2017年07月31日

金アユを求めて!

先日の雨で、近県のほとんどの河川がアカ飛び。
アカが残っている地域の多くが雨予報。

こんなとき、諦めたくなければ、より遠くを目指すことになります。
たまたま、天気予報で青森県に晴れマークがついていることに気づいたことから、今回は思い切って赤石川に足を延ばすことに決定しました。

1501505582189.jpg

7月29日

1501505576593.jpg

前夜、燃費計が考えうる最高レベルに達したことに満足の往路。
片道6時間近くかかったことは気にしないことにします。

浪岡IC出口の駐車場で5時過ぎに目覚め、川に到着したのは7時過ぎ。

日釣り券を購入し、早速釣りを開始します。

1501505615470.jpg

1匹目はすぐに釣れました。

が、どうにもしっくりきません。

お昼時点で28匹をカウントしたのですが、違和感ばかり。

なんせ、いつもやっているベタ竿の引き釣りができないのです。
瀬であろうと、底流れが弱く、オトリがストンと沈みます。
必然的に立て竿によるオトリ操作となるのですが、泳がれ釣りでは納得いきません。

午後の釣りでは、自分の釣りに合わせ、なるべく流れの強い瀬に移動しました。
基本的には0.8号のタマ付けですが、竿を立てて狭い範囲でオトリをフラフラさせるイメージ。
ピンスポットを泳がせながら、瀬を釣り下ります。

日が傾くと、メジロアブの数が増え、オトリ交換がままならなくなってきました。
そんなわけで、17時半に強制終了。

午後の部はジャスト40匹!
今度は、赤石川を攻略した感でいっぱい。

DSCN0620.JPG

68匹のアユを手にし、ホっとしました。


7月30日

2日目はタカギー氏ほか2人と一緒になります。

前日、パターンを掴んでいるので、迷いはありません。
事実、開始数分で入れ掛かりに突入です。

前日、釣り方だけでなく、ハリ合わせも上手くいったので、バレは少ない。

ということで、人混みの中で竿抜けを拾い歩き、11時半までの3時間で33匹。

楽しい昼食の後に場所移動。

車移動時に気になっていた橋のカミの瀬に入ります。

が、こちらはなぜか魚影が薄い。
野アユの反応があるのは、本当に良い場所ばかり。

ということで、サラーっと一流しして14時を回り、タイムアップ。

1時間強で11匹ゲットし、終了時刻を迎えました。

渇水・アカ腐れ・人混みと、決して良いとは言えない状況下だっただけに、一日合計44匹は上出来だったと思います。

DSCN0619.JPG

ということで、赤石川の2日間を堪能しました。
あとは金アユの味が楽しみです!


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ(〇)
posted by KIKU at 22:41| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうだね。(o^―^o)ニコ
Posted by J at 2017年08月07日 10:54
美味しかったデス!
でも、去年の方がおいしかったような・・・。
Posted by KIKU at 2017年08月07日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。