2011年03月27日

忘れられぬ夜

3月25〜26日

X-TRAILのガソリンが、昨日の出勤のために心もとないものとなった。

今の状況で給油するには、かなり気合が必要である。

気を利かせ、16時より並んでいた父の車と交代したのは21時のこと。

その他大勢の人のように、駐車違反・車上荒らしの可能性が上がる自家用車放置はしたくない。
まさか自宅から15分の距離で車中泊をすることになるとは、なんて世の中なのだろう。

当然、エンジンはかけない。
これは車中泊なら当たり前のことであり、危険防止策でもある。

夜が明けると車上に20pほどの雪。

ようやく9時のガソリンスタンド開店時間を迎える。

CA3I0003.jpg


3000円分、20リットルを給油し帰路につく。

これがこちらの現状である。


ところで、思いがけない画像を発見。

生涯忘れ得ない震災第一夜。

CA3I0002.jpg


パっと見、単なる宴会画像だが、テレビが伝える真実と、あまりにも頻発する余震に、この空間には恐怖と不安が満ち溢れていたのであった。
posted by KIKU at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更ながら無事で何より・・・・。
被災者の皆様にはなんて言っていいのか、言葉も薄ら軽いものになりそうで。
当事者はやっぱ誰に何を言われなくても、頑張ってるんだよね。
仕事柄、病人も同じだと思われ・・。
頑張ってって言葉はあまりにも重く、そのくせ簡単で軽いのですね。

♪〜今はこんなに悲しくて・・・
こんな歌が頭に浮かびます。
10年後でも笑顔が見られますように・・・・・
Posted by papa at 2011年03月30日 21:55
papaさん、どうもです。

私が被災者の範疇に入るかどうかというと、自分自身ではそんな気はしません。

しかし、津波の被害を受けた方は明らかに違います。
それだけ大変な目に遭われている方が多いのです。

私のように、ろくに風呂に入れないなんていうのは、今の宮城県では許容範囲なんですわ。
Posted by KIKU at 2011年03月31日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388682262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック