2012年11月23日

ドカット増殖中

突然ですが、皆さんは釣行時の荷物・タックルの類をどのように整理し、持ち運んでいるでしょうか?

友人の中には、車の中に衣装ケースを三段重ねしている猛者がいましたが、システマティックな収納をされている方はあまり見かけないような気がします。

私の場合、ほぼ全ての釣行で日帰りしたくない場所まで出掛けますので、車中泊が大前提。
したがって、車の中は常に寝るスペースを確保しておく必要があります。

また、タックルに不測の事態があった場合、取りに帰るわけにもいきませんから、常にフルタックル2セット以上積んでおく必要があります。

そんな訳で、荷物・タックルの整理整頓は私の釣りには欠かせません。

とはいえ、そんなに難しい話でもなく、同じコンテナ複数に荷物を小分けし、車の中に並べるだけ。

P1010140.JPG

ホームセンターで売っている“RVボックス”というコンテナに、アユ関係なら↑のように中身を入れ、2〜3個並べておくわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は“RVボックス”より良さ気なグッズをたくさん(笑)手に入れた、というお話。

P1010129.JPG

そのグッズとは、(株)リングスターの“ドカットD-4700”
http://www.ringstar.co.jp/products/dokattorb/index.html

P1010130.JPG

ただし、新たに手に入れたドカットも元々使っていたRVボックスも、大きさはさほど変わりません。

P1010139.JPG

ところが、使い勝手は大きく異なります。

なんせ、ドカットにはハンドルがついています。
時にはキログラム単位でジグを積み込む私にとって、これがあるだけで持ち運びの負担が減少します。

これだけで十分な購入動機と言っても良いのですが、他にもお得感のある性能・付属品が盛り沢山。

まず、ダイワのクーラーと同じく、蓋が両側どちらにも空きます。

次に、小物用トレーがついているのが、整理マニアの私にはたまりません(汗)

おまけに、耐荷重500kgってサービスし過ぎ(笑)
超ヘビー級の私が座ってもビクともしません。

また、付属のスポンジを底面に張り付ければ、濡れた床面に置いても滑りません。
しかも、蓋の上から水をかけても、中は濡れ難い構造。

したがって、オフショアで船に持ち込む道具入れに最適です。

もっとも、私がドカットの存在を知ったきっかけは、オフショアジギングエキスパートのあぶらハムさんのブログhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/だったので、それはそれで当たり前ですが・・・。

ちなみにこのドカットは、オフショアジギング界では大流行らしく、雑誌やテレビの隅っこによく見かけます。
身近なところでは、近所の釣り具店に山積みされていた10数個があっという間に無くなりました。

それを考えると、何気にヒット商品みたいです。

ただ、私はドカットのことを知ってすぐ手に入れた訳ではありません。
最初に登場したD-5000は、私にとってはデカ過ぎました。

一回り小さなD-4700が発売されたからこその大人買いな訳です。

P1010135.JPG

ところで、2個目までを買った時点で大きな疑問がありました。

P1010132.JPG

↑このトレーをひっくり返して丸ノコを収納できることがウリになっていたのですが、それはどう考えても無理!

しかし、昨日、3個目を手に入れて真相が判明しました。

これまで手に入れた2個は、あくまで釣り用の製品だったのです。

3個目は工具入れ用の製品であることに気づきました。

P1010136.JPG

その証拠に、トレーの一部を外せる構造になっています。

P1010137.JPG

確かにこれを用いると、丸ノコを収納することができるでしょう。
でも、タックルボックスとして使用するのには不要な機能です(汗)

そうそう、蓋の色も工具入れ用の方が地味ですね。

P1010133.JPG

そして何気に困るのが、工具入れ用には滑り止めウレタンスポンジが付いてません!

ということで、値段が安いからといって安易に飛びつかない方が良いみたい。

みなさん、ドカットを購入する時は、使用目的をよく考えましょう!(苦笑)
posted by KIKU at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野外で私がイスにできるの
クーラーかドカットくらい(爆)。

どっちが先か知らないけど、
小さい方のドカット、1〜2年前に
釣具屋で奨められたことあるよ。
船釣りの人たちがよく使ってたなぁ。
Posted by あぶらハム at 2012年11月24日 08:55
これは良いね。
早速探しに行こう。
ボクは日帰り釣行が多いので、車に積み込むモノはシンプルです。道具を入れるバッグを意識的に小さいモノにしています。
そう、「目的」の獲物しか狙わないのよ!
Posted by 太ハリス at 2012年11月24日 10:20
ドカットの改造例って沢山ありますね。
ジギング、掛かり釣り、沖釣り・・・
手を加えるって釣師にとって”趣向をくすぐられる”ってんですかね。事例が多いだけにそそられますね。
ミーハーだけどオリジナルってね。
Posted by 太ハリス at 2012年11月24日 11:07
あぶらハムさん、どうもです。

おそらくですが、コールマンの椅子なら座れる製品があります!
私も何脚も壊した末、辿り着いた製品ありますよ(笑)

以上、ドカットとは全く関係ない話でした(汗)
Posted by KIKU at 2012年11月24日 22:52
太ハリスさん、ドカットはまさに貴方のような方のためにあるのです!(笑)

手に入れて原型留めないくらい改造しまくって下さい(笑)

ちなみに改造ですが、蓋がいきなり全開になっちゃうのは改良の余地ありと思います。
でも、チェーンとか付けると、片面開きになってしまうのがなんとも・・・。

良いアイデアお待ちしております。
Posted by KIKU at 2012年11月24日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック