2018年09月10日

ただ立ち込んだだけ・・・

9月8日

どうしても那珂川に浸かりたかったのです。
太い流れに抗いたかったのです。

ということで、高水にも関わらず、濡れ専してみました。

DSCN1002.JPG

那珂川のド真ん中まで立ち込めば、ほぼ竿抜け。
入れ掛かりを期待しましたが、期待に反してアユからの反応はポツポツ。

しかも、ヤナギバリや大き目のイカリバリを使っても、半分ケラレてしまいます。

ふと思ってハリをスピード7.5号4本イカリに替えたところ、上手いことマッチし、ケラレはほぼ皆無。

実は、この日の成果はこの程度。

午前中に13匹ゲット。
場所移動後の午後は1アンダー。

計12匹の貧果に、なんだかなぁということで、日没終了。

1536576163518.jpg

温泉に入った後、一人反省会となったのでした。


竿:メガトルク急瀬95(SMTチューブラー仕様)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:D-MAXチラシ8.5号2本ヤナギ(×)・キープ7.5号3本イカリ(×)・スピード7.5号4本イカリ(◎)


9月9日

車中泊の夜は、雨の中でした。
当然、那珂川は雑炊。
前日の貧果も相まって、奔流という選択肢はありません。

ああだこうだとウロチョロした末、それなりに上流部に入ります。

とはいえ、雨がシトシト降っているために踏ん切りがつかず、
3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chiraともども竿を出したは10時半(汗)

で、いつも通りに竿はSLを使ったわけですが、当然ながら竿が軽くて感度は最高。
微妙なオトリ操作は思いのまま。
浅場狙いでストレスを感じない。

そんなことで、徹底的にヘチや浅場を狙います。
しかも、意識して分流等の細い流ればかり。

DSCN1004.JPG

釣れるアユは小振りですが、結構良いペースでアユが掛かり、気がつくと13時半。

ここでいったん休憩し、15時近くより釣りを再開。

17時まで竿を出したところでネタ切れ状態となり、竿を畳みました。

DSCN1008.JPG

私も3チラさんも全く同数の25匹。
前半は私が好調でしたが、後半一気に追い付かれた展開。
型は明らかに3チラさんの方が良かったかな(汗)

けっきょくのところは終わりよければ、という2日間。

とはいえ、そろそろ全力で川とアユと対峙したい。
そんな思いが募る今日この頃です。


竿:銀影競技SL80・J
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。