2020年03月30日

三陸マスジギング初戦と2日目

この週末からは三陸は大船渡、越喜来湾の遊漁船に乗ってのマスジギングです。
今回は、土日とも砂子浜の勝丸さんhttps://blog.goo.ne.jp/y0126のお世話になりました。

勝丸さんのお世話になるのは昨年4月7日以来2回目。
初めて乗った船で数型とも自己最高を記録し、相性が良い船ということになりました。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/465042607.html

ということで、今回は2連戦です。


3月28日

6時前に出港しました。

P3280002.JPG


全略…。


打ちひしがれての帰港です。
上がったのは3本。
忘れた頃にポツポツ上がりましたが、パターンらしきものを見出すことはできませんでした。
ただし、タナは25mとか35mということで、マスはあまり沈んでいないのかな?というカンジでした。


3月29日

夢も希望もさほどない心境の中、6時頃に出港しました。

船中1本目は、隣に乗っていたOさん。
ほぼ同時にOさんの友人の方もゲットし、船内盛り上がったカンジです。

盛り上がりの余韻が残っているうちに、今度は逆隣の方がマスをゲット。

こうなると、間に挟まれた私は穏やかではいられません。
ジグのとっかえひっかえが始まります(汗)

P3290006.JPG

で、以降は前日と同じような雰囲気。

気温はどんどん下がっていき、吐く息が白くなってしまいました。
なもんで、体だけでなく心も寒い!

時計を見ると、まだ9時20分。
ツライ時間が過ぎていきます。

しばし後、Oさんに何やらヒット!
水面で姿を確認してからマスだマスだと再び盛り上がります(笑)

問題はヒットパターンです。
実は私、Oさんがジグを落としてからヒットするまで横目で眺めていたのです。
タラの反応も少ないことから、着底させてしばらく巻き上げ、以降はハーフピッチ以下のアクション。
ヒットした水深は45mとのこと。

私的には、船長の指示ダナは参考程度に留め、ひたすら水深45〜20mを狙っていたのですが、これをきっかけに、水深55mまでジグを落とし、40mまでを探るように変更してみました。

しかし、けっきょくはヒットするのはタラばかり。
このまま2日目も終了です。

P3290009.JPG

そういえば、なんとなくグローが入ったスパイVが強いかなぁ?という印象もありました。

ということで、今年はいつもの三陸です。
私には例年通り厳しい釣りになりそうですが、予約は毎週(汗)
相当苦労しそうな予感がします。
posted by KIKU at 21:48| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。