2012年10月09日

2012シーズン総括

2012アユシーズンの総括ということで、恒例の釣果総まとめ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 6月  67匹/ 6日間、平均11.2匹/日(203匹/ 7日間、平均29.0匹/日)
 7月 350匹/10日間、平均35.0匹/日(523匹/10日間、平均52.3匹/日)
 8月 315匹/10日間、平均31.5匹/日(381匹/10日間、平均38.1匹/日)
 9月 163匹/ 7日間、平均23.3匹/日(192匹/ 7日間、平均27.4匹/日)
10月   0匹/ 1日間、平均 0.0匹/日(  6匹/ 2日間、平均 3.0匹/日)

合計 895匹/34日間、平均26.3匹/日
(1,305匹/36日間、平均36.3匹/日)

最高釣果53匹(116匹)
最低釣果 0匹(  1匹)
最大魚 29.5cm・313g(23.5cm)
                                 (括弧内は2011年)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

P1010096.jpg

数は正直物足りない。
シーズン総釣果が三桁止まりだったのは2005年以来のこと。
その原因は、どう考えても栃木河川の不調にある。

このような状況は、季節の遅れに端を発したと考えられ、私のホーム河川全てに共通していた。
正直、解禁前から最悪の状況を危惧しており、那珂川・鬼怒川はこの状況を脱することができなかった。

そんなわけで、シーズン前半は足掻いた印象が強いが、それもなんとかなるもの。

P1000949.JPG

小河川、そしてトライアンには助けられた。

P1000993.JPG

そうこうするうち気づいてしまう。

P1000967.JPG

魚影が薄く、渇水、さらに酷暑と、大河川では大アユに生長する要素が満載。

P1000961.JPG

トライアンを使用していたその日のうちに同じ河川で撃龍竿を使うだなんて、まさに想定外(汗)

P1000985.JPG

極めつけは米代川。

P1010020.JPG

シーズン前半は絶不調であったが、お盆以降、週を追う毎にアユが巨大化。
9月に突入すると、米代では過去最高のアベレージサイズ。

P1010038.JPG

平均200g超、250gオーバーも珍しくないという驚愕の世界。

P1010065.JPG

米代ラスト釣行で、本州では自己最高の長さ、重量では自己2番目のアユを手にすることができたことは、私のアユ釣り人生の中で特筆すべき出来事の一つである。

一方、シーズン最良の一日は、なんといっても9月9日の北上川。

P1010048.JPG

シチュエーション、アユの数、引きの強さ、その他諸々、あんな理想的な釣りを展開できる機会は、そうあることではない。

P1010055.JPG

そして、最後の最後に那珂川の大アユで締めくくれたことが今シーズンを象徴する。

P1010090.jpg

シーズン最後の1匹が200g超。


まさに大アユのシーズン!
私にとって、その表現がズバリ当てはまる夏であった。
posted by KIKU at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鮎シーズン、お疲れ様でした!

那珂川が絶不調で最初と最後が寂しい感じではありましたが、シーズン前半は小河川でいつも大釣りをしていましたね〜。いつも羨ましく拝見しておりました。そしてシーズン後半は大河川での大鮎釣り。「撃龍竿」の出番もあったようで、KIKUちゃんの本領発揮といったところでしょう。

2012年の鮎シーズンは全国的に不漁。私も北陸がなければ、シーズン釣りに行く川がないような状況でした。来年は今年よりも良いシーズンになりますように!今年もnaoさんの「遊友丸」をシージャックして、膝立てのでっかい尺鮎(マダイ)をゲットしてください。e(^。^)g_ファイト!!

Posted by TOMO at 2012年10月09日 23:23
TOMOさん、どうもです。

今シーズンは、まさに撃龍竿の本領発揮となりました。

それも全てはかつての敗北から得た教訓のおかげ。
立ち込みからオトリ操作、掛けてからの抜き、掛かりアユをタモに収めるまでの一連の技術を磨き、さらに撃龍竿を自分に合うように使いこなすだけの年月を経たからだと思います。

ただし、一つだけ困った事態にもなりました。
トライアンから撃龍竿に持ち替えると、あまりにも違和感あり過ぎです(笑)

竿はやはり、シーズンが経過する中で、徐々に重いものに替えていくのが理想ですね。

さてさて、TOMOさんはもう少しシーズンが残っていることと思います。
ブログを拝見するだけでこちらも満足するような結果を期待してますよ!
Posted by KIKU at 2012年10月10日 22:27
kikuさん、お疲れ様でした。
総釣果は別として、大鮎とのバトルでは満足したようで何よりです。

来年は鮎の遡上がよくなって、楽しい釣りをしたいものです。

こちらはもう年齢的に言って、技術の上達も望めないし、体力も落ちているので、中小河川である程度の釣りを楽しめればと思っています。

鮎はもう少しで終わりですが、それからはヒメマスや海釣りをやる積もりです。

で、春になったら渓流釣りを。

来年の夏は、東北遠征を計画しているので、どこかで会えればいいね。
Posted by J at 2012年10月13日 21:40
Jさん、どうもです。

大鮎に関しては、本当に満足しているかどうかといえば案外そうでもなく、現場では思い通りにならなくてイライラしっぱなしでした(苦笑)

まあ、私の場合、大物をいくら数釣ろうとも、心底満足することはないでしょうから、そんなものなのかもしれません。
といいますか、満足した時点で自分のアユ釣り人生が終わってしまいそうでコワイです。

いずれ、アユ釣りだけは何年やろうとも、新しい発見がありますので、それで飽きがこないのでしょうね。

ということで、いずれまたどこかでご一緒しましょう。
なんでしたら、極小河川での私の釣りを披露いたします(笑)
Posted by KIKU at 2012年10月15日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388682350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック