2016年10月31日

サーフのシーズン

10月30日

ここ1週間ほど、シーバスやら青物やらで湧いていた庄内サーフ。
その後、時化を挟んだので、回遊魚が居る保証はない。

とはいえ、夜明け前の午前5時半、期待に満ち溢れてキャスト開始。

が、そんなにアマイものではなく、7時を回っても、アタリがないどころか周囲でも魚を掛けた様子がない。

ランガンを繰り返し、相当な距離を歩いたところで良さげな地形を呈する場所を発見し、ここで粘る。

それまで吹いていた向かい風が弱まり、これは飛んだ!と感じるキャストが決まった。
イトフケを取り、リーリング数回転で、ガツンの感触。

イイ感じでロッドが曲がったが、数秒で重みがなくなってしまう。

以降、全く生命感を感じない。

9時を回り、この場所に見切りをつけて車移動。

で、行き着いた先の釣り人のロッドが曲がっている。
上がっている魚は小さく、魚種まではよく分からないが、ここでキャストすることに決定。

再開10分後、回ってきている魚がイナダであることが判明。
が、これも馬鹿にできるものではなく、しばしの間、反応がない。

ジグをとっかえひっかえし、様々なアクションを試す。

結果、ファントム40g銀黒のタダ巻きに好反応。

DSCN0341.JPG

コンスタントにヒットを重ね、あっという間にイナダを6本ゲット。
平均40p程度しかないのは仕方ない。

1477914733429.jpg

さらにサゴシもゲットし、お土産確保。

ほどほどに満足できることはできたが、1ヶ所目でのアタリが妙に気になる。

再び1ヶ所目の場所に戻り、キャストすることホンの数分。

結果、やはりイナダ。

ということで謎も解け、14時には帰路につくKIKUであった。


ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテート3500HDカスタム(ハイギヤ仕様)
ライン:PE1.5号+ナイロンリーダー25lb
ヒットジグ:ファントム40g銀黒・ヒラジグラ45gイワシ
posted by KIKU at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443285188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック