2017年01月10日

初釣りはタチウオ

ということで、初釣りに行ってきました。

この時期の恒例行事となっているタチウオジギング(餌釣り?)。
あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/が一緒なのも恒例行事。
そして、恐るべき事実まで恒例行事になるとは、世の中恐ろしいものです。

1月7日

まずはブンさんの運転で沼津に向かいます。
もうすっかり慣れたもので、お昼前に無事に沼津に到着。

1484050249491.jpg

やはり、富士山が近づいてくると盛り上がります!

1484050284941.jpg

さてさて、この日乗船したのは沼津江浦漁港の伊勝丸さんhttp://ikatu.naturum.ne.jp/

1484050282329.jpg

スペーザホエール60リットルが並んでいるシーンを撮影したり、

DSCN0350.JPG

富士山を正面に見てポイントに向かっているうちは盛り上がっていました(笑)

太陽が沈み、集魚灯を点灯したところで釣りを開始します。
とはいえ、そんなにすぐにタチウオが集まってくるわけはないので、しばらくは我慢の時間です。

が、15分過ぎ、20分過ぎ、30分過ぎ、40分過ぎ・・・

といったあたりで、なんとなくマズイ予感がし始めます。

どうも魚探にはそれらしき影が映っているのですが、1時間以上経過しても、誰にもタチウオのアタリがありません(汗)

そして奇跡が起こります。

なんと、私がジグを適当にワンピッチしていたところ、船中1本目がヒット!

しかし、以降まともに続きません。
ブンさんなんて、最初から本気餌釣りモードだったのに、タチウオのアタリは皆無の模様。

完全にヤバイ予感がしたことから、ジグで1本取ったことを言い訳に、私も餌釣りに変更します。

とはいえ、やっぱり餌釣りでもアタリは忘れたころにポツポツあるだけ。

どうも水面直下までスルメイカの姿が見えることから、タチウオはその勢いに負けている感じがします。
下手すると、タチウオよりも先にイカが餌をかじってしまい、釣りにならないこともありました。

しばし熟考。

魚探を見ていると、船長の指示ダナよりも10m以上シモ。
水深35〜40m付近に反応が出ています。

そこで、仕掛けを水深45mまで降ろした後、スローリトリーブで上げていくと水深35m付近でモゾモゾきました。
そのまま我慢し、スローリトリーブを続け、ロッドが絞り込まれたところでアワセをくれてやると、ようやくタチウオが乗ってくれました。

DSCN0354.JPG

このパターンは、してやったりってカンジです。

以降、コンスタントにゲットできるようになりました。

とはいえ、渋いことに変わりありません。
船中でコンスタントにアタリを出しているのは、私だけの様子。
ジギングタックルを流用したライトテンビン仕掛けの威力を発揮です。

とはいえ、終わってみれば9本。
渋い中で、こんなもんかといったところ。

実はラスト30分間、あぶらハムさんが団長ジグで連発していたことにビビっていたのは内緒です。

一昨日まで爆釣していたのに、ハッキリ言って期待外れの結果に終わった釣行初日でした。
この段階までは、誰かの行いが悪いんじゃないの?程度の冗談で済んでいました。


1月8日

が、こんな冗談で済んでいたのも初日だけ。
2日目はシャレになりません!!

いつもの幸松丸http://dai8koshomaru.web.fc2.com/の船長は
港に着くなり「早く行って待ってると寒くて心が折れるからさぁ、16時半まで待機しよう!」と爆弾発言しています。

DSCN0355.JPG

時間になって出港した訳ですが、この段階までは我慢できました。

が、沖に出ると、シャレになりません!!

DSCN0357.JPG

この雨はなんですか!!

DSCN0356.JPG

この風はなんですか!

爆風に船が煽られます。
時にはアンカリングに失敗する程の突風が吹いていました。

肝心の釣りですが、前日のうちに気づましたが、とにかく派手な誘いは行わず、餌を一定のタナに置いておかないとタチウオがかじってくれません。
しかも、この日は最初のアタリの後、変なテンションが掛かるとすぐに餌を離してしまいます。

そんな状況ですから、船が左右に煽られるとアタリが出ません。

最初は置き竿でアタリが出ていましたが、船の動きが大きくなった段階で手持ちに変更。
最後にはオモリを30号から40号にアップし、仕掛けを極力安定させるように気を付けました。

それともう一つ。
この日も船長の指示ダナを無視し、深めのタナから探ります。
そしてやっぱり水深35〜30m付近で好反応。

おかげでこの日、餌でもジグでもボーズの釣り人が複数いた中、なんとか7本取って形になりました。

1484050280623.jpg

ということで、早上がり後に向かった焼き肉屋で得られた結論は、次の通り。

「あぶらハムさんとブンさんが一緒になると激シブ!!」

ま、楽しい釣行になったので、それはそれでヨシとしておきましょう。
posted by KIKU at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2日目は寒くて、大雨でした。風も強かったし。
こんな天気の中でもkikuさんは、竿を出しているのかな?と思ったらやっぱり。

もう少し釣れたら良いのにね。
Posted by J at 2017年01月11日 20:59
Jさん、どうもです。

2日目は船を予約していなければ外にも出ない天気でした。
ハッキリ言って罰ゲームですね(汗)
Posted by KIKU at 2017年01月11日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445794919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック