2016年04月11日

ちょっとだけ分かった、かな?

4月9日

待ちに待った週末です。
先週のリベンジ?ということで、広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/のお世話になってのマスジギングです。

9日は午後船。
あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/と一緒の釣りとなりました。

DSCN0091.JPG

で、午前の部から船が戻ってきたわけですが、上陸した釣り人みんながニコニコ顔。
なんでも、合計30本、トップ7本の好釣果だったとか!

それでも、サクラマスが相手です。
余計な期待はしていません。
なもんで、ハムさんと二人して「我々は複数取れば爆釣でしょう?」だとか、「1本取らないと2本目はないし、2本取らないと3本目はありえない!」などと、訳のわからない会話で落ち着いたふりをしていました(笑)

そしてポイントに到着。

シャクリ始めて数分。

きたっ!の声に振り向くと、あぶらハムさんのロッドの先で白銀の魚体がジャンプ!

ドテっ腹にフッキングしていたため、けっこう走られましたが、2キロ半ほどのマスを無事ゲット!

しばし後、今度は私のロッドが絞り込まれます。
TGベイトスリム100gをワンピッチしていたところ、船長の情報通り、水深40mでガツンと来ました。

1460375703426.jpg

こちらも55p、2キロ半ほどのまあまあサイズ。

さて、問題はここから。

なんせ、私もハムさんも、最初はよいが後が続かないパターンばかり。
これに続けられるのか?

なんて心配は無用でした(笑)

今度はハムさん。
移動直前の回収開始と同時にヒット!

そして私にも、ジグを回収中、水深5m、リーダーが見えるかどうかという距離でヒット!

DSCN0095.JPG

こちらは、50pあるなしの小型でしたが、あまりのヒットレンジの浅さに正直驚きました。

でも、よかったのはここまで。

以降、私にもハムさんにもほとんど反応がありません。

15時半を回った頃には、船中でばたばたとヒットが相次ぎます。
中には、見る間に連発という方も!(驚)

当然、手を変え品を変え、色々と試すのですが、この状況を打破することができません。

明らかにトップ釣果の方(けっきょく6本で竿頭でした)の釣りを見ると、スピニングタックルでスパイVを派手にシャクってはガシャガシャリーリングしています。

そんなわけで、私もジグをスパイVに変え、スピニングで早めにワンピッチしてみました。
まあ、100gのジグを水深45mから15mまでシャクるわけですから、巻き上げるのはホンの一時。
一気に巻き上げては沈めるの繰り返しです。

で、沈んでいくはずのジグが、水深20m付近で止まってしまいました。

反射的にリールのベイルを返し、ロッドを煽ってみると、待望の感触が伝わってきました。

久しぶりの1本は、やはり55pクラス。
確かこの1本が船中最後の1本だったはず。

おかげさまで、終わりよければの言葉通り、気分よく一日を締めくくることができました。

1460375705138.jpg

3月10日

釣行2日目は午前船。
5時出港と、広進丸の船長も気合が入っています。

が、北東の風が強く、非常に釣り難い状況。

DSCN0098.JPG

おそらく、信じるモノがない人にとっては、かなり辛い釣りになったはず。

船長いわく「我慢の釣りになる」との言葉通り、サクラマスからの反応はほとんどありません。

そういう私は、信じるモノがある部類。
前日の経験を踏まえ、最初からスピニングタックルで早い釣りを心がけます。

そして釣り開始から1時間以上経過した6時半頃、またも回収直前のジグにサクラマスが食らいつきました。

DSCN0097.JPG

50pもないサイズ、しかも細身の魚体でしたが、この状況下での1本は大変貴重。
船中最初の1本をゲットし一安心。

あとは自分の信じる道を突き進むのみ。
ひたすら早いペースのワンピッチを続けます。

そしてさらに1時間後、この日2回目のヒットがあったのですが、数秒後に軽くなってしまいました。

あとはむきになってシャクリ続けましたがヒットなし。

けっきょく、私以外の釣り人はかなり早いうちに諦めムードになったカンジ。
ヤマセは治まるどころか益々強くなってきたこともあり、船長が8時に早上がり宣言。

まあ、それも納得の状況でした。

なお、帰宅後にサクラマスを捌いたところ、4本中2本はメロウドを食っていましたが、残り2本の胃の中からマイワシが出てきました。
どうやら、今回の早巻パターンはイワシを食っていたためということで納得しました。

通常、移動距離を短く、ジグをヒラヒラさせるイメージがあるサクラマスジギングですが、やはり定番はあっても絶対はない釣りであることをあらためて認識しました。

それともう一つ。
今回の4本中、3本がヒットしたジグはTGベイトスリム。
よりによって、このジグで実績が出てしまうだなんて、お財布が軽くなってしまいそうでコワイです。
でも、まとめ買いしちゃうのでしょうねぇ(苦笑)

ということで、なんとなくサクラマスジギングの入り口が垣間見えた週末だったのでした。


(ヒットタックル)
ロッド:メタルブローS632
リール:セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:サーフセンサーハイパー1.2号+ナイロンリーダー14lb
ジグ:TGベイトスリム100g赤金・スパイV100gシルバー
posted by KIKU at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436534908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック