2016年09月20日

神通川から小国川へ

神通川から小国川へ

9月17日

石が大きく滑るために歩き難い。
川の傾斜がキツク、掛かりアユは引きまくる。

ただでさえ疲れる川なのに、今シーズンは大アユの年。
狙いは荒瀬。

一日中瀬に立ち込んでいるとクタクタに。
翌日は腰から足から腕を含めて全身疲労困憊。

しかし、それでもあのアユが忘れられない。
リベンジしたい。

そんな思いを果たすべく、半月ぶりに神通川にやってきた。

しかし、シーズン最終盤。
増水後の引き水、しかも晴天。

DSCN0277.JPG

午前7時半にこの光景。
思いはみんな同じ。
この絶好の条件を逃すものかと言わんばかりに川中釣り人だらけ。

正直言うと、気になっているポイントがあったのだが、けっきょくは釣り人の数の問題で新保橋下流右岸に入川。

8時過ぎには竿を出し、開始30秒で1匹目。
2匹目も秒殺。

だが、よかったのはここまで。

やはりシーズン終盤だけあって追いが悪い。
魚影も薄くなった印象。
25〜26pサイズはそれなりに出るが、前回釣行に比べて型が一回り落ちた印象。

こうなると、足を使って数を稼ぐしかない。

DSCN0278.JPG

それでも、午前中で26pクラスを頭に19匹ゲット。

DSCN0279.JPG

そして、アユカケの自己最大記録を更新。
全長25p以上ある個体を荒瀬の中から返し抜きしてしまった・・・。

さすがに前回3日間も入った場所に一日中居座る気も起きず、昼食後に車移動。

今度は赤岩下流の連続瀬。
ここには昨シーズンも入り、良い思いをすることができた。

川に降りて、ふと岸を見ると、白い物体が見える。

おやっ?と思って拾い上げると、見覚えのある帽子。

1474367357299.jpg

なんと、前回釣行で竿を折ったのと同時に流してしまった帽子である。
マスターズのバッジがまさに私の帽子である証拠。

奇跡の再会に、気分を良くして午後の部を開始した。

この瀬は4段ほどの構成になっているのだが、2段目まではアタリなし。
ここらへんは昨シーズンと同様の傾向。

そして本命の3段目の瀬の瀬肩にオトリを入れた瞬間、瞬殺。
立て続けに3匹ほど抜いたところで、シモの瀬落ちの開きに釣り人が・・・。

そこで、さらにシモの4段目の瀬肩に移動したところ、なんと入れ掛かり!
急瀬といってもよい流れで掛ける25p級は、アタリも引きもたまらない。

5匹ほど抜いた時点でカミを見ると、開きにいた人が接近中。
しかも、私がヘチ寄りに立っていたのだが、その人は川のド真ん中に進みながら釣っている。

このままでは立ち込み競争となり、ポイントを潰してしまうのは明白。
仕方なしに、私は遠慮してカミに戻ることに。

まあ、それでもポツポツ掛かるわけで・・・。

結果、午後の部は14匹追加。

全身全霊をもって神通川に対峙し、一日合計33匹のアユをゲット。

時計を見れば17時。
見渡せる限り、この時間まで川に立っていたのは私一人。

思いを果たせたことに満足した私であった。


竿:撃龍竿U925(ノーマル穂先)
水中糸:Mステージ0.3号+付糸1.5号
ハリ:荒瀬12号3本チラシ


9月18日

釣行前から分かっていた。
天気予報通り、夜半から大雨。

川を見るまでもなく、友釣り不可能と判断できる状況。

DSCN0282.JPG

フナサキの親父さんに「また来年!」の挨拶をし、増水中の神通川を目に焼き付け、富山県を後にした。

休みはまだもう一日ある。

情報収集の末、北上することにした。

どうやら新潟の下越以北は大した雨になっていないらしい。
それならば、共通券を持っている山形県に行ってみようと思った次第。

4時間ほどのドライブの末、山形県に入った。

そして思い出す。
県境の川であれば、水に入らなくても釣り可能。

ということで、最初は水に入らず、けっきょくはジャージ・長靴姿で対岸に渡り、2時間ほど頑張った結果は9匹。

DSCN0285.JPG

最後の最後、それなりに流れが走っているザラ瀬のベタ引きが有効であることが分かったが、パターンを掴むまで時間がかかり過ぎてしまった。
おまけに、極小河川ゆえ、手がかりを見つけるまでに目に見える範囲のポイントを釣り切ってしまった感じ・・・。


竿:銀影競技SL80(チューブラー穂先)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ


9月19日

そして行き着いたは最上小国川。

実際のところ、釣りのパターンは前週と同じ。

この時期にも関わらず、瀬の中で良い追いを見せてくれる。

とはいえ、小雨混じりの曇天、低気温とくると、入れ掛かりというわけにもいかない。

午前の部は歩きに歩いて21匹。
午後は大会本部まで粘りに粘って19匹。

この時期にこの条件で40匹であれば、満足せねばイカンだろう。
そんな思いで、我慢の限界まで釣り続行。

17時、川から上がった時には、やはり最後の一人になっていたのであった。

1474367427307.jpg

竿:銀影競技SL80(チューブラー穂先)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ
posted by KIKU at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

予想外の数釣り

今回向かった先は小国川。

正直言って、神通川釣行の疲れが癒えていない。
なるべく近場の楽な川に行きたい。

そんな思いから、出発前夜にちゃっか屋にTELしたところ
「コマイけど釣れてます!!」とのお話に、即決。

しかも、日曜日は釣具屋主催の大会とのこと。
久しぶりに出てみよう!との気楽な思い。

で、釣行の結果は、予想外の事態に。

9月10日 午前36匹、午後51匹の87匹!
9月11日 午前21匹(ちゃっか屋アユ釣り大会3位:2位タイもジャンケン負け)、午後31匹の計52匹

DSCN0273.JPG

抱卵したアユが白っ川からの新アカ付き始めで、一気に食み出したこと。
さらに、10日は高水、11日は平水よりやや高めと、流速による竿抜けが盛り沢山。
おおよそ、こんなところが好釣果の要因と考えている。

ちなみに、釣れたアユは平均16〜17p、最大22p位と今時期にしては小振り。

DSCN0270.JPG

とはいえ、瀬の中でこんな綺麗なアユが
一日に何度となく目印をブっ飛ばし、小気味よい引きを味合わせてくれるのです。

癒されました(笑)


竿:銀影競技SL80(チューブラー穂先)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.4号、(大会のみ)Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ(7.0号メイン)
posted by KIKU at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

神通川で完全燃焼!

近年恒例の神通川遠征。
当初、今シーズンもお盆休みに遠征計画を立てていたが、
お盆休みが仕事に代わり、遠征予定はあえなく休止。

そして今回、ようやく仕事に目途がつき、川の状況を考慮した日程でお盆休みの代休を取得(笑)
ようやく、富山に向かうことができた。


9月2日

今回、不安材料が一つ。
お盆過ぎの増水により泥が流れてしまい、濁りとアカがどれだけ残っているのか分からなかった。

しかし、それも川を目にして一安心。
この程度の濁りであれば、全く問題ない。
しかも、増水後の引き水の絶好のタイミング!

新保大橋の下流で先行していたドン玉さんと007氏の二人と合流し、早速釣り開始。

この条件下で狙うのは、荒瀬以外考えられない!

DSCN0246.JPG

結果、当初の不安をよそに、順調にアユが掛かる。
しかもデカい!

午前の部、16匹をゲットしたが、竿が硬派では無理が効かない。
瀬の核心部を避けるしかなかった・・・。

午後は竿を撃龍竿に持ち替え、どんな場所でどんなアユであろうと一歩も動かず返し抜く。

DSCN0261.JPG

こうなると、仕掛けも最強クラスを選択することになる。
水中糸はメタル0.3号に付糸1.5号。
ハリは10号でも身切れが起きることから、最終的に12号に落ち着くことに。

27pクラスが掛かっても、一歩も動くことができない流れへの経ち込み。
アベレージ25p超、160〜180gサイズを全て返し抜くしかない世界。
仮に竿を伸されても、への字状態から体力全開でぶっこ抜く!

こんなノリノリのひと時を過ごしていたが、落とし穴が待っていた。

オトリ交換の後、曳舟を手放したところ、そのままシモに流れてゆく。
荒瀬ゆえに追いかけることもできない。

しばし唖然としていたが、シモの大トロで舟が対岸に向かっていく。
その先にドン玉親分が立っていた!
彼も私の曳舟に気がついたが、ギリギリ竿も手も届かない距離。
その後、さらにシモの釣り人が舟を回収し、ドン玉さんが受け取ってくれた。

感謝感謝!!
これがなかったら、残り全日程最悪の気分だったはず。

釣りに復帰し、午後の部は計18匹ゲット。

1473247144410.jpg

一日合計34匹、数も型も十分満足な一日。


9月3日

この日も新保大橋へ。
前日よりも若干水が引き、ついに瀬の全面に竿出しが可能になる。
さらにkaneyonも合流し、一層賑やかな顔ぶれがそろった。

が、この日も落とし穴。

2匹目で良型を返した瞬間、撃龍竿の穂先がポッキン・・・。

穂先を交換し、戻ってみれば、007氏が良型を連発。

DSCN0243.JPG

いいなぁ、と指を咥えて見ていると、他人の仕掛けが引っ掛かったとのこと。

あれっと思い、近づいてみれば、なんと私が折った穂先がついている。
しかも、根掛かりせずに掛かりアユが付いている。

慎重に手繰り寄せ、オトリとともに27pクラスの立派なアユをゲット。
さらに、穂先はダメだが仕掛けは完全に無事な状態で回収に成功。

もはやラッキー以外のないものでもない。
こうなれば、やれるだけやるしかないノリノリの心境(笑)

最高の状況で気分は絶好調。
まさにコワイものなし。

DSCN0250.JPG

竿を納めたのは夕暮れ直前であった。

1472899929234.jpg

一日が終わってみれば、今釣行最高の46匹。
放心状態であった。

ところでこの日、気がついたことが一点。
石裏ややシモで竿を立て気味にオトリを止めておくことが効果的であることが分かった。
完全なベタ竿ではなく、目印を少し下げ、水深に関係なく瀬の石裏一つ一つを探るイメージ。
これが膝下の場所でも同様で、数を伸ばすことができた要因、さらに翌日以降のオトリ捕りのヒントにもなった。


9月4日

3日目は新保大橋のシモのシモの瀬付近。
見慣れた光景だけにもうイイヤ的な心境ではあったが、仲間のことも考えるとこれでもいいかといったところ。

DSCN0255.JPG

お昼近くまでは、なんとなく妥協しながらの釣りであった。

DSCN0257.JPG

しかも、竿がまんべんなく入っているためか、アユがスレ気味。

この3日間有効だったチラシバリはケラレの連発。
今釣行で唯一3本イカリを使い通した一日となった。

そして午後、ついに地合いがやってきた。

瀬尻のド真ん中に立ち、急瀬の落ち込みを攻めていると、良型が入れ掛かりに。
イカリバリなので、返し抜きではなくキャッチング。

神通川のアユの引きは強烈で、スピードとトルクがある。
一歩も動くことなく何度もアユを抜くうちに、体が悲鳴を上げ始める。
しまいには、利き腕である右腕に力が入らなくなり、何度も抜きに失敗。

1473247139932.jpg

最大25p強程度のサイズであったが、34匹のアユを相手することで、心身ともに疲労感満載で竿を納めたのであった。


9月5日

釣行4日目。
この日以降は一人での釣りとなる。

気になっていた成子大橋カミのカミで釣り開始。

まずは掴んでいるパターンにより、白泡の瀬の石裏を探り歩いてオトリ捕り。
これが予想外に良く掛かり、二桁稼いで本命場所へ移動となった。

さらにカミに移動し、広大な瀬のド真ん中まで立ち込んで、左岸側の流心を狙う。

そこでの1匹目が良く引いた。
しかし、自分が動くわけにはいかない。
竿と仕掛けを信じ、渾身の力でアユを抜く。
今釣行最大クラスをゲット。

その後はポツポツ。
型は良いが、思ったよりも数が伸びず、21匹で昼食休憩とした。

休憩後、いよいよ付近で最強の激流に目が向く。

久しぶりにお会いできた激流隊http://www.rs-web.jp/~gekiryuutai/の上野総帥の視線を受けながら、瀬肩で25pクラスを連発。

DSCN0262.JPG

そしてオモリ8号の核心部を攻めるも、反応に乏しい。
アタリがなければ集中力を欠くこととなり、根掛かりを連発。

けっきょく、午後は大した数を追加できぬまま、スコールにより強制終了となってしまった・・・。

DSCN0264.JPG

とはいえ、ゲットしたのは33匹。
しかも、27.8pを手にすることができ、それなりに満足。


9月6日

神通川の瀬に立ち込み続けること4日間。
あの流れで踏ん張り続け、大アユを抜き続けた結果、体中が悲鳴を上げている。

しかし、とうとう最終日。
悔いを残したくないゆえ、朝イチにユンケルを飲んで気合を入れる。

この日の選択場所も成子大橋カミ。

ただし、狙いは前日竿を出していない橋のカミの瀬。

強風が吹き荒れる中、いつものパターンで瀬の中を探り歩いてオトリを確保。

今度は、気になっていた橋のシモのテトラ周りへ大移動。

これが良くなかったのかと思う。
目指すポイントへ着いた時点でフラフラに。

川を歩くと踏ん張りが効かずにまさにヨロヨロ。

それでも、転んだりなんだりしながらも、数匹のアユをブチ抜いた。
カミに居た釣り人は、あの流れで全く動かずアユを抜いたことに度肝を抜かれていたらしい。

そんなこんなでついにやってしまった。

急瀬の瀬肩で良型を掛け、体重を利用して踏ん張り、アユを抜く。
抜けたアユをカミに返そうと、竿を持つ手に力を込めた瞬間、激流竿が真っ二つ。

元上とその上の繋ぎ目から綺麗に折れてしまった。

気がつけば、タモ枠が折れている。
帽子も流してしまった。

もはや限界。
色々な意味でこれ以上の釣りは無理と考え、車に戻ることに。

戻りながら考える。

これで終わってよいのか?
このままでは悔いを残すのではないか?

再び釣欲が沸き上がる。

車に戻った私は、別の竿を取り出し、再度瀬に向かうのであった。

小一時間で10匹ほど追加し、13時20分に竿を畳む。

1473247142770.jpg

最終日は、20匹の釣果。

とにかく、やり切った!
最後には、ただその一言に尽きる心境であった。

1473247174824.jpg

往復1,000q以上の道程を苦にさせない魅力を持つ神通川。
ホント瀬釣り好きにはたまらない川である。


竿:撃龍竿U925(○)、硬派荒瀬抜90SJ
水中糸:Mステージ0.3号+付糸1.5号
ハリ:荒瀬12号3本チラシ
posted by KIKU at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

金アユを求めて

8月26日

前日の大雨により、東北の河川は軒並み大増水。

ダメもとで米代水系へ向かっている最中、赤石川は問題ナシとの朗報。

こんなことでもなければ出かけない川であることから、ステアリングを北に向けた。

翌朝、情報源のタカギー氏と合流し、川に向かう。

寒くて全身冷え切ってしまうよう状況のもと、1ヶ所目は17匹、2ヶ所目は12匹、3ヶ所目も12匹の計41匹。

DSCN0241.JPG

なんとか川の癖を把握できたかな?というカンジ。


8月27日

2日目は単独の釣り。

まずは朝イチ、前日のうちに目をつけていた場所を目指す。

DSCN0239.JPG

とはいえ、強風を避けるため、木の隙間で釣るカンジ。

なにしろ風が強いので、釣れる釣れないは二の次。
まずは風の影響が少ないことが最優先の場所選択。

とはいえ、予想に反し、ポツポツ釣れる。

次第に風が収まり、瀬の中を攻めてみる。

高切れしたりなんだりと、こちらもペースはポツポツ程度。

で、午前の部は18匹。

軽い昼食後、午前中に目をつけていた瀬を目指す。

瀬に覆い被さっている木を避けながらオトリを泳がせると良いペース。
あっという間に10匹以上稼いだはず。

あとはしばし、放浪の旅。

ラスト30分という頃、なんの欲もないまま、車の目の前のチャラ瀬に竿を出す。

ここでなんと入れ掛かり(笑)

納竿予定時間を大幅に超過し、7〜8匹ゲットしたところでポイントのネタ切れ。

DSCN0240.JPG

終わってみれば、午後の部は21匹。

なんというか、この赤石川はそれなりに竿が入っている。
しかし、ちょっと目線を替えれば、竿抜けがそこいらじゅうにある状態。
ただし、オモリ釣りがあまり通用しないカンジもあった。
そういう意味では、立て竿の上方テンションコントロールを学ぶのには良い川なのかもしれない。

いずれ、タモに収まれば、強烈な香りが漂ってくる赤石川の金アユ。
食べるのが待ち遠しいのは間違いない(笑)


竿:銀影競技SL80
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:スピード7号4本イカリ
posted by KIKU at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

久しぶりに阿仁川へ

8月20日

自宅からの所要時間、そして釣り人の数と釣れる数や型のことを考慮すると、米代水系の中では後回し。
そうはいっても、ロケーションと釣れるアユの質では水系でもトップクラスなので忘れがたい。

そんなわけで、本流域が軒並み釣り不可能という状況下、7〜8年振りに阿仁川を目的とした釣行を敢行。

1471870021435.jpg

画像を見れば、分かる人なら一目瞭然のポイントに入川。

開始30分で3匹取るも、あっという間に釣り人でいっぱいに。

業を煮やしてカミへ移動後、5〜6匹追加。

10時過ぎ、駐車場前が空いてきたことから、腰を落ち着けるべく元の場所に戻る。

ここから良いペース。
ようやくハリが合ったこともあり、アタリが途切れることなく続く中、良いペースが続いた。
瀬の落ち込みから続く深瀬〜トロ瀬の一帯を探り終わったところでカウントすれば25匹。

昼食後、車移動を敢行。

実は、朝にチラ見し入る場所を決めていた。

阿仁川アユ釣りのメインステージとなる阿仁前田地区の中で、一番の荒瀬。
両岸から竿出し可能だが、瀬の芯の芯にオトリを入れることができる人は限られているはず。

到着すると人だらけだったが、一番おいしい流れがポッカリ空いている。

ここで準備したのは、荒瀬竿にメタル0.2号、ハリ10号の大アユ装備。

DSCN0231.JPG

オトリが波立ちの中で落ち着いた瞬間、ガガガッ!の感触とともに剛竿がひん曲がる。
基本的に切れない仕掛けなので、バレを気にせず一気に返し抜く。
手にしたアユは24p超!

2匹目は速攻。
3匹目も間髪入れず。
4匹目、5匹目・・・。

1471870072096.jpg

2時間後、最大25p超を交え、15匹追加。
まさに、これぞアユ釣り!という醍醐味を堪能できたひと時であった。

DSCN0233.JPG

この日の合計40匹。
数字以上に阿仁川アユ釣りを堪能できたように思う。
なんせ、この私が16時半に竿を納めたくらいだ(笑)


8月21日

ということで、2日目は結構余裕。
しかも、ある程度は釣れるだろう、という根拠のない自信に満ち溢れている。

しかし、これが落とし穴。

午前はわずかに7匹。

こんな時に限って、バラシやら根掛かりが多いわけだが、なによりも戸惑ったのが、前日良かったハリが全く合わないこと。

おそらく、これが上手くいっていれば、倍の数を稼げたはず(苦笑)

意気消沈の午後。

DSCN0235.JPG

ポイントを求めて移動を繰り返すが、要所要所は人だらけ。

半分ヤケクソで、前夜の車中泊の場所に戻り、ここで竿を出すことに決定。

とはいえ、これも考えが甘く、小分流に移動し、ようやく友釣りが成立し始めた。

既に16時を回ってしまった。

戻りついでに、最後の最後は駐車場の目の前の瀬を狙ってみる。

ここでようやくポンポン釣果が続くようになった。

ラストのラストはプチ入れ掛かりもあり、
午後の部は12匹と、可もなく不可もない結果に。

DSCN0237.JPG

四苦八苦しながら2日目も形になったものの、阿仁川の洗礼を受けてしまった。

ということで、まだまだ未熟者であることを痛感した一日。
これはこれで、思うことが色々あった訳で、アユ釣りの面白さと難しさを痛感した2日間となった。

(タックルその1)
竿:メガトルクU急瀬抜95(替穂使用)、銀影競技SL80(替穂使用)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:スピード7.5号4本イカリ(初日は○、2日目は△)、キープ7.5号3本イカリ(初日は△、2日目は○)、D-MAXチラシ9号2本ヤナギ(△)

(タックルその2)
竿:硬派荒瀬抜90SJ
水中糸:Mステージ0.15〜0.2号
ハリ:無双10号3本チラシ
posted by KIKU at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする