2016年10月25日

シーズン初ジギングは仙台湾

10月22日

今回から、海の釣りに切り替えです。

今秋初ジギングは、東北丸さんhttp://www12.plala.or.jp/thm/の16t船を仲間内でチャーターし、仙台湾に浮かびました。

DSCN0338.JPG

釣り場に着くまでは、正直、全員が根拠のない好釣果を確信。
つまり、仙台湾をナメていたと思います。

が、最初の一流しで厳しい状況であることを痛感しました。

開始30分、私には全くアタリがありません。

その後、南側に大移動してからは、ポツポツ当たり出します。

DSCN0340.JPG

私も最初の1本をゲットし一安心。
60pあるなしのイナワラサイズ。
しかも、ジグが着底してラインスラッグを取ったらヒットしていたという体たらく。

ですが、贅沢言えません。

その後も厳しいことには変わりなし。

そんな中、一瞬だけの連続ヒット。
ブランカ150gに助けられたカンジです。

1477396872831.jpg

結果、ほぼ同サイズを5本ゲットし、納竿となりました。

数が出るはずの仙台湾にしては貧果ですが、これでもマシな部類。
やはり、ベイトの姿がほとんど見えないようでは、青物は厳しいです。

ということで、仙台湾の厳しさを痛感したジギング初戦でした。

(タックル1)
ソルティガHIRAMASA60S-F・ソルティガ4500・PE3号・ナイロンリーダー60lb
(タックル2)
ソルティガ60S-3/4F・ソルティガ4500H・PE3号・ナイロンリーダー60lb
(タックル3)
メタルブロー63・セルテートハイパーカスタム4000H・PE2号・ナイロンリーダー40lb
(ヒットジグ)
ステイ160g・TGベイトスリム120g・デルタ135g・ブランカ150g
posted by KIKU at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

2016アユシーズン総括

始まったばかりと思っていたら、大会が終わり、大アユシーズンに移行し、去りゆく夏を惜しみながら釣りするうちにシーズン終了。
毎年のことながら、アユシーズンが過ぎ去るのは早いものです。

私は、仲間内では竿を納めるのが早い方ですが、東北の人間としては頑張った部類のはずで、シーズン最終日は10月10日。

これから、全てをアユに費やした4ヶ月間を振り返ってみます。

DSCN0305.JPG

まずは、月別釣果です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
−6月−
 297匹/ 9日間、平均33.0匹/日( 76匹/ 6日間、平均12.6匹/日)
−7月−
 184匹/11日間、平均16.7匹/日(325匹/11日間、平均29.5匹/日)
−8月−
 356匹/ 8日間、平均44.5匹/日(338匹/13日間、平均26.0匹/日)
−9月−
 547匹/13日間、平均42.1匹/日( 38匹/ 6日間、平均 6.3匹/日)
−10月−
 105匹/ 5日間、平均21.0匹/日( 0匹/ 1日間、平均 0.0匹/日)

合 計 1,489匹/46日間、平均32.4匹/日
(777匹/36日間、平均21.5匹/日)

最高釣果 87匹(47匹)、最低釣果7匹(0匹)
最 大 魚 27.8cm・重量未計測(31.4cm・重量384g)
(括弧内は2015年)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

DSCN0176.JPG

2016シーズンは、2年ぶりに4桁釣果となりました。
前シーズンは数が出ず、大アユ狙いとなりましたが、今期は数釣りの年だったのか?と言われると、実はそうでもなかったような気がします。
上記の月別データを前シーズンと比較すると、6月と9月・10月が前年をはるかに上回っています。
これはおそらく、那珂川と小国川という、今シーズンは天然遡上に恵まれた河川をホームグラウンドとしていることによるものと思います。

ということで、河川毎のインプレに移ります。

最初に那珂川です。
6〜7月と10月に延べ20日間竿を出し、451匹。
一日平均22.6匹でした。

珍しいことに、今シーズンは全く支流で竿を出しませんでした。
それというのも、解禁当初は本流域での放流モノ狙いが的中し、解禁日は過去に類を見ない好釣果。

DSCN0143.JPG

その後、徐々に天然モノが掛かり出し、瀬の芯が狙い目という、私としては理想的な傾向になっていきます。

DSCN0163.JPG

少なくとも7月初旬までは、東北を含めたどの河川よりも安定して釣れる印象がありました。

1468931539100.jpg

マスターズ東日本ブロック大会に向けた下見は、苦行としか言いようがなかったのですが、それでもやり切った感はありましたし、あれだけの渇水状況で竿を出し続けたのは初めての経験でしたから、得るものはありました。

DSCN0316.JPG

特筆すべきは秋の終盤戦。
10月にあれだけ釣れたのは、2008年以来のことでした。
9月以降、那珂川は水量が豊富に推移したことから、産卵が上手くいっているはず。
来シーズンも期待したいと思います。

続いて三面川。
6月の解禁日とその翌日の2日間で90匹。

DSCN0173.JPG

どうにもアユの気配が薄く、場所ムラが激しいと感じていましたが、自分の実感通り、天然遡上がイマイチだったようです。

東北で竿を出したのは、7月二週目からとなりました。
例年同様、この時期はマスターズということで小国川に入り浸ります。
今シーズンは、色々な意味で小国川を満喫させて頂きました。
マスターズ決勝は、自分でも夢見心地だった入れ掛かりの2時間でした。

DSCN0192.JPG

マスターズ終了後は久しぶりの天然大遡上の恩恵受けまくり。
おかげで、小国川に11日間入って514匹、なんと一日平均46.7匹です。

DSCN0270.JPG

特筆すべきは9月の釣果。
私はあえて止めましたが、おそらくは10月の禁漁直前まで普通に友釣りが成立していたものと思われます。

さてさて、8月に入り、近年は当たり前になりつつあるゲリラ豪雨。
ではなくて、台風が連発です。
このお盆以降、シーズン終了まで、台風の動きに一喜一憂する日々が続きました。

おかげで、生まれて初めて赤石川で竿を出すことになります。

DSCN0240.JPG

2日間で80匹と、特筆すべき数ではありませんでしたが、金アユの名に相応しい味であったことは間違いありません。

そして米代川水系です。
誰とは言いませんが、あちら方面の方に喜ばれてしまうかもしれませんが、4日間しか竿を出しませんでした。

1471870072096.jpg

支流阿仁川で59匹、本流上流部で86匹、4日間平均で36.3匹とは、米代川水系にしてはイマイチとしか言いようがありません。

1471268903943.jpg

近年、気象の影響をあまりにも強く受けている川であることが非常に気になっています。

一方で、釣れるときの爆発力が安定していると感じるのは、神通川。
大魚影の時の数釣りも捨てがたいですが、やはり私にとっては大アユです。

DSCN0260.JPG

あの川で5日連続の釣りは、私にとっては非常に酷でした。
実際のところ、3日目で体が悲鳴を上げていました。
5日目の終了時、ホントに精根尽き果てていました。

DSCN0262.JPG

しかし、それをやれるだけ、させてくれるだけの魅力があるのは間違いありません。
9月初旬の5日間は、間違いなく今シーズンの思い出に残る釣りの一つとなりました。

その他、1日だけ極小河川で釣りをしていますが、あくまでついで。
足首までしか水に浸からないような状況でしたので、割愛しておきます。

ということで、2016シーズンは、
数良し、大会もよし、型はまあまあと、比較的良い部類のシーズンを過ごせたと思います。
とはいえ、全国的に見れば、特に西日本は最悪に近い状況であったことも理解しています。

近年の私は、このような状況に上手いことアジャストできている感覚ですが、真のアユ釣りの姿を考えると、疑問符が付くことも多いのです。
これも時代の流れなのでしょうか・・・。

1476186825732.jpg

来たるべき2017シーズンは、このような不安感を一掃できるような
爆釣続きであることを祈願したいと思います。
posted by KIKU at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

納竿しました

今シーズンはシーズン最終盤になって盛り上がっている那珂川のアユ釣り。
今年の魚影であれば、おそらくはアカが飛ばない限り11月まで釣りが成立するだろう。

とはいえ、過去の記録を振り返ってみても、10月中旬以降にツ抜けするのはかなり厳しい。
個人的には次週の土日に仕事が入っていることを考えると、一区切りつける必要がある。

そんな思いで、この連休を今シーズンのアユ釣りの締めくくりにすることとした。


10月8日

いざ那珂川に着いてみると、低温に小雨、さらには風。
とてもではないが、寒くて釣りする気にならない。

1.jpg

そんな中でも、そこはやはり那珂川は町裏地区。
10人ほどが竿を出していた。

とはいえ、着替える気にもならない。
10時に到着後、早めの昼食の後に昼寝を貪るのであった。

13時半、気がつくと雨が止んでいる。

なんとなく気分が乗ってきたので、オトリを購入し、目指すポイントへ。

2.JPG

まだ高水続き。
平水より30pほど高い印象。

釣りを開始したのは15時になろうかという時刻。

予想に反し、瀬の芯から好反応。
竿抜けであろう流れの筋にオトリを泳がせると、間髪入れずにバキューン!

正直言って、8m竿を使用していることを後悔した。

サイズの割に、妙に引きが強い。
掛かりアユが全く浮いてこず、メタル0.1号が高切れすること2回。
中ハリスを0.6号に落としたところ、あっという間にハリス切れ。
その他、バラシ数回。

3.JPG

2時間ほどの釣果11匹では、全く納得いかない状況。

傾向と対策を検討し、夜が更けるのであった。


10月9日

やはり納得いかない。
あのポイントを攻略しなければ、来年まで悔いが残る。

そんな思いで、前日と同じ場所に9時にエントリー。

竿は前日のSL80からグラスリ95に変更。
水中糸はシックリくるメタコンポ0.05号を使用。
ハリは妥協で使ったキープ7号3本イカリがピッタリ。

4.JPG

全てが上手くいき、午前中だけで24匹をカウント。

この日のこのポイントは、かなり好調だったようで、
私と同じようなペースでアユを抜いている人が他にも数人。
平均的にも、午前中だけで二桁いっているカンジ。

お昼に3チラさんと合流し、一瞬だけ一緒に竿を出すも、午前中に抜かれた場所は復活していない。

3チラさんは1時間ほどで車移動し、私は大きく歩いて移動。

そして、一つシモの瀬の瀬肩のヘチにピンポイントで入れ掛かり場所を発見。

周囲でさほど竿が曲がらない中、一人だけコンスタントに抜いていると、あっという間に囲まれる。
でも、他人が抜いた後を一生懸命釣ってもねぇ・・・。
釣っている場所もヘチ際ギリギリなのだが、そこを歩いてはどうにもならんでしょ!

ってなことを思いながら、午後の部は15匹追加。
一日合計39匹の釣果は、前日の予想通りで一安心。

5.jpg

17時半になってようやく竿を仕舞ったKIKUなのであった。


10月10日

前日、3チラさんと意見交換の末、この日はシモに下ってみることにした。

開始3秒で1匹目ゲット!
さらに10分後には3匹目をゲットしたところまでは良かったが、後が全く続かない。

放浪の旅の末、もう1匹追加するも、釣れる気がせず車移動決定。

けっきょく、前日の1qほどシモの瀬に入ることに。

実はこの場所、昨シーズンの納竿の場所。
確かその際、アユは釣れず、尺バヤをゲットした悲しい記憶がある。

こちらでは、開始直後、やはり数秒でヘチの流れで小アユがヒット。
もう1匹続いたが、以降の反応がない。

瀬をずうっと下り、瀬尻付近で対岸ヘチから好反応があることを発見。
とはいえ、腰まで浸かり、腕を目いっぱい伸ばしてようやくオトリが届く距離。

それでも、7〜8匹ほどゲットしたか?

さらにこの場所、妙に掛かりアユの引きが強い。

中々浮く気配がないことから、抜くのを諦め、陸に上がってじっくりと引き寄せたアユはなぜか21pチョイ。

6.JPG

このアユであんなに苦労したことを考えると、笑うしかない(苦笑)

正直言って、かなり苦労した一日。

7.JPG

3チラさんはラストにノリノリ状態で良いペース。
私の倍近い釣果を得ていた。

8.JPG

そういう私は、16時30分過ぎにこのアユをゲットし大満足。
こんなアユがシーズン最後であるのなら文句はナイ。

そのはずだったが、このアユをオトリに、直後に掛けた1匹が抜き切れない。
那珂川の重い流れに抗し竿を矯めようと試みた瞬間、付糸が切れてしまった。

こんな終わり方は、如何にも私らしい。
そう苦笑いし、2016シーズンの最終釣行は14匹のアユをゲットで締めくくったのであった。


竿:銀影競技SL80(△)、グラスリW95(○)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.4号
ハリ:キープ7合3本イカリ
posted by KIKU at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

那珂川はまだ最盛期!!

シーズン前半は大渇水。
そして後半、現在は高水続き。

2ヶ月ぶりに訪れた那珂川は、例年であればシーズン最終盤。
しかし、今シーズンは10月というのに大賑わい。
残り少ないシーズンを惜しむかのような釣り人の列が延々続く。

DSCN0304.JPG

間もなく終了というだけの理由ではない。
多分に漏れず、那珂川もやはりアユが若い。
しかも、最盛期の釣りが可能。
急瀬の芯でしっかり追ってくる。

とはいえ、現在の水位は足腰に自信がないと股以上まで立ち込むことが困難な押しの強さ。


初日の10月1日、白泡渦巻く激流カミでの立ち込みに、久しぶりに恐怖を覚えた。

DSCN0302.JPG

しかし、こんな良型、25p近いアユが竿を絞る。
竿をSLに替えてからの1匹目がこれでは、30mも下って寄せるしかない。
なめてかかって使用した付糸0.4号があっという間に切られるのも当然・・・。

ラストは急瀬のド真ん中。
30分で5匹掛け、取れたのはわずか2匹。
あの流れで8m竿は全く余裕がないことを再確認し、一日を終えた。

11時から17時までの約5時間で17匹。
トラブルなく上手にやれば、朝から夕方までやれば30〜40匹イケそうなカンジであった。

この日の夜は、鮎中毒の納会の儀。
夕暮れと同時に始まり、夜明け近くまで続いたとは恐ろしい(苦笑)
私は日付が変わる前にダウンし車中泊。


2日目の10月2日。

シャモやら何だかよく分からないキノコが入って濃厚な出汁が出ているウドンで朝食を摂る。

既に、目ぼしい場所は人、人、人・・・。

1475495088088.jpg

8時前にはこの状況。
我々のようなのんびり組は、まともに入れる場所がない。

私は、9時過ぎから着替え始め、目の前の分流で竿を出す。

開始10分で3匹掛けるも、3匹目をバラして以降、音沙汰ナシ。

以降、竿と仕掛けを返し抜き用にチェンジし、本流に立ち込む。

実際のところ、釣り易い場所は空いていない。
傾斜のキツイ瀬に入るしか選択肢はない。

私的には限界近くまで立ち込みながら、23〜24pクラスを頭に、ポツポツ拾う。
確か12時過ぎまでに15匹。

午後は対岸に車移動。

DSCN0305.JPG

そして、この光景に感激。
おもわずデジカメを取り出したのであった。

これだけ水量があると、大河という言葉が相応しい。
東の四万十川の呼び名にも納得。

前日より5pほど水位が下がっただけで立ち込みのハードルが下がった。
なんだかんだで画像中央右上の大岩付近まで立ち込み、奔流の釣りを堪能。

午後の部は9匹、一日合計24匹をゲット。
釣果で特筆すべきことはないものの、那珂川の素晴らしさを再認識できた一日であった。

願わくば、今シーズンのうちにもう一度、あの水の押しの強さ、アユの引きを味わいたい。
ということで、とにかく台風の動向が気になるKIKUなのである。


※ベストタックル
竿:メガトルク急瀬抜95(替穂仕様)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.5号3本イカリ・チラシ9号2本ヤナギ
posted by KIKU at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

もしかして真夏?の小国川

9月22日

諸事情により、釣り開始は11時。
しかも、開始直後から雨模様。
さらに最高気温20度前後と肌寒い。

当然、大して期待していなかったのに、開始直後からポンポン釣れる。

15時半過ぎ、どんどん光量が減少する中で土砂降りにも関わらずヘチ際のチャラ瀬で入れ掛かり。

止めるに止められず、17時に目印が見えなくなって竿を畳む。

DSCN0288.jpg

結果、なんと49匹!!
この時期にこの気象状況でこれだけ数が出る今シーズンの小国川。
驚愕の一日であった。


9月24日

中一日置いて、再度小国川入り。
正確に言うと、23日に到着していたので、一日置かずに現地入り(汗)

7時前に、栃木から走ってきた3チラ氏http://blogs.yahoo.co.jp/san_chira及びT氏と合流し、8時より釣り開始。
22日夜の雨で増水したことから、リセットされたと判断し、2日前と同じ場所に入川。

とはいえ、私はこれまで良い思いをしていないカミの瀬で釣りスタート。
今回こそは!の思いは、釣り開始10分で萎えてしまう。

20分かけて1匹目を取り、ポツポツペースで数を重ねる。

1時間半でこの瀬に見切りをつけ、シモに下る。

目指す場所にはピンポイントでT氏が入っていた。
で、そこは確かに釣れるとのこと。
その場所に行き着いたのはさすがの一言。

一方の私は、反対を向いて右岸に向かって竿を出してみる。

最初はチャラで良いペース。

そして本命の右岸ヘチ。
2日前に散々抜いたにも関わらず、またも入れ掛かりに!

曳舟がいっぱいになったところでお昼休憩。

カウントすれば39匹。
予想外に数を稼いだ感覚。

3チラさんらを爆釣話で無理やり誘ったので、ウソにならなくて良かったとホッとする。

そして午後。

最初は分流に。

その後はシモのシモの瀬に。

DSCN0292.jpg

やはりここでもヘチを狙うが、思ったよりは掛からない。
1箇所でのまとめ釣りはなく、探って拾っての繰り返し。

そして夕刻。

このメンバーで早上がりということはなく、17時を過ぎてようやく竿を畳む。

私の午後の部は25匹。

合計64匹ということで、自分的には及第点の釣果。

3チラさんとT氏もそれなりの数をゲットしたようで、案内人としてはホッとして宿で生ビールを飲んだのであった。


9月25日

この日はマスターズエリアの若干カミに入る。

正直言って、場所選択をミスったカンジ。
人が多い割に魚が薄い。

そんなこともあって、栃木組は予定より早めに釣り終了。
ちょっと申し訳なかった。
それでも、来週も来ちゃうかも?の言葉を聞いた時には嬉しかった。
案内人冥利に尽きると思う。

で、私は午前中、歩きに歩いて20匹を拾い釣り。

午後、開始直後に1匹ゲットしたものの、この場所に見切りをつける。

車で移動した先は前日のさらにカミの瀬。
先行者が並んでいたが、釣れている様子がない。

私も最初は苦戦するが、石色から判断し、川の中央に立って右岸ヘチ際を徹底的に攻める方針に転換。

DSCN0291.JPG

これが功を奏し、時速10匹ペースに突入。

おそらくは、今シーズン最後の小国川、そして東北のアユ釣り。
天気は最高!アユの状態も文句ナシ!

そんな中で悔いを残さぬよう、限界まで釣りを続行。

そして17時24分、急瀬でオトリをシモに送った瞬間、竿がひったくられるような衝撃。
既に太陽は沈みかかっている。
辺りが薄暗い。

この1匹が上がりアユ。
絶対にバラシたくない。

しかし、妙に引きが強い。
ついて下がって慎重に抜いたは20p超の良型。

DSCN0298.JPG

午後の部25匹。
一日合計46匹。

最初は苦労したが、終わりよければ全て良し!
そんなシーズン最後?の東北のアユ釣りであった。


竿:銀影競技SL80(チューブラー穂先)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード7.0号4本イカリ、パワーミニマム7.0号3本イカリ
posted by KIKU at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする