2020年07月13日

今回も小河川

7月11日

雨続きです。
こんな天気では贅沢言えません。
今現在、釣りどころではない地域がたくさんあることを考えると、選択肢があって釣りに行けるだけ幸せと思います。

今回は岩手県南を目指しました。
道中、2河川ほど様子も見ましたが、ちょっと水位が高くて一見さんには厳しい状況。

そして目的の小河川に到着。
秋田帰り?のカネヨンhttps://www.youtube.com/channel/UCHyXy-h-icmYjwO1EAZGQ7A
と合流し、予備知識に乏しいまま、たまたま見つけたコンビニで日釣券を購入し、川に向かいます。

越喜来でのジギングの後、しばしばタックルを洗いに来る河原に車を乗り入れます。
ここで竿を出すことにした根拠は特にありません。
なんとなく、車を止めやすかったからという程度の理由です。

小雨が降る中、カミに少し歩き、8時過ぎに釣りを開始しました。

絞り込みの流れにオトリを入れた途端、何やら掛かって水面でもがいています。
魚がパニくっているうちに抜いたところ、25pほどのヤマメでした。
これでオトリはグロッキー。

さて、困った。
もう1匹のオトリで確実に野アユをゲットしないと一日が終わってしまいます。

思い切って、100mほどカミに見える瀬に向かいました。
大トロを腰まで浸かって遡ると、大石の荒瀬に到達。
イイカンジの傾斜、そして流速です。
これなら竿はあまり入っていないはず。

狙い通り、すぐにアユがヒットしました。
しかし、竿を絞った瞬間にバレてしまいます。
おまけに、オトリロケットが着水した衝撃で高切れ(涙)

残されたオトリは弱った1匹のみ。
仕掛けを張り替え、ハリの種類も変え、一瞬の勝負に賭けるしかありません。

狙いを定めます。
瀬脇にオトリを沈め、30pほどカミに引き上げた瞬間、待望の感触が伝わってきました。
この1匹を無事にゲットし、プラスマイナス0に戻りました。

運のいいことに、すぐに2匹目が続きます。
循環の釣りが始まりました。

もっとも、アユの掛かりどころが良くありません。
バラシも気になる割合で発生します。
6.5号のハリが折れてのバラシもありました。
ハリが合っていないことに加え、追いが悪いといった雰囲気です。

最終的に、大き目でハリ先ストレートの重いハリという結論。
スピード7号4本イカリで釣り続けましたが、早目にハリを交換しないとケラレが多発するといった印象です。

さらに、アユは多いものの、追い気のある個体は少ないカンジ。
なもんで、とにかく拾い歩く釣りを展開。

結果、午前中で17匹をカウント。
型は川の規模に似合わず20pクラスが揃いました。

KIMG1708.JPG

雨の降る中、昼食をとります。

午後は、車からシモに向かって釣り下ります。

反応が良かったのは、やはり竿抜けとなっている傾斜のキツイ瀬でした。
こういったポイントは、小河川なので川幅が狭い上にアシに囲まれ釣り難い。
自分の気配を最小限に抑え、超鋭角でオトリを引き上げ、竿一本の距離を攻めつくします。

その後はひたすら放浪の旅。
スマホの万歩計アプリは、一日で7,000歩をカウントしていました。

それだけ歩いた結果、午後は午前中を上回る22匹。

P7110014.JPG

一日合計39匹プラスヤマメで40匹(笑)

ということで、期待以上の結果。
カネヨンともども満足して竿を納めたのでした。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTチューブラー穂先)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード7.0号4本イカリ(ベストとは言えないカンジ)
posted by KIKU at 22:00| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。