2018年04月02日

マスジギング4日目・5日目

今週末も広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/のお世話になって
サクラマスを狙ってきました。

3月31日

3月初旬の快進撃後、先週末の土曜日に突然一部の船が爆釣!
その後は相変わらずイマイチの状況。
しかし、前日30日に好転の兆しとの噂に期待が膨らみます!

DSCN0830.JPG

そしてこの日は、好調といっても良いアタリっぷりでした!

私の最初のヒットは8時半頃のタイミング。
周囲でバタバタとヒットし出した時、水深30m前後でガツン!
ガクガクいう感触が数秒間続いた後で軽くなってしまいました・・・。

直後、隣でシャクっていたスパイ使いのS氏にヒット。
ここぞというタイミングでのゲットはさすがです。

10時過ぎ、ここから2回目の時合が始まりました。
私のロッドに一瞬だけゴンという感触が伝わった直後、隣のS氏にヒット!
しかし、水面まで寄せたところでジャンプ一発にてフックアウト・・・。

DSCN0828.JPG

その後、船中でバタバタと良型のヒットが相次ぎます。

私の次のヒットは10時半過ぎ頃だったと思います。

ゆったりとしたジャークにゴン!と来ました。
ロッドが曲がり、重量感が伝わってきます。

が、数秒後にまたもフックアウト。
新品のハリに変えようとも、この状況を改善できません。

直後、S氏にまたヒット。
今度は確実にマスをゲットし、溜飲を下げたようです。
それにしても、S氏のタイミングを逃さない技には、分かっていても改めて脱帽しました。

以降、私にヒットはなく、納竿の時間となりました。
正直言って、悔しさに溢れての帰港です。

崎浜漁港に戻り、荷物を陸に上げている最中のこと。

船長「キクっつぁん、もう終わりなの?」
キク「え?午後便空いてるの?」
船長「乗れるよ」
キク「乗ります!」

ということで、即決(笑)
陸に上げた荷物を船に戻し、午後船に乗ることになりました。
そうそう、H野さんも同じパターンで午後船に乗っていました(笑)

で、問題は午後船です。

いつものパターンですと、日が傾くに従って雰囲気が無くなっていくのです。
したがって、開始直後が一番の勝負どころ。

が、その勝負どころで上がったのは船中1本のみ。

以降、完全に沈黙です。
まいりました(涙)

でも、翌日も乗る予定ですので、まだ諦めません。


4月1日

2日目の海況は、前日と大きく変わっているようには思えません。

DSCN0832.JPG

ところが、この日はとにかくマダラの活性が高かった!
しかも、同船者の多くはタラ狙いとしか思えない釣りになっています。

こうなると、タラがどんどん上ずってきます。
ジグをちょっとでも深目に落とすとタラの餌食(汗)

あらためて言うまでもないでしょうが、こうなるとダメパターン。

上ずったタラがベイトを追いまわすので、ベイトの群れが散ってしまいます。
結果、船長はベイトを探し直さねばなりません。
これこそが、船長がタラはダメという理由です。

この日の午前船は、けっきょく船中4本程度でした。

もちろん、私にはサクラマスのアタリはありません。
何をどうすればよいのやら?
打つ手なしの釣りになってしまいました。

ということで、今釣行2日目は迷走のままに終了。

実は今シーズンは、今後船の予約を入れていません。
仕事の都合で、地に足をつけた釣りもどうなることやら・・・。
それが分かっていただけにこの週末は期するものがあったのですが、これも釣り。

ということで、いつになるか分かりませんが、また次回頑張ります!


ロッド:HORIZON Progressive HPG66B-ML、HORIZON SL HSL66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL、リョウガBJ1012PE-SHL
ライン:PE1号+フロロリーダー16LB
ヒットジグ:ナマラジグST100g(レインボー系)、デルタ105g(赤金)
posted by KIKU at 22:37| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

マスジギング延べ3日目

3月24日

前略?

午前6時前、広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/のお世話になり出船!

DSCN0819.JPG

いつものことながら、太陽に向かって沖に出るのは気分爽快です!

DSCN0822.JPG

中略・・・

12時半、午前船の帰港です。

DSCN0823.JPG

後略( ゚Д゚)

17時半、午後船の帰港です。

完敗です。
まだまだ未熟です。

これに懲りず、また次回頑張ります!!
posted by KIKU at 22:33| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

サクラマスジギング初戦

3月17日

解禁直後、大船渡沖のサクラマスジギングは絶好調!
慌てて予約を入れた前週は、時化により出船中止。
この時化が納まった途端、食いが渋くなってしまいました。

とはいえ、個人的にはシーズン初出撃!
期待に胸を膨らませ、出船となったのでした。

お世話になったのは、いつもの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/

1521465187463.jpg

出港から15分、早速ジグを投入し、シャクリ始めます。

水面下60mにまでジグを落とし込み、最初は早めにワンピッチ。
45m付近からは緩急つけたワンピッチやら1/2ピッチ、時には2ピッチと様々にアクションを加えます。
ロッドの高さを変えてジグを飛ばしたり飛ばさなかったり、シャクリのリズムやら力加減を変えてみたり。

こんな時間が続きました。

しばしの間、サクラマスからの反応は皆無。
この釣りではおなじみの外道となるマダラの食いも渋いようです。

いつのまにやら数時間が経過。
10時を回る頃には、船中いや〜なムードが漂い始めます。

船は移動を繰り返し、おそらくはこの周辺が最後だろうという地点にまで来てしまいました。

既に11時を回っています。

ところが、ここで急展開!

スパイ使いのS氏に待望のヒット!
なにやら、かなり浅いタナでヒットしたとの声が聞こえてきました。

さらに、私の左隣の方がアタッた!!と叫びます。

直後、私のロッドにドスンという感触!

水深30m付近でのヒットです。
浅いタナでも意識して丁寧に探っていたのが功を奏しました!

1521465254812.jpg

シーズン初物だけに若干緊張しましたが、無事取り込みに成功。

40pあるなしの超小型ですが、5時間以上辛抱した末の釣果だけに嬉しさ倍増でした。

その後、続けざまにヒットが続き、船中4本にて午前船が終了しました。

1521465249128.jpg

時合の中での帰港なだけに、なんとなく後ろ髪が引かれる思いです。

ここで、H氏より悪魔のささやきが・・・
午後船は残り1枠あるとのこと。
急遽、午後も乗ることにしました(笑)

・・・

中略

・・・

で、午後の部はマスどころか外道も含め、ほぼ異常ナシ。

全く打つ手なしの状態に、打ちひしがれたまま、この日通算11時間超のジギングが終了しました。


3月18日

で、これでは終わりません。

2日目もあるのです。

1521465252071.jpg

前日と異なり、この日はタラの食いが良い様子。
これまで経験上、外道の活性が高い時にはサクラマスの食いも良いような気がしています。

さらに言えば、前日の時合は11時から。

こんな思いがあるので、サクラマスからの反応が船中誰一人なくても、集中力を維持してシャクリ続けました。

船は移動を繰り返します。

船長がいうには、ベイトの反応は前日よりも良いとのこと。

11時を回りました。
いつ誰にヒットがあってもおかしくありません。

水深30m付近でアタリのような感触を得ました。

さらに集中力を高めます。
ひたすらシャクリます。

12時を回りました。
納竿です。

なんと船中ノーヒット!

まあ、こんな日もあるでしょう。
本当にサクラマスは分かりません。

とはいえ、自分的には心行くまでシャクリ倒すことができたので、充実した2日間でした。
次回こそはきっと!ということにしておきます。


ロッド:ホライズンProgressive HPG66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE1号+フロロリーダー16LB
ヒットジグ:ナマラジグST100g(レインボー系)
posted by KIKU at 22:58| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

サクラマスシーズン開幕も

3月4日

青空の下、雪原を歩いて河原にエントリー。

1520249507350.jpg

ロッドの繋ぎとドラグ調整を確認の後にウェーディング。

立っているのは、東北有数の大河。
広大な流れの奥に、真っ白の月山と鳥海山を望む。
ふと見上げれば、白鳥やカモの編隊が目に入る。
今、ここに立っているのは自分一人。

1520249561771.jpg

この雄大な景色を独占してのフルキャスト。
これでサクラマスが釣れたら言うことなし。
至福の一日になるはず。




とはいきませんでした。
サクラマスの気配を一切感じぬまま、お昼を迎えました。
解禁日以降、釣果情報は皆無。

例年よりもはるかに多い積雪量が気になります。
このまま気温が上がり、雪代が安定して出てしまえばシーズン終了となる大河川。
残りシーズンのカウントダウンが始まっています。
今シーズン、川でサクラマスと出会う機会はあるのでしょうか・・・。

1520249563794.jpg
posted by KIKU at 21:03| Comment(2) | サクラマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

マダラジギング3回目

2月11日

ここ最近、荒食いモードに突入し、数型ともに最高潮の大船渡沖マダラジギング。

期待に胸膨らませ、今週も広進丸さんのお世話になってきました。

ところが、釣り開始後しばらくはアタリがありません。
日が十分昇るまでは我慢我慢と、ジグを操作し続けます。

しかし、1時間ほど経過しても、船中誰もが芳しくない状況。

DSCN0802.JPG

周囲には他の遊漁船が集結していますが、移動を繰り返しているもよう。
明らかに船同士の駆け引きが発生しています。
しかし、マダラでこんなに集まっても・・・。
船長もこれはイヤだろうなぁといったところ。

そんな中、ようやく1本目をゲット!
コモジグ・ギョロメDのフリーフォール中、ラインが止まったのでアワセをくれたところのヒットでした。

DSCN0803.JPG

その後も、船中では忘れた頃にポツリポツリ。
私も同じくポツリ、ポツリといったところ。

そうこうするうち、あるタイミングで船長が船を沖に走らせました。

DSCN0804.JPG

どれくらい沖かというと、フェリーがけっこう間近に見える距離となります。

このポイントでも、我慢を重ねるうちにヒットするパターンですが、明らかに型が良いカンジ。
私の背後では良型が上がったようで、船長がHP用ブツ持ち写真を撮影しています。
しかし、こちらでの私はバラシのみ・・・。

間もなく11時になろうかという頃、天気予報通り強風が吹いてきました。

おそらくは船長のプランだったのでしょう。
越喜来湾内に移動します。

すると、最初の投入で船中一斉にロッドが曲がります。
ようやくマダラらしい展開になるかと思いきや、後が続きません。

それまで、私はずうっとジグのフリーフォールをメインに
ラインの動きや伝わってくる感度でアタリを取ってきましたが、限界を感じます。
そこで、アクションを1/2ピッチに変えてみました。

その途端にガツン!です。
これで更なる1本を追加しましたが、やはり後が続きません。

けっきょく、パターンが良く分からないままにタイムアップ。

DSCN0805.JPG

最大4sを頭にマダラ6、スケソウ2、バラシ2回くらい。

船長いわく、テクニカルな一日。
まずはヒットに持ち込むまでが難しい状況でした。

こうなると、次回はもう少し!と欲が出ます(笑)。
そんなわけで、今シーズンはもう1回出撃予定のKIKUなのでした。

ロッド:ソルティガ60-3/4S・ジグザムVersionV571B-5
リール:ソルティガ4500・ソルティガBJ200SHL
ライン:PE3号・2号
リーダー:ナイロン60lb・40lb
ヒットジグ:コモジグ・ギョロメD250g広進丸カラー、オンジジグ220g
posted by KIKU at 15:13| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする