2017年12月11日

初冬の山形サーフ

12月10日

ここ数年、足が遠ざかっていたのが秋から冬にかけての山形サーフ。
前日予約していたジギングが中止になったこともあり、久しぶりに足を延ばしてみました。

キャスト開始はまだ真っ暗な5時半前。
前日、明るい時間に下見をしていましたので、ポイント的な迷いはほとんどありません。

しかし、開始から30分経過しても、ウンともスンとも言いません。

しかも、最盛期にはズラリと人が並ぶのが当たり前の土地柄なのですが、見える範囲で私含めわずかに3人。

不安を感じつつも、移動しながらのキャストを繰り返します。

そして、ふと思い、ジグを交換しながら釣りを開始した付近に戻りました。

そこでの1投目のこと。

キャスト後、糸ふけをとった時にはもうヒットしていました!
着水ヒットとは、サーフジギングならでは醍醐味です!

アワセをくれてやると、若干ラインがひきずり出されました。
重量感から言っても、けっこうなサイズのようです。

寄せるときには寄せ、耐えるときには耐えのやり取りを繰り返し、波打ち際に上がってきたシーバスは78pありました。

DSCN0776.JPG

正直、さほど期待していなかっただけに嬉しい1本です!

気を良くし、キャストを再開します。

そして10分後。
今度は残り30m付近でガツンと来ました。

首を振る感触から言って、さほどのサイズとは思えません。

強引に寄せ、一気にランディング。

DSCN0779.JPG

この日2本目は65pでした。

その後、気がつけば9時を回っています。
空腹を感じ、車に戻って一休み。

これで竿を畳むのは早過ぎます。

DSCN0787.JPG

数百m先のヘッドランドまで歩いていき、そこからキャストしながら戻ってくることにしました。

確か再開後の3投目のこと。

70〜80m沖のサラシの奥までキャストします。
すかさずリーリングを開始しますが、どう見ても浅すぎます。

しかし、こんな場所でガツンと来ました。
すかさずアワセましたが、波に揉まれて瞬時に軽くなってしまいます。

首を傾げながらリールを巻くと、やっぱり何かが掛かっています。
しかも、それなりに重量感があります。
さらに波打ち際付近でへばりつく様な感触。

寄せ波を利用し、無事にランディングに成功!

DSCN0785.JPG

1本目には及びませんでしたが、70p以上はある立派なシーバスでした。

で、この日はこれでは終わりません。

なんと再開後の1投目でまたまたヒットです(笑)

もう笑いが止まりません。
既に3本上げていますので、全てに余裕があります。

全く危なげなく4本目をゲットしました!

これだけヒットする状況であると、集中力が続きます。

全く飽きることなくキャストを続行し、予定通りに11時半に撤収しました。

実は、秋冬の山形サーフでシーバスをゲットしたのは実に7年ぶりのこと。
それなりの回数を通っていたにも関わらず、最近は釣れる気すらしなくなっていたのですが、釣れるときにはこんなもの。
久しぶりにこの釣りに自信が湧いてきました(笑)

DSCN0790.JPG

ロッド:ブランジーノ117MH
ライン:PE1.5号+リーダー25lb
ヒットルアー:P-boyジグバーチカル45g(ピンクとブラックで各2本)
posted by KIKU at 21:53| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。