2019年06月03日

那珂川解禁!!

6月1日は東北地方を除き全国各地の河川でアユ釣りが解禁します。
ですから、アユ釣り界でこの日は祝日!
FacebookやらLINEやら様々なツールで気分を盛り上げ、那珂川に向かいました。


6月1日

早朝4時半、例年鉄板のポイントでkaneyanと二人、竿を並べます。
この場所は、激戦区がたくさんある那珂川でも、中下流部では有数の激戦区。

さっそくkaneyanの竿が曲がります。
周囲でも徐々に竿が曲がり出します。

ところが、私の1匹目までが長かった・・・。
7時頃までに4匹釣りましたが、同数以上ケラレやバラシがあったでしょうか。
解禁日ですから、普通に考えれば初心なアユが素直に追ってこなければなりません。

実は、他の釣り人も似たような状況で首を傾げています。

けっきょく、この場所は7時半に見切りをつけました。

その後、もう一つカミの瀬に移動し、ドン玉親分と合流。
しかし1匹追加したのみ。
状況はほとんど好転しません。

01KIMG1154.jpg

必然的に、10時過ぎにはこの状態。
昼食?を食べて落ち着いた頃に時計を見るとまだ11時前(汗)

アルコールを摂らなかった私は、思い切って車移動を決断しました。
(残り二人は居残り+昼寝)

移動先は、中流部の大激戦区。
見渡す限り人、人、人そして車、車、車。
対岸に入ったなら身動き取れないことは明白なので、左岸から入川します。

ここでブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/に遭遇。
なんでも、流心でばかり20以上掛けたのだとか!(驚)

ということで、絞り込まれた流れを意識した釣りを展開します。

02KIMG1166.jpg

こんなアユが掛かり、ようやく友釣りをやっている気分になってきました。
放流魚主体ですが、流れといいアユの色と言い、これなら満足できます。

とはいえ、そこはやはり激戦区。
数は伸びず、2時間で5匹にて2回目の車移動を決断します。

解禁日最後のポイントは、渇水時の好ポイントである岩盤地帯。

こちらは好反応でした。
早朝から川に立っていたわけですが、疲れを忘れて釣りを続行。

2時間で10匹ゲットし、ようやく納得。

DSCN0361.JPG

何時間川に立っていたかはおいといて、一日合計20匹の釣果に溜飲が下がった次第です。

この日の夜は、鮎中毒の仲間との解禁祝い。
気心の知れた仲間が集結し、本格シーズン開幕に祝杯をあげたのでした。


6月2日

前夜の河原宴会の目の前も、本来であれば好ポイント。
しかし、前日はパっとしませんでした。

という理由で、8時過ぎに一人での別行動を決断します。

前日最後のポイントに入り、前日探り切ってない場所を意識した釣りを展開します。

04DSCN0378.JPG

正直、最初はイマイチ。
釣れるアユは細くて白い。

05KIMG1172.jpg

アユよりもむしろ、オイカワの方が元気なくらいです(汗)

ここで決断しました。
前日の状況から判断し、絞り込みの流れにチャレンジします。

DSCN0374.JPG

画像では分かりにくいのですが、この場所はほとんどの釣り人はまともにオトリが入りません。
私自身、ここにまともにオトリを泳がせたのは初めての経験。
それだけ、この日は渇水だったのです。

このチャレンジが効を奏しました。

DSCN0372.JPG

オトリが底で落ち着いた後、徐々にカミに引き上げます。
途端、竿を持つ手に野アユからの激しい追いを感じます。
一呼吸ほど待っていると、愛竿が一気に絞り込まれます。
狙い通り、飽きないペースで竿が曲がる!
これぞアユ釣りの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

06DSCN0377.JPG

大小バラバラではありますが、こんなアユが釣果の中心。
一日合計30匹という結果に満足し、帰路についたのでした。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号、Mコンポ0.05号+付糸0.35〜0.4号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ、スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:44| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

5月解禁の鬼怒川へ

まずは「祝!解禁!」の一言から始めます(笑)

今回、5月のアユ釣りを生まれて初めて経験してきました。
栃木県には釣れても釣れなくても5月15日解禁という思川がありますが、噂を聞いて完全に敬遠。
しかし、色々な意味で鬼怒川ならば、釣れても釣れなくても納得できます。
馴染みの川ですから、道中の運転も大きなハードルにはなりません。

ということで、鮎中毒との仲間との前夜祭を迎えます。
例のごとく、腹が痛くなるほど笑いに笑い、酒を飲んで河原泊。

目覚めてみると午前2時。
いくらなんでも早すぎるということで2度寝しますが、うつらうつらしただけでスマホのアラームが鳴りました。

仲間みんなが似たような就寝状況らしく、4時というのにみんなが起床。
軽く朝食をとり、着替えを済ませて川に立ちます。

DSCN0357.JPG

この時点でまだ4時半!(驚)

普通に考えて、朝マズメがないのがアユ釣りですから、この時間に釣れるわけがありません。

ところが、いきなりカネヨンの雄叫びが響き渡ります!
しかも4連発!!
これに3チラさんが続きます!

周囲のムードが一変しました。
みんな本気モードに突入します。
徐々に竿が曲がり出します。

ところが、私のオトリに野アユからの反応がありません。

我慢すること30分、ようやくグルグルきました。
竿を立ててみると、オトリと掛かりアユが団子になっています。
トラブルが怖いですが、シーズン最初のアユですから、慎重になりようもなく抜きにかかります。

ここで高切れ。
なんとオトリごと居なくなってしまいました。
いきなりマイナス1匹からのシーズン開幕です(苦笑)

その後、30分かけてようやくプラス釣果に突入しました。

確か4匹目までは良いペースで続いたのですが、以降は沈黙。
誰の竿も曲がらないまま、時間が経過していきます。

8時半の時点で未だ5匹。

新たな展開を求めて、一つカミの瀬に移動してみました。
こちらでようやく友釣りらしい友釣りで二桁釣果に突入します。

とはいえ、ここは鬼怒川。
良いペースで釣れていると、あっという間に釣り人に囲まれ身動きが取れなくなります。

KIMG1139.jpg

一通り釣ったし嫌気が指したし、ということで、元の場所に戻ってきました。

けっきょく、ここからが本番のようなものでした。
やや右岸寄りの芯でオトリを止め気味に待っていると、野アユが絡んできます。
水温が上がってきたためか、黄色いアユも混ざり出しました。
時速6〜7匹ペースと、イイ感じです。

もっとも、すぐシモに居たM山氏は、時速二桁ペース。
その様子を指を咥えて見ていたに近い心境(苦笑)

一通り釣ったところでアタリが止まりました。

カウントすると28匹。

KIMG1142.jpg

自分の想像以上の数に、思わずニンマリです(笑)

そして昼食。
季節外れの猛暑、早朝からの疲れに一時休憩。

午後の部を開始したのは14時半過ぎ。
今度は対岸の右岸側に渡ってみます。

すると、午前と似たようなパターンとペースで野アユの反応がありました。
こちらも一通り竿を差したところでアタリが止まりました。

この時点で16時半。
解禁日の釣りを終了します。

午後の部は12匹。

DSCN0361.JPG

ということで、シーズン初日は40匹と好釣果に恵まれました。

5月ですから、アユの型を望むことはできません。
問題は、元気なアユがどれだけ釣れるか?です。

そういった意味で、この日の鬼怒川のアユは最高とはいかなくても及第点レベル。
一週間前の大雨で石アカが飛び、新アカ付き始めという厳しい状況だった割には、良く釣れた部類だったのではないでしょうか。

まずは好スタート。
そう言って差し支えない鬼怒川の解禁日。

1558958054044.jpg

久しぶりに地元新聞(今回は下野新聞)の解禁レポートに
自分の釣り姿が掲載された(笑)というシーズンスタートでもありました。

竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム6.5号3本イカリ
posted by KIKU at 22:21| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

新潟〜山形県境を彷徨ってみた

5月18日

例年、この時期は庄内に青物が接岸します。

悪くてもイナダ、あわよくばワラサ、それどころかブリ!と変な期待を抱きながら、
3時起きし、4時には新潟県北のサーフに立ちました。

ところが、青物の気配が非常に乏しい状態。
夜明け直後、ふと見ると目の前にナブラが出現しました。
ところが、10秒で静まりかえります。

以降、らしき反応は一切ありません。

同じサーフには7〜8人の釣り人がキャストしていましたが、
時折ロッドが曲がったとしてもアイナメやホウボウといった魚。

7時過ぎに場所移動を決意します。

2ヶ所でキャストしてみましたが、状況は変わらず、8時前に諦めました。

で、これだけで帰るのは非常に悔しいわけです。

付近にはアユで通っている小河川が多数所在していますので、
アユの遡上状況を確認してみることにしました。

KIMG1121.jpg

で、アユが簡単に見つかる川、アユの姿が見えない川と色々あります。

KIMG1124.jpg

KIMG1126.jpg

時期が時期ですから、見えるアユのほとんどは群れどころか淀みに団子になっている状態。

KIMG1129.jpg

しかし、この場所で今年初のアユの追い合いを目撃!

2匹の縄張りアユを目にした瞬間、私の2019年のアユシーズンが開幕しました。
ということで、来週からはいよいよアユです!!!
posted by KIKU at 22:25| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

サクラマス最終釣行

5月11日

前回のシモキタはラストがあまりにも劇的でした。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/465447483.html

正直、この一週間がかなり待ち遠しく、片道5時間以上の運転が全く苦になりません。
当然、睡眠2時間の3時起きもあっという間に覚醒します。

まだ真っ暗なサーフ、しかし水平線の遥か彼方が白み始めたサーフを10分ほど歩いてポイントに到着。
若干明るくなるのを待ってからキャストを開始しました。

ところが、こんな時はたいてい空回りします。
なんと、数投目でリーダー結束部やや上から高切れし、岡ジグ50gがどこかに消えてしまいました(汗)

あ〜あぁ、と思いながらリーダーを組み直そうとしたところで、メインラインがかなり弱っていることに気づきました。
魚が掛かる前のことなので、これに気づけたのはラッキーだった!と思い、ラインシステムを組み直します。

気を取り直して釣り再開。
装着し直したジグは、ドピンクの岡ジグ40g。
周囲がまだ暗い時間に何度かバイトを得ているジグなのですが、なぜか結果に繋がらない不思議なジグです。

しかし、水平線から太陽が昇った途端、波打ち際から20mの距離でヒットしました。
波打ち際を慎重にかわしてランディングに成功!

KIMG1098.jpg

正直、痩せていて微妙なカンジではありましたが、それでもサクラマス。
1本は1本。

これに気を良くして釣りを続行。

キャストするは得意のP-boyジグ45g(だけど実測53g)のピンクバック。
で、来るならこの辺りかな?という地点で、突然リーリングが軽くなりました。
オフショアで食い上げというのは良くありますが、陸っパリで魚が手前に走ってきてのヒットはなかなかない経験。

反射的にイトフケをとってアワセが決まりました!
今度はそれなりに重さを感じてのファイト。

KIMG1105.jpg

この日2本目は、50pほどのアベレージサイズでした。

この時点で、まだ1時間も経っていません。
今日はイケる!

そう思いつつ、フルキャストからのリーリング、5歩移動後にフルキャストという釣りが続きます。

今度は1時間ほど間が空きました。

で、この日3ヶ所目の来るならこの辺り?
という場所でガツンと来たのです。

今度はガンガンとロッドが叩かれる感触。
波打ち際近くまで寄ってきてからは、潮の流れに乗ってけっこう走り、なかなか観念してくれません。

それでも、無事に波打ち際をかわしました。

魚体を見て、引き具合に納得。

DSCN0344.JPG

明らかに50pを十分上回るサイズ、良型のウミアメでした。
これくらいのサイズ、太さ、体色となると、私的にはアメマスよりはウミアメの呼び名がピッタリと思います。

ただ、これで満足できない私がいました。
どうしても、あと1本サクラマスが欲しかったのです。

その願いが通じました。

歩きに歩いた復路のキャスト。
2本目を掛けた辺りでガツンときちゃったのです。

そして、この日3本目のサクラマスをランディング。

KIMG1118.jpg

あまりにも出来過ぎな展開に、信じられない思いでした。
今シーズンの目標達成となるサクラマスをゲットし、半分放心状態で車に戻ります。

その後はしばし休憩となりましたが、人間は欲深い。
このまま頑張ったら何本取れるのだろう?と釣欲全開で釣りを再開します。

ところが、魚からの反応がバッタリと途絶えました。

11時過ぎまでキャストも無反応。
昼食・昼寝のお決まりの展開。

14時過ぎから午後の部を開始します。

なんと、開始早々チェイスがありました。
30分後にもチェイス2回目。

ムキになってキャストを続けます。

で、すっかり諦めた頃、17時過ぎになってショートバイトがありました。
本当に一瞬だけロッドが曲がりましたが、アワセる間もありません。

さらに30分後、再びのショートバイト。

ということで、18時にこの日の釣りが終了です。


5月12日

前夜は21時に就寝し、3時に起床。
フルキャストの連続に体は辛いのですが、午後のチェイスとショートバイトを思い出し、瞬時に目覚めます。

DSCN0353.JPG

この日も夜明け前からキャストを開始しますが、前日よりもウネリがキツイ。

キャストを繰り返しますが、ただ時間が過ぎていきます。

熟考の末、大移動を決意。

10分ほど北に車移動してみました。
が、こちらは潮が効いていません。
ジグを引いてもスカスカなカンジ。

かなりの距離を移動してみましたが、どこも状況は同じ。

けっきょく、元の場所に戻ってきました。

しかし、この辺りから北風が強くなります。

DSCN0354.JPG

30分も経つと、横風がキツ過ぎて、ジグをまともに引いている感覚がなくなってしまいました。

リーリングしても、単にイトフケを取っているだけの釣り。
これはイケません。
釣れるわけがありません。

ということで、諦めがつきました。
サクラマスシーズン最終日は完全なるノーバイト。
それでも、やり切った感でいっぱい。

KIMG1119.jpg

2月のシモキタから始まり、ほぼ毎週3ヶ月フィールドに通い続けました。
大豊漁だった今シーズン、得たものは非常に大きかったと思います。
釣場で出会いましたみなさん、同行の仲間たち、さらには遊漁船船長のみなさん、大変ありがとう&お世話様でした!!


(タックル)
ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテート3500HD-CUSTOM(ハイギア仕様)
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb
ヒットジグ: 岡ジグ40g(どピンク)、P-boyジグバーチカル45g(だけど実測53g)のピンクバックとブラックバック
posted by KIKU at 22:11| Comment(0) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

三陸マスジギング10・11日目は最終戦

5月6日

今回は久しぶりの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗船です。

1557232824575.jpg

朝日を正面に、5時半前に出港します。

が、良かったのはここまで。
以降は色々な意味で大変な釣りになります。

正直言って、私は手も足も出ない状態。

船中何本か上がったものの、8時を回る頃にはダレダレムード。
しかし、あるポイントに移動してから、状況が一変。

川畑船長のお話を要約すると、こんなカンジ。

マスがジグを追っている!
だけど、みんな釣れる気がしなくなっているから、シャクリが単調でジグを見切っている!
メリハリ付けてジグを動かし、食わせの間を作る必要がある。
もっとジグを飛ばすなりして工夫しないと!

ということを言われ、同船者はみんな工夫し出します。

私も考えられる限りのことをつくし、ショートバイトを得ることができるようになりましたが、せいぜいお触り程度。
一度だけロッドが曲がりましたが、それも一瞬のこと。
ジグを回収してみると、マスの鱗が付いていました。
また、水面直下までチェイスもありました。
ということで、マスの興味を引くことは引いていたようですが、ジグを食わせるに至らなかったという顛末。

1557232865885.jpg

勉強になりました。
ということで、この日の釣りが終了です。


5月6日

そして釣行2日目は、龍神丸さんhttps://yaplog.jp/yk-ryujin/1に乗船。

この日は前日に増して状況が悪化。
もはや釣りに関しては書くべきことが見当たりません。

釣りの直接的なこと以外では、宮古のK谷さんと知り合うことができたのが収穫でした。
彼が隣に居なければ、おそらく悶々としたものを溜めに溜め込んで釣りが終わってしまったかと思われます。
そういった点では救われました。
K谷さん、大変お世話様でした。

ということで、ショートバイトの1回もないまま、ストップフィッシング。

1557232896535.jpg

この2日間を後になってから振り返ると、フォールを長く取っている人は外道混ざりでマスのアタリを得ていたように思います。
この日の経験を生かせるのは、もはや1年後の予定ですが、低活性時の攻略法を何とか見つけたいものです。


(初日のヒットジグ)
ヒラジグラ120g、コソジグ100g・・・シルエットがデカいジグはイマイチ?
posted by KIKU at 22:16| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする