2017年08月17日

神通川、終わり良ければ全て良し!

今年のお盆休みは8月11日から16日までの6日間。
ここ何年間の恒例行事ということで、フルに神通川に浸かる予定でしたが、ちょっと前の大雨から回復しきっていません。
悩んだ末、富山入りは12日からということにし、初日は山形県の最上小国川に向かいました。


8月11日

入りたかったポイントは、朝イチは強風。
仕方なしに、先週三桁を達成した瀬に入ります。

ただし、先週と大きく異なるのが、10日に投網が解禁していること。
このポイントも、浅場で一人、網を投げています。
こうなると、ヘチや緩い浅場は捨てるしかありません。

しかし、水量が多いことから、必然的に強い流れを狙うことになります。
とはいえ、1週間前と比べ30pほど水位が高く、先週良かった絞り込みはアカ飛びによりポイントから除外。

ということで、ポツポツ拾い釣りで11時過ぎに車移動を決断。

ここで朝イチに様子見に来たポイントに入りました。

201708171.jpg

こちらは、人が多いことからとにかく竿抜けを意識。
小国川では数少ない怒涛の急瀬、そして大きな波立ちの荒瀬にオトリをねじ込み泳がせます。

201708172.jpg

2箇所目は、こんなアユばかりで満足。

初日は合計60匹。

2日目以降に備え、16時に竿を畳みました。


竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ


8月12日

前夜、国道7号線、そして日本海東北道、北陸自動車道をひた走りました。

途中で眠気を催し、SAで就寝します。

朝目覚めて判明しました。
自分が居た場所はなんと関越自動車道!
長岡JCで流れのままに長野・東京方面に向かってしまったようです。

気を取り直して最寄りのICでUターンし、今度こそ富山にステアリングを向けます。

結果、10時過ぎにふなさきオトリ店http://orange.zero.jp/funaayu.rose/に到着!

間もなく、ドン玉さんとアチャさんと合流し、ああだこうだと議論の末、まずはJR鉄橋カミの瀬へ。

この日、神通川はこの時点までは強い笹濁りでした。
朝イチの大雨に不安を覚えながらも着替えを始めます。

すると、ダム放水のアナウンス、さらにけたたましいサイレン(汗)
当然ながら一気にやる気が減退し、前夜の運転で疲れていたことも相まって、私は竿出しを中止しました。

そんな中でも釣る!という人がいるもので、私は見物を決め込みます。

すると、気がつけば水位が上昇、濁りがキツクなるパターン。

201708173.jpg

2時間後には完全にコーヒールンバ・・・。

ここからが大問題。
このまま宿に向かうにはあまりにも早すぎます。

これ以上水が増えそうもないので、まっ茶色の水ではありますが、私も釣りを開始。
おそらく、ボウズはないだろうという推測の下、アユが避難するであろう場所を探します。

で、なんとか1匹掛けてこの日は終了。
翌日に備えました。


8月13日

この日の朝、道路上で車中から見る川の色はカフェオレってところ。
オトリ屋に行っても、お客さんが途方に暮れています。

しかし、勢いで川に到着してみると、強い笹濁り程度の濁りでしかありません。

どうやら、石に泥がかぶっているため、遠くから見ると濁って見えるパターンの様子。
この現象、大河川ではありがちです。
自分の目できちんと確認しないと、という教訓をあらためて得た次第です。

で、いざオトリを泳がせてみると、狙い目は明らかに手前ヘチでした。

基本的に超カミ竿。
鋭角釣法で、オトリが沖に出ないように気を付けます。

で、ポツポツ掛かるわけですが、この日はトラブルが多く、調子に乗れません。

昼食後、無理やり中州に渡ったものの、あまりにもアカ付きが悪く、ほとんど釣果は伸びずに戻るしかなかったという時間もありました。

結果、38匹。
どうにも納得できないまま、神通川2日目が終了です。


竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ


8月14日

この日も1箇所目は完全に外しました。

周囲一帯を放浪の末、ここを渡って車に戻ろう。
でも、もったいないから渡る前にオトリを泳がせてみよう・・・。

そんな思いで竿を出した瀬肩で良いアユが掛かります。

どうにかこうにか、午前の部は23匹。
これでも、おそらくは周囲では断トツでトップ釣果でしょう。

当然、昼食を挟んで車移動です。

201708175.jpg

しかし、あまりの混雑に、私が入る隙間はほとんどありません。
仕方なしに、シモに見える川幅5mほどの分流に入りました。

が、世の中分かりません。
この分流が大当たりでした。

川幅の割に水量があることが幸いしてか、段々瀬からけっこうな良型が当たります。

しかも、超竿抜けだったのでしょう。
オトリが底に沈んだ瞬間、目印が一気に吹っ飛びます!
これまでのうっ憤を晴らすべく、ひたすらに集中してアユを抜きまくりました。

気がつけば夕暮れ。

午後の部は、なんと42匹追加の一日合計65匹。
ようやく神通川らしくなってきました。


竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:スピード7.0〜7.5号4本イカリ


8月15日

この日は最初から前日と同じ場所に入りました。

同じ分流でも、前日攻めていなかった区間を探りますが、イマイチ。

仕方なしに、前日と同じ区間を探ると、やはり掛かります。
しかも、こちらの方が明らかに型が良いのです。

以降の展開は、前日午後と同様。

が、さすがに2日間で同じポイントを繰り返し3回も攻めると、
出がらしを絞りつくしたような状況になりました。

そんなわけで、ラスト1時間は本流狙い。

201708179.JPG

こちらも良いカンジで掛かり、終わってみれば77匹。
型はともかく、数的には文句ナシです。


竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:スピード7.0〜7.5号4本イカリ


8月16日

いよいよ最終日。
一時、kaneyonも加わって、計4人グループになったものの、みんな帰宅し私一人。

前日夕方の状況を考慮し、本流に入ります。

ただし、まずは14日に納得いかなかった瀬に入ります。
が、こちらは水量が下がって散々釣られたのでしょう。
かなりの場荒れに、重箱の隅をつついても、満足な結果が出ない状況。

10時半頃までに13匹釣ったものの、お手上げ状態。
こんな状況で帰っては悔いが残ります。

けっきょく、前日夕方と同じ場所に向かいました。

こちらでは、最初から深瀬のド真ん中に浸かります。

201708176.JPG

色々考えた末、竿は9.5mのグラスリを選択。

201708178.JPG

ベタ引きではなく、半分立て竿で泳がせるイメージです。

すると、20p級が連発!

明らかに周囲の数倍のペースで掛かります。

2017081710.JPG

立ち込みだけであれば、同じレベルの方が数人いましたが、連続ヒットとはいきません。

何が違うのか?

重い流れに限界まで立ち込んではいるものの、使用したタックルの問題でしょう。
ある程度泳がせないと、野アユの反応が少ない印象がありました。
こうなると、剛竿・太糸・チラシバリでは不利で、私のようなフィネスタックルが有利です。

掛けるまでをとるか?取ることを重視するか?

201708177.JPG

このサイズであれば、本来返し抜きタックルは不要です。
ただし、柔よく剛を制す、の釣りの場合、腰以上まで浸かりながら正確なキャッチングができるかどうかが問われることになります。

幸い、この日の私はトラブルがほとんどないまま、股以上、時には胸近くまで立ち込み、良型を抜き続くことができました。

201708174.JPG

予定時間を10分だけオーバーし、13時40分になりました。

曳舟を開けると、19〜21pがずらり26匹。
合計39匹の結果に、自分でも驚きです。

川の流れとアユの引きを楽しむといった点において、これ以上楽しむことはまずできません。
最後の最後、ラストのラストにその思いを得ることができ、今釣行が報われたカンジです。

ということで、次回の神通川釣行が今から楽しみでなりません。


竿:グラスリW95(カーボンチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:キープ7.0号3本イカリ
posted by KIKU at 23:24| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

シーズン2回目の三桁

8月5日

なんとなく、小国川に無性に行きたかったのです。

伝え聞く話では、最近妙に釣れています。
現地に赴くと、当たり前のように何十という景気のよい話が飛び交っています。
渇水気味との話もありますが、私の経験上、大渇水とまではいかず、まだ許容範囲なカンジ。

気合を入れて7時半に狙いの場所に到着し、8時に釣り開始。

以降、最初から良いペースで掛かりました。

最初は、前回の当たりバリであるミニマムでポロポロとバラシていましたが、定番のエアースピードに交換したところ、問題解決。

あとはポイントと釣り方、手返しの問題。

細い流れにある中州に立ち、幅5mもない左右の分流を交互に攻めます。
さらに、その中でもヘチのチャラで好反応。

日が高くなるにつれ、ヘチだけでなく芯でも好ペースとなりました。

とはいえ、怒涛の入れ掛かりというわけではありません。
狙いのポイントでキッチリとオトリを操作し一定のペースで掛け続けます。

おおよそ時速10〜15匹ペースが4時間強続きました。

1502108783912.jpg

この時点でカウントすると、
思ったよりも多かった!の57匹。

実は、長さ100m強の長さの瀬の中の20mほどの範囲しか竿を出していません。
シモには、先月怒涛の入れ掛かりになった絞り込みの岩盤瀬があります。

「もしかすると」が「これは狙わないと!」に変わりました。

三桁を意識し、体力に不安が生じないよう、時間をかけて昼食を摂ります。

30分以上の休憩の後、午後の部に突入。

以降、午前中釣った場所のシモから釣り下ります。

始めこそ、ペースは上がらず、せっかく掛けた良型を高切れ。

そんな状況にイライラしましたが、本命の岩盤瀬に差しかかると、良い方向に状況が一変しました。

股下ほどの水深の瀬で、完全にベタ竿。
そろりそろりとオトリを引き上げると、竿が一気に絞り込まれます。

この瀬を一通り釣り切ったのは16時のこと。

ふと思ってカウントすると、曳舟に44匹のアユが納まっていました。

目標を達成することができたことが分かってしまえば、後は気楽。
竿を出していなかったカミのチャラでのんびり釣り続けます。

こちらでもまあまあペースでアユが掛かり、17時45分に納竿しました。

1502108781175.jpg

お楽しみのカウントの結果は、午前と同じく57匹。

一日合計114匹は、小国川では自己新記録となります。
最初から三桁の可能性を考えていただけに、達成感でいっぱいの新庄の夜を過ごすことができました。


8月6日

前日に大台を達成しただけに、良い意味で気合は抜けています。

ある意味、冒険が可能であることから、この日は15年ぶりくらいのポイントに入りました。

1502108816555.jpg

1匹目はすぐに釣れたのですが、ここで気づくべきでした。
最初がハナカン付きだなんて、場荒れしている証拠です。

後になって思えば、全体にくまなく竿出し可能な流れであり、石色がイマイチ。
釣れるアユは小振りで、無理やり掛けているカンジ。

意地になって釣り下ります。

一つシモの瀬まで下り、ようやく期待通りの掛かりを得ます。

かなりの傾斜がある瀬ですので、おそらくはピンポイントの竿抜け。
予想通り、期待通りに目印がブっ飛びます。

1502108818574.jpg

13時まで頑張り、なんとか午前中で44匹ゲットしました。

昼食後、車で移動します。

午後の部は、朝イチ通りかかったときに車が多くて諦めた場所にしました。
この状況ですと、やはり移動する人がいるのでしょう。
人は川に立っていますが、朝よりも空いているカンジです。

こちらでは竿抜けを意識。
手前の流れは無視し、奥側の流れの芯、ボサの下、強い流れのみを狙います。

ラストは周囲で一番の絞り込みを攻めることにより、良型が揃いました。

最後の最後、止めるに止められず、納竿したのは17時半。

33匹のゲットに納得の午後。

DSCN0629.JPG

ただし、不思議だったのは、ハリ選択。
場所移動後、ミニマムはバレ続きで、午前中ダメだったエアースピードがハマりました。
何匹アユを釣っても、ハリだけはよく分かりません。

ということで、ひたすら数を釣った2日間。
そろそろ型狙いといきたいのですが、あとは台風次第でしょうね。


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:エアースピード6.0〜6.5号4本イカリ、スピード7号4本イカリ、ミニマム5.5号4本イカリ、同6.5号3本イカリ
posted by KIKU at 22:35| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

金アユを求めて!

先日の雨で、近県のほとんどの河川がアカ飛び。
アカが残っている地域の多くが雨予報。

こんなとき、諦めたくなければ、より遠くを目指すことになります。
たまたま、天気予報で青森県に晴れマークがついていることに気づいたことから、今回は思い切って赤石川に足を延ばすことに決定しました。

1501505582189.jpg

7月29日

1501505576593.jpg

前夜、燃費計が考えうる最高レベルに達したことに満足の往路。
片道6時間近くかかったことは気にしないことにします。

浪岡IC出口の駐車場で5時過ぎに目覚め、川に到着したのは7時過ぎ。

日釣り券を購入し、早速釣りを開始します。

1501505615470.jpg

1匹目はすぐに釣れました。

が、どうにもしっくりきません。

お昼時点で28匹をカウントしたのですが、違和感ばかり。

なんせ、いつもやっているベタ竿の引き釣りができないのです。
瀬であろうと、底流れが弱く、オトリがストンと沈みます。
必然的に立て竿によるオトリ操作となるのですが、泳がれ釣りでは納得いきません。

午後の釣りでは、自分の釣りに合わせ、なるべく流れの強い瀬に移動しました。
基本的には0.8号のタマ付けですが、竿を立てて狭い範囲でオトリをフラフラさせるイメージ。
ピンスポットを泳がせながら、瀬を釣り下ります。

日が傾くと、メジロアブの数が増え、オトリ交換がままならなくなってきました。
そんなわけで、17時半に強制終了。

午後の部はジャスト40匹!
今度は、赤石川を攻略した感でいっぱい。

DSCN0620.JPG

68匹のアユを手にし、ホっとしました。


7月30日

2日目はタカギー氏ほか2人と一緒になります。

前日、パターンを掴んでいるので、迷いはありません。
事実、開始数分で入れ掛かりに突入です。

前日、釣り方だけでなく、ハリ合わせも上手くいったので、バレは少ない。

ということで、人混みの中で竿抜けを拾い歩き、11時半までの3時間で33匹。

楽しい昼食の後に場所移動。

車移動時に気になっていた橋のカミの瀬に入ります。

が、こちらはなぜか魚影が薄い。
野アユの反応があるのは、本当に良い場所ばかり。

ということで、サラーっと一流しして14時を回り、タイムアップ。

1時間強で11匹ゲットし、終了時刻を迎えました。

渇水・アカ腐れ・人混みと、決して良いとは言えない状況下だっただけに、一日合計44匹は上出来だったと思います。

DSCN0619.JPG

ということで、赤石川の2日間を堪能しました。
あとは金アユの味が楽しみです!


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ(〇)
posted by KIKU at 22:41| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ジャパンカップ東日本セミファイナル

7月22日

今回、まずは那珂川に辿り着くまでにドラマ?がありました。

前日、お昼前に濃霧の釧路を経ち、黒羽に到着したのは約12時間後。
総移動距離は、おそらく1,000q超え。
なんとかセミファイナルの地に立ったわけです。

入川順位の抽選結果は、けっこう微妙。

1500798461649.jpg

とにかく初戦をどうするかがキーポイントになりそうです。

それと問題なのは、前日からの濁り。
大会エリア直上の黒羽観光ヤナが重機を入れており、笹濁り以上の強い濁りが入っています。
当然、釣りに悪影響が出ることは必至ですし、立ち込むにも足元が見えずに苦労しそうです。


第1試合(7:10〜8:40)

Aエリアは上流側なわけですが、自分としては下見で良い印象を得ることができませんでした。
下見で唯一釣れたポイントも、ピンポイント過ぎて26番目の入川順位では絶対に入れません。

そんな訳で、高岩大橋のカミのカミの瀬肩に入りました。

濁りと時間帯を意識し、ほとんど立ち込まずにオトリを泳がせてみます。

なんと、開始10秒で1匹目をゲット!

これに気を良くし、期待しますが、やはり入れ掛かりにはなりません。
それでも、少しづつ移動しながら、バラバラの型の白いアユをポツポツ拾う展開。

気がついたら8時28分になっており、慌てて帰着点に戻りました。

移動含め1時間半と、自分としては過去最短の試合時間です。
息を切らして歩きながら、時間配分に気を配る必要があることをあらためて痛感しました。

検量結果は、オトリ込み7匹。
他もさほど釣れていた様子はなく、ブロック5位の数。

期待通りの展開に、希望を繋いで第2試合のエリアに車移動しました。


第2試合(9:30〜11:00)

今度は下流のBエリア。
こちらのエリアは、下見で好感触を得ていました。
ポイントにも迷いはありません。

入川のスタートの合図とともに、急いで一本松に向かい、
ほぼ予定通りの位置につくことができました。

狙いとしては、右岸から流心に立ち込んでの左岸の瀬脇狙い。

開始早々、私のシモの選手が左岸の超ヘチで掛けました。
一方、私にはアユからの反応はありません。

こりゃ読みが外れたか?
そう思いながら、徐々に下ります。

そうこうするうち、オトリを持ち上げた瞬間にビリアユが掛かりました。

なんとここでキャッチミス(泣)

オトリの養殖アユに対し、掛かりアユが小さすぎたため、タモに入らなかったオトリの重さで掛かりアユがタモから跳ね返って落ちていきました・・・。

とはいえ、開始10分ほどしか経っていません。
目の前にいた審判の方に向かって苦笑い。

気を取り直し、少しずつオトリを左岸側に誘導していきます。

最初の股下から膝下の流れに差しかかり、ようやく目印が飛びました。
なんとなく追って掛かったカンジです。

とはいえ、第2試合もポッツリ、ポッツリのペースでしかありません。

検量所まで距離があることから、20分を残して竿を畳みます。

今思うと、もう数分余裕があったような気がしますが、これは次回への教訓にしておきます。

検量結果は、オトリ込み6匹。
キャッチミス1回と、派手なケラレ1回がありましたが、この時点で過去のことは忘れることにしました。


第3試合(12:10〜13:40)

今度も下流のBエリアです。

実は、配布された豪華弁当を食べていたところ、途中経過が張り出され、第2試合を終えた時点で6位につけていることが分かってしまいました。
あの数でとは、正直意外。

どうやら、みんな相当苦労している様子。

そんな中で、第2試合は那珂川橋と給水塔の間で数が出たとの情報も入ってきました。
あの近辺の瀬も、下見では釣れる感がありました。
それと、次の試合には全国行きが賭かっています。

普通に釣っていては、他人を上回ることはできません。
他人より自信がある釣りでなければ、他人の上をいくことはできません。
後になって言われた言葉がピッタリ当てはまるのですが、余所行きの釣りはしないことを決意しました。

自分の釣りをやる!
そんな思いの下で釣りが展開できるのも、給水塔付近の瀬だったのです。

入川順位からも問題なく、給水塔前に陣取り、股上まで浸かって左岸ヘチを狙いました。
私の釣りを知っている人は分かると思います。
いつものパターンの展開です。

開始5分、1匹目が目印を飛ばしました。

さらに10分後、ビリアユがヒット。
今度は慎重にキャッチします(笑)

セミファイナルとなると、ポイントに余裕が出てきます。

給水塔からの流れに真ん中まで立ち込み、下っていきます。

シモの護岸カミ、アシ際で久しぶりに3匹目。
すぐシモで飛びつきの4匹目をゲット。

が、時間がかかり過ぎました。

残り15分。
給水塔カミの一番強い流れに5分間の勝負を賭けましたが、追加はならず。

結果、第3試合は平均よりも少ないオトリ込み6匹。

どうやら第3試合になって、チャラで数が伸びたようですが、後の祭り。
そもそも、ドチャラは眼中になかったですし、自分よりも上手い人がたくさんいるので勝負になりません。

こうして3試合が終わりました。

その後、発表された総合順位を見て唖然。
全国大会進出者とわずか1ポイント差の10位でした。

たら、れば、は言いたくないのですが、第2試合のあのビリアユをタモに納めていればおそらく・・・。
ジャパンカップは、試合が終わってしばらく経ってから悔しさが滲み出てくることを痛感しています。

1500798424191.jpg

ですから今は、来年こそはきっと!!の思い以外ありません。
これから1年間、自分の釣りの更なる向上を目指したいと思います。


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ
posted by KIKU at 18:56| Comment(4) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

小国川からの那珂川

諸事情により時間がないので手短に記録を残しておきます。


7月14日

某氏を小国川にご案内。
今シーズン初の上流部で釣りを開始したのは13時半過ぎ。
17〜20pの良型が25匹。
無事にガイドの役目を果たせてホっとしました(笑)


7月15日

前日よりもけっこうシモに一人で入川。
ラストのラストに良型が瀬で20連発!

DSCN0609.JPG

大満足の72匹でした(笑)


7月16日

お昼前に那珂川に到着。
色々見て回り、14時過ぎに竿を出すが、1回ケラレたのみ。
突然の雷鳴に、わずか1時間で強制終了(汗)


7月17日

さすがに2日目は真剣に下見します。
下流エリアはなんとかなる感触を得ましたが、上流エリアは困った状態。
28匹ゲットしたものの、下見で数は関係ありませんので・・・。
posted by KIKU at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする