2020年06月22日

やはり那珂川は高難度

6月20日

恒例の那珂川詣ではシーズン2週目になります。
この週末も水量が豊富なため、箒川合流より下流は遠慮したい雰囲気。

ということで、9時半に岩盤が点在するポイントにエントリーしました。

オトリを出してものの数秒。
目印がフっ飛びましたが、抜いてみるとカワムツでした(汗)

以降、なんの異常もありません。
アユの雰囲気を感じないためにどんどん下り、シモのシモの瀬に辿り着いてしまいました。

ここでようやくアユを掛けましたが、竿を絞ったところでバラシ(涙)

ハリが合わないと判断し、それまでの5.5号から6.5号にアップします。

今度はケラレ。

さらにハリの号数をアップ。

するとオトリが沈んだ瞬間にケラレてしまいました。
引き寄せてみると、パワーミニマム7号が折れています(驚)

もはや冷静でいられません。
カッカしながら探り歩いて迷走状態。

残されたのは、腰以上の水深がありそうな絞り込みの深瀬です。

ここにオトリを沈めて10秒後、目印が飛びました。
竿は満月。

何だこりゃ!!
と思いながら抜いたのは軽く20p以上ありそうなアユ。
後の計測で22pあったのですが、口掛かりだったのが幸いしました。
時計を見ると11時29分。
1匹目をゲットするまで2時間を要してしまいました。

で、このアユをオトリにし、沈めた瞬間に竿が満月(汗)
冷や汗かきながらやり取りし、重さに閉口しながら抜いたのは再び20p超。

この瞬間に悟りました。
先週の釣りで得たのはシーズン初期のイメージ。
そんな道具立てで臨んでいたのですが、那珂川は既に最盛期に突入していたようです。

相変わらずケラレが頻発します。
ハリは重目の4本イカリがよさそうですが、なぜかベストに入っていません。
仕方なしにパワーミニマム7号3本イカリで釣りを続行。

こうして13時の昼食時までに11匹をカウント。

午後の釣りは、午前中を教訓に竿の穂先を硬めにチェンジ。
ハリも素直に4本イカリを使用しました。

ところが、やはり那珂川なのです。

アユからの反応に乏しいのです。

けっきょく、コンスタントに釣れ出したのは、竿抜けポイントに辿り着いた15時過ぎでした。

こうして午後の部も11匹ゲット。

KIMG1672.JPG

一日合計22匹という結果でしたが、反省点が多い一日でありました。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ・同7.0号4本イカリ


6月21日

釣行2日目は、前日の教訓をもとに、竿の穂先はノーマルのチューブラー穂先に、ハリはスピード6.5号4本イカリを選択。

P6210003.JPG

一日中1号から1.5号のオモリを駆使し、波立ち1個1個全てを探るイメージの釣りを展開。
水量的にもこの瀬の全体を攻めることが可能でした。

正直、ほぼ全てがハマったカンジ。

足りなかったのはアユの型のみ。

8時前に釣りを開始し、9時を回る頃には余裕の二桁釣果。
これだけ数が出ることは想定外なので、型は我慢し釣り続けます。

お昼近くになると、それまで15pがいいところだったものが、20pクラスも混じるようになりました。

12時半にカウントすると38匹。

P6210002.JPG

今シーズンでは上々の数です!

きちんと昼食をとり、午後は一つシモの瀬に向かいました。

こちらでは、トロからの吐き出しの瀬肩ヘチで良型が連発!

アユが掛かって慌てて竿を立てると即座に頭上の竹やぶに仕掛けが絡まってしまいます。
こんなポイントですから、明らかに高リスク。
つまり竿抜けだったということです。

もっとも、10数匹抜いたところでアタリが止まってしまいました。

再び午前中の瀬に戻ります。

一度さらった場所なので、午前中のようにはいきません。

それでも、上がりアユを狙ってゲットできるレベルのペースを維持し、16時過ぎに釣り終了。

KIMG1683.JPG

午後の部は21匹ゲットの一日合計59匹の釣果。

で、なんてこった!!なのです。
この数、今シーズンの那珂川では最上級の釣果のはず。
しかし、あと1匹足りません。
私にとって、那珂川は60匹が鬼門なのです。
50匹代後半の釣果はそれなりに経験があるのですが、なぜかそれ以上伸びません。

その気になれば、もう一度竿を伸ばすこともできたのかもしれませんが、もはやその気にもなりません。
鬼門クリアは今後の課題ということで、素直に結果を受け止めることにしたのでした。


(タックル)
竿:銀影競技SL80J(カーボンチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 21:44| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。