2018年11月12日

久しぶりの仙台湾ジギング

11月10日

日本海は時化ということで、塩釜の東北丸さんhttp://www12.plala.or.jp/thm/に乗ってきました。

東北丸さんは予約と同時に座席を指定することができます。
なもんで、当日は色々な意味で心に余裕があります。

5時に出港し、土禁のキャビンで横になり、6時に釣り開始。

右舷側のミヨシから6番目、トモから3番目でシャクリます。

ところが、一向に魚からの反応がありません。

なんせ、全く潮が動いていません。

最初に投入した180gのジグではあまりにもヘビー。
150gでも重すぎるカンジ。
しまいには120gとか100gのジグを使う羽目に。

スロータックルの人には、ホウボウを主体に時折何か当たっている一方、ハイピッチ組は大苦戦。
ハイピッチでごく稀にアタリがあっても、どうみてもジグの着底と同時のヒットの様子です。

正直言って、このままでは敗色濃厚。
チョイと考え、デルタ105gでボトムを取り、リーリングなしで小刻みにアクションを加えてみました。

すると、5分後にドスン!

ようやくアタリを出してくれたのは、2s半ほどのイナワラ。

直後、再びドスンときましたが、フッキングに至らず。

その後も、底べったりをリーリングなしでシャクリ続けます。
正直言って、ジギングをやっている雰囲気になりません。

それでも、30分に1回ほどアタリがありますが、超ショートバイトでアワセようがない状況。

我慢に我慢を重ねた末、ようやくフッキングに成功。

1542024045617.jpg

ゲットしたのはまあまあサイズのホウボウでした。
(カメラを手にしたのはこの時だけ・・・)

その後、アタリすらなくなりタイムアップ。

緊急避難的に予約を入れた釣行ですが、トホホ(汗)という一日でありました。


ロッド:ゼニス・零式ミッドスペックZM64-SL
リール:セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:PE2号+リーダ40lb
ヒットジグ:デルタ105gシルバークラッシュホロ
posted by KIKU at 21:37| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。