2018年11月19日

秋のサーフ、そして飛島ジギング

11月17日

この日は酒田のさつき丸さんのお世話になる予定でしたが、時化により出船中止。
とはいえ、大時化というわけでもないので、これ幸いと庄内サーフに出撃してきました。

夜明け前から大雨となり、これで躊躇したのがウンのつき。

釣りを開始した7時過ぎにはお祭りの真っ最中だった様子。
浜に降り立ってみると、足元にゴロゴロとスズキを転がしている人がいます。

開始30分後、何やらほどほどのサイズの魚が掛かりましたが、あえなくバラシ。

以降、あっちこっちを行ったり来たりの展開。

いい加減歩き疲れた頃にヒットしたのは30pほどのワカシでした。

10時頃には魚っ気がなくなり休憩とします。

そして気がつくと爆風に。

以降、風が治まることはなく、このまま終了となりました。・・・。


11月18日

そして釣行2日目。
今度は秋田県の象潟に向かいます。

2014年以来http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/411481364.htmlとなる
Santaさんhttp://76jt27.wixsite.com/santaのお世話になってのジギングです。

1542633013640.jpg

鳥海山をバックに出港し、向かった先は飛島周り。

シーズンラストになるかもしれないヒラマサ狙いということで、
初体験のターゲットに胸が高まります。

ところが、案の定でした。

魚のやる気に乏しく、思うようにヒットに持ち込めません。

釣り開始から1時間ほど経過してしまいました。

突然、ミヨシの方、続いて私、さらには私の後ろでシャクっていた方にヒット。
いずれも2s半ほどのイナワラでした。

その後、たま〜に誰かにヒットするのはイナダ君。

それでも、ロッドが曲がるならマシな部類。
あまりにも魚の反応に乏しく、ツライ釣りが続きます。

いや〜なムードが続き、間もなくお昼になろうかという頃。

またもミヨシの方のロッドが曲がり、続いて私のロッドが絞り込まれました。

DSCN1148.JPG

今度はヒラマサ。
3sもないサイズですが、初めてゲットした魚であるだけに満足満足。

あとは、自分で釣った!と言える展開に持ち込むだけとなりました。

DSCN1146.JPG

15分後、底をとってワンピッチを繰り返すこと10m。
ロッドに衝撃が伝わります。
よくあるパターンでのヒットに、今度こそ釣ったというカンジ。

けっきょく、その後は船中ボチボチ上がり、壊滅的状況を免れたカンジ。

私はイナワラ2本に小ヒラマサ3本。
苦しい状況でしたが、何とか形にしたという釣りになりました。

1542633096026.jpg

さて、ここで問題が一つ。

この日のヒットジグは、全てスイムライダーのグローヘッド。
このジグの150gを根掛かりでロストした時には終わった感があったのですが、その後180gでもヒット。
他のジグでは全く反応がなかったので、仕方なくこのジグを使い続けたのですが、何が良くてヒットしたのか理由が分かりません。
前回も隣で大物が連発したジグですから、何か釣れる理由があるはずです。

ホント魚が考えていることはよく分かりません(苦笑)


(タックル1)
ロッド:ソルティガHIRAMASA60S-F
リール:ソルティガ4500H
ライン:PE3号+フロロリーダー60lb
(タックル2)
ロッド:ソルティガJ60HS・J
リール:ソルティガ4500
ライン:PE4号+フロロリーダー70lb
ヒットジグ:スイムライダー150g・180g(ともにグローヘッド)
posted by KIKU at 23:05| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。