2019年11月11日

その後の2週間

11月3日

庄内サーフでフルキャストの連続。
午前午後とも異常ナシ。

KIMG1467.JPG

11月4日

やはり午前午後とも異常ナシ。
この2日間、アタリの一つもないままパーフェクトなボウズ。
スズキは寄っていないなぁ、といったカンジ。

KIMG1466.JPG


11月10日

どうにも我慢できません。
前日の夕方、塩釜のえびす屋さんhttp://ebisuya-turi.com/にTELし、今日の明日で予約を入れました。
正直言って、色々な意味で期待はしていません。
が、乗船した第51えびす屋丸(19トン)は1時間以上経ってもフルスロットルのまま。

KIMG1473.JPG

土足禁止のキャビンから外を見ると、なんと牡鹿半島沿いを航行しています。

KIMG1477.JPG

そして、網地島、金華山を経由し、江島沖に到着したのは2時間後でした。

この海域は、ウマくすれば大ブリの可能性があります!
予想もしていなかった展開に、一気にヤル気が出てきました(笑)

で、水深60〜75mあたりを探ります。

ところが、イナダ?ワカシ?サイズしかヒットしません。
底付近で掛かれば大物だろうなぁと思うものの、ヒットするのは中層の小物ばかり。

そうこうするうちアタリが無くなり、時間が過ぎていきます。

11時過ぎ、船長が帰路につくとの判断を下し、途中でサワラを狙います。
平均80pほどのサワラが何本か上がったものの、私はバラシとサワラカッターでジグをロストしたのみ。

KIMG1481.JPG

海に浮かんでいた8時間中、往復4時間、実釣約3時間半。
しかも貧果という結果に、なんだかなぁ、という一日でした。
posted by KIKU at 21:21| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。