2018年12月30日

2018シーズン総括

昨日29日、今年最後のジギングの予約を入れていましたが、寒波襲来に伴いあえなく中止。
1週間前からどうにもならない予報が出ていたので、期待する間もなく諦めがつきました。

ということで、2018年の釣りは、先週22日の早上がりになったジギングで終了です。

毎年恒例としていますが、ここで今年一年の釣りを振り返ってみることにします。

今年はマダラジギングから始まりました。

1518412023998.jpg

1月8日から計3日間の釣りでしたが、けっこう手強かった印象。
三陸沿岸のマダラは、産卵後の荒食いの時期になると釣趣が削がれるほど簡単に釣れてしまうわけですが、
腹に子が少しでも残っている時期はそんなことないような気がします。
それとGTサイズを釣る方法があるのかないのか?
次シーズンは、サイズアップを目指したいものです。

そして3月。
サクラマスのシーズンに突入です。

最初に川に浸かったわけですが、あくまで船に乗るまでの間の繋ぎといった感覚。

1520249558950.jpg

川のキャスティングの釣りは、これまで類を見ない1日のみとなってしまいました(汗)

続いて、近年ハマリ気味の大船渡沖のマスジギング。
3月のみ計5日間でわずかに小型1本のみ。
2018シーズンは豊漁年でしたので、自分の腕が悪かった。
貧果の理由はこれに尽きます。

DSCN0830.JPG

したがって、次シーズンは努力研究を重ね、ひたすら精進するのみ。
せめて釣行毎に複数回アタリを出せるようにしたいものです。

続いて、サクラマスのジャンルとしては3つ目になります。
ショアからの釣りは、オフショアと逆に自信を持ってキャスティングしています。

DSCN0853.JPG

日数こそ4日間でしたが、3本ゲットと効率よい釣りができました。

こうして5月も終盤となり、アユ直前のお楽しみとなるのが庄内サーズのシロギス釣り。

1527597485557.jpg

ベタ凪が好条件という釣りですから、波が治まらなければどうにもならず。
丸一日かけて13匹の貧果の理由は、そんなところです。

ということで、6月の声を聞くとともにアユシーズンに突入。

DSCN1010.JPG

私が赴く河川は、どこも良いと言い難い状況でした。
とはいえ、例年目標にしているシーズン4桁を無理なくクリアできたことは、長年の進歩の成果と考えています。
大会については、地区予選の予選は問題なくクリアしたものの、わずかの差で上には進めず。
当時を思い出すと、自分自身に2017年のような勢いはありませんでした。

1528115451729.jpg

で、全般に良くなかったとはいえ、那珂川はシーズン終盤になって水況が安定。
さらには豊富な天然遡上に助けられ、近年では最も遅い10月21日まで友釣りを堪能しました。

もっとも、アユは夏の釣り。
寒さを感じるようになると、他の釣りモノを思い出し、青物ジギングに移行します。
ジギングの合間を縫って、庄内サーフでシーバス狙い。

こうして晩秋から冬にかけてを過ごしました。

ところが、青物は不漁年。
全く数が出ません。
それでも、私が予約を入れていた酒田沖は大物乱舞。
10sどころか12sとかそれ以上。
確か最大で16sが上がったのだとか。

46492963_2253292041619418_7726319146694082560_n.jpg

私は大物が上がるのを横目に黙々とシャクってシャクってひたすらしゃくる。
それで結果が出たかというと、そんなこともなく、単なる悪足掻きを5日間繰り返し。
そんなシーズンだったような気がします。

そういえば、初めて釣ったヒラマサは美味かった!
いずれ新しい釣りモノは色々な意味で新鮮です。

そうそう、シーバスについては4日間のキャスト。
今シーズンは魚影が濃く、条件が良い日にはアタリがきちんと出てくれた印象。

DSCN1150.JPG

もっとも、アタリの数の割にゲットしたのが2本というのが微妙なところ。

いずれこの釣りでP-boyジグが欠かせないアイテムになったのは間違いないところです。

ということで、合計65日間と、久しぶりに釣行日数が70日を切ってしまいました。
以前は、多少条件が悪いとしても、とりあえず現場に行く!
というのが信条でしたが、近年はそんなこともありません。

なるべく無駄のない釣りに変わってきている、というのが近年の傾向なのでしょう。
そして、アユ以外では、どうもジグばかり使っているというのが私の釣りのようです。
このブログのテーマもこの正月に見直してみましょうか・・・。

以上が2018年の釣りのあらましです。
海で、川でお会いしましたみなさん、大変お世話様&有難うございました。
お互いまた来年も良い釣りしたいものですね。

ということで、これにて2018年シーズンを締めさせて頂きます。
posted by KIKU at 21:00| Comment(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。