2014年03月03日

サクラマス始動

3月1日

漁業調整規則等の変更に伴い、今シーズンより山形県は3月1日がサクラマス解禁日
(ただし一部河川のみ)

週末の解禁となれば、出撃しない手はなく、私もお祭り参加の一員となった。

とはいえ、誰もが未経験の状況であるので、ありとあらゆる事態を想定。
私的には秋田解禁と同じような状況となる可能性を考慮し、
ほどほどの時間、3時に起床し川に向かう。

が、どうも怪しい雰囲気。
無理することもないと判断し、ひと眠り。

周囲が明るくなり始めた5時半過ぎにあらためて状況を確認。

どう見ても水位が高い。
携帯で見ると、上流の濁度が急上昇。

前日までの高揚感はダダ下がり。
たまたま近くに居たモンリミの安藤氏らと慰め合う。

こうなると、対岸で一番乗りした釣り人に驚いて、数百羽のカモやハクチョウが飛び立つ光景も笑いのネタにしかならない。

とはいえ、このままでは何しに川に来たのか分からない。
小一時間の雑談の後、念のためにタッカンさんと橋の上から川を見る。

すると、なんとかならなくもないカンジ。

では、ということで、ようやくキャストを始めたのは8時過ぎのこと。

P1010683.JPG

まあ、結果はさておき、大河で思う存分フルキャストできるのは気持ち良いの一言。

どうにも生命感に乏しく、12時前にはあきらめムード。

けっきょく、解禁日にも関わらず、妥協の釣りで終わってしまった。
赤川大爆発の報にもヤル気が削がれた、という言い訳もしておきます。


3月2日

そして2日目。
携帯で見る限り、濁りはイイ感じで治まった。

この日ヤル気を出さずにいつ出すの?

P1010688.JPG

この日は、あの川に入った誰もが、こんな思いでエントリーしたはず。

しか〜し、期待は裏切られる。

釣れない理由が分からない。
いくらなんでも、この条件でこれだけ釣り人が入れば、ある程度の本数上がるはず。

それが川全体で1〜2本となると、肝心のサクラマスがいないとしか思えない。

私としては、こんな状況もサクラマスならでは、と割り切ったつもり。

P1010690.JPG

思う存分、太い流れの中でのウェーディングを堪能し、ロッドを納めた。


ロッド:モンリミ93
リール:10’ステラ4000XG
メインライン:バリバスシーバスPE1.5号
リーダー:ナイロン20lb
ルアー:シュマリ110F・シュマリ90MD・レックスMD11p
posted by KIKU at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サクラマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついにシーズン開幕のようですね。
厳しい状況のなか、お疲れさま。

私はしばらく北上してがんばろうと
思ってますが、海もなかなか・・・。
Posted by あぶらハム at 2014年03月04日 00:09
あぶらハムさん、どうもです。

お互い厳しい状況のようですが、
そのうち好転することを信じて頑張りましょう!

ま、フィールドに行って竿を出さないことには釣れませんしね。
Posted by KIKU at 2014年03月04日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック