2017年06月26日

解禁の三面川

6月24日

ストレスが溜まる那珂川の釣りから解放されるには・・・。
ひたすらの入れ掛かりが特効薬なわけです。

そんな思いで解禁日の三面川に向かいました。

午前6時、3チラ・バカトルクの子弟コンビ、そしてあっくんと合流します。

不思議なことに、那珂川解禁よりも気合が入り、7時半前に釣り開始。

なんと開始5秒で入れ掛かりスタート!
瀬肩の竿1本の範囲で軽く30匹突破!

11時半頃に早めの昼食休憩。
40いったかな?と思いながら数えてみれば、52匹!

他のみんなも笑顔で楽しい昼食タイムを過ごします。

で、あと48匹釣れば三桁到達なわけですが、非常に困難との思いがありました。
なんせ、あまりにも多い人出に、目ぼしいポイントに入ることができません。

そんなわけで、あとは重箱の隅をつつきながら、二番アユを拾う展開になります。
けっこうバラシがありましたが、後になって思えば、ハリにもう一工夫必要でした。
(ハリ合わせは2日目になってうまくいきました)

そして16時、混雑を避け遅い大移動。

こちらでは急瀬で竿抜け狙いもオトリが持たずにマズイ展開になりましたが、なんとかオトリを繋ぎ、夕暮れ納竿となりました。

DSCN0516.JPG

けっきょく、午後の部は41匹追加。
一日合計93匹。

7匹足りませんでしたが、「なんとかそこまでもっていった」というのが正確な表現になろうかと思います。


6月25日

2日目は支流高根川を目指します。
5時台に川に立ちますが、あまりにも反応が薄いのです。

オトリが動かなくなったので竿を立てたら掛かっていた1匹と、オトリを引きづりながら移動していたら掛かった1匹。
ともに10pあるなしという、悲惨な結果。

いくら前日に三桁続出であろうとも、ここまで場荒れしているとお手上げです。

そんなわけで、ある程度竿抜けと釣り返しが見込める本流に逃げました。

こちらも最初は放浪の旅。

DSCN0515.JPG

周囲を探り歩き、もう駄目だ!ここを渡る前に竿を出そう。
そんな思いでオトリを泳がせたところ、黄色いアユが掛かりました。

あれ?と思い、渡らずに釣りを続行したところ、待ちに待った入れ掛かり!

DSCN0513.JPG

サイズはともかく、綺麗なアユばかりで癒されます。

そしてお昼。

この状況下で39匹追加できたのは幸運でした。

ここであっくんとお別れ。

残る3人で車移動。

結局、入れたのは前日と同じポイント。
前日と全く同じ場所を釣っても面白くないので、竿を出すことができなかった箇所のみ探ります。

前日、あれだけの釣り人がアユを抜きまくったわけですから、もはやまともな場所で好釣果は望めません。
最初から竿抜けを意識し、トイ状の流れや藪の下のみを狙います。

15時過ぎ、狙う場所が無くなってギブアップ。

2時間ほどで26匹追加できましたので、展開としては十分でしょう。

DSCN0521.JPG

2日目は合計67匹。
超場荒れしている上、雨模様で気温が上がらなかった割には満足釣果となりました。

この日は最初、バレが多かったのですが、さらに細軸のハリを選択することで、以降はハリ関係の
トラブル皆無。

ポイントとハリの選択。
これが決め手となった解禁2日目の三面川でした。

さて、来週からはいよいよ東北地方も解禁です。
おそらく、日本海側は例年通りの数が出るはずですから、今から釣行先に悩んでしまいます(笑)


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド穂先仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:エアースピード6.5号4本イカリ(◎)、スピード6.5号4本イカリ(〇)
posted by KIKU at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック