2011年10月18日

2011シーズン総括

色々あった2011年のアユ釣りはもう終わり。

P1000753.JPG

ということで、今シーズンのアユ釣り総まとめ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 6月 203匹/ 7日間、平均29.0匹/日(152匹/ 7日間、平均21.7匹/日)
 7月 523匹/10日間、平均52.3匹/日(565匹/13日間、平均43.5匹/日)
 8月 381匹/10日間、平均38.1匹/日(330匹/11日間、平均30.0匹/日)
 9月 192匹/ 7日間、平均27.4匹/日(250匹/10日間、平均25.0匹/日)
10月   6匹/ 2日間、平均 3.0匹/日( 23匹/ 1日間、平均23.0匹/日)

合計 1,305匹/36日間、平均36.3匹/日
(1,320匹/42日間、平均31.4匹/日)

最高釣果116匹(132匹)、 最大魚 23.5cm(28.0cm)
                                 (括弧内は2010年)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

なんと言えばよいのか。

よくもまあ、これだけの数を稼いだというカンジ。

P1000722.JPG

実は、4桁を意識し出した頃から気付いていたが、9月の声を聞く頃まで、ほぼ自己最高ペース。
けっきょく、その後相次いで上陸した台風やその後の大雨により、ペースダウンどころか釣りそのものも制限されることになり、夢叶わずといった結果。

とはいえ、数だけなら過去3番目。
シーズン終盤、1,300匹を目標に頑張ったが、未達成と勘違い。
しかし、あらためて集計すると結果オーライ。
現在、微妙な達成感があるのかな?(苦笑)

MEMO0001.JPG

ちなみに、1シーズンに2度の三桁は自身初。
7月16日には、午前中だけで89匹という過去最高といっても過言ではない超ハイペース。
しかし、今になるとあの時のシーンをあまり思い出すことができない。

その理由は…。

春の遅れがシーズン序盤まで引き続き、けっきょく最後まで尾を引いた。
おそらくそれに起因し、私が釣った河川は全て型がイマイチ。

P1000744.JPG

県内で竿を出せば、28p超を狙えることを知っていたが、そんな気にもならず…。
普通のアユ相手だから、竿は急瀬クラスまでで事足りてしまった。
残念ながら、荒瀬クラス以上の竿の出番はナシ。
当然、歯を食いしばり、体重を乗せて引きに堪えるといった場面もナシ。

贅沢な話であることは十分分かっているのだが、そんなことで、記憶に残る1尾、1日がなかった。
やはり釣りは数だけでなく、魚体の姿・大きさ・引きの強さ・シチュエーション等が伴い、はじめて記憶に残るものになる。
それが、ブロガーのくせに今年は極端に撮影回数が少なかった理由の一つである。

話はやや変わり、今シーズン一番の変化と言えば、メイン竿が替わった点があげられる。
正直、同じグラスリでも、UとWはまるで別物。
オバセが多く、比較的感度を得ない私の釣りですら、常時何かしらの情報を感じ取る釣りができたように思う。

そして、ハマった釣りパターンができてしまった。
ここ数年間で気付いていたが、今シーズンはほとんどの場所でSMT穂先にオモリ装着。
おかげで、オモリ無しで釣れなくなってしまった。

これが2011シーズン一番の反省点。
そして、このご時世で止むを得ないとはいえ、試合を断念せざるを得なかったことが一番残念だった点。

来年こそは、もう一度試合の緊張感を味わいたい。
あわよくば、上のレベルでの緊張感も味わいたい。

さてさて、2012年はどんなアユ釣りになるのだろうか…。

P1000714.JPG
posted by KIKU at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもながら素晴らしい釣果ですね。
大鮎も数も超一流です。
Posted by 木村sakuramasu at 2011年10月19日 12:06
木村sakuramasuさん、ご無沙汰しております。

素晴らしいと仰られますが、なんせ最大魚でも24pにも届かずというシーズン。
贅沢な言い分だということは分かっていますが、物足りなかったというのが正直な気持ちです。

それと、最上川で1匹も釣ることができなかったのはある意味ショックでシーズンで一番残念な出来事でありました。

まさに、来年こそは!といったところです。
Posted by KIKU at 2011年10月19日 20:35
KIKUちゃん、シーズン終了お疲れ様でした〜。

今年は震災の関係で、釣りに行く機会が減るのではないかと心配しておりましたが、終わってみれば昨年と変わらない釣果。しかも平均釣果を5尾伸ばすのは、容易なことではありません。サイズが小さいのはKIKUちゃんに限らず全国的な傾向なので、これはしかたがないでしょう。

ダイワの中でも、特異な存在になりつつある「グラスリW」。万人受けする竿ではありませんが、これからも「Special」とは一線を画する道を進んで欲しいですね。ちなみにKIKUちゃんの釣りにピッタリはまる感じ、竿の振り調子を確認したときすぐにわかりました。(笑)

例年のことだけど、この時期は体調を崩さないように!そして2012年は、KIKUちゃんを取り巻く環境が、釣りに専念できるようになっていることを祈念しております。
Posted by TOMO at 2011年10月19日 20:49
TOMOさん、どうもです。

釣行回数についてですが、実は年間40日を切ったのは久しぶりのことでした。
おそらく、解禁や試合等の平日釣行が皆無だったのがその理由です。
これが例年通りの回数通っていれば、もしかすると過去最高の数に到達したかもしれません。
(釣りの世界で「たら」「れば」を言ってはいけませんが)

それとグラスリWですが、一つだけ不満があることはあります。
でも、それを否定すると一番の利点を否定することになります。
まさにスーパーメタルトップは毒にも薬にもなることを実感した次第(苦笑)
そして、アユの友釣りは感度の良し悪しが釣果にも面白さにも大きく関係することをあらためて痛感させられたシーズンでした。

さてさて、私はこれから本格的に海に通うことになります。
今週末の狙いはマダイとワラサですが、どうなることやら?です。
体調を崩してる暇もありませんよ!(笑)
Posted by KIKU at 2011年10月20日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック