2020年10月20日

青物ジギング1回目

本当はこの週末までアユを釣りたかったのです。
しかし、2週連続で週末の那珂川は低気温に雨模様。
片道250q走って震えながら川に立ち込む気にはなれません。
ということで、今シーズンのアユは終了。

例年のパターンで日本海の青物ジギングに移行することにしました。
幸い、酒田港の“あすか”さんhttps://ameblo.jp/fumiaki-saitou/に空きがあって無事に予約完了。
滑り込みセーフ。

こうして、日本海の人になったのです。


10月18日

7時に出船し、1時間半かけて飛島沖に向かいました。

KIMG1833.JPG

私の秘めたる希望通り、島の北側の根回りでヒラマサ狙いが始まりました。

一流し目は船中全員反応ナシ。
なんとなくイヤぁなムードが漂います。
私的には、潮が動いていないためか、ジグをシャクってもスカスカな感覚で釣れる気がしない状態。

2年前にこのポイントでシャクった時
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/462824410.html
には150gのスイムライダーで問題なかったのですが、
この日に限っては、ジグをとっかえひっかえしても状況を改善できる予感がありません。

思い切って、3流し目でハイピッチタックルからスローピッチタックルにチェンジ。
去年から愛用しているウイグルライダーを用いてフォール中心の誘いを試みます。

ちょうどこの流しから船中アタリ始めました。

このタイミングで、色々な点で上手くいったのでしょう。
思惑通りにロッドが絞り込まれ、2s半ほどのヒラマサをゲットしました。

次の流しで2本目。
1本目と同サイズのヒラマサです。

ここらへんでアタリが遠のいてきました。

たま〜にスロータックルの人にマハタがアタっています。

私にもマハタがヒット。

KIMG1836.JPG

40pまでなさそうな小型ですが、人生初の魚種との嬉しい対面でした。

その後はポイント移動の繰り返し。

そろそろ終わりを意識し出すタイミングで、船の近くに鳥山が立ちました。

場所が場所です。
クロマグロの可能性が高いわけですが、船長指示で可能性に賭けてジグを落としました。

水深は96m。
着底後、速いピッチで誘い上げて様子を伺います。

水深70m付近で良型がヒット!
やたら元気で水面直下まで来てからランディングに苦労したのは6s弱のワラサでした。

次の流しで4〜5sクラスをゲット。

もしかして?と思い、ジグを150gから185gにウエイトアップ。
ハイギアのリールで探るテンポをさらにアップ。

次は水深80m付近でガツンときました。
50mくらいはスルスル上がってきたのですが、ここから激しく暴れます。
それでも無事にランディング。
今度も4〜5sサイズ。

その後、鳥がいなくなってしまいました。
アタリも止まりました。
魚探の反応も無くなったようで、船長は朝イチのポイントに移動を決断。

以降は何事もなく、14時にストップフィッシング。

KIMG1840.JPG

以上、ワラサ3本に小マサ2本、あとはマハタ1本。
シーズン初戦にしては上出来でしょう。

これから毎週末、船の予約を入れていますが、日本海はシケの季節を迎えます。
私の予約日が出船可能となるのは超低確率。
船が出れば、貴重な一日を全力で堪能する季節が始まったのです。


(タックル1)
ロッド:ソルティガ60S-3/4F
リール:ソルティガ4500
ライン:PE3号+フロロリーダー60lb
(タックル2)
ロッド:ソルティガJ60HS・J
リール:ソルティガ4500 H
ライン:PE3号+フロロリーダー60lb
(タックル3)
ロッド:HORIZON PG66B-MH
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE2.0号+フロロリーダー40lb
(ヒットジグ)
P-boyジグ150gマイワシ、P-boyジグ185gマイワシ、ウイグルライダー160gグローヘッド
posted by KIKU at 22:44| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。