2019年05月14日

サクラマス最終釣行

5月11日

前回のシモキタはラストがあまりにも劇的でした。
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/465447483.html

正直、この一週間がかなり待ち遠しく、片道5時間以上の運転が全く苦になりません。
当然、睡眠2時間の3時起きもあっという間に覚醒します。

まだ真っ暗なサーフ、しかし水平線の遥か彼方が白み始めたサーフを10分ほど歩いてポイントに到着。
若干明るくなるのを待ってからキャストを開始しました。

ところが、こんな時はたいてい空回りします。
なんと、数投目でリーダー結束部やや上から高切れし、岡ジグ50gがどこかに消えてしまいました(汗)

あ〜あぁ、と思いながらリーダーを組み直そうとしたところで、メインラインがかなり弱っていることに気づきました。
魚が掛かる前のことなので、これに気づけたのはラッキーだった!と思い、ラインシステムを組み直します。

気を取り直して釣り再開。
装着し直したジグは、ドピンクの岡ジグ40g。
周囲がまだ暗い時間に何度かバイトを得ているジグなのですが、なぜか結果に繋がらない不思議なジグです。

しかし、水平線から太陽が昇った途端、波打ち際から20mの距離でヒットしました。
波打ち際を慎重にかわしてランディングに成功!

KIMG1098.jpg

正直、痩せていて微妙なカンジではありましたが、それでもサクラマス。
1本は1本。

これに気を良くして釣りを続行。

キャストするは得意のP-boyジグ45g(だけど実測53g)のピンクバック。
で、来るならこの辺りかな?という地点で、突然リーリングが軽くなりました。
オフショアで食い上げというのは良くありますが、陸っパリで魚が手前に走ってきてのヒットはなかなかない経験。

反射的にイトフケをとってアワセが決まりました!
今度はそれなりに重さを感じてのファイト。

KIMG1105.jpg

この日2本目は、50pほどのアベレージサイズでした。

この時点で、まだ1時間も経っていません。
今日はイケる!

そう思いつつ、フルキャストからのリーリング、5歩移動後にフルキャストという釣りが続きます。

今度は1時間ほど間が空きました。

で、この日3ヶ所目の来るならこの辺り?
という場所でガツンと来たのです。

今度はガンガンとロッドが叩かれる感触。
波打ち際近くまで寄ってきてからは、潮の流れに乗ってけっこう走り、なかなか観念してくれません。

それでも、無事に波打ち際をかわしました。

魚体を見て、引き具合に納得。

DSCN0344.JPG

明らかに50pを十分上回るサイズ、良型のウミアメでした。
これくらいのサイズ、太さ、体色となると、私的にはアメマスよりはウミアメの呼び名がピッタリと思います。

ただ、これで満足できない私がいました。
どうしても、あと1本サクラマスが欲しかったのです。

その願いが通じました。

歩きに歩いた復路のキャスト。
2本目を掛けた辺りでガツンときちゃったのです。

そして、この日3本目のサクラマスをランディング。

KIMG1118.jpg

あまりにも出来過ぎな展開に、信じられない思いでした。
今シーズンの目標達成となるサクラマスをゲットし、半分放心状態で車に戻ります。

その後はしばし休憩となりましたが、人間は欲深い。
このまま頑張ったら何本取れるのだろう?と釣欲全開で釣りを再開します。

ところが、魚からの反応がバッタリと途絶えました。

11時過ぎまでキャストも無反応。
昼食・昼寝のお決まりの展開。

14時過ぎから午後の部を開始します。

なんと、開始早々チェイスがありました。
30分後にもチェイス2回目。

ムキになってキャストを続けます。

で、すっかり諦めた頃、17時過ぎになってショートバイトがありました。
本当に一瞬だけロッドが曲がりましたが、アワセる間もありません。

さらに30分後、再びのショートバイト。

ということで、18時にこの日の釣りが終了です。


5月12日

前夜は21時に就寝し、3時に起床。
フルキャストの連続に体は辛いのですが、午後のチェイスとショートバイトを思い出し、瞬時に目覚めます。

DSCN0353.JPG

この日も夜明け前からキャストを開始しますが、前日よりもウネリがキツイ。

キャストを繰り返しますが、ただ時間が過ぎていきます。

熟考の末、大移動を決意。

10分ほど北に車移動してみました。
が、こちらは潮が効いていません。
ジグを引いてもスカスカなカンジ。

かなりの距離を移動してみましたが、どこも状況は同じ。

けっきょく、元の場所に戻ってきました。

しかし、この辺りから北風が強くなります。

DSCN0354.JPG

30分も経つと、横風がキツ過ぎて、ジグをまともに引いている感覚がなくなってしまいました。

リーリングしても、単にイトフケを取っているだけの釣り。
これはイケません。
釣れるわけがありません。

ということで、諦めがつきました。
サクラマスシーズン最終日は完全なるノーバイト。
それでも、やり切った感でいっぱい。

KIMG1119.jpg

2月のシモキタから始まり、ほぼ毎週3ヶ月フィールドに通い続けました。
大豊漁だった今シーズン、得たものは非常に大きかったと思います。
釣場で出会いましたみなさん、同行の仲間たち、さらには遊漁船船長のみなさん、大変ありがとう&お世話様でした!!


(タックル)
ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテート3500HD-CUSTOM(ハイギア仕様)
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb
ヒットジグ: 岡ジグ40g(どピンク)、P-boyジグバーチカル45g(だけど実測53g)のピンクバックとブラックバック
posted by KIKU at 22:11| Comment(0) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。