2017年06月05日

アユシーズン開幕!

6月2日

今シーズンは、あえて解禁日を避けて那珂川に向かいました。
2日に有休を取得し、1日の夜に那須SAで車中泊。

しかし、夜明け前に雷鳴で目が覚めてしまいました。
さらに突然のゲリラ豪雨。

こうなると不貞寝です。
が、あまりにも激しい雨音に、目を瞑って我慢のひと時。

雨が上がったので、那珂川に向かいました。

DSCN0453.JPG

町裏に着いてみると、さほどの増水ではありません。
場所を選べば水量は問題ナシですが、濁りがキツイ。

仕方なく、まともに釣りになるポイントを探してフラフラします。

既に黒磯から町裏に向かいながら様子を見ているので、あとは水源が異なる支流に希望を繋ぐしかありません。

箒川は濁流。
荒川も濁流。
武茂川も濁流の情報を入手。
終わりました・・・。

が、ここでS氏とF氏より、水が引きつつある!という情報が入り、寒井に向かいます。

オトリを購入し、現地に到着してみると、確かに他よりはマシ。
しかし、先走り過ぎたなぁ、という感覚。
この濁りであれば、普段はオトリを買いません。

が、オトリを買っているし、何よりも私の解禁日。

とりあえず竿を伸ばしてオトリを泳がせました。

が、30分も経たないうちに雷がゴロゴロ。
そしてこの日2度目のゲリラ豪雨。

今度こそ諦め、オトリを放流しました。

残された楽しみは夜の部。
S氏、F氏らと楽しい夜を過ごして就寝です。


6月3日

2日目は早朝の雨はなく、期待が膨らみます。
私は独り、ややシモまで川見を敢行。

私の2017シーズン事実上の解禁は、中流部の人気ポイント左岸に定めました。

DSCN0464.JPG

釣り開始は確か8時過ぎのこと。

最初は様子見的にカミから探り歩いていましたが、結局はいつもの瀬。
しかも流心の波立ちの中が好反応!

この時期にしては良型の18〜19pサイズが揃います。
流れに抗して瀬のド真ん中に股上までの立ち込みです。
ベタ竿でオトリを引き、ガガーンのアタリで竿が絞り込まれます。

まさにこれぞアユ釣り!

人が多いのを除けば、ロケーションは最上級。
入れ掛かりは望みません。
狙いのスポットで狙い通りにアユが掛かってくれれば文句ナシ!

しばしの間、至福の時間を過ごすことができました。

とはいえ、そうそう上手いこといかないのが世の常です。

昼食を挟み、釣り再開後1時間で強風が吹き出しました。

竿を持っているのがやっとの状況に、14時過ぎに強制終了。

DSCN0467.JPG

それでも、良型26匹の結果に満足です。
アユ釣りサイコー!!
瀬釣りサイコー!!
そんな一日でありました。


竿:銀影競技SL80・J(Mチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:パワーミニマム7号3本イカリ


6月4日

前夜、鮎中毒の面々とポイントを前にしての河原宴会。
会話が病気やら昔話で盛り上がるところに時を感じますが、15年以上経っても顔ぶれが変わらないのは何よりです。
で、就寝時間は15年前より遥かに早く、その結果起床時間もやたら早い(笑)

ところが、一晩過ごしたこのポイントは、おそらくは今の那珂川で一番の激戦区。

4時には他の釣り人の車が集まり始め、5時前には一人目の釣り人が竿を出していました。

ある意味、この状況を覚悟していただけに、5時半にはスタンバイ。
私を含め、主だったメンバーが釣りを開始しました。

DSCN0474.JPG

ここまでは予定通り。

が、アユからの反応がありません。

私は対岸に渡っており、ある程度移動可能であることから、上下に移動し一通り探ってみます。

それでも1匹目が出ません。

業を煮やし、思い切ってまだ早いと避けていた流心にオトリを入れてみました。

ここでようやく1匹目。
流心にオトリを入れると動きに異常があり、予感通りにヒットしました。

以降、しばらくの間は、忘れた頃にポツリポツリ。

それでも私はマシな方で、他の釣り人の数倍のペースでアユを掛けています。

立ち込み続けること約4時間。
9時半頃に休憩としました。

DSCN0479.JPG

やはり、河原宴会からの展開は、自分の好きなタイミングで自由に休憩できるのが良いですね。

この時点での釣果は10匹。
周囲に比べれば上出来です。

30分ほど休憩の後、第2ラウンド開始です。

数匹掛けた後、しっかりとハリ掛かりしたはずの掛かりアユをバラシてしまいます。

チョイと考えた末、ハリを3本イカリからヤナギに交換してみました。
この判断が功を奏します。

以降、一気にペースが上がりました。

おそらくは既に30匹超。
お腹が空いたので昼食休憩にしたいところですが、根掛かり外しついでに対岸に渡っています。
この人混みではテントに戻ることができません。

仕方なしに一旦仕舞った竿を伸ばし、釣りを続行します。

14時過ぎ、ようやくテントに戻ってきました。

もう止めようと思った中で釣りを再開したので、既に気力が尽きています。
それなりにアユを追加したことにより、トータル35匹でこの日の釣りを終えました。
周囲の状況を考慮すれば、文句なしの数のはず。

解禁最初の釣行としては上出来の結果に、満足して早めの帰路についたのでした。

DSCN0481.JPG

竿:銀影競技SL80・J(Mチューブラー穂先使用)
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:ミニマム6.5号3本イカリ(△)、D-MAXチラシ8号2本ヤナギ
posted by KIKU at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い解禁をむかえたようで何よりです。
今後も楽しい釣行記を期待していますよ。

私は腰が年齢相応らしく問題発生して、辛い鮎釣りが続きそうですが、ま、騙しだましやるしかない。(__;)
Posted by J at 2017年06月07日 08:57
Jさん、どうもです。
実は私もガラスの腰なんです。
曳舟引くのってツライですねぇ・・・。
Posted by KIKU at 2017年06月08日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック