2014年11月11日

なんてこった!の山形サーフ

11月8日

5時よりキャスト。
波の具合は文句ナシ。
9時までキャストも異常ナシ。

実はそこいら中に釣り人がいる。
ところが、誰一人としてシーバスどころか一切の魚を上げていない。
前日まで大シケだったため、なんとなく残っている濁りが気になる。

しかし、午後になれば回復するだろうという期待を抱き、一時休憩。

14時、午後の部開始。
濁りは薄くなってきた。
朝同様、波の具合は文句ナシ。
17時までキャストも異常ナシ。

納得いかない結果だが、もう少しで濁りが完全に取れるはず。
翌朝に期待だ!

P1020113.JPG

11月9日

気合を入れて4時にキャスト開始。

まずは暗いうち、ミノーで手前をひたすら探る。

明るくなり、今度はジグをフルキャスト。

濁りはない。
波は徐々に治まってきているが、釣れない状況ではない。

が、8時になっても一切何もナシ。
波がかなり低くなったこともあり、諦めて家路につく。

なんてこった!の一言で済んでしまう週末の山形サーフであった。
posted by KIKU at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな時もあるさ。

この間の姫鱒釣りでもそう。
魚探は水深25〜40mで、真っ赤。しかし姫様達は、ロクにお口を使ってくれない。
制限まで後1匹なのに。(涙)
時間がただ過ぎて行くだけでした。(__;)

仕方なく大移動。
まあ、それで一気に制限は超えたのですが。
何だかヤル気が失せて、早上がりしました。

それでこんな時もあるさと、自分に言い聞かせ帰途についた。
Posted by J at 2014年11月13日 17:42
Jさん、どうもです。

ということで、返事はメールさせて頂きました。

ま、釣りは諦めが肝心、と言ったところでしょうか?(苦笑)
Posted by KIKU at 2014年11月14日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408745512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック