2018年03月19日

サクラマスジギング初戦

3月17日

解禁直後、大船渡沖のサクラマスジギングは絶好調!
慌てて予約を入れた前週は、時化により出船中止。
この時化が納まった途端、食いが渋くなってしまいました。

とはいえ、個人的にはシーズン初出撃!
期待に胸を膨らませ、出船となったのでした。

お世話になったのは、いつもの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/

1521465187463.jpg

出港から15分、早速ジグを投入し、シャクリ始めます。

水面下60mにまでジグを落とし込み、最初は早めにワンピッチ。
45m付近からは緩急つけたワンピッチやら1/2ピッチ、時には2ピッチと様々にアクションを加えます。
ロッドの高さを変えてジグを飛ばしたり飛ばさなかったり、シャクリのリズムやら力加減を変えてみたり。

こんな時間が続きました。

しばしの間、サクラマスからの反応は皆無。
この釣りではおなじみの外道となるマダラの食いも渋いようです。

いつのまにやら数時間が経過。
10時を回る頃には、船中いや〜なムードが漂い始めます。

船は移動を繰り返し、おそらくはこの周辺が最後だろうという地点にまで来てしまいました。

既に11時を回っています。

ところが、ここで急展開!

スパイ使いのS氏に待望のヒット!
なにやら、かなり浅いタナでヒットしたとの声が聞こえてきました。

さらに、私の左隣の方がアタッた!!と叫びます。

直後、私のロッドにドスンという感触!

水深30m付近でのヒットです。
浅いタナでも意識して丁寧に探っていたのが功を奏しました!

1521465254812.jpg

シーズン初物だけに若干緊張しましたが、無事取り込みに成功。

40pあるなしの超小型ですが、5時間以上辛抱した末の釣果だけに嬉しさ倍増でした。

その後、続けざまにヒットが続き、船中4本にて午前船が終了しました。

1521465249128.jpg

時合の中での帰港なだけに、なんとなく後ろ髪が引かれる思いです。

ここで、H氏より悪魔のささやきが・・・
午後船は残り1枠あるとのこと。
急遽、午後も乗ることにしました(笑)

・・・

中略

・・・

で、午後の部はマスどころか外道も含め、ほぼ異常ナシ。

全く打つ手なしの状態に、打ちひしがれたまま、この日通算11時間超のジギングが終了しました。


3月18日

で、これでは終わりません。

2日目もあるのです。

1521465252071.jpg

前日と異なり、この日はタラの食いが良い様子。
これまで経験上、外道の活性が高い時にはサクラマスの食いも良いような気がしています。

さらに言えば、前日の時合は11時から。

こんな思いがあるので、サクラマスからの反応が船中誰一人なくても、集中力を維持してシャクリ続けました。

船は移動を繰り返します。

船長がいうには、ベイトの反応は前日よりも良いとのこと。

11時を回りました。
いつ誰にヒットがあってもおかしくありません。

水深30m付近でアタリのような感触を得ました。

さらに集中力を高めます。
ひたすらシャクリます。

12時を回りました。
納竿です。

なんと船中ノーヒット!

まあ、こんな日もあるでしょう。
本当にサクラマスは分かりません。

とはいえ、自分的には心行くまでシャクリ倒すことができたので、充実した2日間でした。
次回こそはきっと!ということにしておきます。


ロッド:ホライズンProgressive HPG66B-ML
リール:ソルティガBJ200SHL
ライン:PE1号+フロロリーダー16LB
ヒットジグ:ナマラジグST100g(レインボー系)
posted by KIKU at 22:58| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。