2019年03月19日

三陸マスジギング初戦そして2日目

3月16日

いよいよ岩手県は三陸地方、大船渡沖のマスジギングも最盛期に突入する時分となりました。
で、色々ありまして、初戦は大船渡湾を拠点とする幸徳丸さんhttp://ww35.tiki.ne.jp/~koutokumaru/に乗船することに。

まだ真っ暗な5時に出船し、ジグをシャクリ始めた頃はまさに朝マズメといったタイミング。

1552999938006.jpg

前回は、朝イチからヒットがあったということですが、なが〜い沈黙が続きます。

船長いわく、この2日間で水色が変わったようだ。
この間までは雪代水が出ていた、とのこと。

とはいえ、ひたすらジグをシャクルしかありません。

ようやくの船中1本目が上がったのは、確か9時半過ぎのことでした。

ハッキリ言って、ここまで手を変え品を変えジグを変えとやっています。

ふと思って、ジグをぺブルステックブルピンに交換してみました。

シャクリ始めて1分後、いきなりドスンという感触!

DSCN0155.JPG

私の2019シーズンの三陸1本目は、2.5sほどのまあまあサイズでした。

とはいえ、後が続きません。

1時間ほど経過し、風が強くなり、船の揺れが大きくなってきました。
ジグのシャクリが思い通りにいかなくなってきたことから、ここで130gと重めのジグに交換します。

そして突然、私の隣とさらに隣の方にダブルヒット!
いいなぁ、と思いながらワンピッチを続けていたところ、私にもヒットしトリプルヒット!!

こうなると、タモ入れが大変です。
しかし、そこは経験豊富な船長です。
船内走り回って3本ともタモ入れに成功。

これで一気に船内が盛り上がりました。

私がゲットしたのはさきほどよりも小振りですが、それでも2sはあるはず。
水深20mでのヒットは、どう考えても他2人が上げてきたマスに付いてきたおこぼれをもらったカンジ。

過程はともあれ2本目ゲットに気を良くして釣り続行(笑)

1552999936636.jpg

しばし後、私のロッドにガツンという感触が伝わり、一気にラインが引きずり出されます。
さらに、周囲でもヒットが相次ぎ、再びトリプルヒット!

ロッドに伝わる重量感から、私にヒットしたマスはけっこうな良型であるようですが、ラインを7〜8m出されたところで、フっと軽くなってしまいました(涙)

おそらくは、これで時合が過ぎたのでしょう。

以降、魚の気配を感じることはなく、ストップフィッシングとなりました。


3月17日

そして2日目。

今度は越喜来湾は崎浜の広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗船します。

1553000069057.jpg

他船も続々と出船する様子に期待が高まります。

ところが、この日はとにかく渋かった。

DSCN0160.JPG

外道も含め、私には一度のアタリもなし。
開始早々に上がった2本のみで終了。

正直言って、あまりにも何もなく、今になって書くべきことも思いつかない状態。

サクラマス釣りはやっぱり難しいことを実感したのでありました。

DSCN0159.JPG

(タックル1)
ロッド:HORIZON SL66B-M
リール:オシアジガー1501HG
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ16lb

(タックル2)
ロッド:HORIZON SL66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE1.0号
リーダー:フロロ16lb

(ヒットジグ)
スパイファイブ130g(レインボー系)、ペブルスティック100g(ブルピン)
posted by KIKU at 22:45| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。