2017年03月06日

サクラマスシーズン開幕

3月5日

山形県のサクラマス釣りは、赤川と最上川に限り、3月1日に解禁になりました。

ということで、この週末、私のサクラマスシーズンが開幕です。

とはいえ、半月ほど前に罹ったインフルエンザの影響が未だ残っており、時折咳き込みながらの釣り。
当然、無理はできないので、雨模様だった前日は、釣りをパスし、車中泊のみ。

1488803336693.jpg

ま、釣りはなくとも、出撃準備を整えた車中で寝るのも雰囲気があって私は好きです。


5日早朝、満を持して最上川のポイントに着くと、先行車が2台。
が、知り合いだったのでお互い一安心。

午前6時、いよいよキャスト開始です。
久しぶりのサクラマスロッドの感触に、最初は戸惑います。
しかし、徐々に慣れて力を抜いたキャストでも最長不倒に近い距離をミノーが飛んでいきます。

キャストし、ラインスラッグを取ってトゥイッチをかけ、ミノーがターンしたあたりで岸際のかけ上がりを意識しロッド操作。
ルアーが目の前に来ても、油断せずに8の字書いてピックアップ。
2歩下って次のキャスト。

ひたすらこれを繰り返すこと数時間。

1488803333869.jpg

ふと見上げれば、頭上を白鳥の群れが通過していきます。
下半身には、川の流れを感じます。

やはり、大河川のウェーディングの釣りは、独特の魅力があります。

これでヒットすれば言うことなし!の心境でしたが、そんなにアマイものではなく、同じ河原に立っていた釣り人誰もが異常ナシ。

私は一人で車移動し、2ヶ所目でキャスト開始。
しかし、特筆すべきこともなく、予定の半分ほど下ったところでカモの大群が目の前に着水してジ・エンド。

ポイントが潰れたこと、病み上がりでけっこう体力を消耗していること。
どうやらこの日は釣れている雰囲気がないこと。
(そこいらじゅう人だらけだったのに、昼には疎ら・・・)

そういったことを理由に、お昼前に竿を畳んだのでした。

1488803332480.jpg

解禁日にはけっこう数が出たようですが、やはりそこはサクラマス。
そんなに簡単に幸運に巡り合うことができないのは、今シーズンも同様みたいです。
posted by KIKU at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サクラマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

激シブ続き・・・

今回もあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とともに
広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗ってタラジギングでした。

前日から吹いている強風が心配でしたが、夜明けには若干風が収まり無事出港。

DSCN0366.JPG

よかったのはここまで(爆)

朝イチしばらくの間、食いが悪いのはよくあることと自分に言い聞かせます。

そして、確か3流し目で私に1本目がヒット。
以降、船中それなりにヒットが続き、安堵の雰囲気が流れました。

が、時合はせいぜい30分?

以降、沈黙・・・。

この状況を打破すべく、船長は移動を繰り返します。

が、時間が経つにつれ、よりいっそう無反応状態。

私は釣果と言えるサイズが3本+ポンダラに終わりました。
が、これでもマシな部類。

陸上がりの際、同船した全員が軽いクーラーに落胆していました(汗)


それにしても、私もハムさんも、年が変わって以降、行く先々全てが激シブ。
原因は一体どちらにあるのでしょうか?
それとも、2人揃うことに問題があるのか?
こないだまでは、B氏とハムさんの組み合わせが悪い説がありましたが、新たな説を確立してしまいそうです。

このままマスまでひきずったらマズいよなぁ、
ということで、帰りに一関の上州屋でバイトしたのがこちら。

1486211378939.jpg

ラスト1個のギョロメを見つけたのはラッキーでした♪


ロッド:ソルティガ60-3/4S・零式ミッドスペック63SM
リール:ソルティガ4500H・セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:PE3号・2号
リーダー:ナイロン60lb・40lb
ヒットジグ:コモジグ325g・275g、カレントライダー260g
posted by KIKU at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

懲りずに悪足掻き

1月21日

前回、突然釣れなくなったタチウオに四苦八苦したことから、
1週間も経たずにリベンジの予約を入れたのは、私とあぶらハムさんの2人。

DSCN0364.JPG

青空に映える富士山に感動しつつ、6時間かけて沼津に到着。

DSCN0360.JPG

あまりにも富士山が綺麗なので、
幸松丸http://dai8koshomaru.web.fc2.com/の撮影も
必然的に富士山の写りを気にしながらになります。

最近、沼津沖のタチウオはあまりにも不調であることから、
この日は30分かけて富士川沖に向かいます。

移動中も、夕焼けに映える富士山に感動です。
(撮影はムリ!)

ということで、察して頂けたでしょうか?

肝心の釣りの方は、開始直後はアタリが続いたものの、途中から反応皆無。
ジグの釣りはひと流しで見切りをつけ、私は餌釣りメインで頑張りましたが、
指2〜3本サイズが7本で終わってしまいました。

船長は、何度も大移動を繰り返しましたが、良い群れは皆無。

1485174043122.jpg

移動中、かなりかっ飛ばしたようで、私的にはジェットコースター気分です(苦笑)

ちなみに、あぶらハムさんはジグで一瞬だけボコボコ状態でしたが、
あまりにも短い時合に8本止まり。

北西の風と波が余計でした・・・。

ということで、この冬のタチウオは一区切り。
あとは東北の釣りモノに切り替えです。

16174459_664120487129491_2196152863295836046_n.jpg

画像は船長撮影のモノを拝借させて頂きました。
posted by KIKU at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

しぶーいマダラジギング

1月14日

例年のパターンとしては、タチウオの次はマダラ狙いとなります。

ということで、実は1月には初体験のマダラを狙ってきました。
船はいつもの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/

1484398965432.jpg

氷点下の気温の下、6時半前に出船しました。

で、先日のタチウオに続いて激シブ。

日ごろの行いが悪いのは誰か?などと野暮なことは言いません。
今回も、あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/と一緒であることは間違いないので、ハムさんか私が疫病神である可能性が高くなってしまいました。

そんなわけで、釣果は可もなく不可もなく、タラジギングにしては貧果に終わってしまいました。

DSCN0358.JPG

ちなみに私、後半は底から10m以上のタナを中心に狙っていました。
多分これって、ヒット率は上がっても、食い気のない子持ちの確立が下がるような気がします。

ま、これはこれで楽しかったからヨシとしましょう!!


ロッド:ソルティガ60-3/4S・キャタリナ63-3/4S
リール:ソルティガ4500・同4500H
ライン:PE3号
リーダー:ナイロン60lb
ヒットジグ:コモジグ325g・275g、撃投ジグ250g
posted by KIKU at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

初釣りはタチウオ

ということで、初釣りに行ってきました。

この時期の恒例行事となっているタチウオジギング(餌釣り?)。
あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/が一緒なのも恒例行事。
そして、恐るべき事実まで恒例行事になるとは、世の中恐ろしいものです。

1月7日

まずはブンさんの運転で沼津に向かいます。
もうすっかり慣れたもので、お昼前に無事に沼津に到着。

1484050249491.jpg

やはり、富士山が近づいてくると盛り上がります!

1484050284941.jpg

さてさて、この日乗船したのは沼津江浦漁港の伊勝丸さんhttp://ikatu.naturum.ne.jp/

1484050282329.jpg

スペーザホエール60リットルが並んでいるシーンを撮影したり、

DSCN0350.JPG

富士山を正面に見てポイントに向かっているうちは盛り上がっていました(笑)

太陽が沈み、集魚灯を点灯したところで釣りを開始します。
とはいえ、そんなにすぐにタチウオが集まってくるわけはないので、しばらくは我慢の時間です。

が、15分過ぎ、20分過ぎ、30分過ぎ、40分過ぎ・・・

といったあたりで、なんとなくマズイ予感がし始めます。

どうも魚探にはそれらしき影が映っているのですが、1時間以上経過しても、誰にもタチウオのアタリがありません(汗)

そして奇跡が起こります。

なんと、私がジグを適当にワンピッチしていたところ、船中1本目がヒット!

しかし、以降まともに続きません。
ブンさんなんて、最初から本気餌釣りモードだったのに、タチウオのアタリは皆無の模様。

完全にヤバイ予感がしたことから、ジグで1本取ったことを言い訳に、私も餌釣りに変更します。

とはいえ、やっぱり餌釣りでもアタリは忘れたころにポツポツあるだけ。

どうも水面直下までスルメイカの姿が見えることから、タチウオはその勢いに負けている感じがします。
下手すると、タチウオよりも先にイカが餌をかじってしまい、釣りにならないこともありました。

しばし熟考。

魚探を見ていると、船長の指示ダナよりも10m以上シモ。
水深35〜40m付近に反応が出ています。

そこで、仕掛けを水深45mまで降ろした後、スローリトリーブで上げていくと水深35m付近でモゾモゾきました。
そのまま我慢し、スローリトリーブを続け、ロッドが絞り込まれたところでアワセをくれてやると、ようやくタチウオが乗ってくれました。

DSCN0354.JPG

このパターンは、してやったりってカンジです。

以降、コンスタントにゲットできるようになりました。

とはいえ、渋いことに変わりありません。
船中でコンスタントにアタリを出しているのは、私だけの様子。
ジギングタックルを流用したライトテンビン仕掛けの威力を発揮です。

とはいえ、終わってみれば9本。
渋い中で、こんなもんかといったところ。

実はラスト30分間、あぶらハムさんが団長ジグで連発していたことにビビっていたのは内緒です。

一昨日まで爆釣していたのに、ハッキリ言って期待外れの結果に終わった釣行初日でした。
この段階までは、誰かの行いが悪いんじゃないの?程度の冗談で済んでいました。


1月8日

が、こんな冗談で済んでいたのも初日だけ。
2日目はシャレになりません!!

いつもの幸松丸http://dai8koshomaru.web.fc2.com/の船長は
港に着くなり「早く行って待ってると寒くて心が折れるからさぁ、16時半まで待機しよう!」と爆弾発言しています。

DSCN0355.JPG

時間になって出港した訳ですが、この段階までは我慢できました。

が、沖に出ると、シャレになりません!!

DSCN0357.JPG

この雨はなんですか!!

DSCN0356.JPG

この風はなんですか!

爆風に船が煽られます。
時にはアンカリングに失敗する程の突風が吹いていました。

肝心の釣りですが、前日のうちに気づましたが、とにかく派手な誘いは行わず、餌を一定のタナに置いておかないとタチウオがかじってくれません。
しかも、この日は最初のアタリの後、変なテンションが掛かるとすぐに餌を離してしまいます。

そんな状況ですから、船が左右に煽られるとアタリが出ません。

最初は置き竿でアタリが出ていましたが、船の動きが大きくなった段階で手持ちに変更。
最後にはオモリを30号から40号にアップし、仕掛けを極力安定させるように気を付けました。

それともう一つ。
この日も船長の指示ダナを無視し、深めのタナから探ります。
そしてやっぱり水深35〜30m付近で好反応。

おかげでこの日、餌でもジグでもボーズの釣り人が複数いた中、なんとか7本取って形になりました。

1484050280623.jpg

ということで、早上がり後に向かった焼き肉屋で得られた結論は、次の通り。

「あぶらハムさんとブンさんが一緒になると激シブ!!」

ま、楽しい釣行になったので、それはそれでヨシとしておきましょう。
posted by KIKU at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする