2019年08月19日

ひたすら米代川で

今シーズンは米代川水系にどっぷりです。
他に目ぼしい川もなく、お盆期間も秋田入り。
その結果、数はともかく型は例年以上という状況でした。
以下に概略を記載しておきます。


8月10日

この日はハリが全く合わず、アタリの半分しか取れません。
そもそも、1ヶ所目は場所を外してしまい、満足いく型が出てくれません。
なんとかかんとかと言った釣りの末、2時間ほどで12匹ゲットし移動します。
2ヶ所目、久しぶりにやらかしました。
昼までに舟残り6匹でしたが、曳舟の蓋が開いていなければ、倍くらい残っていたような・・・。
そして午後は17匹。

0810-1-DSCN0521.JPG

最大は25.5pということで、一日合計35匹。
正直、不満が残る数です。


8月11日

鮎中毒の面々が秋田入りし、ともに前日のシモに入りました。
午前中はかなりシビアで14匹。
午後の部はいつものパターンで岩盤攻め。
これが功を奏し25匹。
ただし、型はイマイチで最大24.5p。
この日は画像がありません。


8月12日

前半戦は最終日となります。
ドン玉親分の希望で二ツ井に入りました。
この日、私の狙いは最初から決まっていました。
オトリを確保するとか余計なことは考えず、最初から強い流れを攻めていくことに。
釣り開始が10時頃だったにも関わらず、順調に数を稼いで昼過ぎまでに28匹。
速効で昼食を食べ、午後の部を開始します。
午前中の釣りとは大きく変わらず、急瀬をシモまで攻め切ります。
15時過ぎ、目を向けたのは背後の流れ。
ここからがスゴかった!
竿3本分ほどの範囲で、超入れ掛かりに遭遇。
明らかに時速20匹を超すペース。
数年に一度あるかないかの掛かりっぷり。



結果、午後だけで52匹の計80匹!
文句なしの状況に、大満足で帰路についたのでした。


8月14日

中一日置いて、再び米代川に入りました。
この日は10日と同じポイントに入りました。
前回の教訓を生かし、竿の穂先のパワーを落とします。
そして、ハリはアユのサイズの割に小さめの7.5号。
これでシックリきました。

0814-1-KIMG1299.JPG

バラシもケラレも少なく攻略した感でいっぱいの52匹。
これなら十分です。
ただし、推定27cmクラス(笑)のバラシがありました。
抜く寸前でハリが外れてしまったので、魚体が見えていました。
この日、これだけが唯一悔やまれた出来事だったのです。


8月15日

米代川後半戦2日目。
1ヶ所目は超場荒れ状態。

0815-1-DSCN0524.JPG

しかし、唯一見つけたスポットでついに27p(216g)をゲット。
場所移動の午後、上流部最強の瀬で入れ掛かりになりました!

0815-2-KIMG1314.JPG

こんな流れで引き抜く快感。
これぞ鮎釣りという一時間。
しかも、50匹という釣果に文句ナシ!!
まさに至福の一時でした


8月16日

日本海沖を台風が北上する中、天気が昼過ぎまでもつという報道。
天気予報がいい方向に変わりました。
この日の釣りは、半ば諦めていただけに、
午前中だけでもという思いを抱き、米代川3日目の釣りが始まります。
時間が少ないことから、大物狙いで作戦を立てました。
まずは1ヶ所目でオトリ取り。
5匹釣る、あるいは1時間で大物狙いに移行する計画。
ところが、そう上手くはいかず、2匹釣っただけで車移動。
問題は2ヶ所目の大物場。
ただでさえ魚影が薄いのに、ケラレとバラシの連続でまともなオトリは残り1匹・・・。
さんざん歩き回った末、分流で24pをゲット!

0816-1-DSCN0527.JPG

こうしてまともな釣りが始まりました。
で、4匹釣って車移動。
この時点で11時。
3ヶ所目は某橋の上下。
これから大雨が降りだすはずなので、雨避け可能な場所という選択。
雨が降り出すまで時間がないことから、最初から瀬の核心部を攻めてみます。
すると、いきなり25pクラスが掛かります。数匹追加した頃、ついにポツポツ降り出しました。
しかし、ここから良型が連発しだすのです。
次第に雨が強くなる中、傾斜がキツい瀬で入れ掛かりになりました!
ただし、土砂降りです。
普通に考えれば13時前に竿を納めざるを得ない天候だったのですが、けっきょく14時過ぎまで釣りを続行してました(笑)

0816-2-DSCN0542.JPG

結果、26p(213g)を筆頭に150gオーバーばかり22匹。
正直言うと、当初、この日の釣果は予想もしていなかったのです。
この程度の雨で済んだので、大変助かりました。

8月17日

前夜の雨の影響により、米代川は若干濁りが入っていました。
濁りそのものは釣りに大きな影響はないのですが、問題は強風。
何処に行っても竿を出す気になれない天候です。
結果的に、私的にはかなりの上流部の花輪地区に入りました。
実は、ここまで来るのは初めてであることから、まずは色々見て回ります。
そのため、釣り開始は10時半すぎ。
最初は様子見。
ポイントの決め打ちをせず、車から2つ目のカミの瀬から釣り開始。
けっきょく、1匹目を取ったのは11時44分。
しかし、ここからが一味違います。
橋脚上下の相当に荒い瀬を狙ったところ、25〜27pが連続ヒット!!

0817-2-DSCN0544.JPG

掛かりアユが荒瀬の中を上っていくシーンを見るのは久しぶりのことでした。

0817-1-DSCN0546.JPG

車移動後も順調に数を稼ぎ、終わってみれば48匹。

0817-3-DSCN0549.JPG

実は、超シモ竿釣方がハマりました。
自分が普通に釣った場所でシモ竿を試すと簡単にアユがヒットします。
正直言って、呆れました(苦笑)


8月18日

米代川5日目。
これが最終日となります。
10日と14日にも入ったポイントではあるのですが、前日までの増水でリセットがかかっていることに期待していました。
ところがリセットナシ。
かなりの場荒れし、掛かるアユも正直小振り。
さてどうしよう?
そう考えた末の結論は、このポイントでは今までにないくらいセコイ釣りするということ。
事実、こんなところで!という場所でもポロポロ数を稼いだカンジです。
最後の最後で分流に助けられ、結果は52匹。
以上にて、延べ8日間にわたるお盆米代川釣行が無事に終了。
現地でお会いしたみなさま、大変ありがとう&お世話さまでした。


(上流部タックル)
竿:硬派・荒瀬抜90
水中糸:Mステージ0.2号+付糸1.2号
ハリ:D-MAXチラシ9号3本チラシ(ハリス2.5号)、キープ7.5号3本イカリ

(下流部・二ツ井のタックル)
竿:銀影競技メガトルク急瀬抜95・V(SMTチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.5号3本イカリ、パワーチラシ9号3本チラシ
posted by KIKU at 23:37| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

備忘録

8月10日 午前1か所目12匹、2か所目6匹(曳舟開いていた)、午後17匹、最大25.5p
8月11日 午前14匹、午後25匹 最大24.5p
8月12日 午前28匹(10時から)、午後52匹
posted by KIKU at 12:45| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

釣り方次第で・・・

最近、立て続けに指摘されましたが、私は釣行後には必ずブログをアップしています。
逆に言いますと、釣りに行っていないときにはブログの更新が滞りがち。

ということで、先週末は釣りを我慢し仕事でした。

そして1週間後、溜まったストレスを解消すべく、米代川に向かったのです。


8月3日

この灼熱の天候ですと、前夜のうちに現地入りしての車中泊は無謀に近い状況と思います。
こんな判断の下、早朝出発で秋田入り。

二ツ井のつりけん赤坂さんhttp://www.dplaza.ne.jp/turiken/でオトリを購入し、
米代川に立った時には9時を回っていました。

で、予想通り、とにかく熱い!!
しかも、米代の本流と言えど、これだけ渇水してしまうとかなりの高水温。

そんな中で強い流れを意識してメガトルクでオトリを引きますが、ケラレやバラシが頻発。
どうにも乗り切れないカンジ。

しかも、普通にタイツを履きましたが、熱がこもって熱中症寸前。

正午を迎えた頃、さっさと上がってライトタイツに履き替えました。
この時点で20匹。

で、ゆっくりと昼食をとり、竿もSLに取り替え午後の部開始。

タイツを替えたおかげで気持ち良く立ち込んだところ、いきなり入れ掛かりが始まりました。

狙っている場所は午前中とほぼ同じ。
あまりにも異なる反応に戸惑うくらい。

どう考えても竿を替えたおかげの現象です。
なんせ、仕掛けも午前中とほぼ同じ(異なるのは空中糸の長さのみ)なのです。
ラインテンションのかけ方が上手くいくと、こうも違うのでしょうか!

ということで、18時過ぎまで川に浸かっていました。

KIMG1253.JPG

午後の部は午前中の倍以上の45匹!
一日合計65匹の釣りに溜飲が下がった思いです。

そして、この日の釣りが翌日にも繋がるのでした。


竿:メガトルク急瀬抜95(△)、銀影競技SL80・Y(SMTチューブラー穂先使用)(〇)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:パワーチラシ9号2本ヤナギ


8月4日

釣行2日目は、シーズン初の上流部。
比内漁協管轄の扇田カミに入りました。

噂に聞いていた通り、けっこうな人の数。
自分がやりたい場所に立っている人がいたので、仕方なしに入川点の目の前から釣りを開始します。

この日の最初のアタリはケラレました。
またかー!と思いつつ、再度オトリを送り出します。

で、10秒後に1匹目。
2匹目もすぐに掛かりました。

ここで二ツ井と異なるのがアユのサイズ。
2匹目で25pクラスの登場です。

これ以降も順調に続きました。
というか、入れ掛かりでした。

KIMG1268.JPG

浅場を意識したオトリ操作。
そしてシモ竿。
これだけで周囲の何倍ものペースでアユが掛かります。

よくよく見ると、浅場やヘチでアユがギラギラやっているのがそこいらじゅうで確認できます。

今シーズンの堰カミは、例年よりアユが多いのでは?
そんな印象を受けました。

アタリが止まり、50mほどシモに移動します。
確かこのあたりも岩盤の上にアユが出てくるはず。
そう推測してオトリを泳がせたところ、狙いが的中。

竿1本半の距離を釣り下るのに1時間半ほど要しました。

11時過ぎには曳舟にアユを無理やり押し込める状態。
正午を回る頃には、曳舟を水から上げることもできません。

DSCN0501.JPG

結果、午前の部は40匹!
平均サイズは余裕で100g超、最大25pあるなしのアユです。
自分でも驚きました。

そして午後。

午前中の続きを1時間半。

KIMG1274.JPG

その後はカミの分流狙いで夕方を迎えます。

やはりこの時期になると、17時を回る頃にアブが気になってきます。
17時半前には耐えられなくなって、逃げるように竿を畳みました。

KIMG1279.JPG

で、午後も想像以上の38匹。
一日合計78匹は、とにかく想定外の数でした。

KIMG1280.JPG

荒瀬竿に10号バリの太メタル。
これで返し抜きをベースにした取り込みですから、普通に考えて数釣りの範疇を超しています。

これが半月後にはどうなるか?
ホント今から楽しみです!!


竿:硬派・荒瀬抜90
水中糸:Mステージ0.2号+付糸1.2号
ハリ:無双10号3本チラシ(ハリス2.5号)
posted by KIKU at 21:27| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

米代川はいいカンジ!

7月20日

前回の釣り残しが気になって仕方なかったのです。
なので、今回もあわよくば!という思いを抱いて米代川に入りました。

で、こっそり向かったのですが、駐車場にはnaoさんhttp://yuuyuumaru.com/とシンヤさん(笑)
まあ、この水量でこの釣り場を自在に釣れる人は少ないので、お互い苦笑しながら釣りを開始します。

朝イチの時点では、前日の雨の濁りが入っていたことから、浅場に狙いを絞ります。

瀬肩のチャラで10匹程度オトリを確保し本命場所へ。
前回の経験をもとに、荒瀬・急瀬攻めが始まります。

正直、特別に入れ掛かりという実感はありませんが、コンスタントに竿が絞り込まれます。

しかし、やたらとケラレが頻発。
ハリの種類を替えてもベストの中身だけではお手上げ状態。

アタリに対するフッキング率7割(これでマシな方)であったキープ7.5号3本イカリで妥協するしかありません。

急瀬の核心部に入ると、このハリが一瞬のアタリとともに折られました。
こうなるとチラシバリの出番です。
久しぶりのパワーチラシ9号のヤナギで返し抜きを交え取り込みます。

こうしてお昼に。
午前中の釣果は50匹と、予想以上の数をゲットしていました。

ちなみにnaoさんとシンヤさんは、私と同じくらい掛けていたはずですが、何本も切られて数は伸び悩み。
まあ、この流れで20pオーバーが当たり前に混じりましたので、普通の川の仕掛けでは切られても不思議ではありません。

そして午後、前回爆発した流れを攻めてみます。
今回は時間に余裕があるので、奥の奥まで可能な範囲で攻めることができました。

67257913_2312916185458723_941192115268878336_n.jpg
(naoさん撮影、根掛かり取りに入ってそのまま対岸を攻めたシーン)

最後の最後、対岸に渡って前回の釣り残し場所はなくなりました。
ただし、この時刻のこの場所は、時間を選ばないと太陽が眩しすぎます。
目印も何も関係なく、勘だけでラスト1時間半を過ごし、ラスト1匹を返し抜きで取り込み一日終了。

なんと午後の部も50匹ということで、計100匹。

あわよくば!が実現し、2週連続三桁達成となりました。


7月21日

釣行初日で既にやり切った思いです。
2日目はのんびり川に向かいました。

KIMG1247.JPG

米代川で最強の押しの強さであろう流れに浸かります。

この日はとにかく風が強い。

そんな中で懸命に9.5mのメガトルクを操りますが、イマイチなカンジ。
手前半分を探った時点で、場所を外したカンジでした。

2流し目。

今度は思い切って限界近くまで立ち込みます。
自分のシモに白泡が数mも流れるような急瀬に踏ん張り、強風の中で竿をキープ。

この状態になって、ようやくコンスタントにヒットし出しました。

釣れ具合と時間を考慮し、13時まで釣り続行。
この瀬を一通り釣り切った時点で38匹。
なんとかこれだけの数をそろえたといったところ。

昼食を挟んで午後の部。

今度は対岸に車移動します。

KIMG1249.JPG

この距離を歩いて川に入ります。

ところが、労力に反してアユからの目ぼしい反応がありません。
どんどん下り、瀬尻に入ります。

たまたまベストに入っていた3本チラシを装着しました。

そして掛かったアユを見て驚きました。
久しぶりの一荷釣り。
この場所では小振りですが、それなりにアタリがあります。

徐々に日が傾いてきました。
せっかくなので、50匹は突破したいところ。

ということで、再度入川点に戻り、やはり立ち込めるギリギリのラインで竿を出します。
ここでようやく連続ヒット。

最後の1匹を取り込んだ直後、17時の町内放送が聞こえてきました。

午後の部は14匹。

DSCN0500.JPG

一日合計52匹。
思っていたよりボリュームがある魚体でした。

このまま順調に推移すれば、どんどん楽しくなる予感がします。
そのうち、楽しいを通り越してアドレナリン全開の釣りになってくるでしょう。
そんな日がいつ来るのか?
そんなことを考えながら、帰路の運転についたのでした。

(タックルは2日間とも同じ)
竿:銀影競技メガトルク急瀬抜95・V(SMTチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.5号3本イカリ、パワーチラシ9号2本ヤナギ・3本チラシ
posted by KIKU at 21:38| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

ジャパンカップからの米代川

7月13日

3連休の初日は、今シーズン唯一の大会となるであろう
シマノジャパンカップ南東北大会(小国川予選)に出場してきました。

抽選の結果、予選は上流エリアの8番目。
理想的なオトリ配布の順番に、迷うことなく最上流の長沢堰堤を目指します。

長沢堰堤に到着したのは25分後。
3番目の到着ですから、好きな場所を選べます。

こうして7時に予選が開始となりましたが、予想に反し厳しいカンジ。
首を傾げながら少しずつポイントを移動し、ようやく1匹目をゲット。

このアユをオトリに、以降、ポツポツとアユを掛け続けます。
この付近はあまりにも場荒れしており、ありきたりなポイントでは釣りが成立しないカンジ。

浅トロというかトロチャラというか、そんなショボい流れのヘチで泳ぐ天然の小型アユを釣って数を重ねます。

もっとも、そんな釣りではジリ貧。
このポイントはある程度で見切り、シモの瀬へ移動。

押しの強い瀬に釣り人の隙間を見つけて竿を出し、9時20分までに2匹追加。

これで竿を畳み、急いで本部に戻ります。

検量の結果、オトリ込みの13匹。
正直、予選通過は厳しいカンジ。

もっとも、良い意味で予想に反し、予選通過のボーダーラインに並びました。

ただし、13匹の選手は9人います。
予選通過可能なのはこのうち2人。

大会委員長のブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/の提案により、
アミダくじに全てを託します。

で、なんと予選通過が決定!!
普段の行いが功を奏しました(笑)
その場でブンさんも言っていましたが、決して何か意図した結果ではありません(大汗)

ということで、11時からの決勝戦。

ものの15分で5匹掛けました。
このペースが続けば、余裕で優勝でしょう。

しかし、アタリが止まります。

45分経過し、残り1時間15分。
全く追加できていません。

ここでポイントを求めて放浪の旅に出ます。

残り45分。
100mほど下ったシモの瀬を釣り下り、ようやくパラダイスに辿り着きました。

ここから、気分的には入れ掛かり。
真剣ですから、ここいらへんは無我夢中。
記憶が飛んでいます。

残り時間1分。
掛かりアユがオトリと団子になり、抜いた瞬間に空中分解。
思わず、あぁ!!と声が出ます。

しかし、まだ諦めません。
13時、試合終了のホーンが鳴るまでオトリを泳がせ続けました。

結果、オトリ込み14匹。
最後の最後まで全力を尽くし、やるだけやったつもりです。
これで東日本セミファイナルを逃しても仕方ない。
そんな思いでした。

で、またもボーダーライン。
同数で5人並んでしまいました。

さすがに今度はクジというわけにもいかず、早掛け勝負に持ち込まれます。
東日本セミファイナルの残り枠は5人中1人のみ。
早掛け参加者の中でもトップで掛け、タモに納めなければ終わりです。

正直言うと、秒殺の展開を目指し勝負を賭けていました。
仕掛けにオトリを装着したのは5人中ほぼトップのはず。
オトリを空中輸送で放り込みます。
着水後、3秒以内に野アユからの反応があることを期待します。

が、特に何事もなく、数十秒経過してしまいました。

以降、オトリをあっちこっちに移動させているうち、シモに入ったO君がアユをキャッチング。
5分ほどで勝負アリ。

こうして、今年のジャパンカップは終了しました。

ハッキリ言って、運だけでここまで形にしたカンジ。
上位入賞者は予選も決勝も掛けたアユの数が違います。
微妙なところで、私の釣りが違っていたのではないかと思います。

それにしても、アユ釣り4年目にして優勝したぬま君https://ameblo.jp/style-3111/は素晴らしい!!
彼の情熱と努力は見習いたいものです。


竿:銀影競技SL80・Y(SMTソリッド穂先使用)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25〜0.35号
ハリ:ミニマム6.5号4本イカリ


7月14日

前夜のうちに大移動しました。
この日の狙いは米代川の大奔流。

4日に釣りしたイメージのままの釣りを展開しますが、どうにも思うようになりません。

そして気がつきました。

アユが成長し、強い流れの芯の芯に付いているようでした。
追い気は強く、居るところにオトリが入れば一発で掛かります。
そんな状況ですから、重くてガッチリ掛かる大き目のハリの方が合っているカンジ。

問題はタックル。
ベストに入っている一番太い仕掛けを装着しますが、竿のパワーが足りません。
アユを掛ける度について下がっていては疲れるだけで数は伸びません。

仕方なしに、メインポイントを確認した後は、現在のタックルで問題ない流れのみを探り、午前の部は36匹。

昼食を挟み、竿から仕掛けまで全てをチェンジ。

今シーズン、初めてメガトルクを、これまでの8mから9.5mの竿を手にしたわけで、最初は大きな違和感を感じます。
それでも、強引な釣りを展開することが可能になったわけで、同じ流れを釣るにしても効率が違います。

ただし、相手にしているのは本流で鍛えられた良型のアユ、そして米代川の大奔流。
本気モードで真剣にアユと対峙する時間が続きます。

この日最後のアユを手にしたのは18時7分。

DSCN0478.JPG

なんと午後の釣りだけで67匹をゲットしました!(驚)

一日合計103匹。
これまで、午前中にこのペースはありましたが、午後にこれだけ挽回しての三桁は初めての経験。
米代川の復活を実感しました。

ただし、このポイントにはまだまだ釣り残しがあるのです。
まだまだ狙えるということで、翌日に続きます。


(本気タックル)
竿:銀影競技メガトルク急瀬抜95・V(カーボンチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:スピード7.5号4本イカリ


7月15日


この日は強風が吹き荒れていました。

KIMG1245.JPG

こうなると、まともな釣りは成立しません。
前日釣り残したポイントを後にし、風を避けることが可能な場所を探します。

色々探しました。
何時間も探しました。

で、辿り着いたは山間を流れる某支流の上流部。

知っている限り入川可能な最上流の橋のカミに車を止め、川の中を歩きます。

DSCN0483.JPG

DSCN0488.JPG

こんな淵や瀬を遡ること30分。
竿を伸ばした時には正午を回っていました。

どう考えても普通に熊が生息している地域ですし、半月後にはアブの巣窟になるのが当たり前の渓流域。

DSCN0482.JPG

しかし、アユのパラダイスと言っても過言ではないシチュエーション。

DSCN0484.JPG

そこかしこでアユがヒラを打っている姿が見受けられます。

当然、掛かるアユは純天然。

DSCN0486.JPG

放流がない場所ですから、当たり前なのですが、良型は見事な魚体。
追いが強く引きも強く、釣りそのものは言うことありません。

意外だったのは、釣れるポイント。

DSCN0490.JPG

瀬よりも波立ちのない押しの強いトロ場の方が数も型もまとまりました。

寒さを感じ、17時に川から上がりました。

DSCN0494.JPG

結果、思っていたより数が出ており、41匹。

貴重な経験をさせてもらった一日。
秋田の豊かな自然に感謝し、帰路についたのでした。


竿:銀影競技SL80・Y(SMTソリッド穂先使用)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 22:54| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

日本海側は好調です!

7月4日

延期になったマスターズ北関東予選Uは、またも延期・・・。
すでに有休を取得しているので、仕方なしに?米代川に向かいました。

DSCN0472.JPG

パラダイスを求め、胸まで浸かって大河のド真ん中にある馬の瀬を目指します。

結局のところ、例年通りのパターンがハマりました。

DSCN0463.JPG

午前の部は50匹と予想以上の結果。

KIMG1224.JPG

型は予想以上の17p平均。
ビリアユはほとんど掛かりません。

もっとも、本格的に追っているとは言い難く、オトリと野アユが交差する確率が上がる釣り、そしてポイントを狙わないとアタリが遠い状況でした。

ということで、17時まで川に浸かり、午後の部は38匹。

DSCN0471.JPG

一日合計88匹の今シーズン最高釣果。

とはいえ、本格的に追いがあるのであれば、軽く三桁という魚影でした。
もう少し時間が欲しいといった状況と思われます。


竿:銀影競技SL80・Y(カーボンチューブラー穂先使用)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ


7月6日

そして週末を迎えました。
翌週13日は小国川でジャパンカップ出場を予定しています。
昨年の豪雨により、同川は地形が大きく変貌してしまいました。

当然、一からポイントを探す必要があります。

そんなわけで、この日は大会エリア最上流部から釣り下ることに。

KIMG1231.JPG

こちらが最初の2時間の釣果。
25匹と、順調な釣れっぷり。
下見ですので、釣れそうな場所をさらりと流しての結果ですから、これだけで今年の好調ぶりが伺えます。

そして車移動。

2ヶ所目は、解禁前の大雨により、石アカが薄い状況。
好釣果は望めませんが、地形を把握するのと釣れない確認をするのも下見です。

歩きに歩いて、周囲一帯の状況を確認しました。

すると、1ヶ所だけイイ感じの流れがあります。

オトリを送り出し、竿を寝かせた瞬間にもう掛かってしまいました。
しかも17pほどで真っ黄色のよいアユです。

午前の部はこの場所で終わりですから、欲を出して本格的に釣ってみました。
ハッキリ言って、ある程度以上のテクニックは不要な掛かりっぷり。
このポイントで1時間半ほど竿を出した結果、23匹をゲット。
笑いが止まらない状況です(笑)

そして昼食。

2ヶ所目で少し頑張ってしまったので、午後の部は14時半過ぎに開始します。

こうして始まったこの日の3ヶ所目。
時合と場所、色々な意味で全てハマりました。

最後は下見を無視して釣りまくり。
最後の最後まで追いが止まらず、18時にこの日の釣りを終了。

DSCN0475.JPG

結果、30匹追加の一日合計78匹。
正直なところ、疲れを忘れて釣っていたカンジ。
フラフラになって車に戻ったのでした。


7月7日

小国川2日目は、前日竿を出していなかった区間を探ります。

1ヶ所目は、連日大人気の瀬に入りました。

ところが、人出の割にアユの反応が極めて少ない状況。
2時間で2匹では話になりません。

放浪の旅の末、ようやく目ぼしいポイントに辿り着きます。
オトリ確保の意味があります。
そして、あまりにも分かりやすいポイントということで、釣れるだけ釣ってしまおうと判断しました。

その結果、午前の部は28匹。

DSCN0477.JPG

瀬の絞り込みで良いアユが連チャンし、満足して車移動となりました。

2ヶ所目は、パっと見あまりにもまっ平らな瀬で、釣趣に欠けます。

ところが、予想に反し、時折入れ掛かりになります。
しかも、見た目の予想以上に型が良い。

こちらでは20匹。

で、最後の最後は本部前。

某S氏と釣方の議論をしながら30分間の釣り。
5匹追加と微妙な数ではありますが、この場所でこのペースで掛けることができたことに納得。

こうして、釣行2日目は53匹の釣果となりました。

この日、前日と比べてみなさん苦労したようです。
いくら好調とはいえ、ナメてはいけません。

それでも、現時点で好調間違いなしということを実感した2日間でありました。


竿:銀影競技SL80・Y(SMTソリッド穂先使用)
水中糸:MステージまたはMコンポ0.05号+付糸0.25〜0.35号
ハリ:ミニマム6.5号・スピード6.5号又は7.0号の4本イカリ
posted by KIKU at 21:57| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

至福の45分間

6月29日

相変わらずの雨続きです。
本来、マスターズ予選は1週間前に終了し、この日は三面川の解禁に赴くつもりでした。
ところが、マスターズは7月4日に延期し、三面川は今年一番の増水中。

雨予報の中で、せめて下見くらいは、と重苦しい気分のまま那珂川に向かいます。

こんな時は趣向を凝らし、超低燃費運転。

KIMG1216.JPG

普段の1.5倍の時間をかけて那珂川は小川地区に到着。

ところがこの時間、下見らしき釣り人の姿がほとんど見えません。
おそらくは多くの常連釣師が目安にしているであろう流心の大岩を見る限り、かなり水位は高い状況。
さらには雨降り。

下見をする気分ではなくなりました。

あっくんhttps://ameblo.jp/girls-boys-atsu/と合流し、カミを目指しました。

辿り着いたは先週最後に入った有名ポイント。

予習済みということで、最初から1週間前と同じ流れの筋を狙います。

ポツポツとアユを掛け、その合間にウグイを掛け、傍目には入れ掛かり状態。
で、実際には午前中で12匹。
これでも周囲に比べれば圧倒的な釣果ですから、まだマシというもの。

午後も同じ流れを狙います。

狙いましたが、さすがに一日中釣れるというわけにはいきません。

最後の最後、真後ろを向いて本流筋の流れの芯にオトリを入れてみました。

すると、あっという間に1匹、2匹と瀬の中から良型が飛び出します。

これは!と思いました。

オトリが底に落ち着くと、ホンの数秒で竿がひん曲がります。
掛かるアユは最大19pと普通サイズですが、それなりの流れなので、抜きに躊躇すると面倒なことになってしまいます。

ガガガっ、の感触があり、穂先が絞り込まれたところで思い切って竿を曲げ、えいや!と抜いてしまうのが理想的。

この日のラスト45分、こんなシーンの連続でした。

至福の時間を終え、釣果をカウントします。

DSCN0435.JPG

午前中と合わせて35匹。
おそらく、ラスト45分で15匹は掛けたでしょう。

終わり良ければすべて良し!
まさにその通りの一日となりました。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ
posted by KIKU at 22:32| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

マスターズ延期の結果

6月22日

前夜、往路の道中、郡山以南は大雨。
朝目覚めたところ、案の定でした。

那珂川水系は一気に増水。
この日開催予定の黒羽地区でのマスターズは延期。
私がエントリーしている翌日の小川地区のマスターズも普通に考えれば開催は無理。
しかし、延期が決定するのは夕方ということで、黒磯で途方に暮れるしかありません。

KIMG1205.jpg

ブンさんやコーヤさん、タケちゃんと4人で1時間ほどグダグダ過ごします。

で、私は釣り場を求めて一人放浪の旅。
水が引くのが早そうな那珂川水系小河川巡りを敢行しますが、ことごとくまっ茶色。

けっきょく、1時間半以上かけて黒磯に戻ってきてしまいました。

もっとも、水色が一番マシだったこともあり、待ち合わせしていたみやちゃんと二人で竿を出すことにします。

結果、13時過ぎまでバラシ1のみ。
この1回のバラシにより、オトリが繋がらず、悪循環が続いてしまいました。

この時点でみやちゃんは6匹ということで、私は失意の下に昼食を食べます。

午後の部は、素直にみやちゃんにオトリをもらい、午前中釣れたポイントに向かいます。

そしてようやく1匹目。
2匹、3匹と続いてホっとします。

4匹目までは順調でした。

ところが、後が続かず再度ポイント移動。

KIMG1208.jpg

水色が回復していることもあり、午前中ダメだった瀬肩にオトリを出します。
すると3連発!

以降もポツポツと続き、終わってみれば計10匹。

KIMG1207.jpg

一応釣りが形になり、胸をなでおろしたのでした。


6月23日

この日も黒磯に居残りです。

が、状況は前日よりも悪化。
カミからシモまで見える範囲全てで竿を出しましたが、午前の部はわずか8匹。

希望がもてないままに車移動となります。

そして入った移動先。
なんとなくシモに見えた流れが気になりました。

右岸寄りに水が寄っており、絞り込まれた流れはさらにシモでショボイ分流となっています。

この分流、実は川幅4mほど。
水深膝下未満、一番岸寄りということで、
陸の上でダベっている人達が曳舟やらオトリ缶をいくつも沈めています。

DSCN0422.JPG

で、この流れのカミで早くも1匹目。
シモに下りながらポツポツと拾っていく展開です。

流れが完全に分流になりました。
対面で陸の上から眺めている人たちにとって、アユがいるなんて想像できない程細い流れ。

やたらアオノロが引っ掛かってくるのには閉口しましたが、
上から見ると一面アオノロだらけ。

DSCN0427.JPG

流れ全面がこれでは、普通は竿を出しません。

ところが、徐々にヒットペースが上がっていきます。

ギャラリーの目の前に来た時には数分に1匹ペース。
自分でも笑ってしまう展開でした。

ということで、午後の部は2時間半で17匹。

DSCN0429.JPG

一日合計25匹は予想外の好結果。
(画像には前日の釣果も入っています)

気分上々で家路についたのでした。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ
posted by KIKU at 20:55| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

この時期の雨はちょっと・・・

6月15日

大雨の天気予報に、前夜の出発を躊躇しました。
しかし、朝起きると小雨程度。

思い切って、自宅を出発したのは7時過ぎのこと。
那珂川に到着したときには10時を回っています。

本当は翌週のマスターズのために下見したいところですが、この状況ではまともな下見になり得ない。
そう判断し、川に濁りが入る前に某支流で竿を出すことに。

KIMG1201.jpg

結果、3時間でまあまあサイズを11匹。
土砂降りの中の釣りの割に形になったカンジ。

あとは、濁る前に大会エリアを確認したい。
そう思って車移動を敢行しますが、移動の間に体が冷え切ってしまいました。

けっきょくは車の中から川を見ただけ。
速攻で温泉に浸かりましたとさ。

(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ


6月16日

この日は岩手の仲間と合流です。

ところが、前夜は大雨。
本流筋はかなりの高水。

結果的に最上流の黒磯地区に逃げた形です。
しかし、到着した途端に大雨・・・。

それでも、濡れる前にと着替えを済ませ、思い切って川に立ちます。

で、予想通りの場所で予想通りの釣り方でポツポツ掛かります。
この際、アユの型や追うだ追わないだというレベルの話は問いません。

まずは釣りになる。
そしてアユの反応がある。
これが重要。

DSCN0415.JPG

対面に居るのはゴンさんhttp://www15.plala.or.jp/hareyama/ayu.htmlとI藤料理長。
ゴンさんはお取り込み中。

10時を回る頃には雨も止み、気温が上がってきます。

アユの感触をほどほどに味わったところで楽しいお昼。

午後の部は14時過ぎに開始しました。

今度はトロではなく平瀬を狙ってみます。
風が強いのに閉口しましたが、戦略がずばりハマってよいカンジの釣りに。

なぜか0.8号ではなく1号玉を用いたオトリのシモ竿横引きが好反応。

DSCN0419.JPG

型のことはおいといて、意地の20匹という釣果でこの日の釣りを終えたのでした。

(タックル)
前日に同じ(仕掛けはそのまま・・・)
posted by KIKU at 22:06| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

福島〜栃木の河川を彷徨ってみた

6月8日

解禁から一週間が経過し、各河川の状況が分かってきました。
そんな中、久慈川がけっこう良かったとの解禁情報を耳にし、生まれて初めてこの川に向かうことを決意。

3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraと福島県側の久慈川で合流したのは8時過ぎのことでした。

噂には聞いていましたが、この川の川相はひたすら岩盤。
友釣りを覚えた地元名取川や広瀬川と雰囲気が似ています。
もっとも、アユがハマないザラザラした岩盤なので、岩盤自体がポイントにならないのは残念なカンジ。

岩盤の溝や隙間にある石や砂利を意識し、釣りを開始しました。

とはいえ、最初に選んだのは小砂利で構成されるザラ瀬。
パっと見、アユがいないように思えますが、対岸でアユの跳ねがあったことからそちらを狙います。

で、簡単に5匹ほど釣れました。
これでその後の展開が楽になります。

ところが、本命の瀬に入った途端にペースが落ちました。
竿が入っている場所はやはりイマイチです。

で、シモに居た先客をよくよく見ると、なんとワン様!
この川に来ていることは知っていましたが、こんなに簡単に出会うとはまさに想定外でした(笑)

けっきょくのところ、こちらはパっとせず、雨が本降りになってきたことから一時休憩。

3チラさんと再度合流し、数kmほどカミに入ります。

こちらは、5分で見切りをつけました。
3チラさんがここやってみれば?とゼスチャーしたので、そちらを狙ってなんとか2匹。
2ヶ所目はこれだけ。

3ヶ所目で釣りを開始したのは15時前のこと。

選んだのは、解禁日に三桁が出たとかいうポイント。
確かに、ここなら魚が溜まっていそうです。

実際、竿を出したところ、あっという間に1匹目。
2匹、3匹と続きました。

これは!ということで、3チラさんにTEL。
彼も速攻で到着です(笑)

で、釣っているうちにパターンらしきものにハマってきました。

時間帯も良かったのでしょう。
平らな岩盤の上、そして溝の中に乗っかっている小砂利で構成される平瀬〜チャラ瀬でホイホイ掛かります。

けっきょく、17時半まで竿を出し続け、3ヶ所目では23匹。

DSCN0400.JPG

一日合計ジャスト40匹ということで、初めての川にしては上出来!という一日となりました。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ、スピード6.5号4本イカリ


6月9日

チョイと悩みましたが、前日、那珂川水系に移動してきました。

翌朝はゆっくり起床し、川を眺めながら朝食を摂ります。

前日の疲れにより重くなった腰を上げたのは8時半過ぎのこと。

最上流部の黒磯地区に行ってみました。

釣り開始30分ほどは、パターンが分からずどうにもなりません。

けっきょくのところ、トロで泳がせ群れアユ狙い。
もっとも、成長途中の小型がメインです。

DSCN0402.JPG

2時間半で12匹ゲットしましたが、どうにも虐めている感が拭えず、昼過ぎに移動を決意しました。

そして辿り着いたは某支流。
ハッキリ言って、水がありません。

それでも、過去の経験からここならアユがいるはず!という場所にオトリを入れてみます。

DSCN0406.JPG

と、目印が2mも対岸に走りました!

慌てて竿を絞りましたが、妙に引きが強いのです。
掛かりアユはオトリを引きづったまま右に左に走ります。

このアユを取り込んで驚きました。
確実に18p以上あります。
今シーズン、ようやくまともなアユを手にした感覚です。

DSCN0404.JPG

で、2匹目、3匹目も同じようなサイズなのです。
どう見ても天然の一番遡りのアユに気を良くします。

こうなると、一気に本気モードに突入です(笑)

DSCN0408.JPG

ポイントは狭いですが、アシ際を丁寧に探ります。

大中バラバラというサイズでしたが、3匹中2匹は17p超といったカンジ。

DSCN0411.JPG

こちらでは10匹ゲットしましたが、今シーズン初めてアユとヤリトリする醍醐味を満喫しました。

一日合計22匹と、大釣りしたわけではないのです。
しかし、満足感は前日より上だったかもしれません。
やはり、釣りというものは、ただ釣るだけではなくて、色々な要素が高い次元にあってこそだと思います。

ということで、終わり良ければすべて良し!という言葉が相応しい2日間でありました。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ
posted by KIKU at 21:23| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

那珂川解禁!!

6月1日は東北地方を除き全国各地の河川でアユ釣りが解禁します。
ですから、アユ釣り界でこの日は祝日!
FacebookやらLINEやら様々なツールで気分を盛り上げ、那珂川に向かいました。


6月1日

早朝4時半、例年鉄板のポイントでkaneyanと二人、竿を並べます。
この場所は、激戦区がたくさんある那珂川でも、中下流部では有数の激戦区。

さっそくkaneyanの竿が曲がります。
周囲でも徐々に竿が曲がり出します。

ところが、私の1匹目までが長かった・・・。
7時頃までに4匹釣りましたが、同数以上ケラレやバラシがあったでしょうか。
解禁日ですから、普通に考えれば初心なアユが素直に追ってこなければなりません。

実は、他の釣り人も似たような状況で首を傾げています。

けっきょく、この場所は7時半に見切りをつけました。

その後、もう一つカミの瀬に移動し、ドン玉親分と合流。
しかし1匹追加したのみ。
状況はほとんど好転しません。

01KIMG1154.jpg

必然的に、10時過ぎにはこの状態。
昼食?を食べて落ち着いた頃に時計を見るとまだ11時前(汗)

アルコールを摂らなかった私は、思い切って車移動を決断しました。
(残り二人は居残り+昼寝)

移動先は、中流部の大激戦区。
見渡す限り人、人、人そして車、車、車。
対岸に入ったなら身動き取れないことは明白なので、左岸から入川します。

ここでブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/に遭遇。
なんでも、流心でばかり20以上掛けたのだとか!(驚)

ということで、絞り込まれた流れを意識した釣りを展開します。

02KIMG1166.jpg

こんなアユが掛かり、ようやく友釣りをやっている気分になってきました。
放流魚主体ですが、流れといいアユの色と言い、これなら満足できます。

とはいえ、そこはやはり激戦区。
数は伸びず、2時間で5匹にて2回目の車移動を決断します。

解禁日最後のポイントは、渇水時の好ポイントである岩盤地帯。

こちらは好反応でした。
早朝から川に立っていたわけですが、疲れを忘れて釣りを続行。

2時間で10匹ゲットし、ようやく納得。

DSCN0361.JPG

何時間川に立っていたかはおいといて、一日合計20匹の釣果に溜飲が下がった次第です。

この日の夜は、鮎中毒の仲間との解禁祝い。
気心の知れた仲間が集結し、本格シーズン開幕に祝杯をあげたのでした。


6月2日

前夜の河原宴会の目の前も、本来であれば好ポイント。
しかし、前日はパっとしませんでした。

という理由で、8時過ぎに一人での別行動を決断します。

前日最後のポイントに入り、前日探り切ってない場所を意識した釣りを展開します。

04DSCN0378.JPG

正直、最初はイマイチ。
釣れるアユは細くて白い。

05KIMG1172.jpg

アユよりもむしろ、オイカワの方が元気なくらいです(汗)

ここで決断しました。
前日の状況から判断し、絞り込みの流れにチャレンジします。

DSCN0374.JPG

画像では分かりにくいのですが、この場所はほとんどの釣り人はまともにオトリが入りません。
私自身、ここにまともにオトリを泳がせたのは初めての経験。
それだけ、この日は渇水だったのです。

このチャレンジが効を奏しました。

DSCN0372.JPG

オトリが底で落ち着いた後、徐々にカミに引き上げます。
途端、竿を持つ手に野アユからの激しい追いを感じます。
一呼吸ほど待っていると、愛竿が一気に絞り込まれます。
狙い通り、飽きないペースで竿が曲がる!
これぞアユ釣りの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

06DSCN0377.JPG

大小バラバラではありますが、こんなアユが釣果の中心。
一日合計30匹という結果に満足し、帰路についたのでした。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号、Mコンポ0.05号+付糸0.35〜0.4号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ、スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:44| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

5月解禁の鬼怒川へ

まずは「祝!解禁!」の一言から始めます(笑)

今回、5月のアユ釣りを生まれて初めて経験してきました。
栃木県には釣れても釣れなくても5月15日解禁という思川がありますが、噂を聞いて完全に敬遠。
しかし、色々な意味で鬼怒川ならば、釣れても釣れなくても納得できます。
馴染みの川ですから、道中の運転も大きなハードルにはなりません。

ということで、鮎中毒との仲間との前夜祭を迎えます。
例のごとく、腹が痛くなるほど笑いに笑い、酒を飲んで河原泊。

目覚めてみると午前2時。
いくらなんでも早すぎるということで2度寝しますが、うつらうつらしただけでスマホのアラームが鳴りました。

仲間みんなが似たような就寝状況らしく、4時というのにみんなが起床。
軽く朝食をとり、着替えを済ませて川に立ちます。

DSCN0357.JPG

この時点でまだ4時半!(驚)

普通に考えて、朝マズメがないのがアユ釣りですから、この時間に釣れるわけがありません。

ところが、いきなりカネヨンの雄叫びが響き渡ります!
しかも4連発!!
これに3チラさんが続きます!

周囲のムードが一変しました。
みんな本気モードに突入します。
徐々に竿が曲がり出します。

ところが、私のオトリに野アユからの反応がありません。

我慢すること30分、ようやくグルグルきました。
竿を立ててみると、オトリと掛かりアユが団子になっています。
トラブルが怖いですが、シーズン最初のアユですから、慎重になりようもなく抜きにかかります。

ここで高切れ。
なんとオトリごと居なくなってしまいました。
いきなりマイナス1匹からのシーズン開幕です(苦笑)

その後、30分かけてようやくプラス釣果に突入しました。

確か4匹目までは良いペースで続いたのですが、以降は沈黙。
誰の竿も曲がらないまま、時間が経過していきます。

8時半の時点で未だ5匹。

新たな展開を求めて、一つカミの瀬に移動してみました。
こちらでようやく友釣りらしい友釣りで二桁釣果に突入します。

とはいえ、ここは鬼怒川。
良いペースで釣れていると、あっという間に釣り人に囲まれ身動きが取れなくなります。

KIMG1139.jpg

一通り釣ったし嫌気が指したし、ということで、元の場所に戻ってきました。

けっきょく、ここからが本番のようなものでした。
やや右岸寄りの芯でオトリを止め気味に待っていると、野アユが絡んできます。
水温が上がってきたためか、黄色いアユも混ざり出しました。
時速6〜7匹ペースと、イイ感じです。

もっとも、すぐシモに居たM山氏は、時速二桁ペース。
その様子を指を咥えて見ていたに近い心境(苦笑)

一通り釣ったところでアタリが止まりました。

カウントすると28匹。

KIMG1142.jpg

自分の想像以上の数に、思わずニンマリです(笑)

そして昼食。
季節外れの猛暑、早朝からの疲れに一時休憩。

午後の部を開始したのは14時半過ぎ。
今度は対岸の右岸側に渡ってみます。

すると、午前と似たようなパターンとペースで野アユの反応がありました。
こちらも一通り竿を差したところでアタリが止まりました。

この時点で16時半。
解禁日の釣りを終了します。

午後の部は12匹。

DSCN0361.JPG

ということで、シーズン初日は40匹と好釣果に恵まれました。

5月ですから、アユの型を望むことはできません。
問題は、元気なアユがどれだけ釣れるか?です。

そういった意味で、この日の鬼怒川のアユは最高とはいかなくても及第点レベル。
一週間前の大雨で石アカが飛び、新アカ付き始めという厳しい状況だった割には、良く釣れた部類だったのではないでしょうか。

まずは好スタート。
そう言って差し支えない鬼怒川の解禁日。

1558958054044.jpg

久しぶりに地元新聞(今回は下野新聞)の解禁レポートに
自分の釣り姿が掲載された(笑)というシーズンスタートでもありました。

竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム6.5号3本イカリ
posted by KIKU at 22:21| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

2018アユシーズン終了

10月20日

前週、予想外に釣れたおかげで、納竿を1週間延ばすことにしました。

DSCN1094.JPG

2018アユ最終釣行初日に選んだのは烏山大橋。
前週のイメージから、ここなら何とかなると思って入ったわけです。

しかし、9時から11時まででわずか4匹。
正直言って、全釣果が偶然掛ったようなカンジで再現性がありません。

こりゃ困った。
そう思っていたところ、ウェーダー左足のフェルトが剥がれてしまい、以降は釣りになりません。

正午前に竿を畳み、ホームセンターに赴いて接着剤とインシュロックを購入して応急処置。
これで午後は不安なく釣りができました。

事実、分流のドチャラで入れ掛かり!

何気なしにオトリを出すと、2mも進まないうちに目印が吹っ飛びます!

次はなんと1m!

こんなのは久しぶりでしたが、なんせ10月も後半です。
入れ掛かりは30分ほどで終了し、以降は放浪の旅。

15時半過ぎ、夕暮れが迫る中、瀬のヘチもヘチのドチャラで3匹掛けてこの日は終了。

DSCN1099.JPG

一日合計14匹は、状況を考えれば上出来でした。


10月21日

2日目、朝目覚めて驚きました。

1540209241891.jpg

とてもじゃありませんが、川に浸かって友釣りをする気分にならない気温です。

とはいえ、この日はシーズン最終日。
下野大橋カミに入ってみました。

1540209274178.jpg

この場所、今シーズンは何度も入った場所なのですが、今季一番の苦戦です。

なんせ、午前中はわずか1匹。
それもやはり偶然掛かってしまった状態。
加えて、オトリを1匹根掛かりロストしプラスマイナス0!

後からやってきたドン玉親分も苦戦の様子。
正直言って、このまま納竿という思いもありました。

しかし、これで終わっては・・・という思いもあって、午後の部が始まります。

そして20分後、まあまあサイズのメスが掛かりました。

続いて、目印が吹っ飛ぶ良いアタリで黒いオスアユ。

ところが、良かったのはここまで。

DSCN1103.JPG

以降、ウンともスンとも言いません。

あまりにも釣れる気がしないので、周囲に目が向きます。

DSCN1105.JPG

他にいた釣り人はみんな帰ってしまい、残るは私とドン玉親分のみ。

1540209366583.jpg

釣れたオスアユはかなりサビが出ています。

DSCN1114.JPG

もう1匹のメスアユも、曳舟に入れているうちに黒ずんでしまいました。

釣果プラス2匹で決心がつきました。

時計を見ると14時34分。
この時をもって、私の2018アユシーズンが終了です。

DSCN1109.JPG

6月から10月までの5ヶ月間、相手をしてくれた川にアユに、そして仲間に感謝し那珂川を後にしたのでした。

本当にありがとう!また来年!


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:25| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

平成のシーズンは終わらない

本当はこの週末で2018シーズン、平成のアユ釣りを終えるつもりだったのです。


10月13日

1539602472877.jpg

先週よりも若干水位は低いのですが、さほど水位が落ちたカンジはありません。
しかも、朝イチの東北自動車道の温度計は11度。
釣場周辺の最高気温は20度あるなしの予報。

そんな中でタイツしかないわけですが、間もなく10時という頃、思い切って立ち込みました。

すると、予想外に掛かります。

1539602468162.jpg

11時には3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraがやってきて合流。
この頃、既に5匹以上取っていました。

そしてお昼。
カウントするとちょうどツ抜け。
この時期、この気温にしては上々です。

とはいえ、問題はこの気温でのウエットタイツ。
午後には若干風が吹き、寒いのなんのって・・・。

さらに、この風が止んでホっとしたのもつかの間、アタリまで止まってしまいました。

業を煮やし、3チラさんは様子見を兼ね支流に移動。

居残った私は、納竿寸前に2匹追加できただけ。

結局、午後は7匹ゲット。

DSCN1088.JPG

一日合計17匹の数以上に、終盤の雰囲気濃厚な那珂川でありました。


10月14日

そして2日目。
この日の朝は、さらに気温が下がってしまいました。

超人気ポイントの畔で朝食を済ませますが、8時を回っても川に立つ人は皆無。
川の様子を見に来た人は、みんな陸の上に立って困り顔です。

私としては、なるべく立ち込まずに済ませたい。
そんな思いの下、先週入った支流に向かいます。

人が多かったのですが、アユの姿も見えた下流部の橋付近に入川。
カミにあるザラ瀬で竿を出しましたが、良かったのは見た目だけ。

徐々に釣り下り、1時間1匹のみでこの場所に見切りをつけました。


その後やってきたは、中下流部の有名ポイント。

正直、期待はしていません。

ところが、最右岸の分流に入ってみれば、瀬肩でホイホイ掛かります。
1時間半で7匹!

ここで昼食を速攻で済ませ、釣りを再開。

すると、オトリを出して3秒で午後の部1匹目!

ここで3チラさんにTELしたところ、1時間後には川に到着(汗)
さすがは、元「必ず現れる男!」です(笑)

で、私としては、最初は遠慮がちな流れを意識した釣りを展開していました。

ところがなんと、最盛期と同じポイント、同じ釣りで好反応!!

DSCN1093.JPG

既に、3チラさんは他人がやれない流れを意識した釣りになっています。

お互い、かなり集中して釣っていました。
気がつくと、交互にアユを抜いています。

カミに位置したT名人もこれに加わり、3人同時に竿が曲がったひと時もありました。

ある意味、これもアユ釣りの醍醐味。
仲間同士、何人もが一緒に楽しめるのはアユ釣りならではのこと。

こうなると、もの悲しいはずの10月、しかも夕暮れのアユ釣りもよい思い出。


前日と真逆の展開は、良い意味で予想を外れました。
こんな楽しい釣りを味わってしまったのでは、シーズンを終えることができません。

また来週!
この場所での20匹、そして一日合計21匹のアユを手にし、そう決意させられた一日なのでした。


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード7号4本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

思っていたより釣れた那珂川

例年のことながら、私がこの時期にアユを釣るには那珂川以外の選択肢はありません。
しかし、先日の台風24号による増水により、白川状態との話が伝わってきます。

とはいえ、もう止めようと思いながら竿を出さないと、竿納めできませんし、来年の解禁日まで悔いが残ってしまいます。

1539088332388.jpg

そんな思いを抱きながら、那珂川に向かったわけです。


10月6日

まずは川を見て歩きました。

1539088331013.jpg

かなり微妙です。

1539088326902.jpg

護岸の際以外の選択肢がありません。

1539088329582.jpg

これなら許容範囲ということで、某支流に入ってみました。

ところが、石色の割に野アユの反応が芳しくありません。

最初から歩きに歩きました。

けっきょく1時間以上かけて辿り着いた分流の分流で3ヒットの2ゲット。
別の超細分流で1匹ゲット。

午前中はわずか3匹にて終了です。

先に結論を言ってしまうと、午後の部も3匹。

DSCN1066.JPG

丸一日がかりで6匹の結果は、水況・石色の割に納得いきません。

余りにも大勢の釣り人がアユを抜いている。
もしくは夜網が入っている等、なんらかの悪要因が重なっていないと、ここまでの貧果にはならないと思います。

その後、夜は中流部の河原にて鮎中毒の仲間との納会という名の酒飲み。
例年、この時期の夜は寒くて仕方ないという印象があるのですが、今回は台風25号の影響からか、ほとんど寒さを感じない宴会となりました。


10月7日

朝目覚めた後も、しばらくは宴会の延長です。
酒は飲まないものの、朝食を食べながらまったりとした時間を過ごします。

けっきょく、昼食を食べずに済ませるため、満腹になるまで食事を摂って釣り装備にチェンジ。

釣り開始は10時になろうかという頃合いでした。

2日目にしてようやく本流で竿を出したわけですが、私が入った辺りは十分アカが残っています。
といいますか、ヘチ寄りはほとんどアカが飛んでいません。

もっとも、沖の方は明らかに石が白いですから、前に出過ぎないよう意識しながらオトリを泳がせます。

予想に反し、開始10秒でヒットしました。
が、空中分解。

2回目のアタリも間髪入れずというカンジでしたが、底バレ。

これはハリが合っていないと判断し、ハリをスピード7号4本イカリにチェンジ。
これですぐに結果が出てくれたのには助かりました。
ただし、掛かってくるのは15pもないおチビちゃん。
どうやら残りアカに集まっているチビアユがオトリにじゃれついてくるようです。

それでも、小一時間で5匹ゲットは、周囲と比べてもなかなかのペース。

と、気分良くなってきたところで強風が吹いてきました。
これにて撤収、午前の部は終了です。

午後の部は、前日とは別の支流に向かってみました。

ある程度ウロチョロした末、辿り着いたは某橋下。
淵尻の岩盤で無数の良型アユがヒラを打っている姿が丸見えです。

試しにオトリを送り出したところ、秒殺!

1539088420491.jpg

見える魚はそうそう釣れないはずなのですが、この日この場所に限っては例外でした。

ただし30分で打ち止め。

しばしの間放浪し、シモの分流チャラに辿り着きました。

こちらは場所の見た目通りに小型主体ですが、天然と思しきアユが小気味よいアタリを出してくれます。
入れ掛かりとはいきませんが、時速4〜5匹ペースを維持。

そして突然、入れ掛かりに突入!
オトリを送り出した瞬間に目印が吹っ飛ぶシーンが数度続いた時の事でした。

気がつくと曳舟がありません。

途方に暮れながらシモに向かいます。
すると、はるかシモの淵対岸に曳舟が浮いていることをシモの釣り人が教えてくれました。

対岸に渡ることは可能ですが、そこから曳舟のそばに行くには、崖状の斜面をヤブ漕ぎしなければなりません。
必死になって背丈ほどのガサヤブをかき分け、なんとか曳舟の前に辿り着きました。
目の前は全く底が見えない淵ですが、胸まで浸かって手が届く位置に舟が浮いていたのが幸いでした。

こうして入れ掛かりなりかけポイントに戻ったわけですが、不思議なものでアユの気配が消えています。

以降、前アタリすらないまま夕暮れ終了。

DSCN1078.JPG

結句のところ、午後の部は15匹の合計20匹。
疲労困憊でこの日の釣りが終わりました。


10月8日

午前9時、前日と同じ支流に入ります。

が、1ヶ所目は完全に外しました。
アタリは皆無。
網が入った場所なのかもしれません。

10時より2ヶ所目開始。

DSCN1080.JPG

ここで幸先よく目印を吹っ飛ばしたのはオスのオイカワ。
なんで急瀬の芯にこの魚が入っているのやら・・・。

それでも、ザラ瀬の瀬肩で放流モノと思しき良型アユを6匹ゲット。
これでオトリが繋がりました。

午後の部は、素直に前日午前中の本流残りアカポイントに入りました。

14時を回る頃にはオトリの循環が始まります。

最初こそ残りアカを意識し、遠慮がちに立ち込んでいましたが、流心に近い流れから好反応を得られることに気づきました。

こうなれば自分のペース。
増水直後だけあって、大石の波立ち付近はゴミによる根掛かりが酷いのですが、これを意識した釣りを展開。

DSCN1083.JPG

小型主体とはいえ、場所によっては20p以上ある個体が竿を絞り込みます。

もっとも、この日は曇天。
釣りは16時半前に終了せざるを得ませんでした。

DSCN1086.JPG

それでも午後の部は3時間弱で13匹。
一日合計19匹は、ある意味納得の釣果。

翌週末に向け、気力が湧いてくる結果。
この3日間、なんとか満足できる時間を過ごすことができました。


竿:銀影競技SL80・J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
    Mステージ0.1号+付糸0.4号
    Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:50| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

神通川、終わり良ければ全て良し!

DSCN1041.JPG

週末が近づくたびにことごとく雨。
それでも、この連休にようやく神通川で釣りをすることができました。

1537875427097.jpg

磐越自動車道は、西会津ICから安田ICまでの50q近い区間が夜間通行止めになっており、正直、運転はウンザリするほどでしたが、一ヶ月ぶりの富山行きでしたから、期待に胸が高まります。
しかし、やはり雨が心配。
天気予報は雨マークが並んでいましたから、半分ダメ元。

終わってみれば、3日間とも竿を出すことができましたので、結果オーライということになりました。


9月22日

川に着いてみれば、想像通りの高水。
平水比+1mということで、合流した3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraとはポイント選択が不一致(笑)
もともと選択の余地が少なく、大人数で楽しめるポイントは限られていることもあって、初日は分かれての釣りとなります。

私が入ったのは、分流の分流といった流れ。

開始5秒で根掛かり。
これを外しに入っていき、根掛かり外したその場所でオトリを送り出した途端に1匹目がヒット(笑)
2匹目もすぐにゲットし、展開は一気に楽な方向に。

その後も順調に続きます。

とはいえ、場所を外すとアタリが皆無。
石アカが飛び気味の中での釣りということを実感。

けっきょく、コンディションはさほど良くない中で、一日中一定ペースでアユを掛けるという展開。


午前17匹、午後26匹の計43匹。
ある意味予想の範囲内という釣果でした。


9月23日

DSCN1035.JPG

二日目、駐車場からポイントまでをひた歩きます。

とはいえ、前日の上流部における雨の影響で川が白濁。

朝イチは笹濁り以上の濁りと、水の透明感に乏しい中での釣りを強いられました。
野アユがオトリを見つけてくれれば追いがあるといったカンジ。

本当に、ポッツリ、ポッツリとアユをゲットします。

13時半過ぎの遅い昼食休憩の時点でわずか11匹。

あえてきちんと休憩し、精神的に落ち着かないとツライところでした。

午後は、14時半過ぎに釣りを再開。

チャラ瀬から右岸ヘチを徹底して狙い、ラスト1時間半は狙い通りにヒットさせる展開。

何とか釣りが形になり、15匹追加の一日合計26匹。
とある事情で、この日の目標を25匹に設定していましたのでホっとした次第です。


9月24日

とうとうやって来てしまった最終日。
昼過ぎに納竿しなければなりませんから、時間がありません。

ポイント選択に迷う時間もありませんから、ダメならそのまま終了の予定。
最初から決め打ちで入川します。

ところが、これまでの2日間と大きく異なり、順調に釣果が伸びていきます。

そりゃそうです。
水位は平水+30p、水色はエメと今釣行中で最高の状態。

最初はザラ瀬で数を稼ぎます。
10時半過ぎからは水深1mほどの瀬をオモリ泳がせで狙い、ついに入れ掛かりに遭遇!

次々にまっ黄色の良型が目印を吹っ飛ばす、あるいは目印を水中に引きづり込んでくれるのです。
私の遠征ではよくあることなのですが、最後の最後は帰りたくない!という心境でした。

納竿予定を若干過ぎた13時4分、最後の1匹をゲット。
その直後、良型をバラシ、根掛かりと続いて諦めモード。
竿を畳みます。

DSCN1038.JPG

9時からの4時間で37匹と、ようやく神通川らしい釣りを堪能することができました。

DSCN1045_Moment.jpg

3チラさんもかなり本気モードで神通川を堪能した様子。

DSCN1040.JPG

今回、大増水後なだけに、アユが痩せ気味だったのが残念ですが、それでも期待通りの釣果を得ることができてまずは満足。

ただし、その気になればもう一度だけチャンスがあります。
人間の欲望は果てしないということで、次回への布石にしておくとします(笑)


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号、たまにMステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:スピード7号4本イカリ、たまにD-MAXチラシ8号2本ヤナギ
posted by KIKU at 21:48| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

大アユ、そして那珂川の流れと

北日本は不調年と断言できるほどの今シーズン。
そんな中、幸いにも自分の釣りは毎回形になってはいますが、特別に大釣りしたわけではなく、まして大アユと言えるようなサイズを釣っているわけでもありません。
このままでは、悪かったという記憶しか残らないシーズンになってしまいます。

なんとか記憶に残る釣りをしたい。

そんな思いから、人伝に聞いた小河川に向かったのです。


9月15日

オトリ屋の場所と釣り場の情報を事前に得ていたことから、ほとんど迷うことなく釣りを開始することができました。

ところが、アユの気配に乏しいことから迷いに迷い、放浪の旅が始まります。

30分後、何やら野アユの気配。
対岸瀬脇を丁寧に攻めたところ、待望の1匹目。
しかし、噂には程遠い22p。

1時間後、一瀬を釣り下り切り瀬尻の開き。
ここで2回目の感触が伝わってきましたが、顔掛かりで抜く直前にハリ外れ・・・。
このアユも大した大きさではありません。

10時半、失意の中で入川点に戻りました。

今度はカミに目を向けます。

車の目の前、瀬肩のヘチでようやく2匹目。
23p程のアユをゲットし、オトリが繋がりホっとします。

そのすぐカミでも目印がフっ飛びましたが、ハリ掛かりに至らずケラレのみ。

目ぼしいポイントは、かなりカミに見えるのですが、川の中を相当な距離を遡らなければなりません。
このままではジリ貧で終わるのが確実ですから、意を決して流れに逆らうこと15分。

周囲で一番であろう瀬の波立ちにオトリを突っ込みます。

DSCN1010.JPG

オトリが白泡の中に入った瞬間、いきなりガゴーンと竿を持つ手に衝撃が伝わりました!!
竿を立てたところ、オトリが水面に出てきたことから、このまま抜こうと力を込めます。

が、なんと掛かりアユが対岸に走るではありませんか。
尋常ではない力強さに、噂がついに現実のものになったことを実感。

この1本は確実に取りたい。
その思いで竿2本ほど下りました。

とはいえ、場所が狭すぎるために寄せて取る場所がありません。
しばしのやり取りの後、掛かりアユが大人しくなったことから、思い切って抜きました。

DSCN1011.JPG
(この画像は、当然釣り終了後の撮影です)

既に黒くなっている雄アユではありますが、パっと見27〜28pあるのが確実であることから、オトリに使わず曳舟にしまいます。

その後、ほぼ同じ流れの筋で2本目、3本目と続きました。

一般的には明らかに強烈な引きと力強さのアユばかり掛かりますが、最初の大アユほどではなく、
また、これまでの経験が功を奏し、ほとんど返し抜きでの取り込み。
バラシもほとんどなく、ノリにのっている心境です(笑)

何気なしにオトリをシモに送りました。

すると、オトリがまだ沈むか否かというところで、一気にシモに持っていかれます!

えっ?とも、あっ!とも思う間もなく、竿が伸されかかりました。
当然、竿を持つカミの手に力を込めて体制を整えようとしたのです。

が、0.2号のメタルラインが真ん中から切れてしまいました。
おそらくは根擦れ。
引きの強さは、最初の大アユよりも遥かに上。
正直言って、何もできずに切られてしまいました。

その後、仕掛けをさらに太くし、周囲一帯をくまなく探りましたが異常ナシ。

釣り開始直後は早上がりのつもりでしたが、アユに一方的にしてやられた事実が気持ちを震え立たせます。
雨の中、遅い昼食の後、さらに釣りを続行。

しかし、以降、アタリはなし。

DSCN1015.JPG

舟残り9匹で久しぶりの大アユ狙いが終了。

DSCN1017.JPG

やはり、これだけの型のアユになると、数は関係ありません。
久しぶりに1本の価値、そしてバラシの悔しさを存分に味わった一日となりました。


竿:硬派荒瀬抜90
水中糸:Mステージ0.2号+付糸1.5号
ハリ:無双10号3本チラシ(ハリス2.5号)


9月16日

大アユチャレンジは一日で終了。
前夜のうちに那珂川に移動してきました。

今度は太い流れへのチャレンジです。

DSCN1021.JPG

もっとも、前週より水位は5pほど低いですから、ある程度流れを攻略することも可能と予想できます。

釣りそのものは前週と基本的に変わりません。

しかし、おそらくは水温やアカの付き具合が異なるのでしょう。
キツイ流れの中で、野アユがオトリを激しく追ってきます。

とはいえ、そこは那珂川。
オトリを沈めれば、というわけにはいかず、流れに抗しながら丁寧にオトリを引かなければ野アユが反応してくれません。

太い流れの中を縦横無尽に行ったり来たりしているのは、私を含めわずか3人。
そんな中でテクニックを駆使してアユを掛け、流れに抗して掛かりアユを抜くわけですから、気分爽快。

アユの型は最大22pほどと、前日とは雲泥の差ですが、そんなもんと割り切ります。

けっきょく、8時半から17時過ぎまで、股上から胸まで川に浸かったまま過ごしていました。

DSCN1023.JPG

釣果は25匹と、特別大釣りしたわけではありませんが、晴れやかな気持ちで日没終了を迎えたのです。


竿:メガトルク急瀬抜95V
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:無双9号2本ヤナギ


9月17日

さすがに3日目にもなると、疲労困憊。
合流した3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chira
に呆れられながらも、9時過ぎになって釣りを開始します。

DSCN1032.JPG

正直言って、午前中はオトリ繋ぎがやっと。
今思うと、二桁取ったか怪しいカンジ。

さらに合流したドン玉親分と3人で「神通行きたい!」と言いながら長い昼食(笑)

14時半を回りました。

重い腰を上げ、どうせなら入ったことのないカミの瀬に行ってみよう。
そんな思いで川の中を遡ります。

いざ着いてみると、高水ゆえ素晴らしい流れになっています。

流れに抗してド真ん中に立ち込み、オトリを出したところ、ものの10秒で午後の部1匹目!
2匹目、3匹目と良型が続きました。

こりゃこのままじゃアブナイ!
そう判断し、付糸を0.6号から0.8号に変更します。

以降、入れ掛かりとはいかないものの、平らで押しの強い如何にも那珂川らしい流れの中で野アユの引きを堪能。

瀬の一番強い流れを一通り釣り切り、そのままシモに下ります。
瀬の開きの深みに差しかかりました。

すると、そこは完全な竿抜け!

腰以上まで浸かったまま、竿を立て気味にしたオモリ泳がせを試みると、穂先が一気にひったくられます。
返し抜きの後、オトリを目いっぱいシモに送り出したところ、間髪入れずに竿が満月!

そんな至福の時が30分ほど続きました。

あっという間に17時を回り、この日の釣りが終了。

DSCN1030.JPG

終わってみれば、前日と同数の25匹。
しかし、満足感は前日よりも遥かに上。
午前中のことはすっかり忘れ、気分上々で家路についたのでした(笑)


竿:メガトルク急瀬抜95V
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.8号
ハリ:D-MAXチラシ8.5号3本チラシ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ただ立ち込んだだけ・・・

9月8日

どうしても那珂川に浸かりたかったのです。
太い流れに抗いたかったのです。

ということで、高水にも関わらず、濡れ専してみました。

DSCN1002.JPG

那珂川のド真ん中まで立ち込めば、ほぼ竿抜け。
入れ掛かりを期待しましたが、期待に反してアユからの反応はポツポツ。

しかも、ヤナギバリや大き目のイカリバリを使っても、半分ケラレてしまいます。

ふと思ってハリをスピード7.5号4本イカリに替えたところ、上手いことマッチし、ケラレはほぼ皆無。

実は、この日の成果はこの程度。

午前中に13匹ゲット。
場所移動後の午後は1アンダー。

計12匹の貧果に、なんだかなぁということで、日没終了。

1536576163518.jpg

温泉に入った後、一人反省会となったのでした。


竿:メガトルク急瀬95(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:D-MAXチラシ8.5号2本ヤナギ(×)・キープ7.5号3本イカリ(×)・スピード7.5号4本イカリ(◎)


9月9日

車中泊の夜は、雨の中でした。
当然、那珂川は雑炊。
前日の貧果も相まって、奔流という選択肢はありません。

ああだこうだとウロチョロした末、それなりに上流部に入ります。

とはいえ、雨がシトシト降っているために踏ん切りがつかず、
3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraともども竿を出したは10時半(汗)

で、いつも通りに竿はSLを使ったわけですが、当然ながら竿が軽くて感度は最高。
微妙なオトリ操作は思いのまま。
浅場狙いでストレスを感じない。

そんなことで、徹底的にヘチや浅場を狙います。
しかも、意識して分流等の細い流ればかり。

DSCN1004.JPG

釣れるアユは小振りですが、結構良いペースでアユが掛かり、気がつくと13時半。

ここでいったん休憩し、15時近くより釣りを再開。

17時まで竿を出したところでネタ切れ状態となり、竿を畳みました。

DSCN1008.JPG

私も3チラさんも全く同数の25匹。
前半は私が好調でしたが、後半一気に追い付かれた展開。
型は明らかに3チラさんの方が良かったかな(汗)

けっきょくのところは終わりよければ、という2日間。

とはいえ、そろそろ全力で川とアユと対峙したい。
そんな思いが募る今日この頃です。


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

ペアバトル、そして黒磯、箒川

9月1日

ダイワの鮎の王国杯ペアバトルへの参加でした。

3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraとペアを組み、
当日になって競技委員長を任命されたF顧問のやる気があるのかないのかよく分からない説明に爆笑?失笑?の後、
7時半から競技開始です。

オトリ配布は那珂橋カミ。
ここからテクテク歩き、高岩大橋シモまで来ました。
途中、高岩シモの左岸がポッカリ空いていたのが気になります。

ならば、と川を切り、高岩カミの瀬左岸で釣り開始。

開始直後、対面の選手がアユを抜いたので期待しましたが、以降、誰の竿も曲がりません。
私がいる側は誰もいないので、カミからシモまで50mほどの範囲をオトリを引いて探りますが、野アユの反応が一切ありません。

首を捻りながら、第2プランに移行です。

河原をシモに向かい、高岩シモのトロ場の吐き出し、テトラ付近の流れのヨレを狙ってみました。
すると、2流し目で目印が吹っ飛びます。

以降、オトリから野アユの反応が伝わってきましたが、ハリ掛かりしません。

チョイと考え、ヤナギバリに替えてみました。
途端に2匹目がヒット!

以降、ポツポツながらも良いペースでアユが掛かります。

周囲には対面とシモに選手がズラリと並んでいますが、時折竿が曲がるのは私がいる付近のみ。
その中で、連続ヒットは私だけですから、気持ち良いひと時でした。

とはいえ、そこは那珂川。
10時を回る頃にはアタリが無くなりました。
オトリを引いてもノー感度。

我慢できなくなった私は、欲を出して再度高岩カミの瀬に向かいました。

今度の狙いは急瀬のド真ん中。
追い気のあるアユが居さえすれば、入れ掛かり間違いなしの川相です。

が、期待に反してノーヒット。

仕方なしに高岩シモに戻り、人混みの中でオトリを泳がせましたが異常ナシ。

このままタイムアップとなりました。

結果、8匹ゲットのオトリ込み10匹ジャスト。
3チラさんと合わせた釣果は、ダイワHPによると15位とのこと。

やはり今の町裏で安定してツ抜けするのは非常に難しいことを再確認した次第。
とはいえ、ほどほどに真剣に、そして楽しくやれた大会でしたので、これはこれでアリ!

それと予想よりもアオノロが遥かに少ないことにビックリしたペアバトルでした。

そうそう、午後の部?夕方の部?の黒磯は、開始直後のバラシ以降、完全に異常ナシ。
2時間半でボですた。
ボ。
まいりました ( ゚Д゚)


竿:銀影競技SL80・J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:D-MAXチラシ8.0号2本ヤナギ


9月2日

前夜、祝勝会あらため反省会を佐久山で敢行し、夜の車中泊は涼しい気温に爆睡!
気持ちよく朝を迎えました。

が、雨なので釣りする気が起きません。

このまま温泉入って帰ろうかな?
などと言っていたところ、どうやら雨は止む予報。

ならばこのまま、ということで、移動なしで釣りすることになりました。

DSCN0990.JPG

結果、4時間で11匹。

カミの瀬まで歩いて行っても異常ナシ。

ヤナの建屋の前だけで連続ヒットも、場所が狭すぎてすぐに打ち止め。
そんなカンジ。

ただし、野アユの反応の割にハリ掛かりしないことから、ヤナギバリに変えた途端に調子よく掛かり出すというのは、やはり何かがあるのでしょう。

DSCN0989.JPG

そういった意味では、引き出しがチョッピリ増えた一日でした。


竿:銀影競技SL80・J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:D-MAXチラシ8.0号2本ヤナギ
posted by KIKU at 20:46| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

川が青い、けど釣れた

約1ヶ月ぶりに那珂川水系に出かけてきました。
マスターズ全国大会の観戦?と思う方もいるかもしれませんが、普通の釣りです(笑)


8月25日

前回同様、ちょいと気になっていた某支流で今回も竿を出すことにしました。

前回は大魚影と見た目通りの釣果に驚いたわけです。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/460571972.html

しかし、前回とあまりにも異なるのは、川全体にはびこっているアオノロ・・・。

それでも、アユはそれなりに居て、1匹目は開始数秒でゲット!

以降、ポツポツながら一定のペースでアユが掛かります。

もう一点、前回と異なるのは、アユが二回りほど大きいこと。
20p超が当たり前に混じります。

そんな中で午前の部に23匹をカウント!

さらに午後、欲を出してシモの瀬に向かいました。

こちらは、午前中の場所に輪をかけてアオノロが酷いのですが、瞬時に良型2連チャン!
オトリを泳がせているよりもヤリトリの時間の方が長いことから、このままじゃマズイ!との思いが浮かびます。

急遽車に引き返し、竿やら仕掛けを交換しました。

そして同ポイントに戻ったのは14時半のこと。

なんと土砂降りです!

DSCN0986.JPG

それでも、なんとか数匹アユを掛けます。

が、雷さま襲来で踏ん切りがつきました。
15時過ぎに納竿です。

午後の部は13匹。

DSCN0987.JPG

午前と併せて36匹と、何事もなく一日やれば!という結果でした。

そんな思いから、翌日に続くわけです。


8月26日

前日と全く同じポイントに鮎中の仲間が集結しました。

前日の獲物は全て生かしてあったので、オトリに不自由することはありません。

余裕を持って、前日釣り残したシモの瀬に向かいます。

が、瀬の中ではウンともスンとも言いません。
掛かるのはアオノロばかり。
しかもアオノロ超入れ掛かり状態・・・。

車の前のポイントに戻ります。

粘りに粘って、というカンジで、1匹目をゲットした時には10時半を回っていました。

でも、油断してはイケません。
先日の雫石川の事例があります。
なので、2匹目までは慎重に取り込みました。

それでも、この後が続きません。

2つカミの瀬まで放浪の旅を展開したものの、15pを1匹追加で午前の部が終了してしまいました。

状況はみんな似たようなもの。
早め開始のなが〜い昼食の後、13時半近くに午後の部を開始します。

開き直って、前日攻めたポイントを徹底的に攻めることにしました。

すると、チャラ瀬でも流れが絞られたあたり、しかもアシ際ギリギリで好反応!
良型混じりでプチ入れ掛かりに突入です。

しかし、閃光2秒後の雷鳴一発でこの日の釣りを終了せざるを得ませんでした。

とはいえ、午後は辻褄を合わせたカンジ。

1535369470673.jpg

この日の展開で、よくもまあ合計14匹までもっていけたものです。

まあ、なんと言っても那珂川水系。
そんなにアマいものではないということですね。


竿:銀影競技SL80J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:パワーミニマム7号3本イカリ(たまに折られる・伸ばされる)
   キープ7号3本イカリ(ラスト1時間はハマった!)
posted by KIKU at 21:29| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする