2019年05月20日

新潟〜山形県境を彷徨ってみた

5月18日

例年、この時期は庄内に青物が接岸します。

悪くてもイナダ、あわよくばワラサ、それどころかブリ!と変な期待を抱きながら、
3時起きし、4時には新潟県北のサーフに立ちました。

ところが、青物の気配が非常に乏しい状態。
夜明け直後、ふと見ると目の前にナブラが出現しました。
ところが、10秒で静まりかえります。

以降、らしき反応は一切ありません。

同じサーフには7〜8人の釣り人がキャストしていましたが、
時折ロッドが曲がったとしてもアイナメやホウボウといった魚。

7時過ぎに場所移動を決意します。

2ヶ所でキャストしてみましたが、状況は変わらず、8時前に諦めました。

で、これだけで帰るのは非常に悔しいわけです。

付近にはアユで通っている小河川が多数所在していますので、
アユの遡上状況を確認してみることにしました。

KIMG1121.jpg

で、アユが簡単に見つかる川、アユの姿が見えない川と色々あります。

KIMG1124.jpg

KIMG1126.jpg

時期が時期ですから、見えるアユのほとんどは群れどころか淀みに団子になっている状態。

KIMG1129.jpg

しかし、この場所で今年初のアユの追い合いを目撃!

2匹の縄張りアユを目にした瞬間、私の2019年のアユシーズンが開幕しました。
ということで、来週からはいよいよアユです!!!
posted by KIKU at 22:25| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。