2020年01月27日

タラジギング3回目

1月25日

ここ数日、ようやく釣果が上向いてきた大船渡沖のタラジギング。
例年より半月ほど遅い印象です。

当然、期待に胸膨らませ龍神丸さんhttps://yaplog.jp/yk-ryujin/1に乗りました。

P1250011.JPG

6時半頃に釣りを開始し第1投。
なんと数回ジグをシャクっただけでヒット!
マダラでこの時間に1本目をゲットしたのは初めてのことかもしれません(汗)

2sもない小型だったものの、これまでの2回の釣行とは全く異なる展開です!

以降、順調に数を重ねますが、サイズが伸びません。

ところが、隣の方に良型がヒット。
数分かけて上がってきたのは7〜8sサイズです!

いいなぁ、と思いながらジグをシャクリ続けます。

なんとなく見えてきた傾向としては、タラが浮き気味であること。
底から7〜10mほど上で一番反応があるカンジです。

そして、やはりそのタナでドスンと来ました!!
ある程度リーリングしたところで、ジリジリとラインが引きづり出されます。
やはり、一定のタナ以上に浮きたくはないようで、巻いては出されのやり取りを続けること数回。

ようやく浮いてきたマダラは7sくらいありそうな良型でした。

P1250013.JPG

これに気を良くしますが、9時を回る頃になってアタリが遠のきます。

色々工夫してみますが、スケソウダラ5連発にはまいりました。

その後、水深110mラインに移動し、アタリが復活です。
相変わらず小型が多いのですが、5〜6sサイズを1本追加し、満足満腹な展開に。

P1250018.JPG

で、船長より「釣った数を数えておくように」との指令が出ていたのでカウントしながら数を重ねます。

残り20分の時点で19本になっていました。

ラスト1流しになりました。
切りよくもう1本欲しいところです。

で、期待通りにヒットしました。
なんと良型!
しばしの間、一進一退の攻防が続きます。

そして無事に20本目をゲット。
ラスト1本も7s以上ありそうなサイズでした。
もはや言うことありません。

P1250023.JPG

良型混じりで数が出るという理想的な展開に、心地よい疲労感を感じながら家路についたという真冬の一時でした。


(タックル1)
ロッド:ジグザムVersionV571B-5
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE2号
リーダー:フロロ37lb

(タックル2)
ロッド:ホライゾンPG66B-MH
リール:オシアジガーFC1501HG
ライン:PE2号
リーダー:フロロ37lb

(タックル3)
ロッド:ホライゾンSL66B-MH
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ37lb

ヒットジグ:ギョロメ250g・P-boyジグ250gなど
posted by KIKU at 21:38| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。