2018年06月04日

2018アユシーズン開幕!

6月2日

ついに私のアユシーズンが始まりました!

もちろん、那珂川水系で初竿出しとなるわけですが、解禁日情報はかなり微妙。
それに加え、那珂川は初めてという山形のS氏が一緒です。

色々と塾考、さらには見た回った末、辿り着いたは支流の箒川。
正直言って、下見を重ねるうちに我慢ができなくなって準備を始めたという状況でした。

釣り開始は8時頃。

それなりに長い瀬に立ったわけですが、どうにもアユの気配に乏しいカンジ。
事実、開始30分間、ウンともスンとも言いません。

S氏が近寄ってきたので、思わず「別の場所に移動します?」なんて言いました。

が、なぜかその発言の瞬間にグルグルきちゃいました(笑)

シーズン1匹目は16pと納得のサイズ。

当然、場所移動発言は取り消しとなり、そのまま釣り続行。
不思議なもので、その気になるとアユがヒラを打つ姿や跳ねが見えたりオトリの異常な動きを感じます。

とはいえ、その後追加はできず、次の展開を考える状況になりました。

瀬をシモに下ります。

如何にもという瀬のタナがありましたが、手前に2人竿を出しています。
しばしの間、周囲を見て回っていると、その2人が移動しました。

早速のそのタナ、4畳半ほどのスペースにオトリを出してみます。

そこから怒涛の展開を迎えます。

なぜかその4畳半のポイントだけアユが固まっていました。

入れ掛かりが続くこと1時間半。
なんと11時過ぎまでに32匹をゲット!

気分よく昼食休憩となりました。

そして数qほど車移動。

午後はチャラっぽいザラ瀬を狙います。

午前中からそうなのですが、この際型は問いません。
小振りというよりは小さなアユが絡んでくるカンジ。

竿2本の範囲をしつこく攻めて15時半に初日が終了。

午後は12匹追加の一日合計44匹。

DSCN0874.JPG

伝え聞こえてくる壊滅的釣果の噂の中、上々のシーズン滑り出しとなりました。


6月3日

前夜、鮎中毒のメンバーと飲んで食べて語りました。
これがあってこそのアユシーズン。

当然、翌日はのんびりスタート。
とはいえ、早朝からワイワイやっているので、8時開始でものんびりした感覚です(笑)

最初は放浪の旅でした。

もはやネタ切れで、みんなが居るテント前の急瀬〜深瀬で竿を出してみます。

すると、陸の上から竿を出しているバイアさんが連チャンです!

一方、対面にいる私には数度のケラレがあっただけでまともに掛かる気配がありません。

試しに、ハリの号数をアップしてみます。
不思議なもので、これだけの工夫でアユが掛かるようになりました。

あとはかなり押しの強い流れにオトリを沈めることができるか否かの問題。
しばらくの間、1号タマで釣っていましたが、これを1.5号に替えたところ、オトリの安定感が増しました。

ということで、お昼休憩までに12匹をカウント。

楽しい昼食休憩の後、13時に午後の部を再開します。

ここから入れ掛かりになりました。
サイズも良くなり、時折17〜18pが混じります。

周囲と比べてペースが良い理由は、オトリの泳がせ方の問題でしょう。
私は時折根掛かりしましたが、他の人は根掛かりどころかオトリが浮いていましたから。

ということで、15時までに22匹追加。

テン場を撤収の後、さらに欲を出してみます。
急瀬の流心にオトリを入れてみました。

あっという間に目印がブっ飛びます!
竿を立てて絞りますが、風が強くてよく分かりません。

そうこうするうち、掛かりアユが一気にシモに下り、竿を伸されて0.35号の付糸がプッツン・・・。
その後、ケラレてばかりで不思議に思い、オトリを回収してみれば、6.5号のハリが伸びていました。

ここで冷静にハリ交換。
7号にアップします。

怒涛の急瀬の流心近くに立ち込み、オトリを入れると間髪入れずに野アユの反応。
竿にガガガッ!の感触が伝わった瞬間、竿を絞って一気に掛かりアユを引っこ抜く!
そんなイメージの釣りを展開しました。

1528115451729.jpg
(画像はバイアさん撮影)

もはや、最盛期の釣り!
これぞアユ釣り!瀬釣りです!

小一時間、半年以上の思いを晴らすべく、瀬に立ち続けました。

アタリに対する取り込み率は7割程度だったでしょうか。

17時過ぎまでに8匹ゲットし、計42匹でこの日の釣りを終了。

DSCN0876.JPG

アユの型以外のシチュエーションは、ほぼ満足いく展開。
この時期にこの釣りですから、これ以上贅沢言ってはバチが当たりそう。

今のところ、不調が伝えられている那珂川ですが、やりようによっては十分に楽しめることがよく分かった2日間となりました。


竿:銀影競技SL80J
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号〜0.35号
ハリ:ミニマム5.5号4本イカリ(初日)・同6.5号4本イカリ(2日目)・パワーミニマム7号3本イカリ(怒涛の急瀬)
posted by KIKU at 22:22| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始まったな。
kikuさんの夏。
楽しそうだね。
こちらはもちっと楽しくなりたい。(-_-;)
Posted by J at 2018年06月07日 09:24
Jさん、どうもです。

釣れていれば楽しいですが、そこに辿り着くまでの過程は苦しいです。
それと、釣れたら釣れたで欲が出ます。

本当に満足できるようになるのは、あと1ヶ月以上先のことでしょうね(苦笑)
Posted by KIKU at 2018年06月07日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。