2013年03月20日

安心して寝るために

先日訪れた大河は雪代によりシーズン終了。
赤川はパっとしない。

道中が通勤経路とほとんど変わらないので気が進まないが、時間が無いのでオッパに向かう。

が、家から3kmほど進んだところでUターン。
北上大堰大解放の情報を得、傷口が広がらなかっただけマシ?

ということで、またもポッカリ空いた一日。

こんな時に最適なのは、散財ネタ。

P1010274.JPG

先日ナチュラムに注文し、届いたのは“GENTOS EX-1977IS”
http://www.gentos.jp/products/flashlight/explorer/EX-1977IS/

本製品は既に1台持っているのですが、なぜ4台も追加購入するか?という理由が、今回の話の中心です。

それもこれも、全ては災害対策のため。

東日本大震災直後、同じGENTOSのEX-777XP 2台が大活躍しました。
今回購入したEX-1977ISは、ハッキリ言ってEX-777XPと明るさは大して変わらず、例え停電しても、十分に明るさを確保できます。

P1010277.JPG

そんな能力を持っていますから、車中泊時の明かりもこれでOK。

ということで、私の車に2台、自宅寝室用に家族それぞれの分3台という配置となりました。

冷静に考えてみると、これってやり過ぎ?といったカンジがしないでもないですが、あの時の経験を踏まえると、家族の誰もやり過ぎとはいいません。

寝室に置く家具の高さは腰よりも低い位置に。
そして非常時の明りを確保しておく。
家が潰れさえしなければ、これで震災直後はなんとかなるはず。

もはや、ここまでしないと安心して眠りにつくこともできない私、そして家族です。
posted by KIKU at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック