2018年05月15日

再び下北半島へ

ちょうど仕事がひと段落つき、週末は連休になりました。
太平洋はナギ予報。
時期的に前回魚っ気に乏しかった地域が狙い目になるはず。

これらを考えると、いてもたってもいられず、6時間かけて下北半島に向かったわけです。

5月12日

わずか1時間半の睡眠時間でしたが、3時に目覚め、3時半過ぎにはポイントに立っていました。

暗い時間に効果抜群と信じているドピンクの岡ジグをキャストすること数投目。
残り15mの距離でリーリングが止まりました。

一瞬、魚が首を振る感触が伝わりましたが、あっという間に軽くなってしまいました。
明らかに、心の準備が足りずにアワセきれなかったパターンです。

それでも、開始早々のバイトに希望が繋がります。

追い風に乗せて100m以上のフルキャスト。
手前まで丁寧にリーリングし、5歩ほど動いてまたキャスト。

これの繰り返しです。

今立っているサーフは、さほど有名な場所ではないはずですが、遥か彼方に2人ほど釣り人が立っています。
移動しながらの釣りですから、当然、何時間も移動していれば、他の釣り人に近づいていきます。

そして、その釣り人のロッドが曲がりました。
30秒ほどかかって陸にひきずり上げたのは、2s半ほどのアベレージサイズのサクラマス。

へぇ、こんな場所で掛かるんだ!
と、新たなポイントを発見した気分です。

とはいえ、すぐそばに割り込むわけにもいかず、参考程度に考えておきます。

当然、モチベーションは維持されていますが、既に7時を回ろうとしています。

地形的に目ぼしい範囲を叩き終わり、元の場所に戻ることにしました。

ここからが釣りの不思議なところ。

なんと、敗色濃厚になったこの時間、釣りを開始した付近でガツンときました!
サイズ的にはさほどでもなく、余裕でランディング。

DSCN0847.JPG

37pと、サクラマスと言い難いサイズとはいえ、何時間もキャストを続けた末のヒットに気を良くします。

結果、集中力が継続し、結局9時過ぎまでキャストを続けていたのでした。


さてさて、休憩の後、14時すぎより午後の部を開始します。

この日既に1本取っているので、チョイと新たな展開を求めてみました。

もはや何年振りか忘れているモンリミに65gのジグをセットし、超大遠投仕様で挑むことにします。

そして、キャスト地点に辿り着いた途端、サクラマスが連続ジャンプ!!
こんなシーンを目の当たりにし、渾身のフルキャストが始まったのでした。

なんせ、島牧ウミアメ赤灯の元祖ヘビータックルです。
追い風に乗って、毎キャスト120〜130mの飛距離が出ます。
これだけの距離となると、1枚目の波立ちより奥にジグが着水してくれます。
日中ゆえ、沖合を中心に回遊している魚たちの目の前にジグが届いているはず。

その目論見がハマりました!

おおよそ100m地点でガツンときました!
距離があるので、アワセがばっちり決まりました。

午前の魚よりも明らかに重量感を感じます。

丁寧に丁寧に寄せてきました。

DSCN0852.JPG

今度は47p。
なんとか納得できるサイズが出てくれました!

今日の釣りはこれで十分満足できます。

が、釣りとは不思議なもので、こういう時に限って3度目のアタリがやってきました。

DSCN0857.JPG

今度は、これもまた久しぶりのウミアメです。
これはこれでサイズに関係なく嬉しい1本。

けっきょく、18時までキャストを続け、心地よい疲労感を得て納竿となりました。

その後、温泉に浸かり、翌日に備えて21時には就寝です。


5月13日

明けて2日目。

この日も3時に起床し、3時半にポイントに立ちました。

しかし、期待に反し、全く雰囲気がありません。

それでも、すっかり太陽が昇った5時半過ぎにサクラマスが連続ジャンプ!

ミノーやらジグやらをとっかえひっかえキャストしますが反応ナシ。

実は前日、浜で見かけた他の釣り人全員がサクラマスをゲットしていました。
が、この日は逆に誰もが敗北状態。

お約束の、昨日は良かったというパターンで2日目の釣りが終了。

DSCN0866.JPG

とはいえ、サクラマスシーズンの締めくくりとしては満足いく結果に、帰りの6時間の運転も苦にならなかったのでした。


(タックルその1)
ロッド:モアザンブランジーノ117MMH
リール:旧型ステラSW4000H
ライン:PE1.5号+リーダー25lb
ヒットジグ:いつものP-boyジグ45g黒(だけど実測53g)

(タックルその2)
ロッド:カーディフモンスターリミテッド110P
リール:セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:PE1.2号+スペーサーPE4号+リーダー37lb
ヒットジグ:さらにいつものP-boyジグ65g黒、ウミアメは同じくグリーンゴールド
posted by KIKU at 22:05| Comment(2) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
終わり良ければ総て良しです。(o^―^o)ニコ
Posted by J at 2018年05月21日 23:10
Jさん、どうもです。

まさにその通りですね。
ただ、船よりも陸っパリの方が効率よく釣れたというのがなんともです(汗)
Posted by KIKU at 2018年05月22日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。