2015年03月16日

不条理??

その後も雄大な流れの中をサクラマスを求めて彷徨う週末が続いています。

KIMG0026.jpg

3月7日

夕方のみ。
特筆すべきことはなく、竿を納める。

KIMG0029.jpg

3月8日

こんなに気配がないのも珍しい。
出会う釣り人みんなが口をそろえてダメだこりゃ!ってなカンジ。

3月14日

久しぶりに寒い夕刻。

KIMG0032.jpg

3月15日

ようやくサクラマスの気配を感じる。
シーズン初のライズを目撃するも、私には何事もなく,,,

しばし後、私よりも先にライズを見つけた友人よりTEL。
サクラマスを釣ったらしいが、素直に喜ぶことができないらしい。
なんでも、釣れてしまったとしか言いようがないらしく,,,

詳しく聞くと、師匠からTELがきたので、キャストしたルアーをリールも巻かずに放っておいたら掛かってしまったって、なんじゃそりゃ?
でも、早くもシーズン2本目って凄いの一言。

さらに場所移動後、釣れたばかりのサクラマスをネットに入れて上がってきた人がいる。

おめでとうございます!の言葉の後、そのポイントで先行していた友人に話を聞いたところ…。

その人、入ってきて4投目で掛けて、釣りを終了したようだ。
友人曰く「なんで俺がハリ外してやってメジャーで計測しなければならないの??」だって(苦笑)

KIMG0031.jpg

ということで、川全体でおそらく3本の釣果が上がったこの日、うち2本は身近なところで上がったという結果。
自分がサクラマスに近づいたかどうかといえば、全くそんなカンジもなく、道は険しいままの今シーズン。

それにしても、あの2本の釣れ具合は、まさにサクラマス!の一言。
この釣りって本当に訳が分かりません(大汗)
posted by KIKU at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | サクラマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさんとしか言いようがないね(苦笑)。

私も船のサクラマス釣りで似たような状況は経験してます。
ジグしゃくるの止めて、放っておいたらヒットしたとか、
誰も釣れない中、なぜか隣の初心者だけ釣れたりとか(悩)。

サクラマスが何考えてるのか未だにさっぱり分かりません!
Posted by あぶらハム at 2015年03月16日 21:26
あぶらハムさん、どうもです。

私としては、最近は分かったふりしてこんなもんか?と思っています。
なんせ、私自身が逆の立場になったこともありますから。

とはいえ、あまりにも運の要素が大き過ぎるのがサクラマス。
おかげで最近は情熱が薄れています。
もうちょっと技術的になんとかなれば、また違うんでしょうけどねぇ。
Posted by KIKU at 2015年03月17日 21:27
私も昔から運任せで釣ってるだけなので未だに良く分かりませんね。
取りあえず今年はランドロックのサクラマスに初挑戦しましたが、同行したベテランの友人曰く難易度の高い釣り場との事でしたが、開始10分ぐらいであっさりと釣れてしまいました。ポイント選定やトレースコースや深度は自分で本流に置き換えて釣ってましたが未だに釣れた理由が釈然としませんね。やっぱりサクラマスです(笑)
Posted by 本流釣りの世界 at 2015年03月20日 20:22
本流釣りの世界さん、どうもです。

これで川、湖沼、沖のいずれも訳が分からない事例がそろってしまいました(苦笑)
もひとつ言えば、海岸からの釣りでも口あんぐりという事態が起きますから、シチュエーションに関係なく、サクラマスは訳が分からない!
という結論になります。

ホント、サクラマスにはまいりますねぇ(汗)
Posted by KIKU at 2015年03月20日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415728497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック