2017年09月11日

好調の小国川へ

今現在、東北で唯一といって過言ではないくらい好調なのが小国川。
小国川に行くのは1ヶ月ぶりでした。
今回は1回も写真撮影していないこともあり、結果を手短にまとめます。


9月9日

ここに車を止めれば、車移動なしで一日過ごせるはず。
そんな場所で、まずは車の下流側の瀬でなんと7時に釣り開始。

で、けっきょくは小国川。
朝イチだとかそんなことに関係なく、瀬の強い流れで良いペース。

ただし、1ヶ月前よりも一回り小振りなことに首を傾げるしかありません。
前日に名人級がさらったか、もしくは網が入りまくりのどちらかでしょう。

あまり釣った気がしないままに昼食休憩を迎え、カウントすると47匹。

午後の部は車の上流側の瀬を瀬肩から釣り下ります。

こちらは1匹目から期待通りの型!
強い流れとボサの下を集中的に狙い、気がつくと17時半(汗)

42匹追加の計89匹でした。


竿:銀影競技SL80-J(午前はカーボンチューブラー穂先、午後はSMTソリッド穂先)
水中糸:Mステージ0.07号+付糸0.35号
ハリ:パワーミニマム7号3本イカリ


9月10日

この日はちゃっか屋の大会に参戦しました。

8時半に釣り開始。
最初に一ノ関の電線付近に入りますが、予想よりも弱い流れの押しに違和感ありまくり。
20分ほどで3匹掛けますが、移動を決意。

ところが、好調で日曜日の小国川の大会です。
あまりの人混みに、移動がままなりません。

人の隙間を縫って竿を出し、数匹追加した時点でさらにシモへ。
ここの長い瀬を行ったり来たりし、ラスト1時間でカミ半分の水深がある平瀬に落ち着きます。

12時に終了し、検量結果はオトリ2匹込みの26匹。
途中の状況を考えれば、これで6位は上出来です。
ちなみに1位は36匹、2位は31匹、3位は29匹と、絶好調河川ならではの結果でした。

バーベキュー付きの表彰式を終え、物足りなさを晴らすべく、午後の釣りに突入です。

今シーズン初めての場所で15時より釣り開始。
予感通り、車の目の前の早瀬で目印がバキューン!で17時までに22匹ゲット。

大会付きの釣りだったにも関わらず、一日合計46匹の釣果は上出来の部類と思います。

そんなことで、自分的には大記録が迫ってきました。


(午前の大会)
竿:銀影競技SL80-J(SMTチューブラー穂先)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:スピード6.5号4本イカリ

(午後の釣り)
タックルは前日と同じ
posted by KIKU at 19:57| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。