2016年12月05日

痛恨のバラシ

12月3日

白神山地を横目に、能代沖はテリ場の水深97mにP-boyジグ250gを投入。

DSCN0345.JPG

しばし後、着底を確認。

すかさずリーリングを開始し1ピッチ3回。

大きくロッドを煽り、ジャーキング。

DSCN0347.JPG

ロッドを下げながらリーリングし、もう一度ジャークしようとしたところ、ロッドが真下に突き刺さった!

すかさずロッドを煽り、アワセをくれるが微動だにしない。

1テンポ遅れてラインの先の何者かが首を振る感触。

そのストロークの長さは、これまで相手にしていたワラサと明らかに別物。
腕に伝わる重量感も、5キロとか6キロといった感じではない。

オマツリを避けるため、あえて周囲に「キター!デカい!」と叫ぶ。

かなりキツいドラグ設定を無視し、スプールの回転とともにラインが出てゆく。

ロッドは近海ジギング最強クラス。
ラインはPE4号に80lbリーダーをPRノットで接続。
フックはMCワークスの最大サイズ。

タックルの不安要素はほとんどない。
が、これだけドラグを締めていると、体力的にキツイ。
ロッドを脇に挟んでいると、片手で支えることができない。
ロッドを両手でホールドしながら、隙を見てリールのハンドルを回す。

お互いに数mずつラインを引き出したり回収したりの膠着状態が1分ほど続いた。

そして、フっと軽くなる。
呆気なく決着がついてしまった。

結果論ではあるが、無理し過ぎた。
もう少し慎重にやり取りすべきであった。

八竜丸さんhttp://www.hatiryumaru.com/top.htmのお世話になっての晩秋の能代ジギング。
これが私のクライマックスであった。

14時40分、納竿してみれば、3s前後中心にワラサからイナダクラスまで約20本。

KIMG0002.JPG

しかし、全く満たされない。

おそらく、次回はドラグ設定、やり取りの方法を替えることになる。
まだまだ経験不足の私の青物ジギング。
課題が山積み。
でも、全てが新鮮で刺激満載。
課題を解決できて結果が出るのがいつになるか?

とにかく次回が待ち遠しい日々が続くのである。

(タックル1)
ソルティガHIRAMASA60S-F・ソルティガ4500H・PE4号・ナイロンリーダー80lb
(タックル2)
ソルティガHIRAMASA63HS-F・ソルティガ4500・PE4号・ナイロンリーダー80lb
(ヒットジグ)
P-boyジグバーチカル250g(赤金)・デルタ200g(赤金グローベリー)など
posted by KIKU at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444632004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック