2018年06月11日

渇水の那珂川へ

6月9日

解禁から2回目の週末を迎えた那珂川ですが、渇水は相変わらず。
アユの追いが良いわけもありませんが、他に鬼怒川くらいしか選択肢がありませんので、自分の嗜好からいうと那珂川以外の川はあり得ません。

もっとも、渇水時の狙いは水通しの良い場所と相場が決まっています。
必然的に、前回のような早瀬・急瀬を狙うことになります。

前夜に3チラと相談し、お互いの狙いが一致(笑)
中流部の某橋下の瀬に8時に到着。

早速オトリを泳がせるも、瀬頭で2回ケラレた以外は異常ナシ。
しかも、瀬を下るに従ってアオノロの濃度が増し、やる気が減退。

瀬の真ん中からヘチを向き、ドチャラを狙ったところ、ようやく目印が飛びました。
12pでしたが・・・。

このアユをオトリに再びドチャラを狙うと10p・・・。

こんな稚アユを釣ってもいじめにしかなりませんので、狙いを変えます。
3チラさんとともにアオノロにウンザリしながらも、狙いは瀬の中しかないことで意見は一致。

私は様子見のため、2つカミのトロ瀬に向かいます。
で、こちらでなぜか2匹ゲット。

一つシモの瀬に下って1匹追加。

ここでようやく本命の瀬に入ります。

DSCN0909.JPG

珍しくも3チラさんと対面同士で竿を出します。

お互いに飽きないレベルで竿を曲げ、一通り釣り切ったカンジ。
私はこの時点で12匹でした。

ここで下流に車移動。
茂木地区への入川は10年振り?というくらい久しぶりのこと。

一面のアオノロ地獄にガッカリですが、これだけの瀬で誰もいないシチュエーションは及第点。
期待せずに竿を出したわけですが、流心ではやはり飽きない程度に良型が竿を曲げてくれます。

こちらでは11匹ゲット。

3ヶ所目。
時刻は15時半を回っています。

広大なトロ瀬の向こう、左岸側に白泡が立つ分流ができています。
本能的にこの分流に向かい、オトリを出しました。

すると、イイ感じで竿が曲がります。
しかも、18p以上の良型ばかり。

意外な展開に気分上々!

一通り釣った後、期待せずにアオノロだらけの段々の中にオトリを入れてみます。

オトリが石裏の白泡の中に入った途端、野アユがジャンプ!
こんな光景が繰り返されました。
あれだけのアオノロ絨毯の中でもアユが釣れるとは、正直驚きました。

で、この日の釣りは17時半に終了。
3ヶ所目は13匹と、一日合計36匹。
思ったよりも楽しめたという印象です。

この日の夜は、久しぶりの3チラ亭で飲み語りました。
けっこう飲んだような?
気がつくと、窓は全開、布団をかぶらず突っ伏した状態。
寒さで目覚めたのですが、風邪をひかなかったのが不幸中の幸いです(汗)


6月10日

2日目は雨模様。
前日と大きく異なり肌寒い。
最高気温は18度とか。

こんな時、独りでは簡単に心が折れてしまいます。
チョイと考え、あっくんと合流することに。

カミのマスターズエリア下流部に到着したのは9時半のこと。

雨が本降りにならないうちに着替えて釣りを開始しました。

こちらでも流れが通った瀬の付近を狙います。
とはいえ、川の中央付近からの反応はなく、左岸のヘチまで探って1匹目。

こうなると、パターンは決まってきます。
私的には追い込み釣行。
徹底的にヘチを狙います。

昼食までにツが抜けたかどうか微妙なところ。

楽しい昼食を挟み、寒さで限界になるまで頑張ってみました。

DSCN0913.JPG

この日、実釣4時間で16匹。
この悪条件下では型に贅沢は言えません。
友釣りが成立したことに満足すべきでしょう。

そんなわけで、次回のポイントに悩む日々が続いているところです。


竿:銀影競技SL80J
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム5.5号4本イカリ・同6.5号4本イカリ
posted by KIKU at 21:30| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。