2008年10月18日

1月以来の・・・

釣りに行かない週末は2月のサクラマス開幕以降初めて・・・。

ということで、多分終了したはずの2008年のアユ釣りの結果をまとめておきます。

6月 235匹/10日間(うち半日釣行3日間)、平均23.5匹/日(27.6匹/日:半日=0.5日とする)

7月 426匹/11日間(うち半日釣行3日間)、平均38.7匹/日(44.8匹/日)

8月 365匹/10日間(うち半日釣行0日間)、平均36.5匹/日

9月 288匹/11日間(うち半日釣行2日間)、平均26.2匹/日(28.8匹/日)

10月 204匹/ 5日間(うち半日釣行0日間)、平均40.8匹/日

以上を合計すると、
 1,518匹/47日間(うち半日釣行8日間)、平均32.3匹/日(35.3匹/日)

この数はこれまでの記録を数百単位で大幅に更新する、自分としては超大記録なわけですが、
それ以上に、よくこれだけ釣りに行けたもんだ、と思います。

正直、この夏の仕事はかなり厳しかった。
アユ釣りをやっていなければ、耐えられなかったかもしれないってな状況。
だから逆に、全ての仕事を平日で片付け、意地でも週末は休みをとる。
そして川では溜まりに溜まったものを吐き出すべく、釣りに没頭していたような気もします・・・。

それはそうと、今後この記録を更新することはできるのでしょうか?
まずは今の仕事を辞めない限り無理な気がしますが(汗)、
今シーズンは何か技術が向上してこの数を叩き出したわけではありません。
単に遡上が多かったり放流が上手くいった川にばかり行っただけのこと。

自分としては、ここ数年間の釣りの腕は停滞していると思います。
グラスリの力を借りてのベタ竿鋭角釣方が今の自分のメインスタイルとなっていますが、
最近は立て竿によるテンションコントロールの必要性も痛感させられたりもします。

さて、来年はどんなアユ釣りになるのでしょうか??

IMG_0059.jpg
posted by KIKU at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

2007シーズン総括

以下、月・釣行日数(うち半日釣行日数)・釣果・平均釣果/日(半日釣行を0.5日とする)の順に列記してみる。

 6月  8日間(2日間)、152匹、19.0匹(21.7匹)
 7月 11日間(2日間)、284匹、25.8匹(28.4匹)
 8月 10日間(2日間)、424匹、42.4匹(47.1匹)
 9月 10日間(3日間)、199匹、19.9匹(23.4匹)
10月  5日間(0日間)、113匹、22.6匹(22.6匹)

以上合計、総釣行日数44日(9日)、総釣果1,172匹、総平均釣果26.6匹/日(29.7匹/日)。

なお、一日の最高釣果は8月18日の米代川は外面での78匹。
シーズン最大魚は、9月1日の米代川は土深井での28.0cm。

自分が思うベストの釣りは、9月9日の阿仁川の釣り。
その理由は、全てを自分の思い通りに展開することができたから。
とはいえ、大アユの入れ掛かりがあったのが一番の理由かもしれないが・・・。

話は戻り、2007シーズンを振り返ってみると、個人的には数・型ともに満足いく結果であった。
基本的には遡上が少なめの年であったことから、数は伸びないはずだったのだが、
アユが一等地に付いていることが多く、私の好みのポイントに合っていたのだと思う。
一方、型については解禁当初から大きかったので期待していたが、大アユのオンパレードといかなかったのが残念。

とはいえ、解禁当初からこれだけアユの引きを味わうことが出来た年も珍しい。
あぁ、6月2日の小川のアユが懐かしいってことで、画像は2007シーズンの初アユ。

CA340058.jpg
ちなみに、今後しばらくは2007シーズンのアユ釣りを振り返るシリーズになりそうです。
posted by KIKU at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

過去14シーズン

振り返りついでに、
手元に記録が残っていた1993年以降の状況も簡単にまとめておきます。

−1993年−
釣行日数26日、総釣果452匹、平均17.4匹/日
最高釣果32匹(余市川)、最大魚23.0cm

初めて金属ラインを使う。

−1994年−
釣行日数21日、総釣果280匹、平均13.3匹/日
最高釣果32匹(米代川)、最大魚24.0cm(名取川)

米代川デビュー。

−1995年−
釣行日数約10日、総釣果約100匹、平均約10.0匹/日
最高釣果43匹(余市川)、最大魚不明

北海道は遡上がほとんどなく、最悪の状況。
しかも、大学4年で院試のために猛勉強中。
記録は7月30日が最後。

−1996年−
釣行日数17日、総釣果240匹、平均14.1匹/日
最高釣果35匹(米代川)、最大魚24.0cm

車を手に入れ、行動範囲が一気に広がる。
8月25日の米代川二ツ井での釣りが私を激流大アユに向かわせた原点。
ちなみに、米代は遡上最悪の年。

−1997年−
釣行日数24日、総釣果601匹、平均25.0匹/日
最高釣果75匹(天野川)、最大魚21.0cm

北海道道南河川は近年稀に見る遡上数。
50匹/日が当たり前なのだから、上手くなって当たり前。
競技クラスの竿を使い始めたこともあり、私の釣りの基礎が完成。

−1998年−
釣行日数24日、総釣果391匹、平均16.3匹/日
最高釣果40匹(最上小国川)、最大魚26.0cm(最上小国川)

就職し、帰郷。
北から南まで日本海側河川が大ブレイクし、全国で話題となる。

−1999年−
釣行日数32日、総釣果714匹、平均22.3匹/日
最高釣果91匹(早口川)、最大魚27.0cm(米代川)

大アユの年。
中でも、米代川上流部が話題に。
那珂川デビュー。

−2000年−
釣行日数33日、総釣果1,123匹、平均38.2匹/日
最高釣果85匹(米代川)、最大魚25.0cm(名取川)

関東の超激戦区の釣りを知る。
返し抜きを覚える。
気仙川・最上小国川は絶好調。
米代水系の平均釣果は46.8匹/日。
東北全ての川がアユ釣り天国。
こんな年はもう二度と来ないかも・・・。

−2001年−
釣行日数34日、総釣果1,110匹、平均32.6匹/日
最高釣果101匹(最上小国川)、最大魚24.0cm

アユ釣り大会デビュー。
生まれて初めて、本当の最上の釣りを知る。

−2002年−
釣行日数30日、総釣果751匹、平均25.0匹/日
最高釣果61匹(最上川)、最大魚24.5cm(広瀬川)

大河川にハマる。
最上川は近年稀に見る大魚影。

−2003年−
釣行日数42日、総釣果582匹、平均13.9匹/日
最高釣果46匹(日向川)、最大魚25.0cm(九頭竜川)

最悪のシーズン。
それに耐えたからこそ、九頭竜川に感動。
で、那珂川にハマる。

−2004年−
釣行日数42日、総釣果542匹、平均12.9匹/日
最高釣果40匹(米代川)、最大魚28.0cm(米代川)

数は出ないが、型に満足の年。
ついに二ツ井の大アユを攻略。
マスターズデビュー。

−2005年−
釣行日数46日、総釣果944匹、平均20.5匹/日
最高釣果46匹(米代川)、最大魚28.0cm(那珂川)

いまだに悔しいマスターズブロック決勝。
那珂川の奥深さを知る。

−2006年−
釣行日数43日、総釣果1,176匹、平均27.3匹/日
最高釣果75匹(米代川)、最大魚26.5cm(米代川・那珂川)

試合を中心に過ごしたシーズン。
自分のアマさを知る。
posted by KIKU at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

今年のアユ釣り総括

昨日は久しぶりに鮎中毒メンバーと再会ってことで、私の今年のアユ釣りの状況を振り返っておきます。

釣行日数43日(38.0日)
※カッコ内は半日釣行を0.5日とカウント
総釣果1,176匹
平均釣果27.3匹/日(30.9匹/日)
最高釣果75匹/日
最大魚26.5cm(米代川・那珂川)

ちなみに那珂川水系への
釣行日数18日(16.5日)
総釣果292匹
平均釣果16.2匹/日(17.7匹/日)
最高釣果33匹/日

米代川水系は
釣行日数10日(9.5日)
総釣果492匹
平均釣果49.2匹/日(51.8匹/日)
最高釣果75匹/日(昼までボだったのに・・・)

小国川なら
釣行日数7日(6.0日)
総釣果249匹
平均釣果35.6匹/日(41.5匹/日)

とまあ、数字上はこんなカンジとなりました。

シーズン総釣果は自己新記録となりましたが、総釣果は米代川水系が普通の状態であれば、通った日数に比例します。
たら、れば、を言うとキリがありませんが、真剣に数だけ狙えば、おそらく釣果は2割ぐらい増えたことでしょう。
もっとも、私は数も型も、という欲張りな狙い方をしますので、今年はこれが限界ということにしておきましょう。
なにしろ、6月の那珂川の状態を考えれば、よくぞここまで!という数の伸び方でしたから。

ちなみに、今年のアユ釣りは大会(それもマスターズ)を中心に回ってました。
マスターズ以外の大会も、全てマスターズのため。
まあ、結果としては、どれも地区予選の成績は良かったものの、その上の段階になると、まるでダメ。
でも、自分に足りないものが少しだけ分かったような気もします。
ある程度以上のレベルになると、技術云々ってよりはモノの考え方や精神的な強さってのが重要になるってことをあらためて感じたのです。

というのはおいといて、こうやって数字に出すと、米代川が復活ってカンジで嬉しいです。
来年はきっと、もっと釣れるはずだぞ〜!!

以上、今年のアユ釣り総括でした。
posted by KIKU at 18:12| Comment(1) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする