2019年06月03日

那珂川解禁!!

6月1日は東北地方を除き全国各地の河川でアユ釣りが解禁します。
ですから、アユ釣り界でこの日は祝日!
FacebookやらLINEやら様々なツールで気分を盛り上げ、那珂川に向かいました。


6月1日

早朝4時半、例年鉄板のポイントでkaneyanと二人、竿を並べます。
この場所は、激戦区がたくさんある那珂川でも、中下流部では有数の激戦区。

さっそくkaneyanの竿が曲がります。
周囲でも徐々に竿が曲がり出します。

ところが、私の1匹目までが長かった・・・。
7時頃までに4匹釣りましたが、同数以上ケラレやバラシがあったでしょうか。
解禁日ですから、普通に考えれば初心なアユが素直に追ってこなければなりません。

実は、他の釣り人も似たような状況で首を傾げています。

けっきょく、この場所は7時半に見切りをつけました。

その後、もう一つカミの瀬に移動し、ドン玉親分と合流。
しかし1匹追加したのみ。
状況はほとんど好転しません。

01KIMG1154.jpg

必然的に、10時過ぎにはこの状態。
昼食?を食べて落ち着いた頃に時計を見るとまだ11時前(汗)

アルコールを摂らなかった私は、思い切って車移動を決断しました。
(残り二人は居残り+昼寝)

移動先は、中流部の大激戦区。
見渡す限り人、人、人そして車、車、車。
対岸に入ったなら身動き取れないことは明白なので、左岸から入川します。

ここでブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/に遭遇。
なんでも、流心でばかり20以上掛けたのだとか!(驚)

ということで、絞り込まれた流れを意識した釣りを展開します。

02KIMG1166.jpg

こんなアユが掛かり、ようやく友釣りをやっている気分になってきました。
放流魚主体ですが、流れといいアユの色と言い、これなら満足できます。

とはいえ、そこはやはり激戦区。
数は伸びず、2時間で5匹にて2回目の車移動を決断します。

解禁日最後のポイントは、渇水時の好ポイントである岩盤地帯。

こちらは好反応でした。
早朝から川に立っていたわけですが、疲れを忘れて釣りを続行。

2時間で10匹ゲットし、ようやく納得。

DSCN0361.JPG

何時間川に立っていたかはおいといて、一日合計20匹の釣果に溜飲が下がった次第です。

この日の夜は、鮎中毒の仲間との解禁祝い。
気心の知れた仲間が集結し、本格シーズン開幕に祝杯をあげたのでした。


6月2日

前夜の河原宴会の目の前も、本来であれば好ポイント。
しかし、前日はパっとしませんでした。

という理由で、8時過ぎに一人での別行動を決断します。

前日最後のポイントに入り、前日探り切ってない場所を意識した釣りを展開します。

04DSCN0378.JPG

正直、最初はイマイチ。
釣れるアユは細くて白い。

05KIMG1172.jpg

アユよりもむしろ、オイカワの方が元気なくらいです(汗)

ここで決断しました。
前日の状況から判断し、絞り込みの流れにチャレンジします。

DSCN0374.JPG

画像では分かりにくいのですが、この場所はほとんどの釣り人はまともにオトリが入りません。
私自身、ここにまともにオトリを泳がせたのは初めての経験。
それだけ、この日は渇水だったのです。

このチャレンジが効を奏しました。

DSCN0372.JPG

オトリが底で落ち着いた後、徐々にカミに引き上げます。
途端、竿を持つ手に野アユからの激しい追いを感じます。
一呼吸ほど待っていると、愛竿が一気に絞り込まれます。
狙い通り、飽きないペースで竿が曲がる!
これぞアユ釣りの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

06DSCN0377.JPG

大小バラバラではありますが、こんなアユが釣果の中心。
一日合計30匹という結果に満足し、帰路についたのでした。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号、Mコンポ0.05号+付糸0.35〜0.4号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ、スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 22:44| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。