2017年05月23日

本命がダメでも

5月20日

サクラマスを追う日々が終了し、アユ開始までの端境期。
ここ数年、この時期だからこそ気になるのが乗っ込みシロギス。

ほとんど情報がない中、例年通り、先発個体を求めて庄内に向かいました。

とはいえ、夜明けと同時にキスを狙う気はありません。

ここで狙うのは、やはりこの時期ならではの釣りモノである青モノ。
半月ほど前、陸っパリでワラサどころかブリクラスまでボコボコ上がっていたわけですが、さすがに型は落ちた様子。

GW釣行で早起きに慣れてしまった私は、4時前から新潟県境というか新潟県のサーフでキャストを開始しました。

約100mのフルキャスト、そしてワンピッチを繰り返すこと3投目。

DSCN0441.JPG

早くも1本目をゲット!!
前日、アオっ子との話を聞いていたので、イナダサイズでも十分満足。

さらに10分後。

DSCN0442.JPG

今度はアイナメ。
大船渡のサクラマスジギングではおなじみのゲストですが、日本海でとなると物珍しいカンジがします。
とはいえ、この時期は日本海のアイナメもジグに好反応を示すようです。

以降、アタリが止まり、広大なサーフをあっちこっちフラフラと移動しながらキープキャスト。

けっきょく、朝イチの1本目の付近に戻った時、久しぶりのアタリ。

今度こそのアオっ子サイズに苦笑い。

が、アベレージサイズが良く分かりません。
次は良型でした。

DSCN0443.JPG

50p台半ばくらいのイナワラとは言い難い良型イナダ。
これくらいのサイズになると、ロッドがグンニャリ曲がって楽しいです。

これでアタリが止まりました。

思い切って車移動。
今度こそ山形県内の釣りになります。

入ったのは岬状の磯場。

なんと、5投目の2シャクリ目でロッドが絞り込まれました!

正直言って、このタックルで横っ走りされると大変です。
根ずれを避けるため、かなり強引にやり取りしました。

DSCN0446.JPG

波に乗せてズリ揚げてみれば、さきほどのイナダと長さはそんなに変わりませんが、まあまあの太さ。
これならイナワラと呼びたくなる個体です。

このポイントはこれにて終了。

3ヶ所目はワラサクラス(!)のチェイスのみ。

4ヶ所目は無反応。

これにて午前の部が終了。
3時に起きると、さすがに一日が長いです。

ここでようやく本命狙い。

一気に北上し、いつものサーフでシロギス狙い。
が、手前はもちろん、100m沖でも反応はありません。

シロギスは2時間で諦め、夕マズメは再度青モノを狙うことにしました。

ちなみに今度は同じ県境でも真逆の北側。
今度は秋田県の釣り場です。

1495460869247.jpg

が、こんなチビヒラメのみ。
海が変に濁っており、釣れる気がしないまま竿を納めました。


5月21日

2日目は青モノオンリーでいくことにしました。

前日朝と同じサーフに4時前に立ちます。

が、前日と打って変わって渋い状況。
1本目が出たのは1時間経過した頃でした。

あとはバラシ1回にアイナメ1本。

8時を回る頃には、猛烈な暑さに閉口。
9時には竿を畳みました。

ということで今回、シロギスはお預け。
アユ解禁の宴会用素材の確保に黄色信号が点灯している状況です。

こりゃ次回は何としてもシロギスを大量ゲットしなければなりません!
本気でいきますよ!(笑)


ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテートハイパーカスタム4000PE-H
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb
ジグ:ファントム40g、岡ジグLT50gなど
posted by KIKU at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450166721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック