2017年10月10日

シーズンラストも釣りは最盛期

ついにこの日がやって来てしまいました。
この3連休の釣りで私の2017アユシーズンは閉幕しました。

通常、この時期の釣りはアユの腹に子が入ることから、大人しい流れが狙いになるはずなのですが、そのパターンは嬉しい意味で崩れました。

最後の最後まで奔流を堪能できただなんて、那珂川とアユに感謝です!


10月7日

前夜からの雨は、午前中まで残りました。
この時期の雨は、アユ釣りには辛いのです。

ということで、自宅を出発したのは7時過ぎ。
那珂川に到着したのは10時半頃でしたが、3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chira
とともに竿を出し始めた時には14時を回っていました。

ふと見ると、3チラさんは速攻で1匹目をキャッチしています。

こりゃ釣れるのか?
そう思いながら釣りを開始しますが、野アユの反応がありません。

徐々に釣り下ります。

けっきょく、この日の1匹目をゲットするまでに15分ほど費やしてしまいました。

で、その後も芳しくありません。

こりゃ困った!
そう思い、入川点前のヘチの石色が良かったことを思い出し、後ろを向いてヘチ際ギリギリを狙ってみます。

すると、間髪入れずに目印がフっ飛びました!
次もあっという間にヒットです!

これでピーンと来ました。

以降は、徹底してヘチを攻めます。
目の前をかなりの数のアユがギラギラと石をハンでいます。

飽きないペースで夕暮れまで釣れ続き、17時4分にラスト1匹をゲットし、この日は終了しました。

結果、実釣3時間未満で16匹と、良いペース。
ということで、初日にしてかなり満足。
翌日のことを考える必要もない心境(笑)

この日の夜は、鮎中毒の仲間みんなと納会という名の酒飲み。
けっこう遅い時間まで語りあっていたのでした。


10月8日

当然、2日目は余裕をもって目覚めます。
仲間とわいわい言いながら朝食をとります。

もちろん、釣り開始は遅い時間。

川を切り、対岸の瀬肩に立ったのは10時過ぎのことでした。

1507636422295.jpg

最初1匹目はすぐにゲット。

ところが、以降がなかなか続きません。
開始1時間ほどケラレやバラシが続き、アタリに対するゲット率は3割程度だったと思います。

どうやら、軽い針が合っていないカンジ。
思い切って、キープ7.5号にチェンジしました。

そしてようやくペースをつかみます。

1507636439082.jpg

股上まで瀬に浸かって踏ん張ります。
瀬の波立ちにオトリを送り込んだ瞬間、ロッドがひん曲がります。
思い切って竿を絞ると、飛んで来るアユは23p超!

こんなシーンが連続しました。
これを対面で見ていたturikenさんとMJさんは満足してくれたと思います。

午前の部は、24p超混じりで13匹と、効率の良い釣りでした。

そして午後は、午前中の対岸を狙います。

護岸の上に立ち、水深2mほどの絞り込みにオトリを沈めます。

上手いことオトリが落ち着く場所では、この日最大クラスが追ってくるのですが、なにしろ絞り込みの流れです。
掛かりアユを浮かせてから止める場所がありません。
1匹掛かる都度、竿2本ほど付いて下り、またカミに戻って釣り開始。

体力と手間暇を要しますが、釣りを楽しむという意味では満足度が大きい展開です。

DSCN0733.JPG

けっきょく、午後の釣りも13匹。

一日合計26匹にて、2日目が終了しました。


10月9日

ついに2017シーズン最終日を迎えました。

前週と同じ瀬に立つことにしました。

DSCN0739.JPG

この日も、この時期にしては絶好のアユ釣り日和。
夏を満喫したい釣り人がそこいらじゅうにあふれています。

で、シチュエーションは文句ナシであるものの、やはり最初は苦しみました。

前日同様、とにかくケラレやバラシが多過ぎです。

首を傾げながら、どんどん釣り下ります。

DSCN0736.JPG

これ以上下るのは、ちょっとコワイ流れになってきました。

ところが、ここからの流れがパラダイス。
明らかに竿抜けになっていました。

この流れですから、掛かりアユはオスメス関係なしに元気いっぱい!
メガトルクを遠慮なしに曲げないと、1歩も動かずに抜くことはできません。
シモに流して、なんてやっていると、ほとんど取れずに終わってしまいます。

3チラさんには遠く及びませんが、私なりに速攻で良型を抜く!という展開となりました。

DSCN0737.JPG

今度は右岸を向きます。

こちらでの1匹目が強烈でした。
掛かってもほとんど動かず、アタリに気づかなかったのが致命的でしたが、
竿を立てた瞬間、一気にシモに持っていかれます。

下ったところで一本瀬。
アユが止まる場所がありません。

掛かりアユは徐々に下ります。

しゃがんで踏ん張りますが、それでも抜けません。

けっきょくはバラシました。
が、ハリが折れてのバラシでした。

以降、今シーズン初めて8号のイカリを使用し、取り込み率8割くらいを維持できたと思います。

DSCN0744.JPG

黒いアユもいましたが、こんな真っ黄色のアユが未だにいるとは嬉しい限りでした。

私を気遣ってやってきた3チラさんとの昼食を挟み、15時に納竿。

1507635169883.jpg

やはり最大24p強といったところ。

DSCN0747.JPG

しかし、28匹でこのボリュームに十分満足。

思い残すことなく、2017シーズンを締めくくることができました。

DSCN0748.JPG

思い返せば、今シーズンは最初から瀬釣りを堪能。
瀬に始まり瀬に終わるという私好みの展開になったシーズンだったと思います。


竿:メガトルクU急瀬抜95(ノーマル穂先)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.0号・7.5号・8.0号いずれも3本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
今年も楽しい釣りで締めくくれた、鮎シーズンで何より。

私は絶不調を脱したいと、もう少し足掻いてみます。(__;)
Posted by J at 2017年10月14日 07:22
Jさん、どうもです。

そういうことで、楽しみました。

でも、その分だけ道具を片付けていると寂しさを感じます。
Posted by KIKU at 2017年10月14日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。