2015年05月10日

最高の釣り!最高のGW!

ようやくやってきたGW!

5月1日深夜、東北自動車道をひた走る。

01.jpg

一週間前より若干速く下北半島着。
先行していたIさんと「久しぶり!」と合流。


5月2日

02.jpg

1時間半の仮眠の後、3時にはサーフでスタンバイ。

水平線が薄明るくなってきた頃からキャストを開始。

が、良かったのはここまで。
1週間前よりもサクラマスの気配を感じない。

夕方の部も同様。
こりゃまいった。

29日から滞在しているIさんは見切りをつけて秋田の川に向かうという。
一方の私は、いくらなんでも1日だけでは、ということで、とりあえず翌朝の様子を見てから判断することにした。


5月3日

この日はヤマセが吹き、霧が出てどんよりした天候。

03.JPG

朝マズメ、一度だけ??といったカンジのアタリ?があったが、それっきり。
サーフ全体でも5本程度上がったのみで、確率は10人で1本といったところ。

ということで、最果てのサーフに見切りをつけることにした。

伝え聞く噂によると、50kmほど南のサーフでサクラマスが釣れ始めたらしい。
とはいえ、有名ポイントはどう考えても人だらけ。
海岸線は何十kmも続くのだから、有名ポイントを目指すにしても、南に向かいながら目ぼしい場所でキャストしてみよう。

実は目ぼしい場所の心当たりが数個所あった。

その1箇所目。

04.JPG

なんと5投目にしてサクラマスがヒットも、10秒ほどでバラシてしまう(泣)

だが、希望が繋がった。
南下すれば、という判断が功を奏した。

この日はその後、もう1箇所でキャストの後、夕マズメに再度このサーフで投げ倒したが異常なし。

しかし、最大のチャンスであろう翌朝、賭けるべきポイントが見つかったのは間違いない。


5月4日

海といえど、サーフといえど、やはりそこはサクラマス。
現実は厳しい。

前日ヒットがあったサーフで4時からキャストするが、気配なし。

落胆のままに車移動を繰り返す。

この日4ヶ所目。
これでネタ切れ。
けっきょく、昨晩車中泊した場所に戻ってきてしまった。
ここでダメなら、言うほど釣れるわけはないであろう有名ポイントに向かうしかない。

05.JPG

濃い霧の中、釣り場に向かう。

この場所は、極小河川が流れ込み、小さな根が点在するなど、教科書に載っていそうな地形を呈している。
それと、地形変化があるということは、ランガンするにしても目標があって飽きにくいという精神的利点もある。

まずは真正面の根周りでキャスト。

15分後、コツンの感触に???

そして、次の1投でロッドが絞り込まれた!

だが、なんということか。
またバラシてしまった。

3日目の日が高くなったこの時間。
既にネタ切れの状態でこのバラシは精神的に堪えるものがあった。

杭になる。
同じ立ち位置でムキになってキャストを続けること30分。
この場所を諦めてランガンを再開。

しかし、ここから激動の3日間が開幕したのである。
これぞまさにサクラマス釣りの不思議なところ。

06.jpg

50mほど移動し、ついにゲット!
陸上にズリあげるまでは、バレるなよ!のただ一念。
55cmのこの1本は本当に嬉しかった。

こうなると、一気に展開が変わる。
なんせ、9時過ぎの日が高い時間だというのにホンの1時間で2ヒット。
ついに見つけた!というカンジのイケイケ状態。

予感的中!
10時過ぎに2本目ゲット!

08.jpg

今度は48cm。

昼頃には50cmあるなしのアメマスもゲット(写真撮る前に逃亡…)し、余裕の昼食タイムとなる。

こうなると、夕マズメが楽しみだ。

そう思って準備を整え、16時に釣り再開。

09.JPG

しかし、一気に波が上がり、90gジグでも釣りにならない状況に変貌。

30分で見切りをつけ、翌朝に備えることにした。


5月5日

既に自信満々。
コワイものナシで4時よりキャスト。

唯一の不安は、前日夕刻のシケによる濁り。
それと2人だけやってきた他の釣り人の存在。

だがしかし、私に迷いはない。
5時過ぎに板マス体形の56cmをゲット。

10.jpg

重さ的には3kg弱で間違いない。

これで気を良くし、近くにいた人と情報交換。
なんでも、このサーフは数えるほどしか釣り人が来ないらしい。
一般的には、まずは有名ポイントに向かい、それでダメなら試しにこのサーフ、というパターンがほとんどなのだとか。
それと、私が掛けていた時、この人にもヒットしたがバラシてしまったとのこと。

なんて話をしながらキャストを続ける。
以降、ドラマは起こらなかったが、「こりゃあ、明日の朝もここですね」ということでお互いに撤収。

さて、どうしようか?
せっかくなので、この広大なサーフの周囲の状況も把握しておきたい。

昼食後、1kmほど北でキャストも異常ナシ。

そして夕方、朝のサーフに戻ってキャスト。

先行者がいきなりゲット!
開始数投でアベレージサイズを手にし、30分後に撤収していった(汗)

私はキープキャスト。

時間が経過し、日が傾く。
黄昏のこの時間、風が止み、一瞬の静寂が訪れる。
波が収まった一瞬のタイミングにピッタリのキャストが決まる。

このキャストで掛からなければいつ掛かる?
そう思った。
そして、本当に思った通りにヒット!
まさに理想的な展開。
ゲットしたのは40cm台前半の小型であったが、釣れ方としては文句なし。

だが、この時間は貴重だ。
のんびり写真を撮っている暇はない。

フックを外し、すぐさまキャスト再開。

10分後、再び波が収まったタイミング。
今度は手前のブレイクラインでのヒット。

今度はなかなかの引き。
波打ち際で右に左に走り回る。
思わず、「ナイスファイト!」の声が出る。

幸せをかみしめながらランディングしたサクラマスは53cm。

まさに釣り人冥利に尽きる夕マズメであった。

11.JPG

キャスト終了は19時過ぎ。
日が沈み、写真撮影にはフラッシュが必要な時刻。
こんな明るさでサクラマスの撮影が上手にいくわけもないが、まあいいや。
そんな気分であった。


5月6日

最終日、前日話をした方と一緒に釣り場にエントリー。

開始早々、この方がサクラマスをゲット。

ま、私は余裕たっぷり。
いやぁ、よかったよかったと言いながらキープキャスト。

今度は私。
本当の波打ち際でのヒットに、一気に強引にずり上げてフィニッシュ。
48cmと小さいけれど、これで最終日バラシのジンクスはなくなった(笑)

その後、特に異状もないまま時間が経過。
あえて言えば、もう一人いた方がアメマスをゲットし、私がそれを貰った程度(笑)

8時過ぎ、一緒に振っていた方は帰るという。
私は9時までかな?というカンジ。

ここで振ってお終い。
そう思って入ったのは、2日前、この場所に入ってすぐにバラシた根周り。

最干潮であることから、無理のない範囲でウェーディングし、少しずつ移動しながら20mほどの範囲を攻めていく。

これで終わりにしよう。
そう思いながら、50mほど沖にある根よりもさらに沖側を掠めるようにフルキャスト。
80mほどキャストし、数回リーリングしたところでガツン!

ロッドを煽り、アワセがバッチリ決まった。
波打ち際で抵抗するサクラマスをいなして51cmを無事にキャッチ。

12.jpg

こんなことがあっていいのか!
これじゃドラマ、台本通りの展開じゃないか!
そんな思いに笑いが止まらない。

やはり釣りの面白さは数やサイズだけではない。
自分が思い描いた通りの理想的な釣りでの締めくくり。

13.jpg

なかなかこんなことは言えるものじゃないが、今回は言い切ってしまおう。
最高の釣り、最高のGWであった。

それにしても、今釣行の全てのヒットが同じルアー。

14.jpg

学生時代に買ったP-boyジグ45g黒おそるべし!
経年劣化による黄色ばんだ塗装がよいのかな?(笑)


(タックル)
ロッド:モアザンブランジーノ117MMH BLADESHAFT CUSTOM
リール:セルテート3500HD CUSTOM(ハイギヤ仕様)
ライン:PE1.5号+ナイロンリーダー25LB
ヒットルアー:P-boyジグバーチカル45g黒
posted by KIKU at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出だしはともかく、最終的には良い釣果に恵まれましたね!
読みが当たってこれだけ釣れたら、ウハウハだな〜♪

来年は新品のPボーイ黒も試してみてください(笑)。
Posted by あぶらハム at 2015年05月11日 22:35
あぶらハムさん、どうもです。

それがまた、ピーボーイって、欲しいサイズや色があまり置いてないんですよねぇ。
それと最近のルアーって、昔に比べてピカピカしたカラーばかりでイマイチそそられません。

そもそも同じカラーは廃番なので、ヤフオクをチェックするしかないのが現実です(汗)
Posted by KIKU at 2015年05月11日 22:46
目茶苦茶な釣果ですなぁ〜。
私は昨日貴重な一匹を、手前1mで釣り落としました。(涙)

kikuさんを見習って、次回は仕掛けを一層工夫して必ず取り込みます。
居場所は分かったから。(^^)
Posted by J at 2015年05月12日 12:07
Jさん、どうもです。

釣り落としたのはもしや“う”ですか?
だとしたら勿体なさ杉
そのうちのお裾分けに期待してますよ(笑)
Posted by KIKU at 2015年05月13日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418746573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック