2017年10月02日

終盤の那珂川を満喫!

この時期になると、釣りが成立する河川が限定されてきます。
私にとっては、那珂川通いが復活する時期なのです。
ということで、シーズン終盤の那珂川で遊んできました。


9月30日

この時期はポイントが日替わりで、様々な情報が飛び交います。
ハッキリ言って、その日の情報以外は当てになりません。

自分のカンで選んだ瀬に立ち込み始めたのは10時過ぎ。

開始後しばらくは、野アユの反応がありません。
15分ほど経過し、ようやく1匹目を掛けますが、なんと底バレ。

掛かるアユが居ることにホっとしますが、バレるということは追いが悪いのでしょうから、プレッシャーになります。

それから更に15分ほど経ち、2度目の当たりを得、抜いたもののキャッチミス。
しかも、付糸が切れて掛かりアユどころかオトリまで失ってしまいました・・・。

とはいえ、那珂川です。
1,000円でオトリを3匹買っていますので、残り2匹とまだ余裕。

苦労しましたが、釣り開始1時間後にはプラスマイナス0に戻すことができました。

が、その次に掛かったアユがデカかった!

目印がカミに走り、竿を立てたところ、今度は沖に向かいます。
グラスリを絞りますが、その場で抜けそうもありません。
だましだまし岸に向かいながら竿3本ほど下ったところで掛かりアユが止まり、なんとか抜き上げます。

ホンの一瞬、掛かりアユが見えました。

明らかにデカい!
体高が半端じゃありません。
おそらくは25〜26pといったカンジで、今シーズン一番のサイズです。

そう思った瞬間、付糸が切れました。
バラしたのが悔しいのはもちろん、再びの1アンダーにガッカリです(涙)

未使用のオトリは残り1匹。
ちょっとヤバイ展開です。

ここで、なりふり構わず、背後の分流を目指しました。

なんとかプラス釣果になったのは、11時半過ぎのこと。
13時の昼食休憩時点でプラス9匹になっていたのは、けっこう頑張った部類かもしれません。

そして午後、竿をSLに取り換え、最初から分流に入りました。
この分流を一通り釣り、あとは本流をチョボチョボといった釣り。

午後の部は16匹ゲットし、合計25匹の一日でしたが、なんだか微妙な釣りの一日でした。


10月1日

10月最初の釣りは、支流合流点上流部の中〜下流部有名ポイント。

DSCN0723.JPG

肌寒い気温ではありますが、気持ち良い天気に心が躍ります。

この日は最初、SLを使用していましたが、3匹釣った時点で竿を交換しました。

20171001213858.jpg
(画像はバイアさん撮影)

なんせ3匹中2匹が23pクラス。
急瀬の核心部でこのサイズが掛かると、仕掛けどころか竿も持ちません。

竿と仕掛けの強度を2ランクアップし、以降の釣りは余裕をもった展開となりました。

DSCN0722.JPG

那珂川ならではの押しの強い急瀬に股上まで経ち込み、ベタ竿でオトリを引いていると、ガガガ!の感触の一瞬の後に、メガトルクがひん曲がります!

本筋の急瀬でアタリが止まれば、反対側を向いて岸寄りの筋に溜まっているであろうアユを狙います。

20171001213812.jpg
(画像はワンさま撮影)

こんな釣りを交互に繰り返しました。

結果、午前の部は良型揃いで21匹。

前日とは全く異なる好展開に気を良くします。

ところが、そうそう上手くいかないのが那珂川です。

場所移動後の午後の部は、わずかに5匹。

しかし、怒涛の急瀬の瀬肩で限界にチャレンジしての5匹なのです。
一日合計26匹と、前日より1匹多いだけなのですが、満足感は遥かに上。

大河川での限界の立ち込み、良型揃いと、単なる数釣りでは味わうことのできないシチュエーション。
さらには川で一緒になった宮ちゃん、バイアさん、3チラさん、ワンさま、ドン玉親分との語らいに満足の週末でした。


(ひ弱タックル)
竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ

(無理が効くタックル)
竿:銀影競技メガトルク急瀬95
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.0号3本イカリ
posted by KIKU at 21:52| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。