2017年09月18日

シーズン最後?の小国川

台風18号が接近予定ということで、神通川行きの予定を取り止め、小国川に行ってきました。


9月16日

とにかく台風が来る前に満足できる釣果を得たい!
その思いで、寒い寒い言いながらも7時半に釣りを開始します。

が、予想以上に水位が高く、最初のポイントでは1匹目を釣るにはハードルが高い。
けっきょく、1回底バレしただけで、シモの瀬肩に移動します。

1匹目を取るまで30分ほど要したわけですが、なんとかオトリが替わりました。

以降、順調に掛かるはずが、どうにも渋い!
おそらくは17〜18度という気温が影響しているようなカンジ。

ところが、日が高くなってもペースが上がりません。

DSCN0703.JPG

水温だけの問題なのか?
もっと他に原因があるような気がしてなりません。

けっきょく、お昼までに19匹。
今年の小国川では貧果の部類です。

昼食の後、車移動を決意しました。
しかも、思い切って初めて入るポイントを選びます。

様子見も兼ね、最初に車から5分以上歩く瀬に入りました。

たまたま同時に入って来た知り合いに場所を譲ってもらいましたが、こちらも芳しくありません。
わずか2匹でこの瀬から退散。

仕方なしに車の目の前の瀬に入ります。
こちらも駄目。
アユの追い気も感じません。

既に15時。
さあ、困った・・・。

それまで、川の中央に立って右岸の本流筋を狙っていましたが、
左岸に渡って分流のドチャラにオトリを入れてみました。

ここでたまたま掛かった1匹が、黄色くて型もまあまあ。
おや?と思い、このチャラを丁寧に探ってみます。

ここから一気に展開が変わりました。

なんと怒涛の入れ掛かり!
夕暮れが迫るにつれて、どんどん追いが良くなっていきます。
しかも、ヘチ際に行けば行くほど激しい追い!

17時を回っても掛かるペースが落ちる気配がありません。
アユが掛かるとバシャリの水しぶきの連続!

日が陰って私自身は寒くて仕方ないのですが、熱い釣り(笑)
午後の部は40匹ということは、このチャラでラスト2時間38匹!

1505730481526.jpg

終わり良ければ総て良しの小国川初日59匹でした。


9月17日

2日目は台風襲来が確実です。
朝から強風が吹き、場所を吟味しないと短時間の釣りで終わってしまいそう。

DSCN0696.JPG

そんな考えのもとに、こんな場所を選択しました。

DSCN0695.JPG

この日は、前日の教訓をもとに、最初からヘチ際やチャラを狙います。

DSCN0698.JPG

イメージとしては、底石1個1個が作り出す流れのヨレを1ヶ所ずつ狙っていく感じ。

正午までに、車のカミ100mほどの区間を丁寧に探りました。
結果は31匹と、前日とは雲泥の差。

午後は車のシモの区間を同じように釣り下っていきます。

15時頃には、このポイントを一通り探り終わりました。

ボチボチ雨が降り出してきています。
なんとなく風も強くなってきました。

ここで、再度カミに上がります。

朝イチで探り切れていないであろうチャラ瀬を狙ってみます。

既に光量は落ち、夕方の様相。

そして、またもヘチ際の入れ掛かりが始まりました。

DSCN0705.JPG

既に大粒の雨が落ちているのですが、アユには関係ないようです。
(カメラも曇って・・・)

しかし、釣っている側は全身ずぶ濡れ。
手はかじかみ、震えが生じます。

ラスト30分で、10匹以上掛けたようで、午後の部は28匹をカウントしました。

DSCN0709.JPG

ただ、2日連続でなぜか59匹というのは笑えました。
というか一人で笑っていました。

この日の小国川で16時過ぎまで川に立っていた釣り人はそうはいないはず。
そんな変な自己満足の下で、今シーズン最後になるであろう東北の釣りを終えたのでした。


竿:銀影競技SL80-J(SMTチューブラー穂先)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号(ちょいとゴツ過ぎ)
ハリ:スピード6.5〜7.0号4本イカリ
posted by KIKU at 20:26| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。