2020年09月14日

山形河川で釣る

9月12日

P9140015.JPG

三面川に来たのです。
日釣り券とオトリと購入し、9時前に入川。

ところが、この1ヶ所目は完全に外しました。
良さ気な場所にはコロガシのオジサンが入っています。

一つの瀬を20分ほど探りましたが、一切反応ナシ。

風が強くて思うような竿操作ができないこともあります。
人の数はかなりのもので、水明橋付近は入る気すら起きません。

日釣り券が無駄になりますが、川替えを決断しました。

どうせ夜に移動する予定だったのです。
山形方面に向かいました。

1時間半後、目指す小河川に到着しましたが、こちらもかなりの風が吹いています。
隣の川も見に行きましたが、風の強さは大差なし。

そんな紆余曲折がありましたが、12時には目的の小河川で釣りを開始します。

強風のため私以外の釣り人は2人だけですが、場荒れ感はモリモリ。
なので、小河川ならではの竿抜け、あえて狭い場所ばかり釣り歩きます。

一番数がまとまり、釣っていて面白かったのは小堰堤?のシモのブロックの中。
オトリがブロックの隙間を縫うように泳ぐと、掛かりアユがギラギラしながら目印がフっ飛びます。
気をつけないと水中糸がブロックに引っ掛かってしまうので、スリリングなやり取りですが、それはそれで面白い。

日が傾くにつれ風が弱くなったことも相まって、17時半まで竿を出していました。

P9120006.JPG

この状況下で29匹。
久しぶりに他人をほとんど気にせずに釣りができたので癒されたカンジです。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ


9月13日

前夜のうちに新庄に走りました。

釣行2日目は最上小国川です。
例年であれば、この川に入り浸る日々があるのですが、今シーズンは大会がなかったことに加え増水続きと全くタイミングが合いません。
なので、この時期になってのシーズン初竿出し。

まずは主要な釣り場をザっと見て回ります。

けっきょくは入川候補2ヶ所目に落ち着きました。

8時半より釣り開始。

ところが、イマイチなのです。
おそらくは場所自体外したのでしょう。

長い瀬を上から下までザっと一流ししたのですが、10時を回ってもツ抜けしていません。

場所移動の考えも浮かびましたが、少ないながらも好反応を得た流れにオトリを入れました。
すると、掛かるペースが上がります。

水温が上昇してきたのでしょう。
それと、私の釣り方を合わせることができたと思います。
最初はけっこうなテンションを掛けてオトリを引いていましたが、竿を立て気味にしてオトリをあまり動かさずに泳がせました。

ここからは、ほぼ狙い通りの場所で野アユの反応を得たカンジです。
型は20p前後中心となかなかのもの。

正午になりましたが、この日は午後から雨予報。
なので、昼食抜きで雨が降るまで釣りを続行。

2流し目が終わりました。
すでに13時。

予報では15時頃に雨が本降りになるはず。
車移動する余裕はありません。
残り時間をどう釣るか?

それまでのメタルラインから複合ラインに仕掛けを張り替えました。
朝から使用していたオモリは無し。
ヘチ・チャラを泳がせ主体の釣りで攻めることにします。

小一時間で5〜6匹掛けました。

雨が降り始めた14時過ぎ、ラストは極小ポイントで立て続けに2匹ゲットし竿を納めます。

P9130007.JPG

26匹でした。
掛けた数の割には残ってなかった感覚。
最初はバラシが多く、ハリが合っていなかったかもしれません。

とはいえ、久しぶりに限られた区間を考えに考えて釣り通したわけです。
釣果以上に充実感があった小国川の釣りでした。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号、最後はMコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード7.0号4本イカリ(△)、パワーミニマム7.0号3本イカリ(〇)
posted by KIKU at 21:38| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。