2019年04月22日

未だ好調、三陸マスジギング8日目と9日目

大船渡沖のマスジギングは、例年なら4月20日を過ぎる頃には下降線を辿り始めるのですが、
未だに船中30本、40本という釣果が出ています。
今回、ようやく好天の日に巡り合い、2日間連続で太平洋に浮かぶことができました。


4月20日

釣行初日は億幡丸さんhttp://okumanmaru.web.fc2.com/
いつものブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/と乗船します。

ところで、問題が一つ。
と言いますか、普通に考えればまともな釣りが成立しないであろう問題が発覚。
色々あって、魚探が機能していません(汗)

船長はカン(笑)で船を流します。
当然、指示ダナも適当なカンジ。

「水深45mから上を探って下さい」ということでしたが、ある程度通い込んでいる人なら周知の事実。
私もいつも通り、45mチョイ、深くても50mからジグをシャクリます。

しばし後、ブンさんにヒット。

ちょっと間をおいて私に1本目がヒット。
ジグはデルタのパープルバックグローベリー(豪海オリジナル)。
確か3sほどの良型でしたが、なぜか写真を撮るのを失念・・・。

で、ここでオシアジガーにトラブル発生、PEラインが50m無駄になってしまいました。
ちょっとイライラ。
更に色々あって、なおさらイライラ。
ブンさんに「落ち着きなさい!」と窘められてしまいました。

確かに、イライラしても意味がないので、水分補給・栄養補給し一息つきます。

そして今度は同じデルタでもブラックバックメッキハラグロー(ソルトマンオリジナル)をシャクリます。

DSCN0279.JPG

こうしてヒットしたのがサイズの割に極太の個体。

さらに、今度はシルバーのデルタで3本目をゲット。

DSCN0280.JPG

確かこれが9時過ぎのこと。

しかしここからが問題です。
沈黙の時間が到来。

手を替え品を替えジグを替えと色々試します。
が、私やブンさんどころか、船中誰もヒットを得ることができません。

沖上がり直前、近くを流していた勝丸でマス神さまのネコさんのロッドが曲がり、さらには他の人のロッドが次々曲がるのを指を咥えて眺めていたということで納竿。

正直、後半はひたすら疲れたという一日でした。

DSCN0287.JPG


4月21日

そして2日目を迎えます。

この日は、阿部さん、ブンさんとともに龍神丸さんhttps://yaplog.jp/yk-ryujin/1のお世話になりました。

1555937933603.jpg

朝イチ、ポイントに到着後最初の投入。

指示ダナより若干浅めの水深40m付近からワンピッチを開始。
水深20m付近まで巻き上げ、そろそろジグを落とそうかな?というタイミングでロッドが絞り込まれました!

掛かりマスは一気に浮上し、水面でひと暴れ。
ロッドティップを水面付近まで下げてしのぎます。

しばし後、ようやく潜ってくれたかと思ったのもつかの間。
今度は横っ走り。
私が位置していた左舷側の皆さんに朝イチから迷惑を掛けてしまいましたが、オオドモでファイトさせてもらえるようになってからは水面直下で暴れようとオマツリの心配がなくなったのは助かりました。

とはいえ、けっこう激しく暴れまわる個体のようで、度々テンションが抜けそうになることから、その都度ドキドキ(汗)

それでも、2分ほどの後にはランディングに成功!

DSCN0290.JPG

あまりにも早い船中1本目は、瀧田船長が釣れると言っていたパープルカラーのジグによるものでした。

その後、ブンさんも続きましたが、以降沈黙。

ここで船長が船団への仲間入りを決断。
県内外の遊漁船そしてプレジャーボートの隙間を縫っての釣りが始まります。
これがまた、隙間を縫うという表現が大げさじゃない過密っぷり。
みんな苦笑しながらジグをシャクっていました。

で、不思議なもので、これだけ船が集まっていても、限定された船だけに時折ヒットが集中します。
我々が乗る龍神丸は、お祭りとは言えませんが、ポツポツとヒットが続きます。

私はなんとか2本目をゲット。

DSCN0292.JPG

しかし、こんな状況下で阿部さんやブンさんは私の3倍ペースでアタリを拾っています。

が、さすがにアタリが止まりました。
毎回恒例、沈黙の時間の到来です。
前日に続き、手を替え品を替えジグを替えとやりますが、船中誰もがお手上げ状態。

ここで、船長が船団を離れることを決断しました。

以降、しばらくは迷走の旅が続きます。

数度の移動の後、突然、阿部さんが「きた!」と叫びました。
船長がタモ入れに走ります。

で、船長が私の後ろを通り過ぎた瞬間、私のロッドも曲がりました!

ここからが怒涛の展開。
船中バタバタヒットが相次ぎます。

あっという間に20本以上上がったようです。

DSCN0297.JPG

私も連続ヒットがあるなどして、合計5本をカウント。

阿部さんやブンさんがトップで7本と超好釣果。

DSCN0299.JPG

ご機嫌の笑顔です(笑)

この日、船中全員が2本以上ゲットと、この釣りでは稀に見る好釣果。
しかし、それでも釣果に差がつきました。
7本の2人と私の差は、渋い時間のうちに掛けた本数の差。
おそらく、アタリの数は私の倍以上だったと思います。

とはいえ、普通に考えれば5本というのは十分満足できる釣果です。
阿部さん、ブンさん、瀧田船長、そして同船のみなさま、大変お世話様&お疲れ様でした。


(タックル1)
ロッド:HORIZON SL66B-M
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ16lb

(タックル2)
ロッド:HORIZON PG66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE1.0号
リーダー:フロロ16lb

(タックル3)
ロッド:HORIZON SL66B-ML
リール:リョウガBJ C1012PE-SHL
ライン:PE1.0号
リーダー:フロロ16lb

(ヒットジグ)
2日間とも全部デルタ105g
カラーは赤目シルバークラッシュグローベリー(BIG GAMEカスタム)・パープルバックグローベリー(豪海オリジナル)・ブラックバックメッキハラグロー(ソルトマンオリジナル)
そういえばヒラジグラ120gでも1ヒット有り
posted by KIKU at 23:14| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。