2018年07月23日

小国川で2日間

解禁後、しばらくは微妙なカンジでしたが、東北河川ではマシな部類。
それでも、徐々に釣況が上向きとの噂が聞こえてきました。
さらには那珂川界隈では猛暑に耐えきれない!

そんな理由で、2週間ぶりに小国川に向かいました。

7月21日

早朝に自宅を出発し、いざ小国川についてみると超大渇水。
ここまで水が少ないのは、あまり経験がありません。

おそらく、釣況が良かった時期は過ぎ去り、過去の話になっているはず。
オトリ屋の下山さんの話を聞いても、かなり厳しいカンジ。

それでも、下山さんの話を聞いて、去年何度も入った瀬に向かってみました。

あまり暑くならないうちに着替えを済ませ、釣り開始は確か8時。

1匹目を釣るまで5分ほど要しましたが、その後は5匹ほど入れ掛かりし、かなり気楽になりました。

以降、運が良かったとしか言いようがありません。
おそらくは周囲一帯竿抜け状態。

あとから5人ほどやってきましたが、みんなトロっぽい場所で拝み釣り。
ベタ竿で瀬を釣っているのは私一人。

周囲に目ぼしいポイントが数ヶ所ありますが、私の独占状態。

11時45分、キリが良いタイミングで昼食をとることにしました。

1532346392887.jpg

午前の部は34匹。
不調年とは思えないペースに気分上々!

しかし、昼食時の猛暑には閉口です。

午後の部は、午前中の続きのポイントで釣り再開。

こちらも狙い通り、瀬の芯からアユの反応があります。

1532346348912.jpg

けっこうな距離を移動し、王道といえるポイントから重箱の隅をつつくようなポイントまで、可能な範囲で攻めていきます。

正直言って、今シーズン、これ以上の釣果を望むのは非常に厳しい。
そんな思いから、18時まで釣り続けました。

1532345308359.jpg

結果、午後の部は38匹の一日合計72匹。
やり切った感に満ち溢れての納竿となりました。


7月22日

既に初日でやり切っています。
2日目はのんびり出撃。

1ヶ所目は大穴狙い。

DSCN0959.JPG

見た目は良さ気ですが、外しました。
1時間で3匹。

シモに移動します。
こちらでは、ほどほどに掛かって1時間半で12匹。

昼食休憩を挟んで3ヶ所目。

こちらも外しました。
1時間半で6匹。

間もなく15時。
さあ、どうしよう?

ということで、4ヶ所目はメジャーポイント。

時間帯が良かったのでしょう。
白泡が立っているザラ瀬でまあまあペースで野アユの反応が返ってきます。

気がついたのは、オトリに尻尾を振らせるべきということ。
当然、引きすぎてはいけません。

試しにオモリを外してみます。
オトリがかなり早いスピードで沖に出ていくと、目の前2mでアユが掛かります。
送り出しのスピードそのままに掛かりアユがシモに走っていき、シモに伸され慌てる瞬間もありました。

今度は重めの1.5号タマを装着。
竿を立て、オトリが動き過ぎないように泳がせます。

すると、ちょっとの間をおき目印がバキューン!

ラスト1時間は、至福の時間帯でした。

特別入れ掛かりだったわけでもないですが、自分の持てる技術を駆使しアユを掛けた満足感がありました。

DSCN0962.JPG

ラスト4ヶ所目は14匹。

一日合計35匹と、特別釣れたわけではありませんが、終わりよければ全て良し!
そんな一日だったと思います。

それにしても、雨が欲しい。
その一言に尽きる小国川でありました。


竿:銀影競技SL80J(SMTソリッド仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35〜0.4号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 21:25| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。