2017年05月08日

下北半島へ

ここ数年、恒例になっていますが、このGWも下北半島のサーフでサクラマスを追ってきました。
今回は、出発直後に大台達成!

1494244112192.jpg

ついに愛車の走行距離が30万キロを突破しました!
が、逆に寿命が迫り来るのを感じる今日この頃でもあります(苦笑)


5月3日

初日はゆっくり始動し、6時過ぎにキャスト開始。

30分後、ブルーバックの小型魚が足元までチェイスしてきました。
そして、次の一投でヒット!
おそらくは同一の個体だと思いますが、数秒ほどであえなくバラシ。
サイズ的にはウミアメだと思いたいのですが、体色的にはサクラマスのような気がします。

その後、アタリもなく、悔しいのであえて小型のウミアメということにしました。

この日は様子見。

そんなわけで、一気に50q北上します。

1494244110904.jpg

むつ市のキヤに行き、駐車券の交付を受けて午後の部開始。

1494244106771.jpg

時間帯もあるのでしょうが、こちらのサーフで夕マズメを過ごしても、魚っ気皆無。
おまけに釣り人も数えるほど。

朝のバラシのこともあり、このサーフには見切りをつけ、再度50q走り、翌朝に備えることにしました。


5月4日

前日バラシがあった場所で、4時にキャストを開始しました。

DSCN0436.JPG

確か、太陽が水平線から半分顔をのぞかせているタイミング。

リトリーブしていたジグが抑え込まれる感触に、ロッドを煽ります。
が、スッポ抜け。

一瞬だけ感じた感触から言って、アベレージサイズのサクラマスと断言できます。
尾びれが水面を叩いて浮かんだ波紋が忘れられません。

当然、以降はムキになってキャストを続けます。

ショートバイトを数度感じましたが、アワセる間もないまま、午前の部が終了しました。

そして16時、午後の部を開始します。

DSCN0439.JPG

完全に狙いは定まっています。
実は朝イチでバラシたすぐ脇に入っていた方はサクラマスを2本上げていました。
しかも、その方は前日も同じ場所で1本上げています。

とはいえ、一歩も動かない釣りも飽きますので、狭い範囲を行ったり来たりしながらキープキャスト。

18時6分、とうとうその時がやってきました。

ジグを交換しての1投目。
待ちに待ったアタリ。
そしてロッドに伝わる重量感。

1494244142712.jpg

この際、サイズに贅沢は言いません。
なんせ、丸2日がかりで手にした釣果。

35pしかなくても、海で釣ったのだからサクラマス!
まあ、尺ラマスといったサイズです(笑)

けっきょく、2日目は19時までキャストを続けてしまいました。


5月5日

この日も夜明け前、3時台よりキャストを始めます。

DSCN0440.JPG

8時半、ショートバイト1回のみで午前の部が終了。

午後の部開始は16時半。

全く異常ナシのまま、18時半に午後の部終了。


5月6日

この日の釣りは3時50分より開始し、9時に終了。
魚っ気は一切ナシ。

こんな展開になると、気力が萎えてきます。

以降の天気予報を考慮し、以上にて4日間の下北遠征を終了することにしました。

今回、下北半島に通い始めてから5年になります。
去年は時化ていたので例外として、それ以前はけっこう確実に海サクラをゲットできていたと思います。
が、今回は苦戦しました。

おそらくは、魚自体が例年より少ないこと。
タイミングが数日遅かったこと。
まさに狙っていたそのポイント付近で、夜間にコウナゴ漁がおこなわれていたこと。

そこいらへんが今回の貧果の原因ではないかと思います。

DSCN0429.JPG

とはいえ、ショアから狙うサクラマス・アメマスの釣りは独特の面白さがあります。
そんなこともあり、今回もやり切った感でいっぱいの私なのでした。


ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテート3500HD-CUSTOM(ハイギア仕様)
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb
ヒットジグ:またものP-boyジグバーチカル45g(ブラックバック)
posted by KIKU at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449705411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック