定。

さてさてこの場所、車を止めた瞬間からメジロアブが猛アタックしてきます。
自分の体にエアーサロンパスはもちろん、今シーズン初めてキンチョールも大活躍。

DSCN0966.JPG

川の水は綺麗なのですが、この時期のアブの発生は自然の成り行き。

そして、いつものように私一人にだけアブがたかってくるのも自然の成り行き。

周囲で一番の流れの絞り込みを狙ったところ、かなり良いペースで良型が掛かりましたが、エアーサロンパスの臭いが消えてゆくのと反比例し体にまとわりつくアブが増えていきます。

DSCN0965.JPG

この場所で実釣すること1時間半、耐えきれなくなりギブアップ。
車に戻り、再度エアーサロンパスとキンチョール。

この場所では14匹をカウントし、下流のアブが少ない地域へ車移動。

色々な意味で大変な2日目でしたが、一日合計36匹はこれだけ釣り荒れている中で十分な釣果。

ということで、清冽な川に潜む金鮎にアブの猛襲、さらにはタカギー氏?と、色々な意味で赤石川を堪能しました。
たまにはこういう遠征もいいものです。


竿:銀影競技SL80J
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 22:35| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

小国川で2日間

解禁後、しばらくは微妙なカンジでしたが、東北河川ではマシな部類。
それでも、徐々に釣況が上向きとの噂が聞こえてきました。
さらには那珂川界隈では猛暑に耐えきれない!

そんな理由で、2週間ぶりに小国川に向かいました。

7月21日

早朝に自宅を出発し、いざ小国川についてみると超大渇水。
ここまで水が少ないのは、あまり経験がありません。

おそらく、釣況が良かった時期は過ぎ去り、過去の話になっているはず。
オトリ屋の下山さんの話を聞いても、かなり厳しいカンジ。

それでも、下山さんの話を聞いて、去年何度も入った瀬に向かってみました。

あまり暑くならないうちに着替えを済ませ、釣り開始は確か8時。

1匹目を釣るまで5分ほど要しましたが、その後は5匹ほど入れ掛かりし、かなり気楽になりました。

以降、運が良かったとしか言いようがありません。
おそらくは周囲一帯竿抜け状態。

あとから5人ほどやってきましたが、みんなトロっぽい場所で拝み釣り。
ベタ竿で瀬を釣っているのは私一人。

周囲に目ぼしいポイントが数ヶ所ありますが、私の独占状態。

11時45分、キリが良いタイミングで昼食をとることにしました。

1532346392887.jpg

午前の部は34匹。
不調年とは思えないペースに気分上々!

しかし、昼食時の猛暑には閉口です。

午後の部は、午前中の続きのポイントで釣り再開。

こちらも狙い通り、瀬の芯からアユの反応があります。

1532346348912.jpg

けっこうな距離を移動し、王道といえるポイントから重箱の隅をつつくようなポイントまで、可能な範囲で攻めていきます。

正直言って、今シーズン、これ以上の釣果を望むのは非常に厳しい。
そんな思いから、18時まで釣り続けました。

1532345308359.jpg

結果、午後の部は38匹の一日合計72匹。
やり切った感に満ち溢れての納竿となりました。


7月22日

既に初日でやり切っています。
2日目はのんびり出撃。

1ヶ所目は大穴狙い。

DSCN0959.JPG

見た目は良さ気ですが、外しました。
1時間で3匹。

シモに移動します。
こちらでは、ほどほどに掛かって1時間半で12匹。

昼食休憩を挟んで3ヶ所目。

こちらも外しました。
1時間半で6匹。

間もなく15時。
さあ、どうしよう?

ということで、4ヶ所目はメジャーポイント。

時間帯が良かったのでしょう。
白泡が立っているザラ瀬でまあまあペースで野アユの反応が返ってきます。

気がついたのは、オトリに尻尾を振らせるべきということ。
当然、引きすぎてはいけません。

試しにオモリを外してみます。
オトリがかなり早いスピードで沖に出ていくと、目の前2mでアユが掛かります。
送り出しのスピードそのままに掛かりアユがシモに走っていき、シモに伸され慌てる瞬間もありました。

今度は重めの1.5号タマを装着。
竿を立て、オトリが動き過ぎないように泳がせます。

すると、ちょっとの間をおき目印がバキューン!

ラスト1時間は、至福の時間帯でした。

特別入れ掛かりだったわけでもないですが、自分の持てる技術を駆使しアユを掛けた満足感がありました。

DSCN0962.JPG

ラスト4ヶ所目は14匹。

一日合計35匹と、特別釣れたわけではありませんが、終わりよければ全て良し!
そんな一日だったと思います。

それにしても、雨が欲しい。
その一言に尽きる小国川でありました。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35〜0.4号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 21:25| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

久しぶりに那珂川水系

こちら東北のアユ釣りも解禁したものの・・・。
少なくとも私の馴染みの河川の多くがイマイチということもあり、
安定度では近年群を抜いている(が、ずば抜けた釣果はない)那珂川水系でこの連休を過ごすことにしました。

7月14日

初日は、伝え聞く噂を頼りに某支流上流部に入ります。

DSCN0951.JPG

河川規模はこんなカンジ。
流れが絞られた箇所は、川幅数mしかありません。

しかし、アユの数にはビックリです!
石は川中ビカビカで、そこらじゅうでアユが光っています。
これで解禁当初に比べて少なくなったと言われても説得力がありません。

もっとも、最初はチョイと苦労しました。

開始から2時間ほど、いつも通りにオモリを駆使し瀬を中心に攻めていましたが、思い切ってオモリを外し、ドチャラでカミ飛ばしした途端に状況が一変。

ほどほどに入れ掛かりさせ、20匹にて午前の部が終了です。

で、午後の部は午前中の教訓を胸に、最初からドチャラを狙います。

結果、4時間弱で29匹追加の一日合計49匹。

終わってみれば上々でした。
とはいえ、河川規模故に物足りないと思ったのは贅沢だったでしょうか・・・。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム5.5号4本イカリ


7月15日

釣行2日目は、あっくんhttps://blogs.yahoo.co.jp/ayujunkyの誘いで「鮎追い人」さんの例会に参加させて頂きました。

会場は本流小川地区。
エリアはマスターズと同一。
ただし、時間は7時開始の12時集合と長時間。
しかも、車移動OKになったことで、なんだか普段の釣りとさほど変わらないカンジ。

実は、もともとエリア最下流で釣りたかったこともあり、迷うことなく赤岩に向かいます(笑)

そして、開始1匹目は分殺?
しかも、22pほどの良型です!

続いて2匹目も同サイズ。

次のアタリでハリのフトコロが開いてしまいました。
ここでハリの号数をアップ。

で、数匹掛けた頃に気づいてしまいます。

あまりにも渇水なため、対岸の釣り人がすぐ手前まで立ち込んできます。
これでは、こちら側に立っている優位性はありません。

すぐカミには、那珂川で一番と言われる怒涛の激流があります。
この瀬は2段の流れになっているのですが、2段目の瀬肩が狙い目。

そう判断し、オトリを出したところ秒殺!
が、2匹目で付糸から高切れしてしまいました。

時間はまだ10時。

ここでタックルチェンジ。
車に戻ってメガトルクを取り出し、水中糸の号数もアップします。

これでトラブルの心配はありません。
掛かったアユ全てを問題なく取り込み、終わってみればオトリ込み20匹。

ゲスト参加の例会でしたが、最多釣果を達成。
久しぶりに集中した釣りを展開できて新鮮な気分でした。

昼食後の午後の部も同じ赤岩に入ります。

開始直後は、あまりにも暑いためか、アユの反応に乏しい時間帯となりました。

ところが、15時を回る頃から川の中が騒がしくなり、アユの追い気がムンムンです。

入れ掛かりの中、後ろ髪をひかれつつも、集合時間を考慮し17匹追加にて16時前に納竿しました。

この日の夜は、鮎追い人さんの夜宴に参加させて頂きました。
とはいえ、あまりにも疲労が蓄積していたためか、途中で意識が途絶えます。
21時頃には寝ていたような?いないような・・・。
みなさん、楽しい夜をどうもでした。


竿:銀影競技メガトルク急瀬抜95V(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:パワーミニマム7号3本イカリ、チラシ8.5号2本ヤナギ


7月16日

釣行最終日は、那珂川中流部でもシモのエリアに入りました。

DSCN0955.JPG

で、これはある意味予想通りでしたが、瀬の中の本当にイイ場所でしかアユの反応がありません。
この場所を上がった後に気づきましたが、どうやら茶色い石(古アカ)はイマイチのようです。

DSCN0957.JPG

この画像は偏光グラスを通して撮影しましたが、白い石の方が良かったようです。

で、怒涛の流れのみを狙い、昼食までになんとか15匹を確保。

そしてポイント替えのため、車移動です。

もっとも、あまりにも暑いため、すぐに釣りを再開できる状況ではありません。
けっきょく、昼食に加え昼寝もプラスし、午後の部は14時半過ぎに再開となりました。

移動後も、釣りのパターンは午前中というか前日と全く同じ。

急瀬の中を如何に釣るか?如何に取り込むか?の問題のみ。

釣れるときは続きますが、沈黙もあり。
そんな展開で午後の部2時間チョイで12匹追加。

この暑さでは、こんなもんかといったところ。
あまりの酷暑に疲れきったというのが3日間の印象でした。

さすがにこれだけ暑くて水がないとなると、次回の釣行先に悩むところです。


タックルは前日と同一。
posted by KIKU at 23:09| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ジャパンカップ南東北大会

この1年間、悶々としていました。
未だに2試合目のキャッチミスを後悔しています。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/452059610.html

この思いを晴らすためには、再びあの舞台に立つしかない!
そんな思いで、ジャパンカップに臨んだのです。


7月7日

今シーズン2日目となる小国川は、高水濁り低水温の三重苦。
14時半頃から竿を出してみましたが、手も足も出ません。
誰も沖に立ち込もうとしない一ノ関は右岸際で一度だけアユを掛けましたが、竿を立てたところで付糸からプッツン。
1アンダーと最悪の結果に自信喪失。
それでも、「試合じゃなくてよかったね!」という知人の言葉に納得したのでした。


7月8日

本番を迎えます。

抽選の結果、オトリ配布は201番目
ほぼ最後尾という状況に開いた口がふさがりません ( ゚Д゚)

これ以上悪いことはないくらいの順番なだけに、成り行き任せの展開となります。

まず、想定するよりも下流に向かう選手が多いように感じたことから、上流を選択。
釣り人の数は、エリアの端の方が少ないのが普通ですから、最上流の長沢堰堤に向かいました。

とはいえ、到着はほぼ最後。
目ぼしいポイントには既に選手が陣取っています。

ちょいと考え、右岸に向かいます。

川を切っている最中、一本の流れの筋が妙に良い石色でした。
もっとも、小場所なのでそこをスルーし、ややシモの瀬脇にポイントを設定します。

7時に釣りが始まりましたが、開始15分間、何の反応もありません。

こうなると、先ほどスルーした小場所が気になります。
そして、ある選手がその近くに向かう動きが目に入ったことから、移動を決断。

これが予選の展開を決定づけました。

その小場所でプチ入れ掛かり!
確か7時55分の時点で5匹以上ゲットしていました。

その後アタリが止まり、竿一本カミのザラ瀬に移動します。
ここでもポツポツ掛かります。

あとは付近をチョロチョロ移動しながら数匹追加。

9時18分に釣りを切り上げ本部に戻ります。

結果、オトリ込み14匹と余裕の2位通過!
短竿による小場所狙いがハマった予選となりました。


問題は決勝です。
正直言って、どこに入ったらよいかイメージが湧きません。

けっきょく、エリア上流の中州周りに入りましたが、ウンともスンとも言いません。
周囲も竿が曲がる気配に乏しく、お手上げ状態・・・。

残り50分の時点で踏ん切りをつけました。
10分かけて本部前に戻ります。

気になっていたヤナ周りを攻めてみますが、野アユからの反応は返ってきません。

残り20分。
思い切って周囲では一番の流れを攻めることにしました。

背バリプラス1.5号玉で養殖オトリを沈めます。
それでも、弱りかかった養殖アユですから、良い流れの筋にオトリが入りません。

オトリを入れ直すこと数回。

チョットした拍子に、良い流れにオトリが入りました。
途端、目印が吹っ飛びます!
14pと小型ですが、本当に嬉しい1匹目でした。

とはいえ、後が続きません。
ただし、周囲の釣れ具合を考えると、あと1〜2匹追加すればボーダーラインの可能性があります。

残り5分。

対岸に渡りました。

思い切ってオモリを1.5号+1号の計2.5号とし、一番押しの強い場所に養殖オトリを沈めました。

待つこと数秒で2匹目がヒット!
2匹目は良型です。

しかし、残り時間はあとわずか。
急いでオトリを交換し、送り出して数秒。

終了のホーンが鳴りました。

オトリ込み4匹。

釣れたのは1匹とかボーズという選手がけっこうな数いたのですが、そんなにアマイもんではなかったというのが現実。
ボーダーラインは6匹。

今回の試合で得たものは、最後までやるだけやったという自己満足だけでした。
釣りにおいては。

1531137397559.jpg

で、この日の運は、このためにあったようです。
シマノさん、ありがとう!!(爆)


竿:銀影競技SL80J
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25〜0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 21:57| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

東北解禁は小国川で

7月1日

午前6時、前夜の雨の影響で笹濁りの小国川で東北の解禁日を迎えました。

今シーズンの日本海側河川の遡上は低レベル。
ダメだダメだという噂が飛び交う中で、なぜ山形河川を選択したのか?

まず、小国川はもともと放流量が多く、上流部はもともと放流アユだけである程度釣りが成り立つこと。
そして、噂の真偽を自分の目で確認したい。
そんな理由です。

で、前日に半日かけて下見したところ、噂ほど酷い印象はありません。
どうにかなりそうといった印象。

DSCN0936.JPG

さてさて、1匹目は開始間もなく掛かりました。

DSCN0939.JPG

18pほどの良型です。
綺麗なことは綺麗ですが、鱗の粗さが放流アユといったところ。

確か3匹目までは比較的容易に続きました。

ところが、その後は苦労が続きます。

アユは薄いかもしれませんが、自分の釣りにも原因があったと思います。
どうも那珂川と同じく竿をベタにしてしまいがち。
石が大きいですので、竿を立て気味にすればよいということに気づくまで、時間を要してしまいました。

で、1ヶ所目は9時半までに9匹。

車移動を決意します。

DSCN0941.JPG

こちらでは2時間かからずに9匹。

今思うと、この場所で粘っていれば30はイケたでしょう。

しかし、このペースも物足りません。

そして、川全体の傾向も掴んでおきたい。
そんな思いから、2回目の車移動を敢行します。

最後に入ったのは、例によって一ノ関大橋。

ところが、昼食を食べながら眺めていても、ほとんど竿が曲がりません。
知り合いに話を聞くと、朝イチのお祭り終了後は時速2匹ペースなんだとか・・・。

とはいえ、もはや移動が面倒な心境でした。
来週の下見の意味も含め、そのまま竿を出します。

が、13時半からの3時間でわずかに5匹。

結果、解禁日としては貧果の23匹で終わってしまいました。

DSCN0943.JPG

その後の情報を集めてみると、30〜40匹というのがトップグループ。
どうやら今年は、地元のエキスパートクラスがドツボにハマっていたカンジ。
私もそうだったのですが、地区的な部分も含め、素直にいつものポイントを選んでいれば、それなりに結果をだせたように思います。

もっとも、解禁日ってこんなもんと言えばこんなもん。
噂だけでは分からない部分の判断はつきました。
良い時と場所、これがハマれば、それなりに釣れそうな気がしたのでした。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mコンポ0.05号・Mステージ0.05号
ハリ:スピード6.5号4本イカ
posted by KIKU at 23:05| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする